コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年08月23日

第35節 鳥栖戦/VS Sagan Tosu (August 22nd, 2009 at Sapporo Dome)

 先ほど録画を観たのですが…。3度も同点ゴールが生まれて、つまりゴールは合計6つ、しかし札幌のファンとしては、エキサイティングと言うよりフラストレイティングなゲームでした。

 最後に追い付かれたからと言うよりは、全体的に締まらない印象があるからでしょうか。いつものように入りは良かった。開始僅か2分、宮澤の正確なパスが、キリノの長女誕生を自ら祝う先制ゴールを生み、ドームの観客を盛り上げる。なのに、その良い雰囲気が20分と続かない。一見圧倒的に攻めているようで、その実、相手はほんの少しのチャンスさえあれば決定機にまで持って行けてしまう。一人二人強力な技術を持った選手がいる、あるいは今回の鳥栖のように全員が最後まで良く走るチームであれば、今の札幌の良さ、チームカラーというのはそれほど怖くないのではないでしょうか。お粗末な守備の代償としてのファウルからあっさり逆転され、それでも後半は新加入のハファエル(案外頭脳派?)の初ゴールで再び同点、そして残り10分を切ってからの中山元気の今季初ゴールで逆転していながら、結局最後はファウルからフリーキックを与えて失点。ブラジリアン・トリオと藤田は悪くなかったし、珍しく(?)石崎監督の選手起用が当たった試合だけにもったいない気がしましたし、それ以上にちょっとうんざり。

 あれがあくまでも目指している形だというのであれば、それはそれで良いのですが(ただ、だとしたら勝ち続けられるようになるには相当時間がかかりそうなので、長期政権を早めに決めて、かつファンを納得させることが必要)。現状で見る限りは、前から積極的に攻めることに偏重して、バランスが悪いサッカーをやっているように思えます。少なくともプレスが30分もたず、決定機であれだけ外しまくっている限りは。

Consadole Sapporo met Sagan Tosu at its home Sapporo Dome on Saturday and the game finally tied at 3-3 could be frustrating for over 17,000 Consadole fans there, rather than exciting.

It started from Quirino’s going ahead scoring in the second minute early to cerebrate what he had a daughter and became a father this week by himself. But once first equalizer came from Havenaar’s head (mostly Consadole fans mast missed him) in the 18th minute, Tosu succeeded in turning over the game in the first half with its ace Shimada’s PK given from Cho Sung Hwan’s careless foul. However, in the 59th minute, Rafael who had appeared since the second half pulled it back to even with his very first goal in Japan and the fine middle shot greatly warmed up the stadium. He also caused what Tosu’s IIo was shown his second yellow card for this day and left the pitch. So when substitute Nakayama scoring with his header to Fujita’s nice cross in the 86th minute, it seemed to almost finish the game, actually, the third time came. The latest free kick for Tosu, from Takahashi, finally wrenched a point and stopped Sapporo’s winning streak.

Consadole players worked hard and aggressively as same as latest games, and some of them such as its three Brazilian, Danilson, Quirino and Rafael and Fujita who had come back to his left side were really well, still, it was not enough to help their poor defence. They might too much think about playing aggressive in the front of the pitch and it may lead them to break down finally. How they balance the hard attack and tight block is important for this team now, to shoot for higher place.

posted by MasaMaru |17:37 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年08月16日

第34節 岐阜戦/VS F.C. Gifu (August 16th, 2009 at Nagaragawa Stadium)

 長良川の花火もさらう、敵地での勝利。しかも2点取って失点を0で抑えて3連勝。言うことなしです…と書きたいところですが、どうでしょう、皆さん、本当に手放しで喜んでますか?私はモヤッとしています。

 開始早々の猛攻は凄まじかったですし、わずか3分でのダニルソンの強烈な先制弾も見事でした(と言うか、ダニルソン個人が凄かった)。実際、あれがあったから最終的な結果も付いてきたように思いますし。ただその後、20分で見事に全員の脚が止まった時には、このチームが目指しているのは(笑えるという意味での)“面白いサッカー”なのか?と考えずにはいられなかった。後半だって、確かにチャンスは何度も作っていましたが、結局決め切れたのは(またしても)ダニルソンのインターセプトから、西の長いスルーパスに良く走り込んだ砂川が、得意のステップでディフェンダーをかわして決めたビューティフルゴールだけ(あれはあれで単発の大玉花火として魅せるものではりましたが…)。

 何より、チームとしては良い時間帯と駄目な時間帯が極端な、不安定なサッカーだった点が気になります。攻撃的なサッカーとは言っても、相変わらず裏は取られまくりだし、ラインも下がり出したら止まらないし、自陣ゴール前で何故相手選手があんなに前を向いて色々やれるのか良く解りません。まあ、あれだけチャンスがあって決められない岐阜の得点力もどうかと思いますが…(今日は相手に救われましたよ、本当に)。

 別にバランスの取れた一貫した戦い方で勝ち点3が得られるわけではない、勝ってナンボというのも真実だとは思うのですけれど。“何となく結果が出てるからいいじゃん”と“そんなに悪くもないのに何となく勝てないよな”の距離は物凄く近いような気もします。チームを上向かせたスーパー高校生・古田がU-19の代表合宿参加でチームを離れるのも気になりますし。泣いても笑ってももう一巡りでリーグはおしまい。案外、今こそ踏ん張り所かもしれませんよ、コンサドーレ札幌。

For the Sunday’s night game in Gifu under massive fireworks for Nagaragawa’s firework festival ended in visitor’s victory by a score of 0-2. Consadole Sapporo beat F.C. Gifu and made winning three games straight. Gifu first lost its home game in 11 games this season.

However, it never was so good game for the winners; Sapporo’s players played really hard and aggressively from the start and went ahead with Danilson’s strong middle shot in the third minute but they ran out of gas in the first 20 minutes. In the second half, Sunakawa’s quick running up to Nishi’s long through pass connected Danilson’s intercept to him and scoring after side stepping to turn defenders in the 74th minutes was really beautiful, still, it was a kind of solo firework. They just kept going round between working actively and playing roughly, unstably, and Gifu’s poor finish always helped them.

After this game, Sapporo’s Furuta leaves the team to join the under 18 national team and it might be unwelcome for them because the 18 old super high school player has no doubt spiced up them. 

posted by MasaMaru |23:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年08月10日

第33節 東京Ⅴ戦/VS Tokyo Verdy 1969 (August 9th, 2009 at Ajinomoto Stadium)

20090810-00.jpg


 エース・キリノの2ゴールでヴェルディに勝利。とは言え、前半から積極的なプレスと運動量で押していながら決定的なチャンスを外し続け、後半20分を過ぎて計ったように脚が止まったところで失点、これは“いつもの”展開か?とも思ったものの、残り時間を必死で守って何とか逃げ切りました。アディショナルタイム4分、長過ぎ。生きた心地がしませんでした(写真はキックオフの瞬間)。
	
 2点リードしていても相手が少しも慌てないのが悔しいですが、実際、大黒にボールが通ってしまいさえすればどうとでもなりそうなウチのディフェンスではそれも致し方なし。どうにかならんものか。4バックよりも、ダニルソンの1ボランチの方がよほど“壁”に思える。

 それでも前節、福岡を3-0で下した試合で大活躍、ファンを大いに驚かせ喜ばせた若い古田の存在が、チームにとって良い刺激になっている感があります。彼の常に前を向きゴールに向かって挑む姿勢にもっと全体が引っ張られれば、そして相手チームが彼を囲んできた時に別なところから動きが起きるようになれば、ここから上向いていく可能性はあるでしょう。今度こそ波に乗りたい。

 個人的には生観戦で久々に雨に降られず、それも勝ち試合が観られて大満足。地震にはちょっと驚いたけれど…(ゴール裏で踊っていた人達は全然気付いてなかったと思いますが、結構揺れてたんですよー)。

Ace Qurino’s 2 goals leaded Consadole Sapporo to a narrow victory over Tokyo Verdy at Ajinomoto Stadium on Sunday. This day’s Consadole players worked hard and really aggressively. It actually had been a little quiet when Verdy’s Nagasato scored in the 69th minute and something familiar smelled, however, they finally kept lead and winning two games in a row.

It seems that its youngest player Furuta who had really surprised and pleased the fan last game they beat Abispa Fukuoka by 3-0 could be changing the team. They can be affected by his fresh creative try that always faces the goal. Now great chemistry is expected.


posted by MasaMaru(現地観戦) |08:18 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2009年08月02日

第28節 C大阪戦/VS Cerezo Osaka (August 2nd, 2009 at Osaka Nagai Stadium)

 前回対戦時4-1で圧倒したセレッソにあっさりリベンジを許して3-0の敗戦も納得。チームとしても選手個々の能力や技術でも、残念ながら力の差があり過ぎました。前半20分、良い流れから3度もチャンスを作りながら得点に至らないコンサドーレ、決定的な場面で決められないキリノ。対してリズムを掴めずとも慌てることなく危機を凌ぎ、一瞬の隙を突いて確実に逆襲に結び付けるセレッソ、ワンチャンスで決めてくるマルティネスと香川。自陣ゴール前、相手選手にあれだけ前を向かせてパス回しをさせれば、そりゃ誰かはフリーにしてしまうでしょう。あのザルのようなディフェンスはさすがに観ていて辛い。

 後半に見せた、点が取れない時間が続くとたちまち過剰に慎重に、かつ消極的になってしまう悪い癖も何とかして欲しい。もう“ある距離までボールを運んだら後は相手ゴールを目掛けて強いボールを蹴る、残りの選手は飛び込む”を約束事として掲げてもいいんじゃないかと思う。守備が弱いチームが攻撃で弱気になってどうする。高い位置でプレスをかけて奪って攻め切ることで攻撃は最大の防御なりを実践するという、指向しているサッカーと相反するものでもなければ、それを邪魔するものでもないと思うのだけれど…(まあ、開き直れないのは安易に1年でのJ1復帰を公言したHFCのせいでもあるよな。ホント、しょうもないフロントだ)。

 今日そこまでウチで唯一素晴らしかったダニルソンの、痛恨のパスミスから香川の本日2点目を許して試合終了。J初出場の古田、新たな助っ人ハファエルの投入も機能せず(そもそも古田に関しては、勝つための起用だったとは到底思えませんが…)。それでも来週は参戦します、味の素スタジアム、東京V戦。だから頼むよ、札幌。

Sunday, Consadole Sapporo met Cerezo Osaka at Nagai Stadium and allowed the home team to make up last match in Sapporo that Consadole beat them by a score of 4-1.

However, this time’s Cerezo’s 3-0 victory was totally no wonder. First 20 minutes it even could be for Sapporo but they just kept losing those great chances but for Cerezo, conversely, only few chances in the first half were enough to go ahead with Martinez’s 23rd minute beautiful scoring and expand it to 2 goal lead.

In the second half, Cerezo exceeded the opponent both as a team and on the players each. Besides that, there were too much miscommunication on Sapporo and it made them more hesitating to try when they should have done it.

For Sapporo, Danilson alone had seemed well until he caused Kagawa’s second scoring for this day to finish the game but finally he was not able to save the team over all. Although a young defender Furuta played on J league pitch since the 58th minute and newcomer Brazilian Rafael appeared in the 70th minute too, neither one did not work at all. (Still, I am going to see their game against Tokyo Verdy at Ajinomoto Stadium, of course with a kind of expectation. Go Consadole Sapporo!)

posted by masamaru |23:10 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(1) |