コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年11月29日

第50節 横浜FC戦/VS Yokohama F.C. (November 29th, 2009 at Sapporo Dome)

 ハファエルとキリノの素晴らしいゴールで2点リードして前半を終えたものの、後半疲れが見えたところで、三浦淳のあれはどうしようもないというフリーキック一発で流れが横浜に向いた時は、中山はともかく曽田の出場は難しくなったかなとも思ったのですが…。実に劇的な展開となったものです。
	
 好調だったハファエル(彼もまたチームを去りそうですが)の頑張りなどで持ちこたえると、途中出場の砂川がベテランらしい判断で再びゲームの流れを変えて見せた。テレビで観ていても、監督が残り2枚のカードを去り行く選手の花道のために使える状況を、11人の選手と21,000を超えるファンが一緒になって作り上げたように見えました。

 最後のドラマはいささか出来過ぎのようにも思えましたが…(笑)。あの場面でゲームに最も影響しないFWの位置に入った曽田が、相手に倒されてPKを獲得、自ら蹴って一度は失敗したものの判定はやり直し、2回目で見事成功、しかも後のセレモニーでこの日が息子さんの誕生日でもあったことが告げられるに至っては…まるでシナリオが用意されていたかのよう。しかし、それでこそ曽田らしい、曽田にふさわしい終わり方と言えなくもない。彼がこの先も長く活躍してくれれば、まだまだ札幌のファンの記憶に残るプレーを幾つも見せてくれたはず。その分を今日使い切ったと思えば。

 曽田のチームと関係者への、そしてファンへの愛情と感謝を込めたスピーチと、彼の9年間のキャリアを讃え、やはり愛と感謝で返すクラブとファンの姿は、感動的なものでした。良い形でホーム最終戦を飾った札幌、来週はいよいよ今季最終節、東京V戦です。ダニルソンが累積警告で出場停止なのが少々痛いですが、キリノもハファエルも好調を維持していますから、今日の前半のような積極的なプレスから時間をかけずに彼らにボールを供給するサッカーを続けられれば、チャンスは多く回って来ると思います。今日の勝利で6位は確定しましたが、最後もうひと頑張り、Go! Consadole Sapporo!

For the last home game of this season, Consadole Sapporo beat Yokohama F.C. at Sunday’s Sapporo Dome by a score of 3-1 to reward its fan this year’s support and cheering. This victory decided Consadole’s sixth place for the season. They will meet Tokyo Verdy next Sunday.

Two goal lead for Sapporo in the first 35 minutes: Rafael’s fine shoot and Qurino’s one came after his long express running once seemed as if the game had been for the home team but actually had been not enough to finish the game. Besides that, allowing Miura’s fantastic free kick scoring in the 60th minute made Ishizaki’s decision to use his two substitutes strongly expected their appearing this day by fun: Nakayama who was leaving the team after this season and Soda who had announced his retirement.

However, finally it was done and true drama came after that when Soda who had been playing for the last 3 minutes as a forward got a penalty kick in the additional time. Soda took the kicker and made it after playing it over to finish his nine year career in Sapporo with his scoring and celebrated his son’s birthday. At the moment, over 21,000 excited fans in the dome were totally full of big delight and emotion.

His words and love for the team and fans in the thanks giving ceremony touched them again. Some leaving players including Soda and Consadole fans missed each other and wished their good next season.

posted by MasaMaru |22:21 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年11月22日

第49節 岐阜戦/VS F.C. Gifu (November 22nd, 2009 at Gifu Memorial Center Nagaragawa Stadium)

 クラブ史上100勝目となるアウェイでの勝利は、今季相性の良かった岐阜相手でした。激しい雨の中、難しい試合だったと思いますが、前線に人数をかけ、積極的なプレスから高い位置でボールを奪い、シンプルなパスで素早く前へ運ぶ攻撃的なサッカーを展開、前半わずか21分で3点を上げホームチームを圧倒、J2ながら天皇杯ベスト8進出を決め勢いに乗る岐阜のエース中村に、突然気の抜けたような守備を見せる悪癖を突かれて2得点を許したものの、最初に大きくリードしていたおかげで比較的落ち着いて逃げ切ることができました。

 とは言え、最初のチャンスにきっちり決めたキャプテンの上里、20分、21分と立て続けに強力なミドルシュートを叩き込んだダニルソン、リーグ戦初ゴールを決めた岩沼、得点こそなかったものの前線で何度もチャンスを作り勝利に貢献したキリノとハファエル(ワントップの宿命か、吉本にべったり張り付かれたキリノはやりづらそうでした)、地味にピンチの芽を摘んでいた芳賀、そして常に前に向かって勝負する姿勢でチーム全体を引っ張っているとも言える若き才能・古田と、誰がMOMになってもおかしくない、久々に結果内容とも満足の行く試合だったのではないでしょうか(まあ、実際は攻守両面で活躍したダニルソンが妥当でしょうけど)。
	
 今季最高順位は6位に確定している札幌ですが、それでも残り2試合をきっちり勝って、そこを死守してもらいたい(後ろには勝ち点差2で水戸が迫って来ました)。次はホームでのラストゲーム、その次の東京V戦は、私、スタジアムにて観戦の予定です。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday’s J2 league games, sixth placed Consadole Sapporo met 11th placed F.C. Gifu at Gifu Memorial Center Nagaragawa Stadium and ruled the tough game in the hard rain by a score of 4-2. For Consadole, it was also the 100th memorial away victory in its history. 

Sapporo started the game really aggressively this day and overwhelmed the home team that had gone to semi quarter final of this year’s Emperor Cup eliminating tournament and scoring 3 goals in first 21 minutes. Although the cold wet slippery pitch never allowed them to finish the game easily as that; Gifu’s young ace striker Nakamura made two goals to hang it over, Sapporo always kept more than 2 goal lead and finally pushed away the rival.

It was difficult to decide who the man of match was; Uesato who scored first to warm up the team, Danilson with his two great shotgun middle shoots in the 20th and 21st minute and rookie defender Iwanuma made his very first goal in J league are all deserve it. Quirino and Rafael did not score this day but worked well to help their teammates and so did Haga. And the youngest remarkable talent of this northern club, Furuta, also played fantastic showing good try many times (Still, it should goes to Danilson when he also worked really well on both offence and defence).

Consadole Sapporo never goes up from current place this season even if they win the rest of two games all; however, we fans want them to make it. Go Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |22:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2009年11月21日

曽田引退/Soda retired

 曽田の引退、寂しい限りです。怪我から復帰し、もう一度プレーする姿を待ち望んでいたファンは少なくないでしょう。

 独特の風貌、学歴に裏付けられた知的な言動、優れた身体能力、そしてそれ以上にコンサドーレ初の地元出身の中心選手として、これまで良い時も悪い時もチームの顔であった彼が果たした役割、その存在価値は大きかったと思います。

 降格が決まっていた2002年の最終戦、広島を道連れにしたハットトリック、その後のディフェンダーへのコンバート、2007年、超守備的と言われた三浦札幌での昇格への貢献。チームメイト(特に若手)にとっても頼もしかったであろう(?)毎年の契約更改での姿勢…。語るネタには不自由しません。もっともっと増やして行って欲しかったですが…。

 一昨年、J1で彼がフルに出て力を発揮していれば、そう思わずにはいられない不運でした。

 とにかくお疲れ様でした。そしてありがとうございました。
 
 札幌には、常にこういう地元出身の看板選手がいるチームになって行って欲しいと思います。

November 17th, Consadole Sapporo announced the retirement of its central defender Yusi Soda who played for nine years in the team.

Since he started his carrier in Sapporo as a forward, he had been always center of the team. His looks, cleverness and physical strength had been attracting many fans; and for Consadole, he was actually the first star player coming from Sapporo, its hometown.

Last season, Soda was almost not able to play for J1’s pitch after really working for previous season’s promotion as a key defender because of injurer. Many fans had been waiting for his coming back with his lot of impressive plays but it finally did not come true.

Now I would like to thank him and miss him. I want Consadole Sapporo to always have local star player like him.

Thank you, Soda!

posted by masamaru |23:55 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2009年11月20日

伊豆一泊旅行/Weekend trip for Izu

izu
一碧湖畔の紅葉(伊東)

 もう先週末になってしまうのですが、伊東へ一泊旅行に行った時の写真です。撮影日は風が強く、波も高かったのですが、エメラルドグリーンの澄んだ湖水は、“伊豆の瞳”と呼ばれるにふさわしい優雅さと美しさでした。

 湖を一周する約4kmの周遊道にはちょっとした森のようになっている部分もあり、美しい水と緑に心身ともに洗われる思いでした。一碧湖はまたバス釣りでも有名だそうで、ルアーを泳がせているアングラーの姿もちらほら見かけました。楽しそうでしたよ。


izuLast weekend, Ms. N and I went to Ito, Shizuoka prefecture and stayed a hotel by a famous lake there, Lake Ippeki. The picture is of the lake with red leaves in the morning.


The word “ippeki” means “the most emerald” or “an emerald”. The day, although it was windy and the surface of the water never stayed calm and kept ruffled, this beautiful lake also as known as “The eye of Izu” (Izu is an old name of the area including Ito) was always beautiful enough.

The lake has a 4km circuit trail going through a wood so we enjoyed the trekking too. Lake Ippeki is also well known for bass fishing. We actually saw some anglers reeling their lures.


izu 前日の土曜日は、あいにくの雨の中、美術館巡りをしていました。右の写真は「ワイルドスミス絵本美術館」。ブライアン・ワイルドスミスは「ワイルドスミスのABC」やマザーグースの挿絵などで有名な絵本作家ですが(特に彼の描いた動物の絵に見覚えのある方は多いと思います)、こちらではその世界に存分に浸ることができます。

 特に動物たちが愛らしく色彩豊かな絵の素晴らしさは言うまでもなく、何処までも教育的なのに決して説教くさくはない不思議な作風には唸らされます。彼の作品はほぼ読み放題。ショップで買えるグッズもお洒落で、個人的には一日中過ごせそうな場所でした。


izu 晴れ女N嬢のおかげか天気は回復、昼食を挟んで次に訪れたのは、今回の主目的のひとつでもあった「伊豆アンモナイト博物館」。しかし…まさかの臨時休館!これには二人で呆然、建物の前で立ち尽くすこと暫し…。

 これでもう一度、伊東に来なければならなくなったねと話しつつ、螺旋を描くエントランスもアンモナイトを思わせるセンスのいい建物を後に。


izu 気を取り直して向かったのは「アフリカン アート ギャラリー」。伊豆はこうした小規模の美術館やギャラリーがたくさんあって面白いですね(当たり外れの差も大きそうですが…)。

 写真はその入り口とドアノブ。雰囲気あるでしょう?

 内部は撮影できないため写真で紹介することができないのが残念ですが、展示物も予想以上に豊富で、アフリカの民族文化と生活に根差した独創的で生命力溢れるアートを目にすることができます。ショップではかの土地の工芸品や楽器などの他、カンガという民族布を使用した個性的な服なども入手可能(N嬢は木彫りの小さなスプーンを、私は木の皮でできた本物そっくりのカエルを購入)。

Izu area has many small museums and art galleries. Previous day, we visited around some of them. Both Brian Wildsmith Museum of Art and African Art Gallery were really interesting and attractive. We liked those exhibitions and had a great time. Only one unfortunate thing was Izu Ammonite Museum had been closed totally irregularly. It was one of what we had been looking forward to the most in the trip…. Still, the cold rain in the morning finally stopped and we saw beautiful sunset when we got the hotel. The dinner was also great. It was nice to end the first day.


izu
 宿泊した一碧湖畔のコンドミニアム式のホテルは、その名も「紀州鉄道伊豆一碧湖ホテル」。チェックインした後、早速周辺を散歩。鮮やかな夕焼け空に翌日の晴天を予感。温泉と地元の美味を楽しんで初日を終えました。


izu 二日目は冒頭に書いた湖畔周遊と、伊東駅周辺散策を満喫。駅から少し歩けば海に至る(沖に臨むのは初島)山あり海ありの伊豆、機会があれば是非訪れてみて下さい。

For the second day, we enjoyed trekking around the lake and walking around the Ito station. Izu area that has both mountain and sea in it is really fun to visit. Check it when you can!


posted by MasaMaru |23:55 | Traveling | コメント(2) |

2009年11月19日

ボジョレー・ヌーボー解禁/Beaujolais Nouveau has been released

Beaujolais Nouveau
 ボジョレー・ヌーボー解禁です。写真左から(お高い順に)ジョルジュ・デュ・ブッフ社「セレクション・ヴィラージュ・ヌーボー」、ピエール・ポネール社(1875年創業の老舗)の「レギュラー・ヌーボー」と「ヴィラージュ・ヌーボー」(ヴィラージュ・ヌーボーは、普通のボジョレーに比べて葡萄の収穫量やアルコール度数など、認証を受けるための条件が厳しいのだそうです)。
	
 3本並べて、これが旨い、これは明らかに味が違うなどと、素人意見を述べ合いつつ飲み比べ。今年は50年に一度の当たり年だそうですが…実は毎年おいしくいただいています。

 楽しく飲めれば良いのでは。言ってしまえば所詮味見用に速攻で作ったワインを、お祭りとして飲んでいるわけですし。

This year’s Beaujolais Noubeau has been released since today.

For today, Ms. N and I had gotten three bottles of difference Beaujolais and tried to taste them tonight. 

Even though we could not tell which is which correctly, it was enjoyable enough.


posted by MasaMaru |23:39 | A piece of my life | コメント(0) |

2009年11月08日

第48節 富山戦/VS Kataller Toyama (November 8th, 2009 at Atsubetsu Stadium)

 今季最後の厚別での試合、危ないところでしたがかろうじて引き分けました。

 高原のクリアミスは、まあ、お粗末と言えばお粗末でしたが、良くある不運と言えなくもない(高原自身は今日もファインセーブも多く、個人で見ればトントンでしょうし)。

 問題はその後の、チームとしてすっかり意気消沈してしまったかのようなプレーと、守護神のミスにつられたかのような精度を欠くパスの連発の方で、今日はせっかくトップ下がハファエルでボールはむしろいつもより収まるはずなのだから、もっと積極的に中に出して外から仕掛けてと行って良かったように思います。前半、砂川が悪くなかっただけに、もう少し思い切ってサイドの深いところまでボールを運んで、そこから折り返してシュートで終わる形を見てみたかった。

 誰もが判っていることですが、今季はもう、負けることを恐れて勝つためのトライをためらう理由は何もないのですから。

 失点後の攻撃的な選手交代が功を奏し、石井が意地の今季初ゴールで期待に応え最悪の結果は逃れたものの、厚別、今年は相性良くなかったですね。

 まだリーグは3試合ありますし、もうひとつのホーム、札幌ドームでの試合も残っています。最後まで目指すサッカーを形にするべく頑張って欲しい。Go! Consadole Sapporo!

Sunday, Consadole Sapporo drew this season’s last game at Atsubetsu with Kataller Toyama by a score of 1-1. Sapporo allowed the visitor to go ahead from goalkeeper Takahara’s miss clearance in the 53rd minute, however, substitute Ishii who had replaced the ace Quirino saved the team by his 83rd minute’s header. The scoring was also his first goal of this season.

Takahara’s mistake could be unfortunate but it seemed that his teammate had been totally taken away their enthusiasm by that. Ishizaki sent his offensive players such as Fujita, Nakayama and Ishii to get it over and his decision finally worked, but it took them bit longer than necessary.

Consadole still has a home game at Sapporo Dome in the 3 rest games of this year’s J2 league and the players keep trying the best to finish the season in higher place. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |16:01 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2009年11月03日

ひと月振りです。/It's for a while

 お久し振りです。
	
 9月末に7年間愛用したラップトップが壊れ、以降インターネットからも離れておりました。2代目の購入自体は2週間前に済んでいたのですが、ただでさえこの手のガジェットが得意ではないのに最初の画面ひとつ取っても勝手が違いますから、すっかり及び腰ですよ。設定やらなんやらをのろのろと終わらせて、やっとブログの更新に至りました。

 この間、新型インフルエンザにかかって1週間自宅で隔離されたり、コンサドーレのJ1昇格失敗と天皇杯3回戦敗退が決まったりしましたが、他はまあ、良くも悪くも変わらず。気付けばもう11月です。

 パソコンが壊れて何が痛かったかって、膨大な量の写真が失われたことです。お店でハードディスクを取り出してもらい、データを救出できるかどうか試してもらったのですが、結局駄目でした。今回はできるだけ早い時期に外付けのハードディスクを買って、バックアップ体制を整えたいと思います。

My first laptop broke the end of this September after I used it 7 years long. And I had been out of the internet since that, until I got new one.

During that, I got swine flu and locked in the house for a week, Consadole Sapporo failed in this season’s promotion and also left Emperor Cup tournament loosing the third round game against Shimizu S-pulse by 2-0.

Now I am struggling with getting used to my second computer because everything is too much deference from former one. I am not good at using this kind of gadget first of all. And what I was dissapointed the most is I lost too much pictures with the hard disc...

posted by masamaru |19:07 | Others | コメント(5) |