コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年04月30日

09シーズン第11節 愛媛戦/VS Ehime FC (April 29th, 2009 at Sapporo Dome)

 監督と、ファンと、本人をも安心させたであろう宮澤の初ゴールが愛媛戦で遂に出ました。クライトンのコーナーキックに力強く合わせたヘディング、待ちに待たれた得点は、しかしミッドフィールダーとしてのものでした。このポジションは上里と西嶋が同時に出場停止だったためと思われますが(個人的にはサイドハーフ宮澤は有のような気もしています)、前節の一人少ない状況での無失点試合と言い、皮肉なものです(もっとも、宮澤自身それで発奮した可能性もありますね)。

 クライトンのチームリーダーぶりは今節も素晴らしく、時には自らチャンスを作り、時には仲間を走らせ、後半、キリノを経由して岡本の2点目を、更にはダニルソンのJ初ゴールをアシストと、大車輪の活躍でした。このまま相手を圧倒できれば美しい勝利だったのですが…。きっちり顔を出したのが、慢性的な守備の拙さ。最後の15分を守りきれず、ほころびを突かれるように連続して失点。最初の失点はこちらの選手交代の直後、次は交代で入ったジョジマールの個人技を止められなかったもので、どちらも、踏ん張らなければならないところで見事にやられています。残念。

 しかしまあ、これで4連勝、ゴールデンウィーク4連戦を勝って始められたのも良かったです。次節は順位も立場も近い福岡が相手です。勝って突き放したいところ。頑張りましょう!

After being expected so long time, the hopeful young forward of Sapporo, a member of under 20 national team, Hiroki Miyazawa finally scored in the game they beat Ehime FC at Sapporo Dome on 29th, holiday Wednesday.

It was made in the 27th minute with his header to Claiton’s corner kick to make team go ahead and to relieve many people, coaches and fans who had believing in his talent and ability. Miyazawa had played as a midfielder for this game so if he was affected by that somehow, the goal might have relieved himself too.

It seemed that Sapporo overwhelmed Ehime, Claiton conducted the team excellently again and drew two more goals in the second half from Okamoto and Danilson (Danilson’s one was also his first goal in J league), but its chronic poor defence suddenly came back to allow Ehime’s two fight back scoring in last 15 minutes and turned the perfect victory to sloppy close one.

Still, Consadole fortunately succeeded in extending its winning streak to 4 and started this 4 games Golden Week series over all.

posted by MasaMaru |09:43 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年04月27日

09シーズン第10節 横浜FC戦/VS Yokohama FC (April 26th, 2009 at Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium)

Claiton


 クライトン様様。

 前半、尋常ではない向かい風と、比較的早い時間帯で発生した数的不利を耐え切ったことが大きかった。形は全く違うものの、前節と同様、自信と集中力を高く維持したまま後半に入ることが出来たのではないかと思います。そして後半すぐのクライトンの得点。相手陣内の深い位置、スローインを受けてそのまま前を向き、最短距離でゴールへ流し込むという、一人少ない状況はまったく関係しないプレーでした。この日は特に当たりの強さとボールを失わない巧さが際立っていたクライトンでしたが、フィジカルの強さ以上に、ここ一番の判断の良さ、豊富な経験に支えられたクレバーさが感じられるプレーでした。素晴らしかった。加えてあの運動量とボールへの執念。選手にも色々タイプがあり一概には言えないと思いますが、それでも特に若い選手にはもう少し真似して欲しいと感じるところもあります。
	
 西嶋の早々の退場により、この日のコンサドーレは、ちょっと変わった布陣になっていましたが、それによりクライトンが比較的前で自由に好きなだけボールを持っていられる、と言うか持っていてもらうしかない状態だったことも、良い方向に働きました。まったく機能する感じがしない宮澤のワントップも、あれで救われたと思います。守備に関しても、相手より一人少ないせいで、やるべきことも出来ることも限られていたのと、取られたら取り返すのは難しいと全員が解った上で、最後まで集中してシンプルな守備を続けられたのが良かったのではないでしょうか。横浜は明らかにワイドなサッカーでこっちが疲れるのを狙っていましたから(パスもフリーキックも上手い三浦淳が下がってくれた時は、本当にホッとしました)。その点では、両サイドの藤田と砂川が良く我慢してくれていたと思います。

 ただ同時に、藤田が攻撃参加できないと得点機は激減することが明らかにもなりました。彼のサイドの突破以外にもコンスタントに使える攻撃手段が、ひとつふたつは欲しいところ(中山のポストプレーが待たれます)。また西嶋の退場に関しては、審判の判定云々以前に、やはり一度抜かれてから、自陣に向けて相手を追いかける形で後ろからファウルで止めるという守備そのものに問題があるように思います。積極的に間合いを詰めてチャレンジというのがチームとしてのやり方であるなら、そこは失敗した時のケアをどうにかするか、あるいは、失敗した場合はもう仕方ないよと諦めるとして(柳下札幌ですね)どう点を取り返すのかを考えていただきたいと思います。

 しかし何はともあれ3連勝、しかも今季初の無失点試合(こんな形で。皮肉なものです)、良くやりました。試合後、クライトンと一緒に喜べたのが何より良かった。ここから連戦になりますが、一気に波に乗って行きたいところです。頑張れ、札幌!(そして西嶋以上に悔しかったはずの岡本、次節もスタメンは間違いないはず。頑張れ!)

Sunday, Consadole Sapporo met Yokohama F.C. at Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium. It was brisk sunny afternoon but also strong wind was blowing toward Consadole’s goal. Even Aratani’s goal kick hardly went over the center line. Besides that, its key defender Nishijima left the pitch in the 18th minute because of his second yellow card for this game (It always happens as long as they rush to ball holding offender to press first of all and fail in it without others’ covering…). Then, the rest ten players from Sapporo came to face up that duplicate head wind so early.

They actually survived the first half and it suddenly happened when only four minutes had passed since another half started. Claiton who took Sunakawa’s slow-in at the deep left side of Yokohama’s area quickly turned 2 players, dribbled shortly, and then sent his grounder to break through Iwamaru’s goal. It obviously came from his cleverness with the rich experience and great skill accompanies physical strength.

This goal also rewarded Claiton for his limitless energetic hard working that he had shown. This game Consadole’s players had to rely on him too much since its disadvantage in number of players. But this case, it leaded Claiton to play freely, in his way, and use much time to help the team, especially when only one true forward of them, Miyazawa, almost did not work.

Yokohama played widely and waited the opponents get tired patiently so it seemed to be no doubtfully difficult for Sapporo to keep the lead with ten, but it made them band tighter and more concentrated on simple safety defence over all. Some offensive players such as Fujita and Sunakawa stayed on behind the center line and worked hard. 

Finally finishing the game without allowing any goals and winning three games straight are still not enough to be relieved. It was exposed that Consadole did not have so many ways to score especially when Fujita did not take part in attack. However, personally, it was so nice to celebrate this victory with Claiton, came to fans there after the game. And it was unfortunate for Okamoto that Ishizaki decided changed him to Sunakawa when Nishijima was eliminated. Next game against Ehime, Okamoto might be on the starting lineup. Go Okamoto!


posted by MasaMaru(現地観戦) |15:38 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年04月20日

09シーズン第9節 C大阪戦/VS Cerezo Osaka (April 19th, 2009 at Sapporo Dome)

 日曜日は、首位セレッソ相手に4-1でまさかの大勝、今季ホーム初勝利、今季初連勝、今季最多得点と、めでたさ尽くしの札幌ドームでした。ホームでは732日も勝っていなかったんですね(まあ、アウェイでもたいして勝ってませんでしたが)。ちなみにセレッソは今季初黒星。

 岡本の先制点が全てを決めたように思います。簡単には諦めない、自ら挑戦せずには終わらない、自分(の持ち味)を信じて勝負する、そういう気持ちがこもった、そしてその後のチームの戦いっぷりを象徴するかのような、ドリブルとシュートでした。試合を分析するうえではセレッソの若きファンタジスタ、日本代表・香川の4人抜きゴールで一旦リードを失ってからのキリノの得点の方が重要性は高いのかもしれませんが、開始早々のこの岡本のプレーは、味方に自信と落ち着き、良い意味での緊張と集中力を与え、少なからず相手のプランを狂わせたはずです。

 この日の岡本は得点以外でも素晴らしかった。攻守にわたって広い範囲に目と気を配り、交代する最後の瞬間まで労を惜しまず走り続けました。もともとの当たりの強さとパスコースの選択の良さ(精度はともかく)がこの試合では特に光っていたダニルソンも、同様の理由で素晴らしかったのですが、やはりMOMは岡本かと。累積警告で次節出場停止ながら3試合連続得点のキリノ、3点目を生んだ上里と西嶋、駄目押し得点のクライトン(前回のエントリーで“シュート向きの選手ではない”などと書いてしまい、反省しています)など、活躍した選手を一人ずつ上げていくときりがないような気もしますが…。

 それでも、冷静に見ればセレッソのゲームとなるはずの試合でした。札幌のディフェンスを崩すには香川と乾の二人で充分でしたし、最終的に1失点に抑えたとは言え、ウチはファウルでしか相手の攻撃を止められない回数が多過ぎます。展開の上で打ち合いになっていなければ、もっと厳しい結果になっていたことでしょう。今回は運も相当味方したように思いますし…。キリノも今後はマークがきつくなり、全ての試合でこういう戦い方が通用するとは思いません。J2で勝ち抜こうとするなら、守備の安定は不可欠です。ただ、いつか石崎監督も言っていた“戦っている選手の前にはボールが転がって来る”、そうした点については、この1勝を自信に、頑張っていって欲しいと思います。気持ちを前面に押し出したサッカーを見せてくれることは、ファンとしても嬉しいですし、応援し甲斐もあるので。

 次節、三ツ沢はスタジアム観戦の予定です。相手も今節の勝利でトンネルを抜けた可能性があり、気は抜けませんよ。頑張れ、札幌!

Sapporo Dome, Sunday. 13th placed Consadole Sapporo surprisingly beat league leader Cerezo Osaka by a score of 4-1. This season, it was the first time for Consadole to win the home game and to win two games in a row, and four goals a game has been their best score too. The dome was filled with over 11,000 fans’ delight. With this victory, Consadole finally stopped its 372 day long winless streaks in home games.

It all started from Sapporo’s young trick star Okamoto’s try, patient sticky dribble and fine grounder shoot in the 6th minute. It made Consadole players feel confident and more enthusiastic so even after Cerezo’s young fantasista Kagawa; a member of Japan national team once equalized it dribbling 3 defenders and keeper overwhelmingly in the 19th minute, they never bent and kept concentrating until Quirino’s 42nd minute’s intercepting and scoring with his sharp eyes and good speed.

This game should have been for Cerezo, especially on the ability and skill the players each have. Kagawa and Inui kept threatening Aratani’s goal, however, next scoring appeared for the Consadole again. Nishijima headed to Uesato’s corner kick in the 49th minute to cheer his teammates and coax them to work harder. Cerezo also could get back its fair wind some times but they just missed them and got tired and frustrated instead, and then Claiton finished the game in the 73rd minute with second touch to his shoot that had been once blocked by Korean keeper Kim Jin Hyon.

All Consadole players were better than usual in this game, still, the man of match has to go to Okamoto because not only the going ahead goal but also he had kept watching and caring too large space for the team cleverly and carefully. If another one can be chosen, Danilson deserves it too. Qurino scored three games straight but got his fourth yellow card this season and suspended for next game.

posted by MasaMaru |13:36 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2009年04月17日

インタグコーヒーとアースデイマーケット/Intag coffee and Earth Day Market

Intag coffee


 エクアドルのインタグコーヒー。フェアトレード商品です(販売元:スローウォーターカフェ有限会社)。コタカチ群インタグの森で、果物などと混栽しているのだそうです。正直、特に際立った味というわけではないのですが、舌を通過する時のまろやかな苦味と飲み終えた後の爽やかさが心地よい。豆を挽いた時の香りも凄く良いです。コーヒークッキーも同じ会社のもの。コーヒーの雫をかたどっているのだそうです。

This cup of Intag coffee is from Ecuador by fair trade. The coffee trees grew in the forest of Intag, Cotacachi, with other fruit trees in wild. It has fresh bitter taste with rich aroma.


Earth Day Market


 このコーヒーを入手した場所が、もう1週間前になってしまうのですが、先週末の日曜日、代々木公園で行われていた、東京朝市・アースデイマーケット。環境問題や食量問題、今盛んに言われている「地産地消」や「食と農のつながり」をテーマとして、東京都心を舞台に継続的に行われているファーマーズマーケットで、こうした趣旨や考え方に賛同する農家やショップが出店するブースで、様々な買物や飲食が楽しめるものです。

 掲げられ、呼びかけられているのは本当に大切なことで、かつ、誰もが気になっていながら(特に都会では)なかなか実践は難しいことなので、私などついつい堅苦しく向き合いたくなってしまうのですが、実際は気軽に出かけて行って買物をするだけでも、そうした活動に参加したことになるわけですからお得な話(?)です(エコバックは持参しましょう!)。各ブースを見て回って生産者の方達の話を聞いているだけでも、色々と勉強になって楽しいですし。

I bought these roast coffee beans and cookies at Earth Day Market in Yoyogi Park last Sunday. The farmers market is held and managed being based on a thought what is really good for us and this world, such as being ecology friendly and living with safe food. Many booths were opened there by the farmers and producers agreeing with those ideas, opinions and life styles. All booths were made from bamboo ribs and canvas with nice hand made shop sign, and people enjoyed shopping their products and works, eating and drinking. And this monthly market is also linked to a world wide big movement, Earth day, which has thought and studied about the environment of this world through its campaigns and activities since it started 1970 in USA. Earth Day Tokyo 2009 is held this weekend at same Yoyogi Park. It must be good to touch enjoy its world and learn many things. 


Earth Day Market こういう場に来たら何はともあれビールです。「ヤッホー・ブルーイング」のブースにて、ドイツ産オーガニックモルトとオーガニックホップ100%使用の、「サンサンオーガニックビール」を購入、本格的な探索をスタート。

Germany organic beer made from organic malt and hops


Earth Day Market 「自然の実り農園」の自然薯(ヤマイモ)。煮たものを試食させてもらったのですが、味がしっかりしてホクホクしていて、大変おいしく、また、すり鉢ですられているその粘りの強さは、是非自分でも試してみたいと思わされるものでした。N嬢も気に入り、即購入。

Japanese wild yam


Earth Day Market 遅めの朝食。「fast-slow food:HARU」の「豆腐とひじきのドライカレー」(右)と「Asante Sana CAFE」で購入した「カルツォーネ(キーマカレー)」。ドライカレーは玄米ご飯も含めて本当に優しいお味でした。

Dried curry with tofu, seaweed, and brown rice


Earth Day Market おにぎりを売っているブースは結構あって、何処もおいしそうでした。お店の名前は忘れてしまったのですが、こちらの「合鴨の五目おこわ」を購入。おいしかったです。

 合鴨に関しては、別のところで卵も買ってみたのですが、これを目玉焼きにして食べたところ、物凄く濃厚な味で驚きました。と言うか、割った段階で黄身の割合と言うか張り?いや存在感?そういったものが凄いんですけどね。

Many kinds of rice balls


Earth Day Market 凄いと言えば、こちらも凄かったですよ、「雑 That’s」の納豆。「秘伝」や「すずひめ」といった商品名は、そのまま豆の名前です(下の写真参照)。で、買う前に「秘伝」の中身を見せてもらったのですが…納豆に対する概念が変わるくらい驚きました。豆そのものが視覚的に強い!と言うか大きい!そして旨そう。

 迷うことなく「秘伝」を、そして他に「茶豆」と(小粒のものもひとつくらいはためしてみようと)「こすず」を購入。「茶豆」は当日の夜に食べたのですが、糸のネバネバまでおいしくて参りました。


Earth Day MarketA variety of soy beans 

Some of them are made into nattos in the picture before.


Earth Day Market「雑 That’s」さんの看板。お洒落ですね。

 ブースは全て竹の骨と白い帆布で組み立てられています。環境に優しく、(組み立てる)人に優しくと言った活動の趣旨を、見事に体現していると思います。更に目にも優しいような気がします。

Soy beans shop's sign


Earth Day Market 面白かったのがこちら、「ヒトニギリ」の「雑穀量り売り」(スプーン1杯30円)。種類も豊富で、雑穀常備常食の我が家には嬉しい限り。「もちきび」「たかきびもろこし」「アマランサス」の赤と黒を一杯ずつ購入。

Millets: 30 yen for each one scoop


Earth Day Market 「from Earth Cafe Ohana」の「オーガニックお豆のアフガンスープ」。体の底から温まるような味でした。

 こちらのお店の出店元は、なんとN嬢の職場の側。今度はそちらにも行ってみたいと思います。

Afghan soup with organic beans (Almost all products and foods there were organic)


Earth Day Market そしてこちらが冒頭のコーヒー豆を購入した「スローウォーターカフェ」。エクアドルからのフェアトレード商品を扱うお店です。

Ecuador fair treading shop’s sign (right picture) and its display (next picture)


Earth Day Market 包装も可愛いコーヒーとクッキー、袋に“コナ”と書いてあって、「エクアドルのコーヒーなのに何故“コナ”?」と思ったのですが…。ハワイのコナコーヒーではなくて“粉”でした(笑)。“マメ”を購入。


 どれだけ環境に良い、体に良いと解っていても、実際オーガニックやフェアトレードという言葉が付く商品は単価が高いのが実情です。しかし、そこに生産者の誠意や情熱が感じられ、味だったり心地良さだったりの、届けられたものに対する感動や驚きがあるのも事実。できる範囲でこういったものを利用していきたいと考えています。

 ちなみに今週末、同じ代々木公園で開催される「アースデイ東京 2009」は、40年前にアメリカで始まり今や世界中に広がった“地球環境について世界規模で考えるムーヴメント”の一部で、こうした情報、人や物に触れる機会は更に多いと思います。近郊にお住まいで、時間のある方は覗いてみるのも楽しいのではないでしょうか。


posted by MasaMaru(横浜在住) |17:37 | Entertainment | コメント(0) |

2009年04月16日

09シーズン第8節 草津戦/VS Thespa Kusatsu (April 15th, 2009 at Shoda Shoyu Stadium)

 何とか勝ちを拾ったという印象。1点リードの状態でキリノに替わって芳賀が入ってからの残り20分は、さすがに前節の轍は踏むまいという強い気持ちが伝わる守りでした。

 しかし、全体的にピリッとしない内容。特に気になったのがファウルの多さ。しかも守備時はファウルでなければ止められない感じです。後半はもう、袋から出す前に一回落としてしまったインスタントラーメンを食べているのかってくらいブツブツ試合が切れていた。最初にPKを与えたファウルもあまりに不用意で、あれで勝てたのは、先制しながら直後に同じような形でPKを返してくれた(?)草津の不調によるものも大きいと思います。草津は決定的な得点機を外すことも多かった。
	
 相変わらずサイドからチャンスを作れてもそれを活かせない状況の中、キリノは良くやってくれました。クライトンが決められなかったあの場面で(つくづくシュート向きの選手ではないのだなと…)彼のジャンピングボレーが得点になっていなかったら、この勝ちもなかったかもしれません。前節ほどのキレがないように見えた動きと、表情の暗さがちょっと心配だったのですが…。このまま勢いに乗って欲しい。宮澤は、相手ペナルティエリア内での味方へのパスという難しい仕事で、やっと点に絡んでくれましたが、チームとして守りに入ってワントップになっている時など、(途中出場なんだし)相手の最終ラインまでもっとプレッシャーをかけに走って欲しいと思ってしまいます。プロには随所に見える彼の輝きも、素人には判りづらい。代表で頑張って来て下さい。

 次節は首位を走るセレッソ大阪が相手。ホームですが、今の状況ならさほど失うものはない。思い切って行きましょう。頑張れ、札幌!

Wednesday’s night game at Shoda Shoyu Stadium, Consadole Sapporo picked up a close victory from Thespa Kusatsu. They turned the game by a score of 1-1 with penalty kicks for each and in the 57th minute, Claiton’s shoot to Miyazawa’s clever pass in front of Kusatu’s goal was once blocked by keeper Tokizawa but Quirino volleyed the reflection to save the team with his second score of the day. Consadole players desperately kept the lead, especially for the last 20 minute Ishizaki even changed Qurino to midfielder Haga to stand strike backing home team, and finally managed to succeed in sweeping away last game’s nightmare.

For Sapporo, there were too many unnecessary fouls and substitute Miyazawa could work more with his ability deserving the under 20 national team of Japan, however, it surely released its fans from latest frustrations. Sapporo will meet league leader Cerezo Osaka next match at Sapporo Dome. There is nothing to lose, go, Sapporo! 

posted by MasaMaru |09:53 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2009年04月12日

09シーズン第7節 富山戦/VS Kataller Toyama (April 12th, 2009 at Sapporo Dome)

 なかなか勝てませんね。いや、あのまま勝てていたとしてもそれはそれで不思議でしたから、1-1はむしろ妥当な結果か。

 確かに選手は集中しているように見えましたし、左サイドに入った岡本のプレーはチームにとっての新鮮な空気、仕掛ける意識を押し上げていたと思います。キリノのスピードとブラジル人らしい足元の巧さを活かした得点も、模索される攻撃の形にひとつの答が出たのかと希望を抱かせるものでした。実際はそうでもなかったのですけれど。総合的に見ればウチのサッカーが良かったと言うよりは相手の詰めの甘さに助けられていた部分が多く、終わってみれば、今季JFLから新加入した富山の、華やかさはなくともひたむきで堅実なサッカーに対して、仮にも昨季はJ1にいたチームが、最後の5分を守り切る老獪さの欠片も見せられずにコーナーキックから押し込まれて、引き分けるのがやっと。あれでは厳しい。

 毎回書いていますが、チームとしてどうやって得点するつもりで相手陣内まで攻め込んでいるのか、そこが解りづらく、よって、どの部分で我慢して応援すれば良いのかも分からない。過去5年は、勝てない時期でも少なくともそこだけは明確だったので、今季はフラストレーションが溜まります。そして、追加点が奪えないまでも、守り切れば手に入ったホーム初勝利を逃がしてしまった守備のまずさは更に深刻。本当に厳しいですよ、このままだと。

For Sunday’s game at Sapporo Dome, a last season J1 team Consadole Sapporo drew Kataller Toyama, one of this season’s newcomers from JFL, by a score of 1-1. Sapporo went ahead by Quirino’s gently grounder in the 19th minute with his good speed run and skilful turn against the goal keeper but Toyama equalized the game from its latest corner kick. It seemed that Sapporo’s players had been more concentrated and carefully, and especially Okamoto’s fresh trying from its left side had given the team some good change. But the close game actually had been caused by Toyama’s poor finish rather than Sapporo’s good play. 1-1 draw game was never unacceptable for this day’s home team. The defence that usually could not keep 1-0 lead last five minute is really big problem…

posted by MasaMaru |19:31 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年04月10日

ガラパゴスコーヒー/Galapagos Island’s coffee

Galapagos coffee


 前々回投稿のガラパゴスコーヒーですが。

 まず、香りに特徴があります。大変甘い香りです。甘いといっても、例えばモカハラーのように本当に花のような甘い香りではなく、実に優しく深い、これから飲むコーヒーの味(苦味)が早くも口の中に広がるような匂いです。

 実際は、それほど苦くは感じません。いや、苦いのですが、円いと言うか。飲んだ後に“ああ、旨いコーヒーだった”と満足しつつ、もう少し飲みたくなる感じです(今はまだ、物珍しさからちょっと評価が高めだとも思いますが)。気に入りました。でも私にはちょっと高いので、そうそうは買えません。失業中ですし(笑)。

 下は南蛮屋」さんのパッケージ。なかなか素敵です。


Galapagos coffeeWe tried Galapagos Island’s coffee that I had bought at Isezaki-cho last Sunday and it was excellent. The nice sweet aroma tells that it also tastes great and it will not disappoint us. It is bitter good enough but mild too. Although it is deep strong, it tastes also smooth and fresh. It even makes me happy with much satisfaction when I finish the cup, and I come to want more.

That coffee shop packs it nice too. The only one problem for me is it is a little expensive…


posted by MasaMaru |15:36 | A piece of my life | コメント(0) |

2009年04月07日

09シーズン第6節 熊本戦/VS Roasso Kumamoto (April 5th, 2009 at KKWING)

 遅ればせながら熊本戦の感想など。

 4失点という数字から受ける印象ほど、特別に酷かったとは思いません。今季、守備はいつもこんなもの。ただ、攻撃時に速いパスをポンポンと繋いで裏へ裏へと抜いてくる相手のサッカーとの相性が悪かったことに加えて、早い時間帯の失点で勢いづかせてしまったため、大惨事になってしまった。荒谷がバックパスを後逸したための自殺点にしても、良く言われる試合勘云々とはああいうことなのでしょうし、攻撃陣についても、特に今回は開始直後の宮澤がシュートを見送ったプレーが槍玉に上がっていますが、ああした選択自体は日本代表の試合でさえ見られるもので、それほど驚くこともありません。
	
 不甲斐ないチームメイトへの苛立ちからか危機感からか、荒いプレーで一発退場になってしまったクライトンや、少々疲れと迷いが見えるものの一定の仕事はしている藤田などは、あまり責められないようにも思いますし。今、試合を見ていて感じるのは、とにかくフィニッシュの形が定まっていないのだろうということ。サイドから崩すのは良いとして、その後どう得点するのか。それは監督がチームの約束として決めるのか、ピッチ上の選手に任されるものなのか。開幕当初こそ(単純に三浦監督の2年間と比べて)“攻撃的で見ていて楽しい”などという声も多かったですが、実際は、何をやろうとしているのかが解らないフラストレイティングなゲームが続いているように思います。

 熊本には過去札幌に在籍した市村や河端、川崎から活躍の場を求めて移籍してきたばかりの原田など、熱い想いや強い気持ちを持って試合に臨んでいた選手がいたことも、勝負に少なからず影響したように思います。良い走り、良い挑戦、闘志溢れる集中したプレーを連発していました。札幌にも熊本出身の岡本がベンチにいたのですが…。地元の試合で燃えていたかもしれず、使ってみても面白かったのではないでしょうか。クライトンとダニルソンが出場停止の次節、出場したなら、彼には思う存分鬱憤を晴らしていただきたい。

Sunday, the match between the southernmost and northernmost J league teams was ruled by south one. Roasso Kumamoto totally beat Consadole Sapporo by a score of 4-0 at its home stadium KKWING.

It started from the 13th minute’s Kumamoto’s going ahead with Kijima’s goal. Sapporo was still going with its poor defense and the home team mercilessly ripped it up and overwhelmed the game. Kumamoto’s players always ran hard and tried energetic. It might have come from a kind of special enthusiasm on some of them such as Ichikawa and Kawabata who had used to play for Sapporo or Harada who had just moved in from J1 Kawasaki Frontale for the chance to play.

Conversely the visitor players seemed to be a little tired or too much nervous. Even experienced goal keeper Aratani playing for the first time in this season missed back pass from Cho Sun Hwan’s and caused own goal.

In substitutes of Sapporo, there was another player who might have been motivated by this game in his home town. Okamoto was. Ishizaki finally did not try him this time but next game, Claiton and Danilson will be suspended and there is great chance that Okamoto replace one of them. We can expect some good things from him.

posted by MasaMaru |09:43 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年04月05日

伊勢佐木町散歩(サッカーの話は明日以降)/Walk to Isezaki-cho for Galapagos coffee

Yokohama Bunmeido


Cherry blossoms in Noge area 何処を歩いても桜満開の季節になりました。今日は横浜から野毛を経由して伊勢佐木町まで、徒歩で片道2時間弱の長距離散歩。

 野毛・大岡川を下る屋形船。乗っている皆さん、楽しそうでした。


Yokohama Bunmeido イセザキモール横浜文明堂にて、「三笠山と煎茶セット」(冒頭の写真は店内のディスプレイ。♪カステラ1番、電話は2番、3時のおやつは文明堂♪の熊さんですね)。三笠山は、皮はふんわり、餡は優しい甘さ。お茶も美味で、急須でたっぷり出て来るのが嬉しい。


Yokohama Bunmeido この三笠山の皮だけを生クリームやシロップでいただくのが「パステル」。焼き立てなのか、ほんのり温かい。

 二人でそれぞれ頼んで食べ比べましたが、どちらもおいしかったです(そしてパステル2枚は結構なボリューム…)。


Nanbanya そして本日の目的地がこちら、備長炭焙煎コーヒーの「南蛮屋」さん。以前通りかかった時に目にした“ガラパゴス”の文字が気になっていたので。

 島全体がユネスコによって保護されているため、コーヒーも生態系の一部として僅かに育てられているのみ、年に1150袋しか生産できない貴重な一品(「南蛮屋之珈琲豆一覧」より)なのだそうです。味は後日報告。

 今日のコンサドーレは大負けだったようで…。そちらの感想は録画を観てから書こうと思います。


NanbanyaToday Ms. N and I walked to Isezaki-cho by way of Noge area. It was a little long walk that took about two hours for each, however, walking under full blooming cherry blossoms in this season was really nice and we enjoyed it very much. We also enjoyed eating and shopping at Isezaki-cho. Especially, it was exciting for me that I bought Galapagos Island’s coffee. It is produced little because all Galapagos Island is under the conservation of UNESCO and coffee is strictly considered to be a part of its important environment too. I was looking forward to it since I had found the rare beans there before. We had a great time again today.


posted by MasaMaru(横浜在住) |19:17 | A piece of my life | コメント(0) |

2009年04月01日

失業とラジオ語学講座/Out of work and learnig languages

 月が変わり、遂に無職となりました。

とは言え有給休暇消化のため、既に1ヶ月近く前から出勤していませんでしたが。求職活動を続けながら家事手伝いをしています(食事を作ったりはできないので主夫とまでは言えませんが)。

 家事というものは比較的効率化しやすく、時間の有効活用が可能です。並行して出来ることも多いですし。他にも資格取得の勉強などを含めてやることはそれなりにあるのですが、出勤して職場で拘束されている状態に比べれば、遥かに自由な時間が作れます。趣味の勉強をしたり、録画したきり観ていなかった映画を観たり、運動したり…。一日のおおよそのタイムテーブルを作り、特に勉強ではリズムや“切りの良さ”を大事にしつつもダラダラせず、隙間の時間をうまく使うのがコツ。案外楽しんでいます(笑)。何より髭を剃らなくて済むのがイイ。もちろん、雇用保険が払われている間に次の仕事を何とかしなければならず、喜んでいる場合ではないのですが…。

 今、ハマっているのはNHKラジオ第2の語学講座。英語とスペイン語を中心に結構な時間聞いています。平日放送があるのは全部で8言語分、再放送も充実していますし、今の時期はどの講座もまだ基礎のパートで内容も簡単に思えるため、真面目にやれば、あるいは何ヶ国語も喋れるようになるのでは…なんて妄想するのも楽しいです。

I lost my job today. I am out of work now. Although I have been stayed home since the second week of last month using paid holidays, accurately, they had hired me until yesterday. Now I spend weekdays looking for new job, studying, doing some house chores without cooking, exercising, watching movie videos and so on. It seems that I am good at them, planning for days and making it properly and regularly. I rather enjoy it so far, and the greatest thing is there is no need to shave up every morning.

I also enjoy listening learning language programs on the radio. I almost all day listening them mainly for English and Spanish and also Italian, Germany, French, Russian, Chinese and Hangul. I know that mastering eight languages from only these radio programs is too much wishful thinking, still it is fan to think.

posted by MasaMaru |21:40 | A piece of my life | コメント(0) |