コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年12月31日

2008年大晦日/2008 is leaving

New Year's Eve plate


 我が家のNew Year's Eve plateです。2008年も過ぎ行こうとしています。

 今日は映画「WALL・E/ウォーリー」を観て来ました。この後はテレビ東京でジルベスター・コンサートを見ながら(聴きながら)年越し蕎麦を食べます。

 皆様、良いお年を!

Our New Year's Eve plate to celebrate tonight that we are wating for up coming 2009

We wish your and our happy new year! 


posted by MasaMaru |22:24 | A piece of my life | コメント(0) |

2008年12月25日

メリー・クリスマス 私の好きな人達へ/Merry Christmas for everyone I love

Christmas dinner


Merry Christmas! 私の好きな人達!

我が家の今宵のクリスマスケーキです。

This was our Christmas cake. Merry Christmas for everyone I love.


posted by MasaMaru |11:59 | A piece of my life | コメント(0) |

2008年12月24日

クリスマスですが…/Worrying Christmas

Cosmo Clock 21


 みなとみらい地区、ワールドポーターズの向こうに臨むコスモクロック21(キャンドルカフェ2008会場、運河パークにて撮影)。Merry Christmas! 皆様!

 クリスマス、そして新年へと、華やかにライトアップされた街並みも美しい時期ですが、前回書いたとおり浮かれてばかりもいられない私です。

 実はリストラされてしまいました。

 正確には契約の打ち切り。会社(営業所)の経営状況が苦しいため、次回の更新はできないとの通達を、先週もらったのです。

 この不況に加えて、円高の煽りをもろに受ける輸出の仕事だったため、“それも仕方がないか”と思えなくもないのですが、正直、大きな会社だけに何とかなるのではないかと楽観していた点もありました。これも以前に書きましたが、営業所の統廃合や、良くしてくれていた所長の異動と、今にして思えば既に悪い流れは出来上がっていたのかもしれません。雇用側にしてみれば、まさに今が切り時でしょうし。

 この年齢での職探しは、とにかく難しいです。少々厳しい精神状態で年を越すこととなってしまいました(とは言え、数ヶ月前にブッキングした年末の旅行には行くのですが…)。コンサドーレの来年の顔ぶれも固まり始めているようですが、当分、サッカーどころではなくなりそうです。

 しかし良かったこともひとつ。疎遠と言っても差し支えないほど長く会うことのなかった弟と、今回、向こうもリストラされたことをきっかけに、飲んで色々話をすることができました。兄弟二人、いい歳して親を安心させることもできないと凹みながらも、おかしな話ですが、意外なところで同志を見つけたようで勇気が出て来てもいます。

 来季が始まるまでには落ち着きたいです。

Cosmo Clock 21, One of the world’s largest Ferris wheel, lights up the night of the Christmas season’s Minato Mirai area in Yokohama.

However, now it might be not fine for me to enjoy that holly cheerful atmosphere (Actually, I did though). Last week, I was said that my employer would not extend the term of hiring me after March because of this terrible economy and high-yen recession. I have to find next job by that, otherwise I will be out of work. It is really difficult for an almost 40 year old man like me to find good job here in Japan recently.

Ms. N and I are going to two day trip this weekend as we had planed and already booked it last month but after that, I can not afford the time to think about Consadole Sapporo too much unless I get new job and settle down again.

Only one good thing was that my brother called me because he had been fired the other day too and had heard about me. We met to drink and talk this Monday night. We had not seen like that for a long time so this brother reunion was really good for us to know and understand each other. I had a great time.


posted by MasaMaru(横浜在住) |23:55 | A piece of my life | コメント(3) |

2008年12月21日

雪だるまパン/Smiley snowman bread

smiley snowman bread


 東神奈川のSATY内にあるパン屋で、見た目のかわいらしさに満場一致(二人ですけど)で購入。

 この子(と同じパン)が棚にいっぱい並んでいるわけですよ。

「買われて良かったねー!」
「幸せになるんだよー!」
「ありがとう!みんなのことは忘れないよー!」

などとアテレコしながら買ったのでした(←バカですねー)。

 ちなみに彼は、頭がチョコレートパンで、胴体がクリームパン。帽子は「コロン」で腕は「小枝」(まごうことなく。製菓会社の許可などがどうなっているかは知りませんが)。

 なんて、私、実はこんなことやっている場合じゃないのですけれどね…。何故か?理由は近日アップします。

Smiley snowman bread that we bought today

He and his company’s smile caught Ms. N and I from display board that they had be struggling on. We made him say good bye to the friends and made the other boys celebrate him who had been chosen and picked up, on playing.

His head was chocolate bread and the body was cream bread. It also tasted good.


posted by MasaMaru |16:51 | A piece of my life | コメント(0) |

2008年12月13日

今シーズン終了にあたって/On the end of this season

 磐田が入れ替え戦で仙台を下しJ1残留を決めた今日、今更の話ですが。

 開幕戦で完敗した相手、鹿島アントラーズを札幌ドームに迎えての今季J1最終節、引分け以上で優勝が決まる鹿島相手に意地を見せたかったところですが、結局、選手個々の力、チームとしての完成度、ともに及ばず0-1で敗戦。今季を終えました。

 1点取られてしまうと厳しい、シーズン序盤で陥ったそのチーム状況を、結局最後まで脱することも変えることもできなかったのが、降格の最大の要因だった気がします。昨季J2で絶対的な強さを誇った守備が、相次ぐ主力の負傷もあり、J1チームの攻撃力の前に通用しなかったと言う前に、取られた以上に取り返すことはできない得点力の乏しさに泣いた年でした。

 それでも三浦監督のやり方は、(結果がこうなってしまった以上ベストだったと言うわけにはいきませんが)正しかったのではないかと思っています。J1における、時に一人で勝敗を決することもあるほどの選手個人の能力の高さ、そうした選手を何人も擁するチームの存在をまざまざと思い知らされた今はなおさら。札幌の戦力で生き残ろうとするなら、正直、昨季以上に組織的かつ守備的に、もっと0-0の試合を重ねるしかなかった。そういう展開から、ダヴィの個人技を活かして1-0で逃げ切れれば更に理想的だったと思うのですが、そのためにも守備の要がもう一人(曽田か箕輪がいれば問題はなかったかもしれません)、攻撃もクライトンの他にもう一人、シーズンを通してプレーできる、能力の高い選手がいてくれたらと思わずにはいられません。

 契約更新をしない選手、新しく加入する選手が決まり始めていますが、なお来季はどういうチーム作りをし、どういう戦い方をして行くのか、今はまだ判りません(HFCから発表された方針も具体性に乏しく、また、今後どう変わるか判りませんし…)。いずれにしろ、これで柳下監督に続き、またしても、チームに残る確かなスタイルやカラーを作ってくれそうな指導者が去ることになります。

 今回勝った鹿島は、2年連続6回目となるJ1優勝、クラブとして12個目のタイトルを獲得しました。あそこまで行かないまでもいつかはJ1で優勝して欲しい。現実的には、遠回りになっても、まずは地域に浸透する息の長いクラブ作り、そのためにも、とにかく観る者の印象に残りやすい、判りやすい“札幌のサッカー”を確立して欲しいと思います。それは、若い選手を自前で育て、羽ばたかせ、代謝していく助けにもなると思うのです(単純に引継がせ易い。発掘して獲得する選手の基準も明確になります)。

 また、“自分達のサッカー”という強力なアイデンティティは、多少の成績不振で揺らぎません。資金力に乏しく思い切った補強ができず、苦しい戦いが続くと予想されるのであれば、選手が、いやそれ以上にファンが、勝敗以外の価値観をゲームに見出せるようにするのもひとつの手だと考えます。契約金が高額になった選手を放出し、チームを若返らせた時だけ、“育成”を勝てない言い訳にするのではなく、たとえJ2で負け続けていてもなお、ひたむきに頑張っているんだという印象と存在感のあるチーム、ファンが“今の(サッカー界における)流行りとウチのサッカーは相性悪いからなあ”と言えるくらいの個性と色を持ったチームになって欲しいと、個人的には思うのです。

 シーズンオフは(特に年末年始にかけて)ゆっくりと今季を振り返りつつ、来季に思いを巡らせたいと思います。三浦監督、選手、そして現場スタッフの皆さん、またHFC職員のみなさんやCVSのみなさん、とりあえず今季もお疲れ様でした。ありがとうございました。まだまだやることがある方、これからが大変な方も多いと思われます。頑張って下さい。

Saturday that one week past since Kashima Antlers ruled J1 league two years in a row with 1-0 victory to Consadole Sapporo at Sapporo Dome, Jubiro Iwata won the second round of the play off at Yamaha Stadium beating Vegalta Sendai by a score of 2-1 to avoid its demotion and close this year’s J league.

By this sixth time winning league, Antlers also got its twelfth title in Japan in the club history. Conversely, Consadole that had played this season as a new comer kept sticking the last place too long and decided its one year going back to familiar J2 league too early. Of course they tried well, playing defensively keeping away from risk was not so bad plan for them even though it was not the best over all, still; Consadole fan can not stop thinking what can make their favourite team strong and tough such as Antlers and Jubiro.

To decide their goal and way to go might be the first step to make it. When HFC makes its team Consadole much well known and well received in Sapporo and Hokkaido with something like a specific play style or principle that is also enough convincing and enjoyable for the fans more than just seeing the team wins or loses, it can help them get more support to build stable team, especially in the management. The players can feel sure and confident too by that and it might work well finally even it will take a little long.

Actually, while the latest two coaches Yanagishita and Miura were leading the team, it was a great chance for HFC to try it because both of them are so capable to handle that kind of situation patiently; however, the club and fans could not keep being either patient or assured till it paid off.

Now it is still not cleared what HFC and Consadole are shooting for next season. I only hope they prepared well and make good start.

posted by MasaMaru |23:55 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2008年12月02日

青森産りんご/Apple from Aomori

Apple  from Aomori


 八戸のN嬢のお母様から、段ボール箱いっぱいの青森産りんごが、絞りたてアップルジュースと共に届きました。早速むいて食べたのですが…瑞々しくてシャキシャキしていて甘くて、まさに至福の味!お母様、いつも色々送っていただいてありがとうございます!


Apple  from AomoriMy girlfriend Ms. N’s mother sent us a box of apples with three bottles of fresh apple juice from Hachinohe, Aomori where too well-known for its apple. We tried one of them soon and really enjoyed it. It was fresh and crisp and tasted so sweet! Thanks mom!


Apple  from Aomori だそうです(段ボール箱上の表記より)。家中で一番寒い場所(玄関の階段下)に置かせていただきます。

The letters on the box says “Keep cool these apples to keep them tasty”. I am sure to make it!


posted by MasaMaru |21:34 | A piece of my life | コメント(0) |