コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年10月27日

08シーズン第30節 川崎戦/VS Kawasaki Frontale (October. 27th, 2008 at Todoroki Stadium)

Todoroki Stadium 日曜日、等々力陸上競技場で行われた第30節川崎フロンターレ戦、スタジアム観戦して来ました。

 結構強気の布陣で臨んだように思え、また入りの10分は守備も割りと落ち着いているように見えたので、この調子なら攻め込まれる時間が長くてもある程度凌いでいけるのかなと思っていたのですが…。それほど甘いものでもなかった。


Todoroki Stadium 川崎攻撃陣の技とスピードに翻弄され次第に守備ラインが乱れ始めると、20分、札幌ゴール前、群がるディフェンダーを手玉に取るようなレナチーニョの華麗なボールキープから、最後は中村憲剛の右足一閃、見事なシュートがネットを突き刺し、先制されました。札幌はその後もホームの川崎にゲームを支配され続け、クライトンやダヴィのボールキープから何度か中盤でチャンスを作るものの後が続かず、28分にも同じような自陣ゴール前の攻防から失点。72分、正直あの状況から得点に至ったことが驚きであるダヴィの個人技で1点返したものの、84分にはコーナーキックからの折り返しでジュニーニョにとどめを刺され、3-1で完敗。


 とにかく選手一人一人の動きが質・量ともに違っている印象を受けました。スピードでも圧倒されっぱなし、攻守にわたって、どこにボールを出しても追い付かれ追い越される。高木の幾つかのファインセーブやツキがなければ、10点取られていてもおかしくない内容でした。加えて、常に川崎の選手の方が一生懸命走っているように見える。あれでウチが勝てたらウソでしょう。後半、選手交代で砂川や西谷が入ってからは、気持ち得点の匂いもし始めましたが、どうもミスが多い(同じく途中出場の上里は、中盤を省略したサッカーのため目立たず)。ボールを奪われるのが相手ゴール前でも、向こうは速さがありますから、たちまちピンチになってしまう。途中からはもうズタズタにされている感じでした。何とか立て直して、来週の三ツ沢、横浜Fマリノス相手の天皇杯4回戦では見せ場を作って欲しいものです。


Todoroki Stadium ゲームとして観れば、ビール片手に川崎の美しいサッカーを楽しめて良かったのかもしれませんが…。等々力は綺麗で、アウェイのファンにも優しいスタジアムですし。また暫くはここに来ることもないのかと思うと残念。


Todoroki StadiumSunday, Kawasaki Frontale beat down Consadole Sapporo by a score of 3-1 at Todoroki Stadium, to greatly delight more than 16000 fans there gathering for the home team’s victory. 

Consadole was totally overwhelmed by skills and speeds of Frontale’s players. The first goal of this game with Nakamura’s fine shot assisted by Renatinho who had fantastically broke Sapporo’s defence might represented the game. This day’s Kawasaki always showed beautiful skillful playing. Especially in their fast and hard running, Kawasaki’s players exceeded the visitor team. Although there was a slight chance that Sapporo would score, they had kept missing it. Davi alone grubbed it in the 72nd minute with his amazing physical strength and speed but it was the best for Sapporo. The score actually could have been 10-1 or more if Sapporo’s goalkeeper Takagi had not worked really well like that. It seems they need to be trained more before they meat Yokohama F Marinos in the forth round of Emperor’s Cup at Mitsuzawa this Sunday.

Todoroki Stadium is beautiful and nice place to see the game (Besides that, it is near from our house! It is really easy to go for us!). I miss it because Consadole will not come there next season that they are playing J2. See you some day, Todoroki Stadium!



posted by MasaMaru(横浜在住) |09:20 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年10月20日

ディワリ・イン・ヨコハマ 2008/Diwari in Yokohama 2008

Diwari in Yokohama


 現在「横浜アジアンウェーブ2008」と題したイベント月間にある横浜。土曜日は先週の「ワールドフェスタ・ヨコハマ2008」に引き続き、「ディワリ・イン・ヨコハマ2008」に行って来ました。場所も同じ山下公園。

 ディワリとはヒンドゥー教のお祭りで、インドのお正月のようなもの、光の祭りとも言われるそうです。上の写真はインドの三大ビール。個人的には真ん中のTAJ MAHALが一番好み。


Diwari in YokohamaSaturday, Ms. N and I went to Yamashita Park where Diwari in Yokohama 2008 had been held. Diwari is Indian light festival. Some Indian restaurant around Yokohama had their booths and the visitors enjoyed eating and drinking those Indian foods and beers there.

The picture above is of three most famous Indian beers in Japan.


Diwari in Yokohama 先週「世界の丼を食べまくろう!」という目的を今ひとつ果たせなかった原因は“生ビールの飲み過ぎ”にあったと分析したN嬢と私の二人、今日は食べ物中心で行きました。

 ナンとカレーは先週も食べたので、今日はこちら、インドのクレープ「ドーサ」からスタート。


Diwari in Yokohamaマサラ ドーササンバルのセット」500円。ドーサでくるんでいるのはジャガイモたっぷりの野菜カレー。白いココナツソースは、端のクリスプな部分をちぎってすくって食べると美味。付け合せのサンバル(野菜スープ)の酸味と後から来る辛さも、ビールにぴったりのおいしさ。

Masala Dosa and Sambar on a plate

Dosa is Indian crepe that has vegetable curry in it. It came with coconut milk sauce and this sauce went really well with dosa. Sambar is a red vegetable soup that tastes sour and hot. This soup was also nice especially when we had it with beer.


Diwari in Yokohama 続いては「ボティ カバブ」500円と「チョーリー バトゥラ」(インドの揚げパン)200円にインドワイン300円。カバブは鶏肉が柔らかくて、スパイシーな味付けはコクが強いインドワインと相性抜群。バトゥラは、外はパリッと中はフワッとしていて、バターの香りとほのかな塩味がたまりません。

Boti Kabab, Cholle Bhattura and Indian red wine from Namaste TAJ

The spicy grilled chicken Kabab was tender and nice and this full bodied Indian red wine matched it really well. Bhattura is a kind of fried bread. Its crust was crisp and inside was chewy. A scent of great butter and a sense of salt were also very appetizing.


Diwari in Yokohama ブースはどれも近郊のインド料理店からの出店。写真はカバブを買った「Namaste TAJ」にて。どのブースも活気に溢れ、スタッフは皆、とても愛想が良かったです。


Diwari in Yokohama 3品目は「ベジタブルピラオ」500円。写真で判るとおり、野菜たっぷりです。色の割に優しい味付け。

 この手の料理には、やはり長粒米が合うなと実感。盛りが良くて予想以上にお腹が膨れました。


Diwari in YokohamaIndian vegetable pilaf made from long grained rice and plenty veggies

It also tasted nice and not so hot.


Diwari in Yokohama


「ダヒ プーリ、ベル プーリ、セブ プーリ、パップリ チャート!」という音楽的な呼び込みに引かれて覗き込んだブースで、見たこともない食べ物と遭遇。それがプーリとパプリ。

 プーリ(写真右列手前)はインドのパン(パンとして食べるものはもっと大きいようです)、パプリ(同真ん中。皿に盛られているもの)はスナック菓子のようなものでしょうか。


Diwari in Yokohama ここで食べた「パプリ チャット」(500円)は、パプリ、チャナ豆、タマネギ、ジャガイモ、レンズ豆、ヨーグルト、フレッシュコリアンダー、ミントとタマリンドのチャツネ、それにスパイスミックスから成るデザートで、食感も味も、とても一口では言い表せない複雑なもの。

 むりやり言うと、“甘くて酸っぱくて辛い”になってしまうんだけど…。おいしいんだなあ、これが!


Diwari in YokohamaPapri Chat was a Indian dessert that we had not ever eaten. Its taste that came from so many ingredients such as papri (Indian fried snack), channa beans, onion, potato, moong daal beans, yoghurt, fresh coriander, mint and tamarind chutney and mixed masala (spice) was really interesting and exciting. It actually was sweet and sour and then spicy!


Diwari in Yokohama この辺で食べるのは休憩して、様々な出し物が行われているステージへ移動。インド舞踊を見て…

They also had traditional dances and concert to show various Indian cultures.


Diwari in Yokohama シタール演奏を聴いて。
	
 伝統的なシタールには3つの主旋律弦と4つの副旋律弦、13の共鳴弦、合わせて20本の弦があり、それがあの複雑で神秘的な音を生み出しているのだそうです。反響部(ボディ)はカボチャや瓢箪から作られているとのこと。一曲(なのか?)が20分以上、まるで壮大な叙事詩に吸い込まれているように感じる見事な演奏でした。

We heard that traditional sitar had had three main strings, four sub strings and thirteen resonance strings with a body made from pumpkin or gourd. No wander that elaborate instrument creates those complicated mysterious beautiful sounds.


Diwari in Yokohama もちろん買い物も楽しめます。カラフルな衣類あり、

We also could shop many products from India such as colorful clothes and handicrafts.


Diwari in Yokohama 工芸品あり。写真はインドの縦笛。


Diwari in Yokohama こちらは3億年前の塩(3億年前海底だったところで採取された塩)。料理用と入浴用、両方購入。料理用は魚に合うそう。入浴用は様々な効能があり、お肌もすべすべになるとか。どちらも硫黄の匂いがします。

 実はインドではなくパキスタン産でしたが(笑)。

300 million years old salt from Pakistan for cooking or bath

We bought both for home.


Diwari in Yokohama 最後に再び「Namaste TAJ」で「サモサ」(500円で売られていたものが、値引きが始まっていて400円)を食べて終了。悔いなく食べて、きっちり先週のリベンジ(?)を果たしました。

We ate a samosa, Indian fried pie having curry in it, for each. We both had been full stuffed.


Diwari in Yokohama イベントは夜8時まで続き、日が沈んだ後はライトアップも行われるとのことでしたが、満足しきった二人は、その「光の祭り」のまさにクライマックスたる部分を待たず、家路へ就くのでした。

 暮れ行く山下公園から、さようなら!

It must be lighted up at night and get more beautiful there but we left Yamashita Park without waiting it because we felt that we had enjoyed the festival enough. We really had a great time again.

We love living here in this city, Yokohama.


posted by MasaMaru(横浜在住) |23:55 | Entertainment | コメント(0) |

2008年10月19日

08シーズン第29節 柏戦/VS Kashiwa Reysol (October. 19th, 2008 at Atsubetsu Stadium)

 意地を見せる、それだけのためにも、それなりの力が必要だったということでしょうか。

 今日のサッカーも決して悪くはなかった。と言うか、気持ちだけは充分に感じられました。三浦札幌とは思えないほどの、“点を欲しがるサッカー”でした。もっと攻撃的に、もっと勇気をもってトライしろと言うのは簡単ですが、あれ以上攻撃に重点を置いていたら、間違いなく失点も増えていたでしょう(個人的に、藤田にだけは、もう少し自信を持って走り出して欲しい場面が幾つかありましたけれど…)。また2点とも非常に惜しい、諦めも付きづらいものでしたが、(テレビ観戦でこそ判ることですが)1点目は確実に入っていますし、(相当疑わしい)あの2点目がなかったとしても、他にも様々なツキのなさに足を引っ張られ、結果的にこちらは無得点ですから、大勢に影響はなかったように思います。

 結論としては、やはり札幌はあらゆる面で、今季J1でプレーするに充分な態勢ではなかったということになるでしょう。クライトンやダヴィのような個の力に秀でた選手がもう数人いれば、あるいは三浦監督の戦術を相当良く理解し、チームメイトをも回していけるような選手がいれば、事態は違っていたかもしれません。昨季はそういう絶対的な個の力の差や戦力の層の薄さというものを、徹底した守備的な戦術と組織的なプレーで補い、結果としてJ2優勝と昇格を手にしましたが、J1ではそれも機能しませんでした。主力に故障が相次ぎ、万全の状態でシーズンをスタートできず、波に乗れないままズルズル来てしまった不運もあったと思います(この準備不足と、それ以上にクラブ経営・運営上の見積もりの甘さに関して、HFCはその失態を責められて然るべき)。

 リーグ戦5試合を残して、J1昇格後僅か1年での降格が決まった札幌。残念ですがこれが現実です。しかし過酷なことに、その残り5試合、そして天皇杯とまだシーズンは続きます。一試合一試合が、ファンには応援するチームの試合を観戦する機会であり、チームにとってはその期待に応えるチャンスだということを、皆で思い出して、最後まで楽しんで行けたら良いと思います(実は来週の等々力も、再来週の三ツ沢も既にチケット購入済です)。
最後まで勝利を目指せ、コンサドーレ札幌!

Consadole Sapporo failed in remaining J1 with today’s 0-2 lost game against Kashiwa Reysol at Atsubetsu stadium. Although Consadole still has five rest games for this season’s league and more for the Emperor’s Cup, they are moving down to J2 to play next season after staying only one year in the top league of Japanese soccer.

All Consadole players worked hard and well as usual and it seemed that they had been much aggressively and creativity than usual, however, sometimes it also required them to be risky especially while they had been switching their play from offence to defence. So it is easy to say that they could try more, daringly, it might have resulted in their losing with worse score.

Both two scores for Kashiwa was really closed and it seems any luck was with them today but we need to acknowledge that Sapporo’s demotion was just a matter of time. They had not been ready to play in J1 over all. At least they needed some more skillful physical strong players such as Claiton and Davi, or other players who is efficient in understanding Miura’s tactics and carry it out. Last season they played strictly defensibly and organized to help this weakness and it lifted them up to J1, however, this season it has not worked well yet (And actually, HFC should have been blamed for this poor preparation).

Anyway, now there is no need to be afraid or worry about (except for some fans under the terrible anger or depressing). Consadole will meet Kawasaki Frontale next Sunday and the fourth round of the Emperor’s Cup between Yokohama F. Marinos is also up coming to November 1st. It might be good opportunity for them to satisfy the fans. So, go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |19:19 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年10月15日

薄/For moon view season

Japanese pampas grasses


 連休最後の月曜日、買物を兼ねた散歩に行き、ススキがたくさん生えている隣の駅で、月見用にと線路脇から何本かいただいて来ました。

 後は団子です。


Japanese pampas grasses


Japanese pampas grasses around Myorenji, the next station of our nearest one, Hakuraku

We picked some of them this Monday for this moon viewing season. Now we should put some dumpling next to those grasses to make it perfect.


posted by MasaMaru |07:48 | A piece of my life | コメント(0) |

2008年10月13日

ワールドフェスタ・ヨコハマ 2008/Warld Festa Yokohama 2008

world festa yokohama 2008


 日曜日、ワールドフェスタ・横浜2008へ行ってきました。一年に一回、山下公園に世界の食と文化が集結するこのお祭り(昨年の様子はこちらをどうぞ)、今年のキャッチコピーは「ワール丼(どん)まつり」、世界の料理を丼で楽しもうということのようです。個人的にはその国の料理はその国の形で食するのが好ましいと思いつつ、彼女と二人で6ヶ国分6杯の目標を掲げ、会場入り。

Sunday, we went to Yamashita Park to enjoy World Festa Yokohama 2008, a famous and popular Yokohama’s big annual festival featuring world foods and cultures. This time it had been named Don Matsuri (rice bowl festival) so we were ready to try many kinds of foods coming from all over the world on the rice.


world festa yokohama 2008 最初に目が行ってしまったのは、吊り下げられたナンもおいしそうなインドのブース。またナンを焼いているお兄さんが愛想が良くて、カメラを向けると、傍らに並べた丸めた生地を両手の間を行き来させて素早く成形し、釜に入れて焼き上げるまでの過程を全部見せてくれました。


world festa yokohama 2008First we stopped at India booth because of this man who had been baking nan bread. He showed us how he make and bake it. It was really interesting and he was nice. So we chose Keema curry with nan bread and India wine for our first dish.


world festa yokohama 2008 …結果、この日の一品目は「キーマカレーナン(500円)、インドワイン(400円)」に決定(写真、少し見づらいかもしれませんがナンの上にカレーのボウルが乗っています)。丼を食べに来たはずなのに、やっちゃったよ…。


world festa yokohama 2008 次に目が行ったのは、再びナン(笑)。ただしこちらはバングラデシュのブース。先ほどの寡黙なお兄さんと対称的に陽気なこのオジサンは、「ワタシガ焼イテイルノハ何デスカ~?ソウデ~ス、“ナン”デ~ス!」という駄洒落をリフレイン(誰だよ、教えたのは…)。お祭りならではの、来場者の寛容な笑いを誘っていました。


world festa yokohama 2008 しかしここで食べたのはナンではなく、写真の「シンガラ」(1個100円×2個)、カレーの包み上げのようなものです。具はジャガイモ中心に野菜たっぷりの印象を受けましたが、それ以上に少し時間差で来る香りと辛さが強烈で旨い。まるで“スパイスの爆弾”。


world festa yokohama 2008 ブースの中、国旗柄のTシャツを着たスタッフは大忙し。写真手前のオジサン、例の「何デスカ~?“ナン”デ~ス!」に笑う私達に苦笑しながら一言、「のんきな奴だ、まったく…」。

 って、また丼食べてないじゃん!

At Bangladesh booth, this jolly man was also baking nan bread and his Japanese pun made people laugh. However we tried Singara, fried curry pie, instead. It was crisp and so spicy and tasted nice.


world festa yokohama 2008 実はここに至る間に、興味を引かれつつも(N嬢が乗り気でなかったこともあり)何となく保留、後で再び見に行った時には既に売り切れていた丼がありました。それが写真の「ドイツ丼」。ドイツ国際コンテスト金賞のソーセージが乗っていたのですが…。少々心残り。

I was really interested in this German sausage bowl but Ms. N was not so much. And it had been sold out when we stopped by later, so I missed it!


world festa yokohama 2008 今年もお土産はここで決まり。MTRのレトルトカレー、組み合わせ自由の4パックで1000円。インドの物販ブースにて。

For home, we bought retort pouches of MTR curry at India sales booth as we did last year. We could choose four pouches as we like with 1000 yen.


world festa yokohama 2008 ステージ上、「東京バグパイプ」によるバグパイプの演奏を聴きつつ、

A concert of bagpipe that was played by Tokyo Bagpipe


world festa yokohama 2008 ステージ脇のチェコ物販ブースでチェコワインを物色、店主お薦めの「ズノヴィン・ズノイモ ルーランドスケー・モドレー」2006年の赤(チェコ国内のコンクールで金賞受賞)を購入。

We also bought a bottle of Czech red wine for home at Czech booth, Znovin Znojmo Rulandske Modre, the manager recommended. He said it would be a little light for full-bodied but still nice, so we had high expectation for this.


world festa yokohama 2008 絵柄と色彩が美しいオカリナ。エクアドルの物販テントにて。

Ecuadorian colorful ocarinas


world festa yokohama 2008 こちらはペルーの瓢箪製マラカス。

Peruvian maracas made from gourd


world festa yokohama 2008 パピルス。もっと小さい「しおり」も束で売っていました。言うまでもなくエジプトの物販テントにて。

Egyptian papyrus having Egyptian art on it


world festa yokohama 2008 スペイン「トゥナ・バンド」の演奏を聴きながら、

Spanish Tuna Band playing on the stage


world festa yokohama 2008


 遂に食べたいと思える丼にめぐり合いました(笑)。ブラジルの「フェジョアーダ丼」500円。ブラジルのビール(400円)と一緒に。

「フェジョアーダ」は豚肉(ソーセージ、ベーコン、軟骨もたくさん入っていました)と黒豆を煮込んだもので、これが実においしい!柔らかくて優しい味なのですが、コクも凄い。食べると力が沸いてくる感じがします。振り掛けられた(おそらく)トウモロコシの粉との相性も抜群で、文句なしにこの日のナンバー・ワンでした。また食べたいです。


world festa yokohama 2008Brazilian stew feijoada was great. It had pork sausage and bacon, and other parts of pork with black soy beans. It tasted mild and round but also has rich well blended taste of pork and black soy beans. We really loved it. It was obviously this day’s best one.


world festa yokohama 2008 マトリョーシカ形のボトルも可愛いロシアのブースにて、本日2杯目の丼「ビーフストロガノフ丼」500円を購入。ここは大人気で、ブースの中はちょっと大変そうでした。

 残り少なになっていたのか、ビーフストロガノフの量がやや寂しい印象。とろとろのタマネギとジャガイモがおいしかったのですが。

 ちなみにオランダのブースなど、2時頃には「完売しました」と書きなぐられた紙を残して綺麗に撤収されていました。何が売られていたのかさえ判らずじまい。


world festa yokohama 2008This day’s our second rice bowl was beef stroganoff from Russian booth. The onions and potatoes were cooked well and tasted nice but we thought it should have been more. Russian foods were really popular this day so it might be going.


world festa yokohama 2008


 私達がビーフストロガノフ丼を食べ終えた頃、ステージで始まったのが、マトリョミンの演奏。マトリョミンとは、要はマトリョーシカの中に入ったテルミンなのですが(詳しくはこちらをどうぞ)、これが音といい、演奏している姿といい、組み合わせの妙と言いますか、非常に楽しい(でも言葉じゃ伝わらないだろうなぁ)!

 演奏しているのは「ニチェボー!」というグループで(「ニチェボー」は、ロシア語で「気にしない、きにしない」といった意味の言葉だそうです。こちらこちら参照)、この日は主にロシア民謡を演奏していましたが、一曲だけ披露された振り付け有りの愛らしいオリジナル曲「恋するマトリョミン」も、私は好きです。


world festa yokohama 2008Matryomin is a new musical instrument that Russian electronic instrument Theremin is in also Russian traditional folk craft Matryoshka doll. It was really interesting and enjoyable to see and listen to. This concert played by Nichevo!.


world festa yokohama 2008 横浜開港150周年記念イベント公式マスコット「たねまる」。この行政レベルで計画されているイベント、開催されるのは来年ですが、何か凄いことになりそうで、今から大変楽しみにしています(イベント慣れしている横浜市、外しはしないと思われます)。

150th anniversary for Yokohama port opening is coming to next year. This is Tanemaru, the official mascot for the event.


world festa yokohama 2008 この日の最後の一品はスペイン(マドリード)のブースにて、「パエリャ(500円)とサングリア(400円)」。本当はまだまだたくさんの国のブースがあって、色々な食べ物を紹介したかったのですが、6ヵ国6杯などほど遠く、許容量の少ない私達の胃袋なのでした…。


world festa yokohama 2008We finished this festival with Spanish paella and sangria. We could try more countries’ many kinds of foods if we had not had stuffed so easily….


world festa yokohama 2008 帰りに明治屋でチーズ2種、「ミモレット」(フランス産、22ヶ月熟成、写真手前)と「グリエールレセルベ」(スイス産、写真中)を購入、家でチェコワイン「ルーランドスケー・モドレー」を開けて、本当の締め(ちなみにもう一種類のチーズは「雪印カマンベールチーズ」)。ワインは、(チェコの気候と併せて説明を受けたとおり)フルボディの割りには軽いかなとも思ったのですが、葡萄の味はしっかりしていて、爽やかでおいしかったです。ともあれ楽しい一日でした。

The night, we enjoyed the Czech wine with some cheeses. It tasted really nice as we had been explained. We had a really great day.


posted by MasaMaru(横浜在住) |23:59 | Entertainment | コメント(1) |

2008年10月11日

チームやクラブに対して、今したいこと、望むこと/What is good for Consadole Sapporo?

 前回、“あれで勝てなければ仕方がないという試合が続いている”と書きましたが、前節、5-0で完敗した磐田戦は、“あれで勝てたらおかしい”という内容でした。同じ残留争いに身を置くチームであっても、尻に火が付いた状態ではあれほどの差が出るわけです。数字遊びはまだできますが、実質、今期の降格が決まった一戦でした。

 しかしこれで残留に失敗したとしても、考えてみれば、昨季2部から昇格したチームが1シーズンで再び降格というのは、それほど驚くことでもない。もちろん、そこに失望や悲しみがないと言えば嘘ですが、それでチームがなくなるわけではないのです。やるせない気持ちを怒りに転じてただただ監督や選手を責めることが、今一番やらなければいけないことだとは思えませんし、チームを支えるために最も有効な方法だとも思えません。はっきり言って、どれだけ騒いだところでファンのレベルで監督や選手の人選や、クラブの運営に影響を及ぼすことは不可能。もちろん、声を上げることに意味がないとは言いません。ただ、感情に任せて監督や選手を罵倒しても何も得られない、それはむしろ真にチームを作る力を持つクラブに対する糾弾や要望として成されるべきだと思うのです。サポーターと言いますが、サポートという点においては、勝ち負けにかかわらずチームを愛し、スタジアムに足を運び、金を落とす(この箇所、関東専門アウェイサポーターが言っても説得力ないですが)ことこそ、我々にできる最たることであり、一人一人のそういう気持ちや行動で“コンサドーレを応援すること”それ自体に、魅力や喜びを付加していくことを考える方が遥かに現実的なのではないかと思います。

 HFCは糾弾されるべきと書きましたが、児玉前社長が力を入れていた数々の社会活動は、そういう“成績に関係ないコンサドーレ札幌の存在意義(あるいはイメージ)”を創出し定着させるのに非常に有効だと思います。しかしながら、それは相当長い時間をかけて行われて、初めて可能になること。ここまでの歴史を見るに、長期的な視野で物事を成し遂げるのがどうも得意ではない(あるいは経済的事情を押してまでは頑張れない)HFCが、それを形にできるまで継続できるかは、残念ながら甚だ疑わしい。そして堪え性のないファンの存在は、その確率を更に下げます。

 とうに破綻している5段階計画を、未だに口にするHFCには呆れる限りです(あれは事実上HFCの敗北であり、スローガンとしては自身の限界を露呈するに終わったと思います)。それでも計画がスタートした2004年、J2で年間5勝しかできないチームを目の当たりにしながらも希望さえ感じられたのは、“札幌のサッカーを確立する”ということにどれだけ魅力があったかの証明だと思うのです。やはり、それこそが望まれます。そしてそのためには、来季の三浦体制継続は選択肢の一つだと思います(この辺についてはwhiteowl氏のブログで非常に興味深い考察がなされています。お薦めです。Whiteowlさん、もし今これを読んでいらしたら、某掲示板での論争にタイムリーに参加できなくてゴメンナサイ。一週間、プライベートでネットを訪れる余裕がなかったもので…)。ひとつのサッカーを続けてきたこの2年間を無駄にする手はない。来季は新たな監督を迎える予定との報道もありますが、個人的には、柳下さん、そして三浦監督と、これだけ頑固で我慢強い指揮官が続いた間に何も残せないのでは、非常にもったいないような気がします。

Last Sunday’s 5-0 lost against Jubiro Iwata might have decided this season’s Consadole Sapporo’s demotion. They may not play in J1 next season. It is certainly hard on us, Consadole supporters, but on second thought, it actually not so surprising too. A last year’s J2 team is going back after playing in the upper class one season. It always happens. Now the most important thing is to think how we stand by the team whether they are well or worse, whether they are in J1 or J2, and how we create more attractive atmosphere for the future fan to join us and see the games from our side.

The thing is what is good in the long run. Only blaming the coach or players when they are in a long harsh tunnel might not work all the time for it. It still seems we should complain to HFC about their have never been efficient in managing the club with specific consistent principle to grow the team though….

Deciding and fixing clear Consadole Sapporo’s style has been waiting. So that we can go with them take them in even when it is hard to see.

posted by MasaMaru(横浜在住) |21:20 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2008年10月04日

それでも試合があれば楽しい/We still can enjoy the game.

 これで勝てないならもう駄目だ、そう思いたくなるほどの惜敗が続いています。移籍確実と見られていたダヴィが、契約難航の末チームに復帰、明日は磐田相手の下位直接対決とは言え、これで勝ったとしても今シーズンのJ1残留が現実的にかなり苦しい状態であることも変わりありません。

 それでも、毎週コンサドーレの試合があれば、やはり楽しいし、嬉しい。それがJ1だろうとJ2だろうと。個人的にですけれどね。JFL以下だとちょっと困るかな。物理的に、ほぼ観られなくなってしまうから。

 前節の敗戦の後、某掲示板に、「この後は何を楽しみに試合を見ればいいのだろう」という書き出しで始まる投稿がありましたが(そして言わんとしていることは解りましたが)、私の場合、楽しみなのは試合そのものなのです。郷土にサッカークラブがあって、チームがJリーグに所属していて、シーズン中は毎週試合がある、お金を払えば試合を観られる、それが幸せなのです。

 チームがなかなか勝てない今のような状況でも、楽しみは幾らでもあります。何より、次こそ勝つかもしれないこと(これに関しては、ここ数試合、むしろ実現する確率は上がって来ているような)。お気に入りの選手や、そろそろ何かやってくれそうだと当たりをつけている選手のプレーを追いかけるのも楽しい。そもそも、スタジアムに行けるのであれば、ビール片手にゲームを観ているだけでも楽しいと思うのです。更にホームなら、(これは試合外になってしまいますが)ドールズのダンスを見たり、ドーレくんに会えたりするのも楽しいでしょう。また、リーグを離れれば、まだ天皇杯という大きな楽しみも残っています。

 ぬるい!という声が聞こえて来そうです(笑)。確かに不甲斐ないクラブやチームに文句を言ったり激したりするのもファンの仕事(?)のうち。でも、ファンのレベルでのそれは、シーズンオフでも充分こなせること(いや、むしろシーズンとシーズンの間に、糾弾や警告として行われるべき)。

 もうひとつ、今、個人的に楽しんでいるのはtotoとmini toto。もう何ヶ月も、札幌の試合は札幌の勝ちにしかマークしていません。当たれば高配当が見込めます。二人で1回遠征できるくらい稼げれば最高です。明日の試合、リアルタイムでは観られませんが、頑張ってもらいたい。Go! Consadole Sapporo!

How long we need to wait to see Consadole Sapporo’s victory? Our team just keep extending so close win less streak this two months.

However, whenever it has game, we enjoy it as long as we can see it. Seeing or watching its game or favourit players is always fun. It is fortunate when one’s hometown has soccer club, much more it belongs to J league. And when we can be stadium for the game with beer, it is perfect.

Although now it is almost desperate that Consadole Sapporo avoids this season’s demotion, it still has Emperor’s Cup. Besides that, personally I enjoy toto, soccer lottery, every week. I always mark for Sapporo’s win lately. I can expect big win! Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |21:11 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年10月04日

サバップル/Apple pie doesn't need mackerel

sabapple


 先週末から今週の頭にかけて、SMAPのコンサート(東京ドーム)のために来ていたN嬢のお母さんの、八戸土産、サバップル(鯖+アップルパイ)。なかなか食べる機会がなく、今日やっと食べたのですが…。

 鯖はパイ生地にでも練りこまれているのかと思っていたのですが。

 思い切りパイの中身でした。鯖フレークが。リンゴの上に。

 味は…鯖とリンゴの組み合わせが絶妙、と言うよりは微妙。特産品を活かした観光土産なら、鯖パイとアップルパイの詰め合わせでも良かったのでは…と思いました。
	
 それにしても一週間があっという間です。明日はもうコンサドーレの試合です。あれで勝てないなら仕方がない、という試合が続いていますが、今節の相手は、やはり苦しい時期が続いていたのを前節の勝利で持ち直したかに見えるジュビロ磐田。理由あってリアルタイムで観ることはできないのですが、果たしてどうでしょうか。(この後の本日2回目の投稿に続く)。


sabapple


Last weekend, Ms. N’s mother came to our place from Hachinohe to see SMAP’s concert at Tokyo Dome on the Tuesday. She brought us an apple pie that also had flaked mackerel in it. Both apple and mackerel are special products of Hachinohe.

We tried it today and it tasted….To be honest, it tasted just interesting. We thought that it could be two pies in a box, an apple pie and fish pie. 


posted by MasaMaru |19:40 | A piece of my life | コメント(0) |