コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年09月28日

ダヴィの離脱/Ace leaving Sapporo

 前回、“ここまで来たら、もう何も失うものはない”と書きましたが、その後、中東のクラブに移籍金3億5千間円でダヴィを引き抜かれ、シーズン途中にもかかわらずエースストライカーを失う可能性が出てきた札幌。まあ、G大阪でさえ、なす術もなくバレーをさらわれたオイルマネーの力に札幌がかなうわけはない。移籍金で推定3億5千万を出すクラブから果たして本人がどれだけもらうのかは判りませんが、ダヴィにしてみればサクセスでしょう。昨季、札幌が彼に提示していた契約を考えれば、ビジネスライクな姿勢が意趣返しだったとしても文句は言えません。現に彼はここまで、受け取ったもの以上の結果を残して頑張ってくれたと思います(今季はチームが不甲斐ないだけになおさら)。生活のためにサッカーをしているプロのアスリートです、現在のチームの危機的状況、金満クラブの強引なやり方への反発も手伝って納得できないファンも多いとは思いますが、誰も彼の選択を責めることはできない。
	
 今思い出すのは、2年前の天皇杯、準々決勝まで勝ち進んでいたものの、やはり翌シーズンは(おそらく東京ベルディでプレイするため)チームを去ることが決まっていたフッキが一足先にクリスマス休暇を取って帰国、エースを欠くこととなった、あの時の札幌です。正直心細くも感じましたが、しかし結果的にこれがチームの結束を固めたのか、残った選手の意地に火を着けたのか、札幌は彼抜きで続く甲府戦にも勝利、J2勢(当時)としては史上2チーム目となるベスト4に進出、惜敗したガンバ大阪戦でも大健闘を見せました。

 全てがかように“災い転じて福と成す”となるわけではないでしょうが、こんなことでも現状を変えるきっかけにならないとは限らない、いや、貪欲にそうして欲しいと、今の札幌には思います。今季の残留がどうこうはもう別にしても。少なくともダヴィの控えに甘んじていた他のFWの選手にとってはチャンスなのだから(解っているね、石井)。今日のFC東京戦はその辺りに注目したいと思います。頑張れコンサドーレ札幌!

Consadole Sapporo’s Brazilian ace striker Davi seems to have decided to leave the team. The media has said that he would make a contract with a Middle Eastern club for more attractive environment for him, and the transfer fee has been expected 350 million yen or more.

J1 league has not finished yet and now Consadole is really in difficulty to avoid this season’s demotion. So some fans say that he is a little selfish because the team obviously gets more difficulty without him, and also some fans think it is unpleasant that oil money takes away their player. However, no one can blame his choice as a professional athlete. Playing for a living is his right.

This news reminds me the December of 2006. Consadole was going to the semi quarter final of the Emperor Cup but its ace striker Hulk, also Brazilian, who had decided to play for Tokyo Verdy next year, left the team to spend Christmas season in his country (Officially, it was announced that he had gone back to Brazil to treatment though). However, it made the team more united and organized strong after all. All players worked much harder and tougher and then, they won more two matches without him and finally advanced to the semi final.

So even ace striker’s leaving can work well for the team. At least it is a great opportunity for other forwards, like Ishii, to show their playing. Of course, he might have been aware of that.

posted by MasaMaru |12:41 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年09月23日

08シーズン第26節 大分戦/VS Oita Torinita (September.23rd, 2008 at Kamoike Stadium)

 こうなるともう、今シーズン、ウチは勝てないことになっているのではないかとさえ思えて来ます。

 前半を良い形の0-0で折り返した58分、ゴール前で左右に振りに振られて押し込まれ失点。これで終わりかと思いきや(失礼)68分、アンデルソンの(二重の意味で)頭を使った得点で追い付き、正直このまま引分けでも良いかもと思い始めた78分、ペナルティエリア手前、ファウルのもらい方も巧かったがフリーキックも凄かったウェズレイに決められ再び失点。時間帯からも“何故後10分耐えられなかったのだろう”という敗戦への感想が頭を占めていたロスタイム(失礼)、途中出場の西の、アウトにかかった軌道も美しければ展開としても美し過ぎるミドルシュートで再び同点。今度は心底これで終わって欲しい、今季リーグ最小失点を誇り5試合連続無失点中の大分から2点を奪い、これ以上何を望むかと思った残り数十秒で…与えてしまったラストプレーのコーナーキックから失点。前節と同じく、先制され、2度追い付いて2度突き放される形での敗戦となりました。

 ナビスコカップのファイナリストにしてリーグ戦でも3位に付ける好調な大分相手に、ダヴィと箕輪を欠く札幌がここまでやれるとは実のところ予想外でした。特に良かった中山とアンデルソン、坪内の3人、そしてスーパーセーブ連発がなかなか報われない優也を始め、みんな本当に頑張っていたと思います(攻撃で期待された西谷と砂川の二人は、守備であれだけ足を使わされるようだとやはり辛い)。今のウチのサッカーは、はっきり言ってそれほど悪くない。ただ、それでも大分と比べるとパスやサイドチェンジのタイミングや精度など、ひとつひとつのプレーで負けている印象を受ける場面はちょこちょこありました。ああいう差が90分積み重なって、終わってみれば2-3という結果になってしまうのでしょう。

 しかし今、切に願うのは、監督にも選手にも必要以上に自信を失って欲しくないということです。とにかく迷って欲しくない。ここまで来たら、もう失うものは何もないのだし、どのみち何をするにも遅過ぎます(来季のことを考えるのは、少なくともピッチ上ではまだ早いし)。監督は頑固に、選手は忠実に、ここまでやって来たのだから最後まで貫き通して欲しい。それで前節や今節のような結果が続くとしても、こういう試合なら応援する甲斐もあるというものです。何も恐れず、胸を張り戦え、札幌!

The Autumn Equinox Wednesday, 18th placed Consadole Sapporo met third placed Oita Trinita at Kamoike Stadium in Kagoshima. The home team Oita, now aiming for both J1 league champion and Yamazaki Nabisco Cup, has been in good mood with its great defence that had not allowed any goals in these five games, whereas Sapporo was there without its ace striker Davi and key defender Minowa because of their suspensions. 

Actually, it was really close and tight game over all. Sapporo’s players worked hard and patient as usual and matched well against Oita more than it had been expected. The first half was totally even. Oita went ahead in the 57th minute but ten minutes later, Anderson’s clever header equalized it. Oita got one goal lead again with Ueslei’s stinging free kick in the 87th minute, Sapporo’s young fantasista Nishi made a beautiful middle shot as an equalizer in the additional time too.

However, breaking Oita’s wall twice might be the best work for this day’s Sapporo. The latest goal was for Oita and Sapporo expanded its winless streak to ten with this 2-3 losing in the end. Still, it seems that Sapporo is getting better now and there is no need to doubt or change what they have tried. Maybe some small trigger is enough to change the tide for them. Only one winning has been waited.

posted by MasaMaru |23:20 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2008年09月21日

08シーズン第25節 千葉戦/VS Jef United Ichihara China (September.20th, 2008 at Atsubetsu Stadium)

 昨日の千葉戦は、今季の札幌の良いところと悪いところが全て出たような試合だったと思います。

 前半早々、緊張感に欠けるゾーンプレスの穴を突かれて生まれた、箕輪の退場とPKによる失点。一人少ないながらも、組織的なプレーとハードワークからダヴィの個人技へと繋いで前半の内に生まれた同点ゴール。

 後半開始直後、またしても人に付かない守備の弱さに加えて不注意から失点、せっかくの追い上げムードに自ら水を差してみせる勝負弱さ。クライトンのコーナーキックからアンデルソンの迫力あるヘディングで再び追い付いた場面で覗かせた、ワンプレーで息を吹き返すしぶとさ。

 ただ、いくらセットプレーで強くても、セカンドボールの奪い合いで弱ければ、一試合で見た時に押される時間が長くなるのは必定、長所と短所が釣り合わない。相次ぐピンチで踏ん張りながら、チャンスを活かせず、不運にも手伝われてやがて力尽きる展開は、今シーズンここまで三浦札幌が辿っている流れと重なるような気さえしました。

 そして何より、ダヴィという諸刃の剣の存在。昨日の試合でも一度はチームを救いながら、最後は不必要なファウルでカードをもらい退場、ギリギリのところで耐えていた仲間にとどめを刺しています。それでも今の札幌では、J1では、彼抜きではサッカーにならない。現在得点ランキング単独2位の彼を擁する札幌が最下位に沈む不自然な状況こそ、色々な歯車がなかなか上手く噛み合ってくれないチームの現状を象徴しているかもしれません。

 まあ、あの3点目は、ダヴィが退場せずとも入っていたような気もしますが。昨日は本当に選手の頑張りも伝わってきて良い試合でしたが、だからこそ、勝つべき方が勝ち、負けるべき方が負けたように思えます、力の差ということで。あからさまに悔しがれば良いのです、むしろ引き分けるよりましだったかもしれません。

 もちろん、これで残留が一層非現実的になったのですから喜べることではないのですが、残りは余計なことを考えずに全力で最善を尽くすしかなくなったわけです。開き直って一試合一試合を大事に頑張ってもらえればと思います。優也や上里の活躍のような、今後の楽しみもないわけではありません。最後まで応援していますよ。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, 18th placed Consadole Sapporo met 17th placed Jef United Ichihara Chiba at Atsubetsu Stadium and lost the match by a score of 2-3. 

Although it was unfortunately for Sapporo that its central defender Minowa was shown red card in the 14th minute and the team allowed the opponent to go ahead from penalty kick, they equalized it with Davi’s excellent dribble and fantastic scoring in the first half; and also in the second half, in the 74th minute when the score had become 1-2 behind for Sapporo, the home team’s ten pulled back Chiba to the game again with Anderson’s header to Claiton’s corner kick and made a big surprise.

Consadole players did really well and worked hard with two fresh players, goal keeper Sato and a substitute Uesato, but something was not enough to save the team. They were well organized and patience and even more aggressive than usual, still, it did not pay off. They were careless and their defence was not tight when it should have been so, as usual. Sometimes Miura’s tactics really worked and the rest it did not at all. It seemed as if there had been Consadole’s this season in the game. They showed both their strength and weakness including the character of its exceptional Brazilian striker, Davi. Davi who could be a hero or this day, got this day’s second yellow card in the additional time for his handball when the team had been in final attack and his leaving almost caused the latest goal for Chiba.

Now Consadole Sapporo got more difficulties in salvaging itself from the bottom of the standings of J1 league to escape from demotion. There is slight chance that they make a miracle, however, they have to keep trying to do the best unless the season finished. And of course, I keep standing by them willingly. Go Consadole Sapporo!

posted by masamaru |12:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2008年09月15日

夏納め/Summer is leaving

summer is leaving


 MM21(横浜みなとみらい地区)から臨む海です。

 海を見ながらハンバーガーを食べ、ビールを飲み、夏を見送る。今年は何故かそう決めていました。実行できて良かった。昨日は予想以上に暑くて、少々疲れてしまいましたけれど。

Pacific Ocean view at MM21, Yokohama Minato Mirai aria Ms. N and I went to this Sunday to enjoy the rest of this summer with hamburgers and beers. It was a little hotter than we had expected, however, we totally had a great time.


summer is leaving


札幌の実家からトウモロコシが箱で送られて来ました。即茹でて食べましたが、おいしかったです。

白いトウモロコシ、見るのも食べるのも初めてでしたが、物凄く甘くて驚きました。生で食べても甘くてイケルのですよ。

My parents in Sapporo sent us fresh corns for this year. We soon boiled some of them to try. It tasted really nice and especially the white one that we had never seen was amazingly sweet! We can eat it even without boiling or cooking.


posted by MasaMaru(横浜在住) |18:28 | A piece of my life | コメント(4) |

2008年09月14日

08シーズン第24節 清水戦/VS Shimizu S-Pulse (September.13th, 2008 at Nihondaira Stadium)

 ナビスコカップ決勝進出を決め波に乗る清水相手に、中盤のキープレイヤーであるクライトンと芳賀を出場停止で欠いてのアウェイゲーム。一方的に攻め込まれ続け、いいところをひとつも出せないまま1-3で完敗したとは言え、昨日の敗戦は、長いリーグ中、必ずこういう日はあるというものでした。ただ、現在チームが置かれている状況、順位と残り試合、上にいるチームとの勝ち点差を考えると、非常に厳しい結果だと言わざるを得ない。これで、残留は現実的に相当厳しくなりました。

 前半を0-0で凌ごうというプラン自体は悪くなかった、と言うか、それしかなかったと思います。しかし、余りにも迫力に欠けすぎた。また清水の、一人囲まれ、潰されたら、すかさず味方のフォローが入るサッカーと対称的に、札幌の攻撃はダヴィとアンデルソンに依存し過ぎ、彼らを孤立させるものでした。結果、二人を早々と疲れさせ、また苛立たせてしまったように思います。
	
 大塚の復帰は嬉しいニュースでしたが、後半の上里の出来と、彼のクロスから西がバックヘッドで一矢報いたアディショナルタイムの得点を見ると、最初から上里で良かったように思えなくもない一方、それでもなお大塚が先発だったことから、いかに三浦監督がギリギリまで無失点で試合を進めたかったかが判ります。前半での失点、後半早々の追加点で既に万事休すだったのかもしれません。そもそも、あの得点が生まれた時点の11人で試合をスタートしていたら、もっと早く、相手の大量得点でゲームが決まっていたような気もします。

 いずれにしろ、相変わらず苦しい立場にあることに変わりはありません。望むらくは変にバタバタすることなく、開き直って、残りの試合ひとつひとつで考え得るベストを尽くして欲しい。最後まで戦えと選手に言う以上は、こちらも最後まで応援します。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday, Shimizu S-Pulse beat Consadole Sapporo by a score of 3-1 at rainy Nihondaira Stadium. Shimizu that is going to Nabisco Cup’s final were greatly cheered up by this winning, whereas Sapporo got far more difficulty to avoid this season’s demotion.

It was unfortunate for Sapporo that they had had to play without their two key players for midfield, Claiton and Haga. They played more carefully and defensive to handle it, however, it did not work over all. First of all, they counted on two Brazilian forwards Davi and Anderson too much. It finally ended in they were isolated and it made them tired and frustrated soon.

After they had 3 goals behind, Sapporo’s two young substitutes made the latest goal by Nishi’s back header to Uesato’s cross; it was too late. And it is not sure that they could save the team even if they played from first. It also could finish the game earlier allowing more goals if they had played more offensively with more aggressive players like them. Now coach Miura is supposed to make some big decisions to change something.

posted by MasaMaru |23:07 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2008年09月13日

ミントティー/Enjoying mint tea

mint tea


 八戸の、N嬢のお母様から、彼女が育てた他の野菜と一緒に送ってもらったミント。少し前に、畑で増え過ぎてどうしたら良いか判らないと言っていたのをいただいてミントティーを作って飲んだところ大変おいしかったので、今回はリクエストして送ってもらいました。

 置いてあるだけで部屋中が良い匂いになります。写真の状態から、葉をむしって洗い、一晩から一日干したら、後は適当にポットに入れてお湯を注ぐだけ(一番下の写真)。見るからに逞しく育っているからでしょうか、少量で味も香りも強く出ます。葉を贅沢に使って、お湯を継ぎ足し継ぎ足しゆっくり飲むのも良いです。冷やして飲むと清涼感は更に増します。ホッと気持ちが安らぐ効果もあり、何かと“使える”ヤツです。

 もちろん、他の野菜もおいしくいただきます。お母様、いつもいつもありがとう。


mint teaMs. N’s mother sent us lots of mints with other vegetables those she grew at Hachinohe. So we picked the green leaves out and dried them to make mint tea. Those mints fill the room with its nice scent and the tea made from them is also smell good. It tastes really nice whether it is hot or cold. We can enjoy feeling cooled and refreshed by having the tea. Thanks Mom! 


mint tea


posted by MasaMaru |11:11 | A piece of my life | コメント(0) |

2008年09月10日

パンダボトル/Our favourite panda bottles

panda bottle


 最近の私のお気に入り。N嬢が通販で買った、WWFのパンダがプリントされたアルミニウムのボトル。

 毎朝お茶を入れて、仕事場に持って行っています。

My recent favourite is this aluminum bottle that Ms. N bought on line for each of us.

WWF panda is printed on it. Every morning I fill it with tea for work.


posted by MasaMaru |08:40 | A piece of my life | コメント(0) |

2008年09月03日

朱に交われば赤くなる/What made him red

a red green pepper


 トウガラシでもパプリカでもない、ピーマンです。トマトに囲まれて勘違いしたのか、あるいは自分もと憧れたのか。

 面白がって食べずに取ってあるので、しわしわです。

A green pepper reddened in tomatoes. And because of that, we still have not eaten it yet.


posted by MasaMaru |08:04 | A picture with small sentences | コメント(3) |