コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年03月29日

09シーズン第5節 岡山戦/VS Fagiano Okayama (March 29th, 2009 at Momotaro Stadium)

 今回は1-0で良かったと思うのですが…。なかなか厳しいですね。いや、相手がどうこうということではなく、あの戦力であのサッカーを続けて、なおかつ勝とうということが、です。

 4バックの両サイドに攻撃参加可能な選手を配することで、攻撃時におけるスピードアップと数的優位を生み出そうというサッカーですから、守備が弱くなるのはある程度理解できます。前節は効いていた芳賀でしたが、今日のCKからの失点は、本職のDFではない彼のところを突かれてのものでした。ただ、そうした展開も覚悟しての戦術なら、勝つためにはそれ以上の得点が必要となります。勝ち切るサッカーをしようという監督の意図は明確に伝わって来ますが、前回も書いたとおり、今の札幌の攻撃力では、それは辛い。今日は宮澤、横野、石井とFWを3人見ましたが、正直、誰からも得点の匂いはしなかった。そうなると、ここまで良い形は作っている中盤の選手が、最後の一撃も決めるしかない。あの上里の、思い切りの良いドライブシュートは、ひとつの答えのような気がしたのですが…。いずれにしろ、1試合1得点では足りないということです。

 昨季、徹底したリアリズムに基づくリスク管理優先の守備的なサッカーがJ1で通用しなかったことで、“アンチ三浦札幌”とも言える声が噴出しましたが、では何故一昨年は優勝し昇格できたのかということを、逆説的に見せられているような気がします。今はまだ、すぐに結果が出なくともアグレッシブで楽しいサッカーが観られれば良いという意見が多いかもしれませんが、それが勝てない不満に転ずるのにそれほどの時間は要さないはずです。また、現場とは別のHFCの思惑というものもあります(むしろここが信用ならない)。その時にどうするのか。攻撃と守備、どちらかを強化するのか、あるいは、今のやり方を押し通すのか。

 ま、今日はそれでも勝ち点を取りましたし。引き続き、次節に期待です。

Sapporo's new product


 サッポロビールの新製品「冷製 SAPPORO」は勝利の美酒とはなりませんでした。残念!

Today’s Consadole Sapporo met Fagiano Okayama at Momotaro Stadium and drew it by 1-1. Sapporo went ahead with Uesato’s fantastic driver in the 21st minute but the tide slowly changed to Okayama, and Nishino’s header to Seo’s corner kick finally equalized the game in the 68th minute to celebrate their first goal and first point at the home with its over 5,000 fans there.

Now it seems that Ishizaki starts finding difficulty to keep going his plan in J2 league with his players. They have understand what they wanted to try and have played hard, still the team may need either more countable striker or expert defenders unless Ishizaki changes his preferring, aggressive attractive playing. Many Consadole fans think that they had had enough lost games with too much careful defensive style last season, so Ishizaki’s soccer might be acceptable for them for a while, at least it can seem more enjoyable than Miura’s one, but it never stays same. Ishizaki’s decision has been waited.

(The picture is Sapporo Brewery's new product, COOL SAPPORO. I wanted to try it to celebrate Consadole's victory!)


posted by MasaMaru |18:40 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年03月26日

09シーズン第4節 湘南戦/VS Shonan Bellmare (March 25th, 2009 at Sapporo Dome)

 引分けで良かったゲームでしたが…。

 開始10分未満での上里とキリノの衝突、両者負傷退場にはあらゆる意味で真っ青になりましたが、砂川の投入が早まったことは、右の藤田と左の砂川、両サイドからスピード、バランス共に理想的な攻撃を組み立てられる一因となったように思います。この日最初からサイドハーフだった藤田は120点、文句なしの出来でした。そして、それを可能にしていたのが、今季初出場となった芳賀。機に応じて慎重さと大胆さを使い分け、若きスピードスターを助ける彼の働きは単なる後ろのケア以上のもので、本職のDFではないことを差し引けば、こちらも素晴らしいものでした。もちろん、予想外の逆境にチームが一層団結していたこともあるとは思いますが、こういうベテラン選手の活躍を見ると、やはりここまでの選手起用には少し足りないものがあったような気もしてきます。

 スコアレスドローでも藤田はマン・オブ・ザ・マッチになり得たと思うのですが。主にチョウ ソン ファンの身体的強さとクレバーさのおかげとは言え(本当に凄い選手です。よく札幌に来てくれたものです)、kこの日の守備はいつになくハードに守っていたのですが…。アディショナル・タイムの一瞬の隙を突かれました。とは言え、あれだけ何回も相手ゴール前に迫ってクロスも入って、コーナーキックの回数でも相手を圧倒していながら得点できないのでは、守備ばかりを責めるわけにもいかないでしょうか。ここでキリノ不在が響いた?いや、それ以前にチーム全体としてフィニッシュする力がなさ過ぎます。これは深刻です。

 個人的感想ですが、キリノに替わって入った宮澤は、まったく点を取れる感じがしませんでした。FWでは最後に入った横野が元気でしたが、結局は得点できていない。結果論ですが、ダニルソンを残して宮澤と横野の交代にしておけば、失点はなかったかもしれません。

 ダニルソンは好きです。トラップは大きいし、パスの精度はほどほどだし、まだJリーグになれていなくてファウルも多いですが、少なくとも必然性の感じられないバックパスをしない。ボールを持った時は基本的に前の受け手を捜しているし(それで取られちゃうことも少なくないですが)、可能性があれば迷わずトライする。身体の張り方も勇気がありますし。あまり日本使用になって欲しくない選手です。

Wednesday night’s game that Consadole Sapporo met Shonan Bellmare at its home, Sapporo Dome, started with accidentally collision between two home team’s players, Uesato and Quirino. Losing Brazilian ace striker and central midfielder (Uesato is also team captain) before the first 10 minutes and sending two substitutes to replace them obviously could be terrible disadvantage for Sapporo; as it turned out, they got rather good game.

As a result, Sunakwa appeared on its right side earlier than previous three games and that experienced midfielder set down the game after all. With the other side’s speed star Fujita, he balanced the offence and made some good try. And Fujita did more. This day Ishizaki had putted Haga behind Fujita for the first time in this season and he kept playing tough and carefully for all 90 minuets to help his excellent teammate. It was no doubt that all of them banded together against the head wind, there were these two hardworking experts beneath the nice game. 

It could be a drew game by 0-0 and Fujita would have been the man of the match if the game had finished without only one mistake on Sapporo’s defence that gave the latest goal for Shonan. Except that, this day the goal of Sapporo was a hard nut to crack mostly because of Cho Sun Hwan’s great physical strength and clever playing. It never paid off just because of poor finish and it seemed a little serious.

posted by MasaMaru |21:09 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2009年03月22日

09シーズン第3節 甲府戦/VS Ventforet Kofu (March 22th, 2009 at Kose Sports Park Ground)

 何をやろうとしているのかが今ひとつ見えない試合が続いています。実は選手も何をやれば良いのか迷っている、そう感じる場面さえあります。

 サイドバックが積極的に上がる、前の選手を追い越して行く、そういう攻撃的なサッカーを指向しているのでしょう。しかし残念ながら、今の札幌はそれほど攻撃力のあるチームではない。クライトンは頼もしい存在ですがストライカーではありません。彼がどれだけボールをキープしても、それが相手にとっての致命的な状況に繋がらないのが現状。前に人数をかけている分、攻め切れないまま相手ボールになると途端にバタバタして追い込まれてしまう。前半はまさにそういう試合だったのではないでしょうか。

 後半の砂川の投入、藤田と西のポジションチェンジによって、両サイドハーフがボールに絡み易くなり、実際、藤田のクロスから西嶋のヘッドで得点が生まれて流れも変わったように見えたのですが…。その後の10分間を甲府の集中した守備に凌がれたことで、勝負は決したように思います。甲府はGKの荻も良かった。

 それにしても、あそこで今日唯一、得点に結び付きそうなプレーをしていた藤田を岡本に替えたことには(故障ではないなら)疑問が残ります。あの交代が甲府の攻撃をより容易にし、残り時間を上手く使わせてしまったのでは…。

 とにかく守備が脆い。最後尾から攻めたいなら、ミドルシュートでも良いから攻め切るべき。ミドルシュートは相手ディフェンダーを引き出し、結果、裏を取り易くもなるはずです。次節はひとつよろしく。

For the third match of this season’s J2, Ventforet Kofu met Consadole Sapporo at Kose Sports Park Ground, Sunday, and beat it by a score of 2-1. Kofu went ahead with Onishi’s 2 goals in the first half. Although it once seemed that Sapporo also got fair wind with Nishijima’s 60th minute’s goal from his head assisted by Fujita’s nice cross, finally Kofu succeeded in keeping its lead. 

Kofu’s players worked hard and were really concentrated on defence whole 90 minutes. Sapporo’s time came early second half. Sunakawa and Fujita started playing for the both sides of its midfield and Nishijima’s goal was made, however, Ishizaki sent Okamoto to replace Fujita and it did not work over all.

This season, Consadole is trying aggressive soccer but it has not worked. Its ofence is not good enough for the playing style and putting more players on attack actually even causes its poor defence. They can count on Claiton always, still, he needs other strikers. Or more middle range shots might help them to draw opponent defenders and use the space behind them.

posted by MasaMaru |19:46 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年03月15日

09シーズン第2節 鳥栖戦/VS Sagan Tosu (March 15th, 2009 at Best Amenity Stadium)

 鳥栖の堅い守りにスコアレスでの引分けも覚悟しかけた86分、途中出場ながらさすがベテランの仕事と唸らせる、砂川の目も覚めるようなショットガンミドルで先制しながら、その2分後、今季の鳥栖のエース島田にフリーキックを綺麗に巻かれて、あっさりと追い付かれ、しかし最後はこちらも新ストライカー、キリノがアディショナルタイムに上里のコーナーキックを頭で押し込んで勝利。札幌が接戦をものにし、今季初勝利を挙げました。

 と書けばドラマティックな好ゲームのようにも聞こえるのですが…。勝ったゲームにイチャモン付けるのもどうかと思いつつ、実際は、やや不安とフラストレーションの残る内容。

 前から人数をかけたプレスでボールを奪っていながらフィニッシュまでに時間をかけ過ぎ、最後は結局(マークされている味方の足下への)単純なパスか、放り込むにしても工夫のないクロスに終始する攻撃と、それを凌がれてしまうと相手の良いパス一本で一気に冷汗ものの局面に持っていかれる守備の脆さは、とても見通しが明るいとは言えない。特にここ2試合の、前後半それぞれ最初の20分を飛ばして決め切れず、反対に相手に“ここさえ抑えていれば大丈夫”というポイントを晒してゲームを落ち着かせられてしまう展開は大いに心配。相手ボールホルダーに対して必ず二人以上で向かっていく(おそらく)約束事も、強い気持ちを印象付ける一方、ボールを奪った後の攻守の切り替えの際に選手のポジションが重なる状態を引き起こしているように思えます。苦しい時のクライトン頼みも、ある程度は仕方ないにしても、今日の藤田のようにサイドに調子が良い選手がいる場合、彼が持ち過ぎることで潰れるチャンスが増えるおそれがあります。

 別に石崎監督のサッカーを否定したいわけではありません。実際、攻撃に主眼を置いたサッカーは楽しいですし…。それでも結果が出なければ、多くのファンはすぐに納得しなくなります。その時に、楽しいサッカーを貫くからそれで良いのだと言い切れるのかどうか(そこで言い切ってくれるなら、むしろその後は文句なしに全面支持できるのですが)。

 もっとも、そこでそう言い切ったならそれはそれで(これは厳密にはチームを応援する気持ちとは別の問題ですが)、今度はそこで生じるFHC言うところの“一貫した強化計画に基づくチーム作り”という欺瞞が許せなくなってきます。柳下監督時代の攻撃的なプレーに守備の意識を“加える”とされた三浦札幌が、実際には100%三浦監督の守備重視のサッカーだったのと同様、今の札幌の何処にも、昨季までのオーガナイズドされたプレーや守備意識を見ることはできません。こういうことを繰り返していても、本当に強いチームは作れないと思うのです。開幕2試合の感想としてはどうかと思わなくもないのですが…。

Sunday’s game between Sagan Tosu and Consadole Sapporo at Best Amenity Stadium, it once seemed that Sapporo’s experienced substitute Sunakawa’s shot-gun shoot in the 86th minute finished the game in visitor’s win, but only two minutes later, the home team showed how they were also aiming at their first win of this season in this game. Its new ace Shimada’s free kick curled up Sapporo’s goalkeeper Sato to equalize it. Although finally Sapporo was also saved by its newcomer striker from Brazil, Quirino, whose latest header to Uesato’s corner kick gave the team victory; it was so close game over all.

Sapporo's players kept being aggressive and worked hard as they had made last Saturday, however, the poor finish and poor defence stayed on it this game too. It seems that Sapporo’s players gather for the ball holder too much when they defend, and for offence, their final cross and centering were a little rough or plane. They also can use their both sides of the pitch more, especially to take advantage of its good speed midfielder, Fujita. His attack sometimes saved the careless loose defence this time too.

These two games still has not showed what the strong point of this season’s Sapporo was. HFC says that they have built their soccer for five years under Yanagishita and Miura, but, where is last year’s organized playing and careful defence?

posted by MasaMaru |18:56 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(5) |

2009年03月08日

09シーズン第1節 仙台戦/VS Vegalta Sendai (March 8th, 2009 at Sapporo Dome)

 5年ぶりのホーム開幕戦は残念ながら0-1で敗戦。勝ち点の獲得はなりませんでした。

 2年前の三浦札幌の例もありますし、初戦の結果であれこれ言えるものでもないかもしれませんが、事前に駆け巡っていた石崎サッカーの印象と比べると、少々物足りない、あるいは不安が残る内容でした。

 確かにボールに対してはアグレッシブに行けていたと思います。しかし肝心の得点するということに関してはどうなのか。消極的(過度に守備的)な姿勢が云々されることが多かった昨季に比べれば、前からプレッシャーをかけてボールを奪う回数、シュート数ともに多くなっていて、気持ちの入った攻撃的なサッカーに見えなくもなかった反面、得点機に各選手が自分で勝負する回数や、難しい状況を打開するためにアイデアと体力を惜しまないプレーの数は、それほど多くなかったように感じました。しかも守備が脆い。結果的にはセットプレーからの1失点のみとは言え、身体的にも技術的にも飛び抜けたストライカーがいない仙台相手にあれだけポカが多いようでは、チョウ ソンファン以外はとても安心できない(やはり箕輪と曽田の両ストッパーが復帰して最初から3バックで始められるのが理想形なのだろうか)。

 攻撃では上里が物足りない。一発、彼らしいシュートもあったし、頑張っていたとは思いますが、もう少し(流れからの)攻撃に積極的に絡んで欲しい。クライトンがああなので、バランスを取る必要もあるのかもしれませんが、そこをもコントロールできないなら、クライトンがキャプテンで、上里の位置には芳賀で良いと思います。チャンスで決め切れない石井と、今日は守備での出場でしたが、そちらで仕事ができていない割には前を追い越す動きも足りなかった西も、今ひとつ。

 クライトンはさすがの強さと運動量で、やはり札幌には欠かせない選手ですが、ちょっと持ち過ぎ。もう少しサイドを見て欲しい、もう少し早く前のスペースへと、ボールを足から離して欲しかった(これには前半、とにかく上がりが遅かった西にも責任の一端があるかと)。昨季と違ってある程度自由に、本人も気持ち良くプレーしているだけに、クライトンの功罪というのは、今季、ひとつの鍵になるかもしれません。

 良かったのは途中出場の砂川と藤田。短い時間で何度もボールを呼び込み、チャンスを作るトライをしていました(あまり報われていませんでしたが)。報われなかったと言えば、スーパーセーブで2点を防いだGKの佐藤も素晴らしかったです。キリノのスピードやダニルソンの強さなど楽しみな要素もあったので、この後、ああいう良いプレーがチームの勝利に繋がるゲームが多くあることを願います。

 そうそう、相手チームの話ですが、エリゼウは良かったです。プレーもですが、あのシュートを外して悔しがっている表情が。本当に泣きそうな顔で。熱い気持ちを感じました。

Sunday, Consadole Sapporo started this season at its home, Sapporo Dome, for the first time in five years and failed in celebrating the game with a victory against Vegalta Sendai in front or more than 21 thousand fans there. The game was tough and close, both teams had been playing hard and aggressive, but Sendai’s Sugai shoot to Ryang‘s free kick that rose up to Sato’s goal net at the 66th minute gave his team a precious win.

It seemed that Sapporo’s playing could be more active and attractive than last season’s careful defensive soccer; however, almost all players were still not enough especially for the last moment to score and actually their defence was rather poor or unstable. Although it was saved twice so closely by its goalkeeper Sato, even he could not lock up his goal alone.

Sapporo’s players could try and give some own ideas more. Obviously its essential player Claiton did it but he was always too much. Another central midfielder Uesato, the captain for this season, might have wanted to invite him to give passes to his teammates but at least in this game, it won’t work.

We, Consadole Sapporo fan, can see hope on the playing of its newcomers, Cho, Danilson and Quirino because they are all physical strong and skilful. And two substitutes Fujita and Sunakawa were both good too. When Ishizaki’s tactics is more understood by his players and the team is more organized, delightful game must come.

posted by MasaMaru |19:08 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2009年03月06日

いよいよ開幕/This season is opening.

 いよいよ今季の開幕です。

 今週の木曜日が今の職場への最後の出勤日でした。契約は今月末まで残っているのですが、思った以上に有給休暇がたまっていたこともあり、落ち着いて職探しをできる時間を増やすことにしました。

 次の仕事を決めてから安心してシーズンに臨みたかったのですが、残念ながらかないませんでした。やはり厳しいです。就職活動は連戦連敗で、すっかり負け癖(?)がついてしまい、今はもう何をどうしたら良いか解らなくなりつつあります。

 でもまあ、明後日は楽しむ気満々です。スカパー観戦ですが、ドミノピザを取って(我が家にとっては贅沢行為)黒ラベルやヱビスを飲みながら応援しますよ!頑張れ、コンサドーレ札幌!

I left the office that I had worked in for three years and a half because they decided to stop hiring me as I said before. Although I still belong to the company in March, I chose take paid holydays for the rest of this month. I wanted to find next job before this J league season started but I failed in that.

However I am ready to enjoy Sunday’s game, our Consadole Sapporo versus Vegalta Sendai, in front of the television with beer and delivered pizza. I expect grate thing from the game at Sapporo Dome!

posted by MasaMaru |22:16 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |