コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年11月30日

08シーズン第33節 名古屋戦/VS Nagoya Grampus Eight (November. 30th, 2008 at Mizuho Stadium)

 今日のゲーム、ラスト1試合を残して優勝戦線に残るためには勝ち点3以外は欲しくない、また、今季限りの退団が決まっているエース、ヨンセンの最後のホームゲームを飾るためにも、何が何でも勝利が欲しい名古屋が、既に最下位とJ2降格が決定済み、更に文字通りチームの中心選手であるクライトンが急遽帰国して不在の札幌に負ける理由があるはずもなく、3-1で完敗。かつて絶対的なスター選手としてチームメイトやファンからの絶大な信頼を寄せられていた名古屋に、今度は監督として7年ぶりに帰ってきたピクシーことストイコビッチは、たった1年で本当に素晴らしいチームを作り上げました。いや、自身がプレーしていた頃の輝いていたチームを取り戻したと言うべきか。

 そんな中、札幌で一人気を吐いたのは、やはりダヴィでした。前半の早い時間帯に続けざまに失点し、2点を追う60分、西谷の速いクロスを相手ディフェンダーがクリアミスしたのを見逃さず、最後は足がもつれたゴールキーパーをかわして3試合連続となるゴール。もっとも、これが今の札幌の精一杯で、アディショナルタイム終了直前には、既に名古屋から戦力外通告を受け、やはり今季終了後にチームを去る米山にフリーキックを直接叩き込まれ、とどめを刺されました。

 今日はシンプルな守備から速めに前へボールを送る良い形が比較的できていただけに、もう一人二人、前でボールをキープし、上里や藤田の勇気あるトライを引き出せる選手がいればと悔やまれました。しかし西や岡本も含め、ああした若い選手のプレーは今のウチにとっての数少ない希望です。来季、一人でも多く残ってくれていることを切に願います。

 さて来週は、これまた優勝を狙うビッグチーム、開幕でケチョンケチョンにのされた鹿島を札幌ドームに迎えての今季最終戦です。まあ、正直勝てるとは思いませんが、楽しめる試合を期待しています。頑張れ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo met Nagoya Grampus Eight at Mizuho Stadium and lost the game to the home team by a score of 3-1.

Nagoya that had been strictly eager for a victory from start to end; only aiming 3 points to hang on the championship of this season’s J1 league, and also to celebrate the last home game of its Norwegian striker Johnsen who is leaving the team at the end of this season totally did not match last placed Sapporo. Nagoya went ahead and added another goal in the 6th and 12th minute early and just kept that lead exceeding Sapporo in the speed and skills with its organized playing. Dragan Stojkovic who also used to play for Nagoya since 1994 to 2001 has built really strong team with his first season as coach. Now it seems that every his players and fans completely trust him as same as they used to put it on him, their greatest star player called Pixy.

It was unfortunate for Sapporo that its key player Claiton was off the team to go back to Brazil because of his father’s hospitalization. Still, Davi alone was never behind the rivals. In the 60th minute, from sharp running, he turned Nagoya’s goalkeeper who got tangled up and scored 3 games in a row, but it was the best for Sapporo. The latest goal for Nagoya was scored by Yoneyama who is also leaving the team finished the game.

For the last game of this season, Consadole will meet Kashima Antlers that is the most closed to the champion now. There is only slight chance that it makes a giant killing, however, its young players such as Uesato, Fujita, Nishi and Okamoto with their fresh playing can be a hope for the fans at least.

posted by MasaMaru |23:06 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年11月24日

08シーズン第32節 東京V戦/VS Tokyo Verdy (November. 23rd, 2008 at Ajinomoto Stadium)

Ajinomoto Stadium


西日に輝く味の素スタジアム

 おそらく今季最後のスタジアム観戦となるであろう、東京V戦に行って来ました。天気も良く、ビールやポットで持参したホットワイン片手にゲームを楽しみました。後は勝てていればねぇ、最高だったのですけれど…。

 26分、ダヴィが自ら取ったPKを決めて先制するも、前半のうちに追い付かれ、後半は何度か決定的なチャンスを作りつつも、例によって試合を決めるまでには至らず。結局、今季はここまでなのかなという感じがしました。

 まあ、そこから逆に失点というここまで何度も繰り返して来た負け方は回避しましたし、久々の勝ち点1獲得ですから、悪くはなかったのではないでしょうか。相手の力不足に助けられた感も大いにありますが…。ヴェルディも苦しんでいるのでしょうね。気付けば外国人選手は一人もいない。得点した大黒こそ、さすがの動きと嗅覚を感じさせましたが、ウチのダヴィと一緒で、周囲とのシナジーは感じられませんでした。最後、廣山、船越と次々と投入された攻撃的な選手に正直震え上がりましたが、実際はウチの交替選手同様、流れを変えるに至りませんでしたし。

 宮沢、岡本の出場を喝采で迎え、期待したファンも少なくないと思いますが、実際は何故監督が今まで使わなかったのかが解る程度でした。自力で先発を掴んだと言える上里などと比較してもその差は歴然。やはり選手起用に問題があったとは言えないのではないかと。一方、もう一人の交代選手、ベテランの西谷も、いつもより走れていなかった。優也の再三のミスキックは、ゴールから左サイドの深いところへ、彼の走り出しを期待して、タッチ&ゴーで一気に敵陣急襲を狙ったものだったと思われます。タッチラインを割ってしまったため優也のミスになっていますが、あれが絶妙の場所に着地していても、西谷は追い付けていなかったと思われます。

 残すは2試合、名古屋、鹿島と強敵が続きますが、やれることをやるしかないでしょう。個人的には90分、自分達のサッカーを貫く気概を持ってプレーできる選手に出て欲しい。今季の札幌のサッカーで勝利してもらいたいと思います。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo drew Tokyo Verdy on the away pitch of Ajinomoto Stadium by a score of 1-1 and relieved its fan that had chosen spending the middle day of this long weekend there, with at least getting 1 point after an eight game losing streak.

Consadole’s Davi got fouled in front of the Verdy’s goal in the 26th minute and scored on the penalty kick to make his team go ahead, whereas Verdy’s striker Oguro equalized it in the 41st minute to show how they were eager in remaining J1 to home fan. However, the third goal for the game finally never came. Both 18 placed Tokyo Verdy struggling to avoid the demotion and Consadole Sapporo that is playing in J2 next season were poor at finish and not enough to decide the game.

One thing good for the Consadole fan was seeing its young players such as Uesato, Okamoto and Miyazawa on the pitch; even though Miyazawa and Okamoto were never better than they had been expected. Now they only have two rest games between Nagoya and Kashima for this season. Both never can be easy for them, still, the team is supposed to finish this season with their best. Go Consadole Sapporo!


posted by MasaMaru |15:11 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年11月20日

ボジョレー・ヌーボー解禁/Dinner with Beaujolais Nouveau

Beaujolais Nouveau


 今日の我が家の晩御飯です。今日解禁のボジョレー・ヌーボーと一緒に。近所の酒屋さんに申し込んでおいたもの。お手頃価格のものを一本、本気で楽しみたいものを一本。もちろん先に飲むのははお手頃価格の方。

 メインのチキンよりもベーコンとネギの味噌汁の方がワインに合っていたのは、内緒だ。


Beaujolais NouveauTonight's my dinner with a bottle of this year's Beaujolais Noubeau that has been released since today

Of course I enjoyed it.



posted by MasaMaru |23:19 | A piece of my life | コメント(2) |

2008年11月14日

さらば恵比寿/Leaving Ebisu

Yebisu Garden Place


今年のクリスマスツリーが飾られた恵比寿ガーデンプレイス

This year’s Christmas tree appears in Yebisu Garden Place


Yebisu Garden Place 今年もガーデンプレイスにバカラのシャングリアが登場する季節になりました。

 そんな中、私は今日を最後にこの街から遠くなります。今週末、お世話になっている職場が三田に移転するためです。パート契約の身としては、連れて行ってもらえるだけで御の字なのですが…。

 恵比寿は仕事に遊びに何年も通った場所です。最初の仕事も辞める前の数年間は恵比寿勤務でしたし、そもそも辞めるきっかけができたのもここ恵比寿でした。自分史において極めて重要な土地で、思い入れも深い。今の職場のパート募集に応募したのも、自分にできそうなことという以上に、場所に呼ばれたような気がしたからですし。できれば離れたくはなかった。


Yebisu Garden Place 慣れ親しんだベンチでお弁当を食べるランチタイムとの別れも寂しい限り。お相伴雀たちともお別れです。元気で冬を乗り越えていってくれ。


Yebisu Garden Place もうひとつ、ここも非常に名残惜しい場所です。出勤前のブレイクに毎朝(時には昼や夜も)利用していたベッカーズ アトレ恵比寿店。お世話になりました。向こうでも、こうした居心地の良い場所を見つけられると良いのですが。


My work place is moving to Mita from here, Ebisu, this weekend so I also have to leave this town.

Ebisu has been a special place for me. I have spent long time in this town both working and enjoying my life. The last some years of my first job, I worked here in Ebisu and I decided to quit it during that. And then I went to Calgary, Canada to study abroad and found difficulties in living after coming back. So I even felt like this place had called me when I found that my current office had been looking for some part time worker speaking English.

I love this town, Ebisu, and Yebisu Garden Place. I love my daily life in this familiar place. Especially, lunch time on the bench in the Garden Place sometimes with tiny companies and every morning coffee break time before work at Becker’s by Ebsu station has been my favourit. I really miss them.


posted by MasaMaru |08:29 | Entertainment/Yebesu Garden Place | コメント(0) |

2008年11月09日

08シーズン第31節 浦和戦/VS Urawa Red Diamonds (November. 8th, 2008 at Sapporo Dome)

 浦和の熱烈なサポーターにも助けられ(?)3万人弱の観客を集めたドームでの試合でしたが、残念ながら1-2で敗れました。先制するも追い付かれ、突き放される、今季嫌というほど見ているお決まりの形。連敗のトンネルを抜けることはまたしてもかなわず、遂に三浦監督の今季限りでの退任も決定しました。

 恥ずかしいというほどの内容ではなかったと思います。むしろ、選手個々でもチームの力でも群を抜いた、浦和のようなチーム相手に善戦したと言えるのでは(特に先制点を挙げたダヴィ。クライトンのパスも素晴らしかったとは言え、本当、彼だけは相手が浦和だろうがG大阪だろうが関係ないんだな。今の札幌に置いておくのは正直気の毒な気もするくらい)。ポンテ、エジミウソン、エスクデロ、田中達也、阿部勇樹、闘莉王、彼らが絡んだプレーは技術迫力ともに圧倒的でした。1-2での敗戦は、それひとつ取れば決して受け容れがたい結果ではない。

 ただ失点した場面に限れば、どちらもちょっとあんまりでした。不用意と言うか、お粗末。それが、意識の問題なのか、技術の問題なのか、観ているだけの側には判りかねますが…。

 残り3試合、今更何かを変えるようなことはないでしょうし、変える必要もないと思います。昨季それで結果を出して、今季も自信を持って臨んだサッカーです。結果的に失敗して、降格が決まってしまいましたが、だからと言ってもう勝っちゃいけないわけではありません。監督も選手も、最後まで自分達のサッカーのために頑張って欲しい。自分達のシーズンを少しでも良いものにして、少しでも救うためにも、自分達のサッカーで勝って欲しい。チームが勝てば、最終的にはファンのためになります。Go! Consadole Sapporo!

Saturday, demoting Consadole Sapporo met Urawa Red Diamonds still aiming for the league champion at Sapporo Dome and lost the game by a score of 1-2. In front of 28,901 spectators including about 8,000 Urawa Reds fans there, Consadole failed in the escape from its long winless streaks again and coach Miura finally announced his quitting after finishing this season.

It was not so bad for Sapporo over all. They even went ahead with Claiton’s shot gun pass and Davi’s strong fast dribble and sharp grounder shoot in the 13th minute. Although Sapporo could not keep the lead so long and allowed the visitor to turn the game over soon after the second half started because of its poor defence and carelessness, the players worked hard and well in the rest of 90 minutes. 2 goals missing against Urawa was neither surprising nor unacceptable. Urawa was almost always overwhealming in the whole 90 minutes with its great players such as Ponte, Edmilson, Escudero, Tatsuya Tanaka, Yuki Abe and Tulio.

It seems that they never change their playing style for only 3 rest games of this season. There is no need to do it too. Now they are just supposed to finish their soccer that they had kept sticking, and win to save the time they spent for that. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |16:21 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年11月02日

天皇杯4回戦 横浜Fマリノス戦/Finishing Emperor's Cup early

mitsuzawa


天皇杯4回戦、横浜Fマリノス戦を観終えて三ツ沢から戻りました。


mitsuzawa やっぱりサッカー専用競技場はいいですね。ピッチが近いです。今日は天気も良かったので(座った場所は日陰でしたが。対面のマリノスゴール裏がポカポカしてそうで羨ましかった…)ビールも旨くて気持ち良かったです。これで札幌が勝てていれば、文句なしだったのですが…。

 マリノスは残留を確実なものにするためにもリーグ戦重視か、明らかに主力を温存した布陣。それで負けたのですから悔しさも倍ですが、しかし正直、こちらがそれだけのチームなんだという気もしました。あれだけ近くで観ると良く判りますが、クライトンやダヴィ、アンデルソンは、本当に巧い(もちろん当社比で)。いや、砂川や西谷だって巧いです。今日は池内の守備も良かった。しかし、チームとしてそれが機能しない。少なくとも相手と比べた時に、プレーの連動性やシナジーが感じられない。

 中盤でクライトンが、前線でダヴィやアンデルソンがボールをキープしても、次へ繋がらない。助けに駆けつける選手が少なかったり、日本人選手のパスの精度が低かったりするためです。せっかく良いインターセプトがあっても、カウンターへ結び付けられない。チャンスを信じて駆け上がっている選手が少なく、攻撃がすぐスローダウンしてしまうせいです。これについては戦術が足枷になっている部分も確かにあるでしょう。マーカスのサイドは特に、彼は本職のDFではないですし、最後は身体を張ってでも相手の突破を止めなければいけないポジションでしたから、安易に上下動をするわけにはいかなかったのでしょうが…。相手のサイド攻撃を充分警戒して引き気味で守っていたにもかかわらず、あれだけ攻め込まれてしまったことを思えば、もう少し勇気を持って、得点のための走りがあっても良かったかもしれません。


mitsuzawa 結局そういう僅かな差で決定的なチャンスを逃がし続け、反対にそれまでは何とか凌げていたものの“このままではいつかやられるぞ”という場面で案の定失点してしまった。まあ、それ自体は仕方がないとしても、ひとつ残念なのは、失点後も戦い方がそれほど変わらなかったこと。トーナメントなのですから、1-0だろうが10-0だろうが負ければそこでお終いなのです。もう少し、そこを意識したプレーを見せて欲しかった。それは、日頃やっている戦術がどうとかではない、ピッチ上の状況で選手が判断してやらなければいけなかったことだと思います。特に上里、まったく個人的な意見ですが、あそこはポジションを捨てて、もっと中央で攻撃に絡んで欲しかった。彼のミドルシュートを見たかった。


mitsuzawa とにかくこれで天皇杯も終わり、残すはリーグ戦4試合のみとなってしまいました。下を向いている場合ではありませんよ。一つでも多く、良いゲームをして欲しいものです。実はもうリーグ戦でも、何点差で負けようが関係ない状況になっているわけですし(笑)。


In the Emperor’s Cup’s fifth round, Consadole Sapporo was eliminated by Yokohama F. Marinos by a score of 1-0 at Sunday’s Nippon Spring Mitsuzawa Football Stadium. In spite of Yokohama had saved its most of key players because now it considers that league matches are more important for them to firm its staying J1, it was enough for current Sapporo over all. 

Consadole’s players were never so bad today in front of us. Especially, Claiton and Davi worked really well as usual, however, they were not so organized and Marinos was always faster and more aggressive than the opponent as a team. Actually it seemed a close and tight game at least during the first half. There were some good opportunities for Sapporo to score but they kept missing it mostly by their poor finish, conversely Marinos caught one of theirs and just succeeded in keeping that.

When we think about that Emperor’s Cup is a tournament, Sapporo’s players could be more aggressive and could try more after allowing opponent to go ahead. Even though the score was 10-0, defeat is defeat; they could not survive, so there was no point in being afraid of next loss.

At any rate, now Consadole only has four league matches this season with the result. They are supposed to show their best in these games. Go, Consadole Sapporo!


posted by MasaMaru(現地観戦) |19:16 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |