コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年08月30日

サングリアとG大阪戦感想/Sangria and last Wednesday's game between Gamba Osaka

sangria


 雨と雷の止まない、蒸し暑い夜にサングリアです。

Sangria that Ms. N and I made for this humid rainy summer night hearing thunder

 先週の日曜日も酷い雨でした。三ツ沢で横浜Fマリノスに0-1で惜敗、心身ともにずぶ濡れになってから早いものでもう1週間。その間、水曜日には、やはり雨の厚別でG大阪相手に3-3の引分け。随分と良いゲームだったようなので楽しみにしていた録画を、今日やっと観ました。

 終始アグレッシヴかつ集中力を保っていて、素晴らしかったじゃないですか。ダヴィ、クライトン、アンデルソンのブラジリアンズ、そして柳下監督時代に戻ったかのような攻撃参加を見せた西嶋、文字どおり身体を張ったプレーでチームに喝を入れ続けた箕輪、少しだけ本来の自分の持ち味を思い出したかのような吹っ切れ具合を見せた藤田(個人的にはまだまだ不満。最後の失点に絡むミスは余計でしたが、速く気持ちを切り替えて、もっと吹っ切れてくれ)、そして誰よりも、後半、クライトンの退場後、J1のリーグ戦に始めて登場し、決して多くない時間で存分に輝きを見せた上里。クライトンが出場停止の次節、ボランチは芳賀と上里が良いと思っているファンは多いのではないでしょうか。

 あのフリーキックは、リーグ戦にほとんど出ることのなかった昨季と今季を挟んで、ほぼスターティングメンバーだった2年前よりも精度が上がっていると思います。腐らず頑張っていたことが窺える。現在、札幌のプレースキックはクライトン一人に任せられていますが、それゆえに右からのコーナーキックはどうしてもゴールから離れていくボールになってしまい、残り時間が少なく勝負に出ている時など、とにかくゴールに向かっていくボールを入れたい時、もどかしく感じることもしばしばです。そんな時、上里がいれば…そう感じさせるプレーでした。また、あの舞台でプレーできる喜びのようなものが伝わって来ると言うか、生き生きと嬉しそうでもありました。そんな彼が、重圧や迷いで疲弊している部分もあるかのように見えるチーム内に、新しい風を送り込んでくれはしないかとも期待しています。

 一人少なくなってなお最後まで得点の匂いを感じさせつつのドローでしたが、ガンバのような良いチーム相手にあそこまでやれたのは上出来。あの、ちょっと信じられないほどのルーカスのシュート外しっぷりに随分救われたのは事実で、3得点の代償が3失点では根本的な問題の解決にはなっていない気もしますし、依然崖っぷちにいることにも変わりはないのですが、ここはあえて前向きに捉えたい。次節までは少し間隔が開きますが、あの感覚を忘れず、身体は休めて、次こそ勝利を掴んで欲しいものです。頑張れ、札幌!

Last Sunday night was also heavy rain and we got soaked at NHK Spring Stadium where Yokohama F. Marinos, the home team, beat the visitor Consadole Sapporo by a score of 1-0. Sapporo also had drawn with Ganba Osaka by 3-3 for a midweek game at its holly home Atsubetsu Stadium in the rain too, and I watched the video today. It actually was nice close game. Sapporo’s three Brazilians, Davi, Claiton and Anderson who scored each worked really well. For defender, Nishijima and Minowa were good. Nishijima tried to help offence so many times the day and helped Davi’s goal. Minowa played hard with his physical strength and iron will. Left side’s speed star Fujita seemed to get confidence on his play a little, and the most excellent news for the night was Uesato’s coming back to the league games’ pitch after his one and a half year satellite days.

Uesato appeared on the pitch in the 79th minute to replace Fujita as the last substitute for the game and kept shining with his clever accurate playing all the rest of the game. It seemed that he even enjoyed the pitch of J1. It was unfortunate for Sapporo that its key player Claiton had been eliminated from the game since the 58th minute by second yellow card. Consadole had gone ahead three times the day and Gamba had equalized it twice. Although Sapporo’s rest ten played aggressive and hard till the end, finally they failed three times.

However, draw game against Gamba Osaka that is aiming for champion was enough for current Sapporo to show that they started changing at least for surviving. Claiton’s suspension might be good rest for him and Uesato must replace him next game. We can expect great things from it. Go, Consadole Sapporo!


posted by MasaMaru |23:57 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2008年08月24日

今日の三ツ沢を前に思うこと/We're going to Mitsuzawa

 今日は三ツ沢で横浜Fマリノス戦を観ます。一旦は晴れたものの今また降り出した雨が心配ですが、数少ない生観戦の機会、大崩れだけは避けて欲しいものです。

 3試合連続で1-2の負け、2試合連続で先制しながらの逆転負け、順位も遂に最下位にまで落ち込み、とうの昔に大崩れのコンサドーレ札幌ですが、まだ、シーズンは終わっていません。現実的に残留が難しくなっているのは確かですが、好きで応援しているチームです。今はまだ、嘆きと怒りの恨み節に終始するより、ただ目の前の勝利を願いたい。愛するチームの監督や選手を攻撃するより、信じて見守ってあげたいと思います。

 彼らはプロです。何とか結果を出そうと色々考え、やっているはず。結果論であれこれ言うのは容易くとも、彼らよりサッカーを解っているファンなどそうそういないはず。彼らのプロ意識を否定するのであれば、“結果が出ていないのだから何を言われても仕方がない”という論理も成り立たない。言うだけ虚しい。

 もちろん、どれだけ信じても見守っても裏切られる可能性も大ですが、それが何だ。いや、何だと言われれば出てくる問題は山のようにあるのですが、そのほとんどは、今言うには遅過ぎるか早過ぎるかのいずれかです(正直言うと個人的にはですね、HFCには色々不満も不信もたまっています)。それより今日を含めて残り13試合、ファンやサポーターの気持ちの中で、積極的に消化試合にしてしまってどうする、と思うのです。

 というわけでしっかり観てきますよ。札幌相手に一息つけると思っているマリノスに、反対に一泡吹かせてやってもらいたいものです。Go! Consadole Sapporo!

Today Consadole Sapporo will meet Yokohama F. Marinos at NHK Spring Mitsuzawa Football Stadium for an evening game that is expected to be raining. Last Sunday onsadole failed to keep its lead from Davi’s early scoring against Kyoto Sanga F.C. and lost it by a score of 1-2 in the end as same as two weeks ago, the match between Omiya Ardija. It made them expand the 1-2 losing streak to three games and now, Sapporo finally reached to the bottom of the J1, 18th place, where next season’s demotion is in their sight.

It seems to be so hard for them to fight back and jump up from now for remaining the top league, however, this season has not finished yet and we still have 13 games including today’s one. For the fans, it is a little bit early to give up and drown in the sea of anger and depressing and now no one still do not have to give up. There is even small chance that they catch the second wind somewhere in the rest of the season. I still keep thinking that Miura’s tactics is right and I would like to stand for the players who must be straggling with many difficulties. For me, it is better than just looking face down and having sighs before the game.

Show us the great game today. Go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru(横浜在住) |13:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2008年08月15日

野菜の出目金/Vegetable goldfish for Bon

vegetable goldfish


 茄子とセロリと巨峰で作った出目金です。お盆ですし、昨年の丁度今頃、死なせてしまった出目金の闇丸を偲んで、胡瓜の馬や茄子の牛の代わりにと。

 N嬢と私の我が家では、迎える霊もないからと、これまでお盆は何もしなかったのですが。帰って来るかなと思うと、何となく心が柔らかくなるような気もします。

 もう一匹の茶っつんは、新しい相棒と一緒に元気です。闇丸を埋めた時、墓標替わりにと植えたオリーヴも元気。野菜の金魚も、その隣に埋める予定です。


vegetable goldfishA vegetable goldfish for the memory of Yamimaru that we lost last year’s August

I made it from a small eggplant, celery leaves and two peaces of grape for this Bon season (Japanese dead people’s days). Now we still have two goldfish and one of them, Chatsun, had been in the same bawl until Yamimaru dead. I had him meet it. 

The vegetable fish is going to be buried at the next to olive sapling as the tomb of Yamimaru.


posted by MasaMaru |22:30 | A piece of my life | コメント(4) |

2008年08月12日

卓上花火/Ffireworks on the table

purple firework


 テーブルを飾る、紫色の花火のよう。

 アザミの一種です。

A kind of thistle that looks like purple firewoks on the table


posted by MasaMaru |08:20 | A picture with small sentences | コメント(2) |

2008年08月10日

08シーズン第20節 大宮戦/VS Omiya Ardija (August.9th, 2008 at Atubetsu Stadium)

 最初は良かったんですけれどねぇ。開始早々にアンデルソンの来日後初ゴールとなるPK成功で先制。ただ、続く藤田のクロスに頭で綺麗に合わせて再びネットを揺らした場面がオフサイドと判定された辺りから、波があっさりと、あまりにも早く、大宮に移ってしまったように思います。藤田と砂川の縦へのスピードも、追い付かれて守備への意識が強まったからか、たちまち封印され、最終ラインも、デニス マルケス、藤本、小林大悟らの縦へのスピードに対応するのに手一杯、すると9分に、この日が初出場となる大宮の新外国人・ラフリッチに、これも当然日本での初ゴールとなる強烈な同点弾を決められてしまいます。

 このラフリッチ、空中戦で箕輪が頭ひとつ負ける高さと強靭なフィジカル、攻守を選ばぬ献身的なプレーが印象的な実に素晴らしい選手です。大宮は良い補強をしました。この試合、もうラフリッチに負けたと言ってもいいくらい(ああいう長身で骨太の選手、ウチにこそ欲しいです。東欧の選手も良いですね。金銭的には難しいのでしょうか)。対して札幌は、やはりダヴィの不在が大き過ぎた。全員で守ってリスクを減らすことを第一とする札幌のサッカーにおいて、やはり個の力で前線を支え、得点まで持っていける彼の力は不可欠であることが、今回、改めて明確になったと言えるでしょう。

 札幌も出来得る範囲で悪くない試合をしたとは思います。しかし、スピードと個々のスキルで、やや大宮が上回っていました。決勝点となったデニス マルケスのPK、彼を後ろから止めてしまった西澤は仕方ないと思いますよ。あそこで抜かれていたら(優也の勝負強さと強運をもってしても)普通は1点だと考えるでしょう。むしろ、一度はPKを弾き返した優也のファインセーブがもったいなかった。キックと同時に誰かゴールに向かって走り出してればなあと、まあ、結果論なんですが、思わずにはいられませんでした。

 ジェフが何とアントラーズを下し、マリノスもガンバに勝ったため、下には追い付かれ、上には離され、現実的にかなり苦しくなったコンサですが、チームができることは、これも現実的にそう多くはないと思います。個人的には、三浦監督と今までやって来たサッカーを信じて、最後まで残留を目指して頑張って欲しい。Go Consadole Sapporo!

Saturday in the summer holidays, Consadole Sapporo met Omiya Ardija at Atsubetsu Stadium and lost the game by a score of 1-2. Sapporo started it nicely with Anderson’s scoring from penalty kick in the third minute. Only five minutes later Anderson’s header to Fujita’s cross reached to Omiya’s goal net again but it was judged to be offside and that might have turned the tide.

First the game was for Sapporo. It seemed that Fujita and Sunakawa worked well with their speeds but once Omiya equalized it with its new comer from Slovenia, Lavric’s goal in the 9th minute, they stopped trying on offence slowly. Lavric worked excellently with his height and physical strength wherever he was, conversely, for Sapporo, Davi’s suspension was more than difficulty. The game was even over all. Both team played hard but Omiya exceeded Sapporo a little on the speed and each players’ skill, and then, the 56th minute’s penalty kick for Omiya that Denis Marques pushed it in after once goal keeper Sato blocked finished the game.

Consadole failed in extending its loose less streak at the holy home Atsubetsu and stayed in the second last place with Jef United. Everyone knows now it got much hard for them to remain in J1, however, the only thing they can do and they have to do is playing tough and hard with trust in their coach Miura and his plan.

Go Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |13:30 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2008年08月04日

サンダルを洗って干す/Two pairs of sandals

sandals


 何処まで一緒に歩いて行けるのか、ふと不安になることもある。

Suddenly I feel anxiety when somthing asks me how far we can go together.


posted by MasaMaru |07:50 | A picture with small sentences | コメント(2) |