コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2007年12月24日

Our table for Christmas night

Our table for Christmas night

我が家のクリスマス・ディナーです。

今回のスペシャルはチーズ(写真中央)だったりします。特に右端のケソ・マンチェゴ(スペインのチーズ)には張り込みました。実際、期待を裏切らない味でした!

メリー・クリスマス!

This is our table for this Christmas.

What we had been looking for the most this time was really famouse Spanish cheese, queso manchego, and it actually tasted really good. Esta riquisimo!

Merry Christmas!


posted by MasaMaru |21:21 | A piece of my life | コメント(1) |

2007年12月20日

夜景数点/Night views for Christmas season

night views for X'mas season
 この季節恒例の、恵比寿ガーデンプレイスのバカラのシャンデリアとイルミネーションです。今年は全体的に白を意識した仕上がりで、より厳かさが増しているように思います。


night views for X'mas season
 昼夜を問わず見上げては写真を撮る人が絶えないのですが、夜は特に“つい引き寄せられてしまった”雰囲気の人が多いように見えます。巨大な光球と周囲の闇までの距離、柔らかな暗がりに満ちた、不思議な居心地の良さのせいでしょうか。


night views for X'mas season 日本のクリスマスなど、ほとんど中身のない巨大な箱のようなものだとは思いますが、その色彩や模様そのものにはやはり季節感を伴った特有の楽しさがあります。街がきれいになり、美しい風景を見る機会が増えるのは良いことですし。スピーカーから流れる音楽もTVが垂れ流す狂騒も、それほど気にならなくなったのは、案外歳を取って良かった点かもしれません。

 下はエントランス広場に設置されたツリー。


night views for X'mas seasonThe huge gorgeous Baccarat chandelier has come back to Yebisu Garden Place this year too for this Christmas season, and a big tree and white illuminations accompanies it. Day and night, visitors gathering around it enjoy looking up and taking pictures around that. Especially, at night, it sometimes looks like happy bugs getting drew to the bright shining light ball in the darkness.


night views for X'mas season
 こちらは横浜、みなとみらい地区の夜景です。

 世の中が電飾のきらめきで華やかさを加速させる一方、暗澹たる気分を誘う事件が起きてもいます。一年の終わりが、人が不安や焦り、孤独や自己嫌悪に呑まれる時期であっても何の不思議もありません。希望に胸を張って新しい歳を迎えた記憶など自分にもない。ただ、例え自分に陰がかかっている時でも、こういう美しいものが目に入らなくならないようにしたいとは思っています。立ち止まって顔を上げてみれば(実はそれが近所の商店街であっても)素晴らしいものが見えるかもしれない。瞬間瞬間の逃避や破壊の衝動にかられてそういうものも全部失ってしまうのは惜しい―と思えていられる間は、自分は大丈夫なのではないかと(セコイだけ)?

 下の写真は角度を変えて、日本丸とコスモワールドの大観覧車をツーショットで。Merry Christmas!


night views for X'mas seasonChristmas had already lost almost all its original meaning here in Japan; it might be only flashy festivity to encourage people to shop more and more. However, at least we can benefit from that to see those beautiful night views with holy atmosphere. We never need to care or follow the noisy creasy advertisement for sales from TV. Just fan! 

The great view is also here, Minato Mirai Area in Yokohama. Lightened up the Nihon-maru and large Ferris wheel of Yokohama Cosmo World are really beautiful.

Merry Christmas!


posted by MasaMaru |08:36 | A piece of my life | コメント(4) |

2007年12月06日

入れ替え戦京都先勝に思うこと/J league play off first round

 奇跡的に早く仕事が終わった昨日は、定時より1時間速く上がらせてもらい、アルバイト先から徒歩3分のパブ「FooT NiK」で入れ替え戦を観戦。

 広島は始めこそ“これで何故(J1の)下から3番目?”と思うサッカーでしたが、時間の経過と共に、やはり組織が上手く機能していないようにも見えてきました。特に攻撃においては、ポストプレーヤーもいない、ドリブラーもいないにもかかわらず、後ろからの押し上げが足らないような気がしました。ストヤノフが意識的にラインを上げようとしていたようでしたが、他二人は付いて来ていなかった(チームの戦術があるでしょうから、どっちがどうとは言えませんが。ストヤノフも後半は上がり下がりの幅は減ってましたし)。たまにサイドからチャンスを作っても、(シュートのために)中に入るのが早過ぎて、特に2点リードした後は守りに人数をかけていた京都の網に絡められてしまう。駒野は代表で出ている時の方が良いように見えました。

 対する京都は、田原と平井というリーグ戦から引き続き好調を維持する攻守の要の働きと、ホームの利も活かした勢いで押し切った感でしたが、最後の最後でアウェイゴールを与えてしまうあたりは、やはり入れ替え戦に臨んでいるチームと言えるのではないでしょうか。何故、あの時間帯、あの状況で、パウリーニョに替えて入れるのが前に色気を残した倉貫なのか。加藤久監督の采配ミス?それとも執念で1点返した広島を褒めるべき?いずれにしろ次は広島のホーム、理想は1-0の勝利で逆転残留だとおもいますが、もちろん京都も必死で守るはず。ただ、広島が1点取った後は一転して点の取り合いになる可能性もあります。

 いずれにしろ、この緊迫感が観るこちらには直接関係ないというのが素晴らしい。昨夜も2時間でギネスを1パイントゆっくりやるのに、これ以上のつまみは必要ないという好ゲームでした。

In J league play off first round, Kyoto FC beat Sanfrecce Hiroshima by a score of 2-1 at Wednesday night's Nishi-kyogoku stadium. J2 third placed Kyoto went ahead on the home ground first and got little closer to its promotion.

Hiroshima that had finished this season in sixteenth place started this game rather well but slowed down soon. Each of Hiroshima's players was enough skillful but they did not work so well as a team. It might have been that they already ran out of gas in the league. The longer they played, the more they lost chances to score.

Kyoto's players seemed fresher and they actually worked hard. They were more organized than Hiroshima and always enough aggressive with a lead of 2 goals that made by its ace striker Tahara in the 28th and 39th minute. However Kyoto could be more careful especially to finish the game without allowing the latest Hirashige's goal that saved Hiroshima from the worst end. Away goal is counted dabble so it can benefit Hiroshima in the next round.

Anyway, it was a nice game to watch at a pub after work with a pint of Guinness. Whether winner is Kyoto or Hiroshima either will be fine for me. Sapporo had already promoted!

posted by MasaMaru |23:49 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2007年12月02日

第52節水戸戦に思うこと/The last match of this season

 コンサドーレ札幌のJ2優勝、そしてJ1昇格、おめでとうございます!

 試合内容だけ見れば水戸が圧倒的に良かっただけに、良く勝てたなというのが率直な印象ですが(ダヴィ様様ですね)、まあ、今季は“結果こそ全て”がひとつのキーワードですから、何の問題もないでしょう。唯一にして最大の目標であった昇格は見事に果たしたわけですし。

 勝点90、一試合当たりの失点数1以内で、一年でのJ1昇格と、三浦監督の理論と計算、リアリズムがきっちりハマッたシーズンでした。今季はとにかく三浦監督のシーズンだったと言えるでしょう。

 もちろんどんな理論も計算も、それをピッチ上で実現する選手あってこそ。選手で言えば、シーズンを通しては高木の獲得が効いたと思います。加えてFWの二人、中山とダヴィのプレーが守備的戦術にフィットしたのも大きかった。特にダヴィの順応力は(強化部始め関係者にとっても)予想以上だったのではないでしょうか。前半に限れば西谷の個としての能力も不可欠なものでした。全員で守って西谷に繋ぎ、得点機を生み出すという黄金パターンでスタートダッシュに成功、リードを広げられたことが、結局もつれにもつれた昇格争いを制する上で有利に働いたことは間違いありません。

 とは言え、そもそもここまでもつれにもつれてしまったのは、その勝利の形が、一旦他チームに研究されてしまうと全く通用しなくなったためでもあります。開幕戦でいきなり露呈した弱点はこの最終節まで変わらぬ弱点であり、常にゲーム中の不安要素であり続けた。ただ、そこで何らかの変化を模索しつつも、基本とする立ち位置、シーズン最初に出した計算を疑うことなく、翻さなかったのが、三浦監督の凄かったところ。やはり最終的には監督に戻ってしまいます。
 
 後は何と言っても“運”ですね。一試合単位でも、シーズンを通しても、“やられた!”“さすがに駄目か?”という局面で、ほとんどの場合、運は札幌に味方しました。それは時にポストやバー、相手のミスであり、時にライバルチームの取りこぼしや潰し合いであり。リーグも大詰めを迎える中、疲弊しきって失速していた札幌が、往生際が悪いまでに首位に踏み止まり、文字通りセカンドウィンドを掴まえることができた要因として上げられる岡本と西の活躍さえ、個人的には運だったと思っています。三浦監督のサッカーは本来(チームの)若手が伸びる類のものではないでしょう。今季も西谷の故障や、あの福岡戦の藤田の故障がなければ、彼らが使われていたかどうかは判りません。そして彼らの、対戦相手にとってデータが不充分なプレーがなければ、果たして第4クールの成はどうなっていたか。いわば怪我の功名であり、運に味方されたと思えるのです。

 ともあれ、現場は目標を達成しました。選手とスタッフ、関係者、特にCVSの皆さんには心より“ありがとう”と“お疲れ様でした”の言葉を送りたいと思います。そして、どうやら来季もこの監督が札幌を率いることになりそうなのは、“現実的に”良い状況であると言えるでしょう(これについての話は後日)。ここ数年、常に現場の頑張りに負け続けていたHFCも、ひとつ良い仕事をしたようです。ただ、Jリーグの理事会で正式に承認されるまでは、実は札幌の昇格は決まったわけではなく、HFCはまだ今期の仕事をやり遂げたとは言えません。また、現場以上に早く切り替えて、来季へ向けたスタートを切らなければならないのがフロントでもあります。またぞろ過去の過ちを繰り返さないように、しっかりやっていただきたい。

 しかし、今日は良かった。本当におめでとう!!

December 1st, Consadole Sapporo finally dominated this year's J2 league by beating Mito Holyhock at Sapporo Dome in front of over 28,000 fans there to see the moment of delight they had been waiting for these 5 years long. It actually seemed that there was slightly chance Sapporo win the game. They played not really good, whereas Mito's players worked really well. They were aggressive and enthusiastic and kept giving strong pressure on the home team even after going ahead in 11th minute unexpectedly.

However, Sapporo succeeded in turned it over after all with its Brazilian striker Davi's 2 goals in 43rd and 83rd minute, and also succeeded in promotion to J1 for next season. Meanwhile, Tokyo Verdy, league leader since previous weekend with same points as Sapporo, drew against Cerezo Osaka at Nagai Stadium and then, Consadole became the champion of this season simultaneously. It seemed that they were always lucky this season. A mysterious power always helped them in the games and race.

Without that, the most important thing for this victory is obviously coach Miura's tactics and strategy. He kept being realistic and remaining calm all the time, and besides that, he had been so confident even while the team was in a tunnel, long winless streaks, by other teams' studying and hard schedule. He basically never cnaged his plan and built a strong relationship between his players and him, so the players trusted him and worked hard. Some players such as Takagi, Nakayama and Davi were really understood his tactics and actually fitted in it.

After the game, Miura announced that he would stay the position next season too, and it must be great news for Consadole Sapporo. HFC had made a good job as same as the team to reward it. Of course, there still are some things to do for HFC to prepare the promotion and next season.

Anyway, it was a great day for us, all Consadole Sapporo funs. I really want to thank our players, coach and staffs, volunteers, and all other people working for Consadole Sapporo. Thank you and congratulations for our victory! 

posted by MasaMaru |00:05 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |