コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2007年10月27日

第48節愛媛戦に思うこと/The 48th game of this season

 秘密兵器。値千金。劇的。奇跡。そんな言葉が次々と打ち上げ花火のように脳内で弾けるロスタイム、西大伍のゴールでした。あの状況が後何回あったって入ることの方が考え辛い。

 相当の数のファンがスコアレスドローを覚悟していたに違いないあの瞬間に、出来過ぎたシナリオのような勝利を演出してみせた西、普通に考えてヒーローは間違いなく彼でしょう。しかし個人的には彼以上に三浦監督に点をあげたい。大塚の不運な負傷退場があったことを考えればなおさら難しかったはずの選手交代、(初めて機能した)曽田を前に上げるパワープレーといった、今日の試合における采配の功以上に、正しく機能すればこんなにもしぶとい4人2列のシステムをここまで作り上げ、チームに浸透させた手腕。見る者の好き嫌いはともかく、今の札幌のサッカー、今の札幌の順位は、まさにあの監督の理論の実践と具現化にあるのだということを改めて感じさせられたゲームでした。

 もちろん、与えられた戦術を全うすべく走り、ぶつかり、戦っている選手全員が素晴らしいのですが、それでもこの勝利、監督には10万円のボーナスが出ても良いと思います。そしてもう一人、ブルーノ クアドロスにも5万円くらい出してあげて欲しい。今日は高木以上に彼が最後の砦でした。

 あとひとつ勝って、もうひとつ引き分ければ、ほぼシーズン前に三浦監督が言っていた昇格ラインに到達します。今日は愛媛だって決して悪くはなかった。それでも勝ったのは札幌。優勝するチームや昇格するチームが持つ独特の勢いを両手でがっちり掴んだ、そんな試合だったと思います。

 きつかったり、辛かったり、予想外のことがあって打ちのめされたり、そんな一週間が吹き飛び、これでまた次の一週間も乗り切って行けそうな気にさせてくれた夜でした。凄いです、サッカー。

Almost every Consadole Sapporo supporter had been prepared for 0-0 draw game against Ehime F.C. when Nishi coming back from Brazil for this game scored in additional time to lead the team to that dramatic victory. And at that time, he became the hero of Sapporo with his fantastic shoot.

However, real hero might have been coach Miura. His defensive tactics that he had kept going through this season, two lines by 4 players for each, worked really well in this game. Besides that, his operating was always great this night especially when he sent Ikeuchi to the pitch for Otsuka who got unfortunate injured in the 8th minute early, or replaced tiring Okamoto with Nishi in the 69th minute. Of course, all Sapporo's players were worthy of big praise, still, with one more another hero Bruno Quadros who saved the team many times, he should be given a bonus for this victory.

Anyway, Sapporo succeeded in standing on first place again and got closer to promotion of this season now. It seemed that the moment of glory is coming to them and us.

posted by MasaMaru |23:16 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(6) |

2007年10月22日

第46節福岡戦に思うこと/The 46th game of this season

 本当に価値ある1勝だったと思います。前半早々、持ち前の快速を活かした素晴らしいプレーを見せたばかりの藤田を失いながら、交代で入った岡本の思い切りの良い走りと飛び込みで先制、不運と言えば不運な(でもその前の一枚目は別にもらってなくても良かったファウルだし…)石井の退場で得た数的不利を、徹底した守備の意識とハードワークへの覚悟に変えて、なんと残り80分以上、その1点を守りきったことは、今後の戦いにも大きく影響するのではないかと期待したくなります(まあ、こういう見事なゲームの後にドッチラケというのは過去何度もありましたから、自制にぬかりはありませんが)。相手が昇格争いに可能性を残していた福岡だけに、今季のJ2を決めた試合のひとつになるかもしれません。

 にしても相手の15番、城後選手は怖かった。ボールが来そうなスペースには確実に走り込む、前を向いてボールを持ったら即撃つ。あの若さと思い切りの良さを石井にも見習って欲しいです。

 後半、あれだけ押し込まれ続けサンドバッグになっていながら、最終ラインはフラットに保って4人2列の陣形を維持していたのが印象的でした。何か新しいことをやるなら早いうちにやってくれ→ここまで来たら初心を忘れず最後まで守り切ってくれという多くのファンの声が届いたかのように、吹っ切れたプレーを見せてくれた札幌。今節はヴェルディも仙台もきっちり勝って追走の手は緩んでいませんが、両者ほどではないにしてもウチにもツキや勢いが戻りつつあるようにも感じられます。まずは次節、中3日、FW欠乏中、場合によっては西谷と藤田=飛車角落ちですが、それでもホームです。頑張れ、札幌。

It was a great victory. Consadole Sapporo won the match against Avispa Fukuoka by a score of 1-0 at Hakata-no-mori sports park stadium on Saturday.

There were many chances that seven placed Fukuoka beat the league leader Sapporo with its desperateness for hanging on the promotion race; still, it seemed as if Sapporo's players finally took advantage of those disadvantages. In the 22nd minute, substitute Okamoto who had taken over the right side of midfield from Sapporo's speed star Fujita because of his injuring after the hardest running in the 8th minute, scored with his header to go ahead. Even when their forward Ishii was shown second yellow card for this game and left the pitch in the 36th minute early, they got together more to keep the dubious lead for the rest, over 50 minutes long.

Then Sapporo succeeded in staying in first place again by playing strictly defensively and working hard and careful as they had done until this summer. Both Tokyo Verdy and Vegalta Sendai, sneaking just behind them also won this weekend to keep Sapporo under their pressure, however, this game might be a key for them to finish this season in great delight.

posted by MasaMaru |08:44 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2007年10月14日

メイプルシュガー・クラスト/Maple Sugar Crust

maple sugar crust 先週の水曜日、師と恵比寿で飲み、友人の結婚式でカナダに行った時のお土産としてメイプルシュガーを頂きました。まずはコーヒーか紅茶に入れてみるつもりでいましたが、今朝、サンドウィッチを作りながら、落としたパンの耳を揚げてまぶすことを思いつきました。

 いつもならここで“後はお願い”と頼れるN嬢が、今日は風邪で就寝中。しかたがないのでやり方だけ聞いて(中華鍋で油を熱する→菜箸を入れて細かい泡が上ったらパンの耳投入→素早く上げる→砂糖を敷いたボウルに入れて、手前に返すように前後に振り、まんべんなくまぶす)恐る恐る作った完成品が右の写真。コーヒーも落としてN嬢に持って行き食べてもらったところ、上手にできていたそうで。揚げあがりのタイミングはまるで判っていなかったので、まあ、まぐれなのですが(新聞紙に乗せて油を吸わせる過程を抜かしてしまったし)。

 メイプルシュガーですが、思ったほど甘くなく、(この食べ方だと)舌の上で溶けながらメイプルの香りがするのが楽しかったです。Master、ご馳走様でした。

 この“あらゆるものが英仏語併記”の状態を見ると、“ああ、カナダだなぁ”と思わずにはいられません。そして、あの、日々現実感が薄れて行く自分のカナダ滞在は何だったんだろうかとも。


maple sugar crustWednesday night, my master and I were drinking at Cantina in Ebisu and she sent me a Maple Sugar that she bought it in Canada when she had been there for her friends’ wedding in this August.

Today, I tried to use it for a snack. I fried many pieces of crust that I cut off when I made some sandwiches this morning and dressed them in the maple sugar in a bowl. Actually, I wanted to rely on Ms.N for that, but unfortunately, she was in bed feeling cold. So I had to do that by myself (Of course, I asked her for some advices) and surprisingly, I succeeded in it after all. It even tasted good.

Maple Sugar was not too sweet and I could feel maple aroma when the granules resolve on my tongue. Totally, it was nice and interesting (Thank you, master! I'm enjoying it!).

And I also like seeing this package for Canadian product that has both English and French on it. It always reminds me my Calgary days and drives me reminiscent. Once I got it, I also can not help asking myself what I had done there though….



posted by MasaMaru |16:36 | A piece of my life | コメント(4) |

2007年10月13日

第45節草津戦に思うこと/The 45th game of this season

 今日は勝てて本当に良かった。立ち上がりの時間帯、相手のミスを突いて先制。今季は先発が少ない鬱憤を晴らすかのような砂川のファインゴールで早々と追加点。その後は前線から守備に人数を裂き、自陣でもギリギリまで広げた網を閉じず、深い場所で相手の攻撃を絡め取ったら、とりあえずロングフィードで息をつき、それがたまたまカウンターになればラッキーという、せっかく乗っている砂川のドリブルや藤田のスピードを活かす気はまるでないかのような色気のない戦法で淡々と、しかし堅実に逃げ切りを図る。たまに生まれた数少ないチャンスも自分達のミスや技術不足でものにできなかったり、終盤は相当押し込まれたうえアディショナルタイムに1点返されたりで、結果的には観ていてストレスも溜まる薄氷の勝利になってしまいましたが、勝ち続けていた頃に近い形で何とかリードを守り切れました。

 この試合で改めて感じたことは、2-0というスコアの怖さ。残り3分で2点のリード、1点取られたとしてもまだ優位は動かないという安心感さえあったのに、実際2-1になってみると(現実に有利な状況であることには変りないのにもかかわらず)もう何があってもおかしくはないくらい気持ちが追い詰められてしまう(観ているだけでも)。札幌の選手たちは、あそこで必要以上に慌てることなく良く踏ん張ってくれたと思います。あのタイミングで砂川を下げてカウエを入れた采配も、定石としての時間稼ぎ以上に、気持ちの切り替えとか空気の入れ替えといった意味で良かった。三浦監督としては、本当はああなる前に済ませたかった交代だったかもしれませんが。

 第1クールのスタートダッシュ、第2クールの連勝、ライバルチームの足の引っ張り合いにも助けられて、5月以降札幌が守り続けてきた首位の座というのは、思えばこの2-0のスコアのようなものだったかもしれません。トンネルの中と言える今の状況は、1点取られて凍り付いているところなのかも(もちろん観る側が)。だとすると、慌てることなくそれまでどおりのやり方で、淡々と、つまらないくらいに残りの時間をやり過ごそうという三浦監督のやり方は、案外正攻法と言えるのではないでしょうか。いや、今季の札幌のサッカー自体、初めから“いずれこうなる”ことを匂わせるものだったことを思えば、全ては計算の内だったのかもしれません。あれだけ好調に見えていた時でも、監督の口から勇ましい言葉が聞かれたことは一度もなかったですし。

 背後に迫る東京Vは、今日、やはり昇格を睨める位置にいた湘南相手に3-0の圧勝。それでも手にした勝ち点は辛勝の当方と同じ3。今季の札幌は、そういう数字の理不尽さを味方に付けて、最終的に、最後の結果として昇格という目標を達成できれば合格なのだと思います(あくまでもチームは。HFCはそうは行かないぞ)。それはつまり、ダヴィが出られない次の2試合をどう乗り切るかということにも直結するテーマです。佳境ですよ、今季の札幌の。

Today's game reminded me how rocking the score of 2-0 was. While Sapporo was leading Kusatsu by Davi’s header in the 5th minute and Sunakawa's fine shoot in the 18th minute, I never doubted the predominance of the league leader; however, once it turned to 2-1 by the latest goal of Kusatu's Sakurada, it suddenly started to seem really sensitive situation even though it happened in the 3 minute additional time. It was enough to scare me.

For the last game in Atsubetsu of this season, Sapporo's players were not so bad but not so good too. Their playing could be too defensive and too careful (And despite that they actually made too much careless miss!). The passive defence and long clearances were sometimes even frustrating for the fans, but it also seemed that they were getting back the way that they had done when they were good, the way that Sapporo reached the first place and had stayed there since May.

This season, winning the games safe and steadily was always more important than how they play for Sapporo. But recently, we sometimes feel that they are changing it to need both of those or they have found difficulty to work it. However, if today's game means they strongly decided that they should have stuck to it again after the lack of win in September and put their focus on only that, it could be good news for us too. It must make them get together and organized more just like they finally kept the lead and won today’s match.

Of course, it could be planed by coach Miura from first. His theory of soccer and tactics  still has been tested especially by Davi's two-game suspension though.

posted by MasaMaru |23:13 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2007年10月08日

雨の体育の日、紫蘇と菊/Ms.N's mother sent vegetable to us

Perilla and chrysanthemam 連休の最終日は生憎の雨。体育の日であるにもかかわらず、ジョギングにも行かず一日家で過ごしましたが、夕方、N嬢のお母様から彼女が育てた野菜が沢山届きました(いつもありがとうございます)。中に紫蘇の実があったので、いつもは縁のない平日この時間のニュース番組など見ながら、早速むしりにかかります。


Perilla and chrysanthemam 茎から葉を取り、開いて積み、そののち指で実をこそげていきます。部屋を満たす良い香り。まだ陽があるうちから始めたのに、たちまち電気が必要に。秋ですね。いつの間にか秋刀魚を下ろして来て隣に座り、ザルからつまんだ実を薬味に、刺身を魚に一杯始めるN嬢。


Perilla and chrysanthemam 紫蘇を片付けると、次はこれもまた山のような食用菊の花をむしる作業。たちまちボウル一杯になり、N嬢の手で茹でられていきます。写真は二つ目のボウル。花弁の鮮やかな黄色が美しい。柔らかな羽毛のようにも見えます。


Perilla and chrysanthemam 先にむしった分が、早速おひたしになって出て来ました。酒は一刻者(いっこもん)をお湯割りで。季節を感じつつ、明日からまた一週間です。


The last day of this long weekend was rainy so Ms.N and I stayed home all day without even going jogging for today, Physical Education Day.

However, as an event, Ms.N's mother sent many vegetables that she had raised to us. We found a bunch of perilla and a bag of chrysanthemum in it. So I spent the evening picking off those leaves and seeds of the perilla and chrysanthemum petals enjoying their aroma or beauty.

Of course, I also could enjoy tasting them by Ms.N's cooking and really felt the fall from them.


posted by MasaMaru |23:06 | A piece of my life | コメント(2) |

2007年10月07日

ワールドフェスタ・ヨコハマ 2007/World Festa Yokohama 2007

world festa yokohama 2007 3連休の初日、天気にも恵まれた土曜日はワールドフェスタ・ヨコハマ 2007に行って来ました。横浜開港150周年を記念して世界の食が集まるイベントと聞いて何週間も前から楽しみにしていたのですが、実際その規模と面白さは予想以上、会場の山下公園をぐるりと囲んだ参加各国のブースから溢れる世界の料理と酒と文化の香りに、N嬢も私も、魅了されっぱなしでした。特に私は到着と同時に興奮で軽いパニックに。

Saturday, the first day of this long weekend, Ms.N and I went to World Festa Yokohama 2007 to see cultures, foods and alcohol that came from all around the world. And it was more interesting and more attractive than we expected. So many booths and their foods and goods kept making us enthusiastic.


world festa yokohama 2007 軽く会場内を一回りした後、最初に食べたのがペルーのバーベキュー。さすが南米、肉の迫力が違います。こちらではゴロリとした肉と野菜が豪快に串に刺さった「スペシャル・バーベキュー」を購入。見た目より柔らかい肉と、甘さの中に時折ピリッとした刺激が訪れるソースが美味。

At Peruvian booth, we took the special barbecue, some peaces of grilled beef and vegetables on a stick with sweet sauce that has sense of red pepper, to start. It was good.


world festa yokohama 2007 スリランカのブース。ここでは、カレー味の刻み野菜炒めを、薄く延ばしたトウモロコシの生地で包んで三角形に成形、鉄板で焼いた、ゴーダンバ・ロティを購入。もちっとした食感の生地とスパイシーな餡の取り合わせが、これまた美味。

We tried godanba roti, fried tortilla wrapping curry taste fried chopped vegetable with in, at Sri Lankan booth. It was unique and also nice.


world festa yokohama 2007 同じくスリランカ。右の写真の、奥の方で焼いているのがゴーダンバ・ロティなのですが…。見えないですよね。ちなみに手前はタンドリー・チキン。

Sri Lankan Tandoori chickens are cooked. Godanba roti are also cooked in the other side of the booth.


world festa yokohama 2007 スーダンのケバブ。こちらも迫力。

Sudanese kebab


world festa yokohama 2007 ステージではスペインのトゥナバンドが演奏中。しかしその陽気なメロディにも沸点の低い日本人…。

 ちなみに写真に向かって右端は、NHKのTVスペイン語会話でもお馴染みのホルヘ・ディアス氏。

La Tuna Band was playing its jolly Spanish traditional music on the stone stage. The man of the right side of the picture is Jorge Diaz who is well-known for NHK’s educational program for Spanish.


world festa yokohama 2007 インドネシアのブース。大量のナシゴレンを、全身を使って調理するお姉さん、素敵でした。

Indonesian booth

It seemed that the nasi goreng that she was cooking was too much for her. She was working really hard, and it was even beautiful.


world festa yokohama 2007 何処の国の衣装でしょうか。会場でプログラムを配っていたお姉さん。カメラを向けると優雅にポーズを取ってくれました。実は日曜日にはミス・インターナショナルのステージも予定されており(一日早かったわけですよ、来るのが)、ひょっとしたら彼女もその一人なのかも。

She was handing the program for the festival to visitors in her nation's traditional dress. She could be a one of Miss International for next day's stage.


world festa yokohama 2007 スペイン(アンダルシア)のブース。薄く削ぎ落としたハモン・セラノ(生ハム)とパンをセットで売っています。

Jamon Serrano, Spanish uncured ham, was sold in the booth for Andalusia, Spain.


world festa yokohama 2007 スペイン(バレンシア)のブース。もちろんpaella a la valenciana(バレンシア風パエリア)にトライ。

 今回このイベントをことさら楽しみにしていたのは、実は現在勉強中のスペイン語を試してみたかったからでもあったのです。そしてここで遂に、挨拶とオーダー、「写真を撮らせて下さい」の一言に挑戦。快くスペイン語で応じてもらい、会話が成立しました。Gracias!

The booth for Valencia, Spain

When I got paella there, I tried to speak only Spanish to test my Spanish that I had been learning since this April with TV program. It worked so-so and I felt good.


world festa yokohama 2007 タイのビール。この日、会場にいる間は常に片手に何処かしらの国の何かしらのアルコールを持っていたN嬢。最初のビールはここで購入、以降、ベルギー(ビール)、ドイツ(ビール)、スペイン(サングリア)、フランス(キール)、インド(ビール)と6カ国を制覇しました。

Thai booth

This day, Ms.N started her world tour on alcohol with one of these Thai beers. And she finally drank six countrys' six kinds of alcohol as Belgian beer, German beer, Spanish sangria, French Kir, Indian beer.


world festa yokohama 2007 ペルーの民芸品ブース。瓢箪で作られた可愛らしいオーナメント。フクロウ好きの母親と、ネコ好きのN嬢のお母様へ、ひとつずつ購入。

 ペルーもスペイン語圏ですから、ここでもスペイン語で通してみました。いい感じではあったのですが、値段を告げられた段で数字の1,000を表す言葉が聞き取れず、3回聞き返した結果“センエンネ”と日本語で言われてしまい、少々悔しかったです。ただ、とってもフレンドリーなオジサンで、最後は握手をしてお互いにGraciasを連呼(笑)、Adios!と手を振って店を後にし、更なる学習意欲に駆られる私でした。

Peruvian ornaments made from gourd

I also tried to shop there with only my Spanish but this time I finally could not understand the price the Peruvian said. I did not know the word for thousand in Spanish and it made me confused. But he was so nice and friendly that I could enjoy talking to him in Spanish. I bought an owl ornament for my mother and a cat one for Ms.N's mother.


world festa yokohama 2007 こちらはエジプトのバーベキュー。これまたド迫力。

Egyptian barbecue


world festa yokohama 2007 エジプトのピタパンを購入。中に入っているファラフェル(ヒヨコマメのコロッケ)が美味しい。

 実はこの前にドイツのブースでブルスト(ソーセージ)とジャーマンポテトのセットを食べていて、その段階で結構お腹一杯だったはずなのですが…。

Egyptian pita-bread that we ate had fried garbanzo paste in it and it taste really good.


world festa yokohama 2007 タイ民族舞踏のステージ。踊り子さんの手の反り具合に驚愕しつつ(もちろん自分達でも試してみて更に驚きつつ)暫し鑑賞。

Thai traditional dance was on the stage.

Dancers' warped hands really attracted us.


world festa yokohama 2007 秋空を背景に、Luc Delue作 Speybank(スパイバンク)とフランスのブース。

French booth and Luc Delue's Speybank with blue sky of the fall


world festa yokohama 2007 フランスのブースでクレープの生地を焼く、美形のお兄さん。素早く次々と焼き上げるその、無駄のない均一な動きもまた美しかったです。

At the French booth, he was baking crepes so quick and correctly.


world festa yokohama 2007 この日のお土産大賞。インドの物産テントにてレトルトカレー。もちろん4種類4箱を厳選し、インド米と併せて購入。もらった手提げ袋がまた格好良くてラッキーでした。

1000 yen for 4 retort pouch Indian curries was a good price. We got them and Indian rice for home.


world festa yokohama 2007 もう帰ろうとしたその時、スペイン(マドリッド)のブースでパエリア作りを手伝うホルヘ氏発見!持ち歩いていたスペイン語会話のテキストにサインをもらうべく列に並びました。舞い上がりながらもスペイン語で話しかけた(はず)が、忙しかったからか帰ってきたのは全て流暢な日本語…。少々自信喪失。

I found Mr. Jorge Diaz cooking paella at the booth for Madrid, Spain when we were about leaving. I asked him for his autograph and tried to speak Spanish again but he spoke only Japanese.


world festa yokohama 2007 アフリカンパーカッションのステージを横目に今度こそ帰路につきました。当初はこの後映画を観る予定だったのですが、余韻を薄めないため(N嬢談)と、お腹もいっぱい、お土産で荷物もいっぱいになってしまったため、真っ直ぐ帰宅。

 今回、写真付きで紹介できたのはほんの一部、実際はまだまだ色々な国のブースがあって、もっと落ち着いてゆっくり時間を過ごせば、更に楽しめたような気もします(来年はそうします。敷物持参で)。世界の食と文化に興味があって都合のつく方は、次回、是非訪れてみて下さい。

African percussion had been played when we left stuffed, with our bags full of many things we bought.

We had a great time there this day, and now, we already think about the next time in next year.


world festa yokohama 2007 おまけ。買って来たインドのカレーのひとつ、Dal Makhani(小豆のカレー)を、同じくインドのお米、Basmati riceと(一緒に写っているのがペルーの瓢箪オーナメント)。カレーはややスパイシーですが、具の味がしっかりしていて後に残る辛さではありません。ご飯は(パッケージの調理法どおりに炊いたところ)思ったよりしっとりしていて、香りも味もほのかに甘く、美味でした。小豆も米も細長かったのが印象的。ちなみにその他のお土産は、南アフリカからルイボスティーと海塩カナダからN嬢のTシャツラオスからコリアンダーの種とN嬢のブレスレットでした。


world festa yokohama 2007We tried Indian curry Dal Makhani, adzuki beans curry, the one of four we bought at Indian booth, with Indian Basmati rice on Sunday for our dinner.

The curry was a little spicy and it matched its beans really well. Basmati rice had a faint sweet smell and taste. It was also moister than we thought and totally taste good. What interested me was both grains of rice and adzuki beans were oval.


posted by MasaMaru |21:54 | Entertainment | コメント(2) |

2007年10月01日

第43節東京V戦に思うこと/The 43rd game of this season

Ajinomoto Stadium 首位札幌をホームに迎え撃つ東京ヴェルディ、7試合負けなしで一気に昇格圏内へ順位を上げてきたその勢いと力強さは、ここに来て明らかに息切れをしている首位札幌にとってまるで自然災害のようでした。特にディエゴとフッキに対してできることはほとんどなく、その身体能力と技術で無残に引き裂かれる札幌のサッカー。秋の雨に冷たく濡れる味の素スタジアムで、N嬢と私はビール片手に割りと冷ややかにそれを観ていました。

 開始15分での2失点、あれで決まってしまった感がありました。同じ場所からのフリーキックにいずれもディエゴが合わせての得点。東京Vに自信と余裕を与え、札幌に混乱と弱気をもたらした2点でした。今の札幌に2点のリードを(自力で)ひっくり返す力はないでしょう。しかも相手が嵩にかかって攻め込んで来るため、態勢の立て直しすらできない。直線的なドリブルに対してズルズルと押し込まれ、結局は抜かれるしかないDFラインに象徴される試合振りには、失点が重なるにつれ“頑張って1点くらい返そう!”くらいしか声も上げられなくなっていました。後は“やっぱりフッキはスゲェなあ”とか。“それでも高木は偉いよ”とか。“そりゃダヴィも起き上がりたくなくなるわ”とか。

 砂川のフリーキックに池内が頭で合わせて本当に1点返した時には相当喜びましたけれど、すぐ後にディエゴのハットトリックが決まって何だか打ち消されたような感じになってしまいましたし。ただ、腹を立てたり失望したりはありませんでした(それはシーズン最初の頃にやり尽くしました)。あれは紛れもなく今季ここまでの、今首位にいる札幌のサッカーです。受身で慎重な、終わった時に負けていないことを最優先したサッカーです(だからこそ、状況がそこから離れれば離れるほど存在に無理が出て来る。2点ビハインドなど、もっての他)。そこを抉じ開けてくる相手には通用しないとずっと思っていましたし、ここでも何度もそう書いて来ました。

 もっとも、それを徹底している度合いについては、勝ち続けていた頃より低くなっているかもしれません。この日も、4バックに加えてボランチのどちらかをフッキのマークに付け、いっそ手薄になる中盤は省略したロングボール主体のサッカーで充分だったような気もしました(そうしたサッカーをある程度続けた後の方が、砂川のドリブルも石井のスピードも活きたでしょう)。もちろん素人考えの上に結果論なんですけれど。それで5-1の負けが3-1の負けになったからといってどうなるものでもないでしょうし。

 今季はとにかく48試合、終わった時点での結果で評価されるべき指揮官と戦略の下で戦っているチームですから、こちらとしてもそのつもりで観ています。シーズンが終わった時、今の時期や昨日の試合をどのように振り返ることになるのか。そう考えると面白くさえあります。残り8試合、劇的な変化が望めるとも思えませんが、何もせずに後退して終わるのももったいない。残念ながら今季の生観戦は今回が最後だったのですが、残りもスカパーで楽しませてもらうつもりです。


Ajinomoto Stadium5-1 losing against Tokyo Verdy at Ajinomoto Stadium was kind of disaster for Consadole Sapporo and so it was for its fans there, including us, Ms.N and I, in cold hard rain of the fall on Sunday. Two Brazilian predators in green, Hulk and Diego, gobbled down the players of Sapporo so easily. Especially Diego's two goals within first 15 minutes were enough to almost finish the game. It gave Verdy confidence totally and Consadole got confusing. After that, Sapporo just kept facing with their weakness, the flat defence line that can not stand against fast dribbles coming up to vertically.

In the second half, after allowing Verdy to add two more scoring, Sapporo finally broke Verdy's goal with Iceuchi's header to Sunakawa's corner kick in the 42 minute as the best for them this day. It was blown away soon by Diego's hat trick though.

Sapporo could play more defensively and carefully with the advantage of number on defence and long easy feeds because now they do not need so many points to keep their lead in the league. They were still in first place. Besides that, when coach Miura sent Sunakawa and Ishii as a last resort, he should have shown his players what has been expected from that. He might have tried to give some action on the midfield with their dribble. Before it worked or not, they did not try that.

It seemed that Consadole Sapporo was still in a long tunnel and paid for what they had done this season, however, they need to decide their way immediately. 8 games the rest can not be enough to rebuild them up but it will be too much for losing their lead without doing nothing.



posted by MasaMaru |23:23 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |