コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年07月27日

わが家の夏/Some shots for this summer

sunflower and gold fish


 毎日毎日暑くて、すっかり夏といった感じです。夏バテ防止のためにも必要以上に水分を取ることは避けているつもりですが、熱中症になってもバカみたいだしな、と、この週末は結局は水っ腹になっています。暑いことで良い点のひとつは、ビールが旨いことでもありますし。


begetables from Hachinohe N嬢のお母様が、趣味の畑で育てた野菜を送ってくれました。写真は莢いんげんとズッキーニ。昨夜、トマトやアスパラと一緒に、夏野菜のソテーになりました(ある意味母娘合作)。酒は“田村さんも騙された”「麦とホップ」。スッキリした飲み心地が私は好きですが、N嬢いわく、「私は騙されない」とのこと。

 二人の退場者を出しながら引き分けた前節、監督の采配と選手の頑張りに痺れた神戸戦から、早一週間、今日は新潟戦です。前回の対戦を思うとダヴィの奮起に期待したいところ。頼むぜ、ダヴィ!


begetables from HachinoheThe first picture is a sunflower with our gold fish on the table and next one is some kidney beans and zucchinis that Ms. N’s mother raised in Hachinohe, Aomori. Both shots show that the summer has come.

Ms. N sautéed the beans and zucchinis with other some summer vegetables such as tomato and asparagus last night, and we tried Sapporo Breweries’ new low-malt beer. It actually tasted like real beer. I like that.


posted by MasaMaru |14:29 | A piece of my life | コメント(1) |

2008年07月20日

一年草/Annual plant

portulaca


 わが家のポーチュラカです。可愛いでしょう。

 5月の連休に買って来て植えた時は土に馴染むかどうか心配でしたが、その後しっかり根を張り、葉も増やし、今、毎日花を咲かせています。

 花は日中開き(朝顔などと比べると、かなり寝坊です)夕方にはしぼんでしまうのですが、次の日にはまた咲きます。今朝は14個咲いています。過去最多。残念なのは1年草であること。種が穫れて(難しいらしいです)、また来年も育てられればいいのですが。

 さて、“強いとは言えないけれど、そう簡単に負けない雰囲気も漂い始めた”我らがコンサドーレ、今日の神戸戦はどうでしょうか?今季最多得点、今季初の4試合連続勝ち点獲得、今季初の3試合連続無失点、どれも狙って欲しいところです。

 “1年草”で終わらないためにも。

portulacaOur portulaca that we planted in this May has grown and it is in bloom now. The flowers open in the morning and close before the dark every day. This morning it has had fourteen flowers for blooming the most at the same time.

Unfortunately, portulaca is an annual plant. I wish I could take its seeds for next year but I heard it would be really difficult.

It seems that it is also difficult for Consadole Sapporo to stay J1 next year. How about today’s game they met Vissel Kobe at the home, Atsubetsu Stadium. I wish the home team’s win to avoid being an annual plant of J1.



posted by MasaMaru |09:46 | A piece of my life | コメント(2) |

2008年07月12日

勝利か最下位か/Win or the last place

 今日の横浜は暑かったです。皆様いかがお過ごしでしょうか。早いもので、また1週間経ってしまいました。パソコンに向かわない日が続いています。

 さて、勝てそうで勝てなかった前節清水戦は、三浦監督の采配と選手起用がバッチリ当たった試合でした。中山はサイドハーフとして本職以上の頑張りを見せ、途中出場の池内はこちらも持ち味である得点感覚を期待通りに発揮、1-2で逃げ切りたい清水をピッチに引き戻し、聖地厚別での敗戦を逃れるのに貢献しました。最終ラインも、西澤と池内が並んでから、安定感を増したように思います(清水が攻め疲れた感もありましたが)。

 ここから言えるのは、やはり今の札幌には、組織的に慎重に守って一瞬の隙を突く戦法が合っているのではないかということ。幸い、トップで張るダヴィはキレています。後は、守りに守ってボールを自分たちのものにした時に、もっと全部がいっぺんに動き出せば、見る側としても楽しいかなとは思うのですが…。多くは望みません。

 その時、気になるのがクライトンの動き。個人的には、最初の失点はどうもクライトンがいけなかったような気がします。今の札幌でクライトンにケチをつけることは事実上タブーなのかもしれませんが、三浦札幌のサッカー=ゾーンディフェンスに徹することができないのであれば、クライトンであっても外すことがあっても良いのかもしれません。そういう意味では、明日の千葉戦、クライトンの出場停止も面白いと言えるかも。

 もちろん、今のウチが積極的にクライトン抜きで戦うなど、まったく現実的ではありませんから、できれば彼には監督と仲良くやって欲しい。いずれにしろ明日の試合は、どちらが当面の最下位になるかを決める大事な一戦。頑張ってくれ、札幌!

Last Sunday, Consadole Sapporo drew with Shimizu S-pulse by a score of 2-2 at its sacred home, Atsubetsu Stadium. On the game, coach Miura’s tactics and using his players worked really well. Nakayama played almost the best as a midfielder on the right side and a substitute Ikeuchi scored from Claiton’s corner kick to equalize the 1-2 game and saved the team.

It is necessary for Sapporo that all players work organized and carefully especially on defence finally. They could avoid losing two goals in the fist half if they would have played more organized with their rule, zone defence.

But when it comes to that, Claiton’s suspension can be good for this Sunday’s game against Jef United Ichihara Chiba that will decide which is in the last place of J1 league when it is over. Go Sapporo!

posted by MasaMaru |19:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2008年07月05日

何処へ向かう、札幌/Where are they going?

 美酒を味わえなかった前節から、早くも1週間が経とうとしております。今日はもう厚別での清水戦。

 中断期間明けの前節は、優勝候補の一角、G大阪に、終わってみれば4-2の完敗。しかし、開幕の鹿島戦同様、相手が悪かった感もあり、新戦力のアンデルソンと箕輪を中心に光明の見える試合でもありました。

 ただ、その光が、果たして三浦札幌の目指すサッカーに続いていたのかどうか。それは新たな不安でさえあります。システマティックで組織的なプレー、その上で機能する個の輝きでなければ、三浦札幌においては諸刃の剣となりかねない。

 もちろん、理論や信念、好みにこだわってばかりもいられない現実があります。個人的には、降格を恐れるあまりグダグダに迷走してしまうくらいなら、何を言われようと開き直って監督のサッカーを(それを信じられる選手と共に)追求した方が良いような気もするのですが…(最終的にはそれが残留への近道のようにも思います)。

 いずれにしろ、色々な意味で注目の今日の試合です。

Consadole Sapporo met Gamba Osaka last Sanday at rainy Banpaku Memorial Stadium for the first game after seven week intermission of J1 league for the World Cup’s trials and Gamba beat Consadole by a score of 4-2.

Although it was totally Gamba’s game and 4-2 losing was a little disappointed for Consadole fans, it seemed Sapporo had been getting better with its new comers, Anderson and Minowa. Both two players worked well.

However, changing their soccer for these two players or another new key player, Claiton, instead of looking back to keep going on what they had done and firm it can be new risk even though they need to avoid the demotion. For Sapporo’s coach Miura’s tactics, the most important and essential thing might be all his players are playing systematically and organized and carefully on defence as hard as they can.

So we can see which they had taken on today’s game against Shimizu S-pulse at their home, Atsubetsu Stadium.

posted by MasaMaru |10:13 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |