コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2007年07月29日

首相の髭/Mustache of the prime minister

mustache of prime minister 今日、投票を兼ねて散歩に出た時に見つけたポスター。

私 「これはまた、(落書きとしては)えらく古典な…」
N嬢「…でも、この髭はなかなかイイね。シンプルでバランスがイイ」
私 「…言われてみればそうかも。案外似合ってるしね」
N嬢「形がイイ。撥ね上がり方にも力がある」
私 「うん。じゃあ good job ということで写真を撮っておこう」
N嬢「カメラ持ってるの?」
私 「いや、散歩中に何か面白いものがないとは限らないし…」

 まあ、落書きの髭が得票に影響を及ぼすようでは困るとも思いますが。投票前に見て自民党への親近感が増す人がいないとも言い切れない出来の良さでした。


This picture is a poster that Ms.N and I saw when we went to election today. It was for the Liberal Democratic Party and someone had put mustache on our prime minister's face. Drawing mustache on the face in the poster was rather classical way for a joke; still, actually it was not so bad totally. He looked nice with the simple sharp mustache. My girlfriend even said that she could feel strength from that.

Of course, it could not affect our decision, we were on the way to lunch after finishing vote anyway, but I felt an artist work from it.


posted by MasaMaru |18:56 | A piece of my life | コメント(4) |

2007年07月28日

第31節鳥栖戦に思うこと/The 31st game of this season

 前節のアウェイ仙台戦では久々に原点回帰をしたような堅く守るサッカーで強敵を下した札幌でしたが、今節、ホームに戻っての鳥栖戦は再びピリッとしない内容で引分け。得点も両チームPKによる1点ずつと、試合自体もピリッとしないものでした。

 アウェイとは言え前節試合がなく休養充分の鳥栖に対し、札幌はホームとは言え中二日での試合ですから、選手に疲れはあったでしょう。いつもなら奪えるこぼれ球に行けなかったり、脚を出せなかったり、取った後にキープできなかったりというのは見ていて感じました。また最終ラインも、西嶋の発熱により面子が変わっていたこと以前に位置取りが不安定だったように思います。特に後半は、強気に押し出したかと思えばサイドから崩されズルズルと後退、例によってゴール前に相手攻撃選手が自由にプレーできるスペースを作って危機を拡大させる場面が多く見られました。追い付かれてからは焦りもあったのか一層。一人一人は(万全の状態と比べて)動けないなら動けないなりに頑張っていて(PKを取られた曽田のプレーも、まあ、見る人次第かと。もっとも、その曽田がファウルを受けて西谷が決めた前半のPKにも同じことが言える気はしますが)、中盤では大塚が奮闘し、西谷も今日は守備でも光っていただけに、残念ではあります。

 前節2アシストと代表選手にふさわしい活躍だった藤田は、今節も得意のサイド突破から再三好機を演出しましたが決定的な仕事には至らず。中山に替わって砂川が入り、左に西谷、右に藤田と揃った時間帯は何かが起きる予感もありましたが、10分後には藤田が石井と交代したため砂川は右に回ってしまい、攻撃の方法は元に戻ったものの(中山がいない分)ロングボールの収まりどころがなく、目立ったトライもないまま終了。後半あれだけ攻め立てられていたことを考えると、最後の最後で精度のない鳥栖の攻撃陣に救われた試合だったと言えるかもしれません。本音を言えば、京都が試合のない今節、勝って差を広げておきたかったところですが。ホームでの無配は継続中。そこを喜ぶべきかもしれません。

 ただ、中二日の不利を承知していたなら、もう少し違うメンバーや戦い方もあったと思います。特に引き分けでも良かったなら、(今後のためにも)より無失点を意識するべきだったし、勝ちに行ったなら、いつもの面子でいつもの戦い方ではいつもより落ちることが判っていたのだから、何か変化を付けても良かったような気がします。例えば芳賀の動きは少々重かったので、早い時間で池内と替えてカウエをボランチに上げておけば、守備はもっと安定したうえ得点の機会も増えたのではないでしょうか。今季の札幌は“良かった時の形”が凄くはっきりしていて、なかなかメンバーをいじれないのは素人でも簡単に解ります。しかしまた、素人故に“他の組み合わせや手も見てみたい”とも思ってしまう。そうした意味でも、今日の1トップ(ダヴィ)1シャドー(砂川)などは“妥当な線”のように感じるのですが。もっとも、次節は西谷が出場停止ですから、嫌でも何らかの変化を付けなければならないわけで、そこは不安を感じつつも楽しみにしたいと思います。

League leader Consadole Sapporo drew with nine placed Sagan Tosu by the score of 1-1 at Atsubetsu Stadium on Saturday. It seemed that Sapporo's players did well for their tiring from Wednesday night away game against Vegalta Sendai; still, it was not enough to win. However, 1-1 draw with scoring by penalty kick each other might have been worth for Sapporo. Although Sapporo went ahead in the 14th minute, they kept playing unstably and not organized after that. Tosu finally caught up with the home team in the 63rd minute but they would have scored some more goals until that if they had played a little better. Tosu was not so good as same as Sapporo after all, in spite of they had the advantage of they had not had a game last Wednesday. Their poor finishing and magical power of the holy place Atsubetsu save Sapporo this time too.

As a good thing for Sapporo, while substitute Sunakawa was playing as a forward with both side's Nisitani and Fujita, it obviously worked well and created some great chances. All of them have nice speed and idea so it was unfortunate for them that they played together only 10 minutes because Fujita was replaced by Ishii soon and it was also unfortunately for fan that had been expecting fantastic winning goal from them.

It might be the time for Consadole Sapporo to decide whether to play originally like they did against Sendai on Wednesday or play more aggressively. This question has kept growing since this 3rd round of league match. Nishitani does not play in next game because of suspension so coach Miura needs to give some action on his team anyway though. 

posted by MasaMaru |22:21 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

2007年07月22日

レモンの枝を切る/Prune away the branch of our lemon tree

Branches of lemon tree N嬢がこの場所に引っ越してきた時、玄関横にレモンの木を植えました。確かに以前にもそこに木が植えられていた形跡はありました。当時まだ一緒に暮らしてはいませんでしたが、古い根を掘り起こすのを手伝ったものです。ただ、どう見てもレモンが育つには手狭な空間。何故レモンだったのか、今となっては彼女にも判らないそうです。


 以後3年と半年の間、それほど手をかけられていないにもかかわらず、その足元の狭さにめげることもなく、レモンは育ち続けました。毎年夏には私が卵のうちに駆除し損ねた悪魔の蟲(アゲハチョウの幼虫)に葉を食われつつも、10枚や20枚、いや、今や100枚食われても痛くも痒くもないほどにまで成長しました。

 いささか大きくなり過ぎたほど。

 気付けばお隣にまで枝を伸ばし、家の前を通る人にも触れる勢い。春からずっと、“剪定バサミを買ってこなきゃだねえ”と話し合ってはいたのですが、今日遂に枝を落としました。しかし、プロが植物をより良く育てるために鋏を入れているわけではありません。まさに今、一番生命力を湛えて伸び行こうとしている枝葉を、こちらの一方的な都合で切り落としているわけで。少々心が痛みました。“できるだけそのまま残してやろう”という素人考えが却って良くないのでしょう、出来上がりもパッとしない姿となってしまいましたし。    

 切り落とされ、バケツにつめられてなお瑞々しく輝く枝葉(写真)。キレイだなと感じつつ、スマナイとも思います。これで腐ることなく、より上へ上へと伸びてくれれば良いのですが。

Ms.N and I have a lemon tree in front of our house. She planted it 3 and a half years ago when she moved to here. In spite of the tiny space, it has grown really well or rather too much. Now it reaches to next door over the fence and it can even block people passing our house that faces a narrow alley.

So we decided to cut the branches out and I made it this morning. It actually finally resulted in I found that I was definitely not good carpenter first of all though. It was disappointing. Maybe I should have done it without hesitating but cutting out those living twigs and leaves kept me felling nervous and a little bit guilty.

Those green parts that were separated from tree still had been holding brilliance even in a bucket I put them in. The beauty made me little sad again but we love the lemon tree and wish it to grow up more.


posted by MasaMaru |22:39 | A piece of my life | コメント(4) |

2007年07月22日

第29節東京V戦に思うこと/The 29th game of this season

 劇的な終わり方でしたね。札幌はいよいよ本格的に形を変えることを選択したのか、今日は両サイドバックがこれまでで最もと言って良いほど攻撃に参加、フラットなラインが形成されている時間はほとんどなかったように思えました。全体的に攻めあがることを意識していながら、その分ボランチの二人は守備を援護することも要求されるわけで、芳賀と大塚の働きは立派でした(ヴェルディが中へ中へと攻め込むチームで助かっていた部分もあると思いますが。それとも、そうなると予想して今節は両サイドを上げても大丈夫と判断したのか三浦監督?)。しかしながら、基本的に攻め合い隙を突き合う展開で互いにチャンスを作りつつも双方最後の正確性を欠き続け、得点には至らないまま残り時間も少なくなった85分、途中からFWとしてプレーしていた砂川のフリーキックにまたしても曽田が頭で合わせて先制、これが厚別でのJリーグ100試合目を勝利で飾るメモリアルゴールになり、やはり今年は曽田の年なのか、曽田の時代が遂に来たのかとも思ったのですが…。

 それ以上に“やはり”なのはフッキでした。と言うか、札幌の選手はあれであの元同僚の怪物を充分に警戒しているつもりだったのか。脚で勝てずパワーでも勝てないのに中途半端に距離を取ってもどうしようもないと思うのですが。とりあえず縦を切ってスローダウンさせたら小細工なしで最低でも3人で囲むしかないでしょう。当然、フッキ以外の選手がフリーになりますが、彼にボールを持たせて自由にしているよりマシ。3人で囲んでたってぶち抜かれる時はぶち抜かれるのに。例外は唯一元チームメイトならではの効果的な対フッキ戦術を感じさせた西澤の、そもそも“止める”という発想から離れたプレー。あの凶悪な突進を淡々と右サイドからゴールラインへと誘導し、危険なエリアから逸らせ続けたのは見事でした。しかしいずれにしろ、今日の守備でフッキを抑えられていたことがそこまでの幸運であり、先制した後の3分間における不運だったわけです。あれだけゴール前に人数がいても、クロスに飛び込まれてたちまち同点、ペナルティエリアの外からでもフリーで撃たれれば為す術もなく逆転。本当に凄い選手です。前節の山形の悪夢が頭をよぎり、それ以上の悲劇をも覚悟させられました。

 しかしドラマは三度。アディショナルタイムのラストプレー、札幌のコーナーキックを前に東京Vの戸川が選手同士の接触で額を切りながらピッチ外に出ることを拒否、ゴール前が騒然となり試合の流れが止まったあの時間、キッカーの砂川は何を考えたのでしょうか。地を這うようなニアヘのボール、頭から滑り込む石井。ネットを揺らすボール。爆発する札幌ゴール裏を背に、前節の樋口監督を髣髴させる表情を浮かべていたのはヴェルディのGK高木義成でした。

 三浦監督はサポーターの力と表現しましたが、確かに聖地が見えない力を貸してくれたような奇跡的な同点弾でした。もちろん今季2度目の“途中出場でロスタイムに得点”の石井の勝負強さを否定するわけではありませんが。今日の彼の活躍や、同じく途中出場ながらFWとして縦の動きでインパクトを残し、遂に中央で使われる可能性に現実味を感じさせた砂川のプレーは、ダヴィとカウエの契約更新決定と併せて今後に期待を持たせるものです。ただ、それでも守備をどうして行くのかという問題は消えていません。ラスト5分とアディショナルタイムで4得点、引分けと片付けるには惜しい試合でも、実際には引分けです。京都はしっかり勝って札幌の背中に爪が触れる位置に迫り、仙台も東北ダービーでしぶとく粘り距離を開けさせてはくれません(山形は2試合連続で逃げ切れず)。次節はその仙台とアウェイで対戦。どうなるでしょうか。

It was the greatest five minutes. Consadole Sapporo drew against Tokyo Verdy by the score of 2-2 at Atsubetsu stadium on Saturday and all goals were scored in the last five minutes.

It seemed that both teams had played aggressively from first, and both lacked accuracy a little. Sapporo had chosen to break its usual way for defence. Both side of the defence line took part in attacking many times and it also had caused them to have some kinds of risk, especially when Verdy's Hulk was dribbling toward the goal.

Hulk, the limitless energetic young Brazilian striker in green, kept threatening ex-teammates with his physical strength and skill. Then right after once Sapporo went ahead with Soda's header to Sunakawa's free kick in the 85th minute to celebrate their 100th game at Atsubetsu stadium; Hulk alone incredibly equalized it and turned it over. Whether rivals huddled with to pretend him scoring or he was still far from the goal area, he shot the net when he made it.

However, the most exciting thing came after that. At the very last moment of additional time, Snakawa's corner kick from the right side of the goal to near post almost crawled on the pitch curling slightly and Ishii dived to it to create the amazing equalizer and save the team. It seemed as if his brushing the grass by his beard called mysterious power of the holy place for Sapporo again.

It was a draw game after all but many fans might have expected good things from what substitute Sunakawa played as a forward a little longer and another sub Ishii's goal. Of course they can not be without problems now, when second placed Kyoto FC is reaching to them and next game in Sendai can not be easy.

posted by MasaMaru |11:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(4) |

2007年07月14日

連休初日は台風から/Long weekend started with Typhoon

Bathroom familyFor the first day of this long weekend, I have done nothing until this afternoon but having a long bath. The rain was beating everything out of the window and it sounded like an African music with many drams. So I enjoyed listening to it lying in the bathtub in dim daylight.

It seemed nice for me to spend a day of rainy season, especially after a hard week. I would rather not do anything. My girlfriend has gone out for having her hair cut in this weather and tonight's game between Sapporo and Tokushima has been postponed because of typhoon. I am prepared to waste the rest of the day.


 気分を変えて英文を先にしてみました。

 雨です。何をする気も起きません。幸い後に回せないようなことは何もないので(もちろん嘘です)、実際何もしていません。雨音を聴きながら行水したくらいです。N嬢はこの悪天候の中、我々の共通の友人である美容師さんの所へ髪をセットしに出かけたので、この後も一人ボヘーッと過ごします。徳島戦は台風の影響で延期になってしまいましたし。

 前節は今季セットプレーから実に良く点を取る曽田のゴールで先制、一度は追い付かれるものの、ダヴィの良くも悪くもめげない走りから生まれたラッキーなPKを、西谷が自身のJリーグ200試合出場を祝うべくきっちり決めて、またしてもしぶとく逃げ切り。第3クールを勝利でスタート、ホームゲームの負けなしも13試合連続に伸ばしと良いことが並ぶ一方で、不安要素も相変わらずの内容でした。個人的には負けていないことよりも、ここに来て無失点の試合が減って来たことが気になります。

 雨の徳島戦と言えば、昨季は自慢だった攻撃力を爆発させて凄い勝ち方をした試合がありましたが。今のチームとは全く別物でしたね。何だか遠い昔のことのような気さえします。


posted by MasaMaru |17:26 | A piece of my life | コメント(5) |

2007年07月10日

鉢植えの日曜日/Planting on Sunday

planting sunday 日曜日は鉢植えをして過ごしました。

 正確には植え替え。日頃時間がないからと放りっ放しで、育ち過ぎたり駄目になってしまったり(ゴメンよ)、中には何を育てているのか判らなくなってしまうものも出て来るので、一日かけてさっぱりさせようというのが実情です。雑草をむしったり間引いたりのクリーニング、株分け、鉢を取り替えたりなど。

 鉢は空きが出たものを洗って干して、玉突き式に入れ替えるなど、基本的にはあるものを使い回し(エコロジー&エコノミー)。後は余った小さい鉢を使って間引かれた分を“救済”したり。

 例えば右の写真。ふた株あったうち片方が根腐れしたクワズイモを、小さめの鉢に移し、空いた所に今までの“家”が手狭になっていたパキラを引越しさせました。手前のイタリアンパセリは育ち過ぎて花まで咲いて、その後野生化していたものを、食用に戻すべく剪定して、本体も器も小さくまとめ直し。


planting sunday 今回の傑作は右の一皿。あまりに長く外に放置され、かつて何が植えられていたのか今となっては知る由もない状態でしたが、その苔生し具合の見事さに、ただ処分するのは惜しいとなり…


planting sunday 少し手を加えられた後、見事、右のとおり室内インテリアに“昇格”(笑)。こういう“ちょっと寄せたり飾ったり”には抜群の才を有するN嬢です。

 きちんと時間と手間をかければ、それだけキレイになるんです。女性も同じですよ―N嬢

 参りました。


planting sunday 毎日の水やりはたいてい私がしているのですが、それ以上のことはなかなか…。よって繊細だったり手がかかったりする種類だと上手に育ててあげられないことも(愛する気持ちだけでは足りないこともありますね)。

 でも、水と日光と愛情だけで頑張ってくれる子達はどんどん大きくなります。いつか紹介した“土鍋ガジュマル”も、写真に全身を収めるのが難しくなってきました。

Last Sunday was the day for our planting. Ms.N and I enjoyed cleaning them and getting them together or apart for arranging. It was ecological and economy to spend a weekend.

Living with green is really nice. We love it. Sometimes, they need more than enough water and sunshine. We need to care them with love as if we treat a girl, still, it is worth doing totally. Seeing them growing their beauty makes us happy.



posted by MasaMaru |07:20 | A piece of my life | コメント(5) |

2007年07月08日

第26節山形戦に思うこと/The 26th game of this season

 前節は試合がなかった札幌、休養は充分だったはずなのですが、今ひとつ精彩を欠く内容でした。選手一人一人の動きやプレーの質がそれほど悪いわけでもなく、監督に要求されるとおりハードワークもできていると思うのですが、色々なところで何かが少しずつズレていたような。

 ここまで札幌の失点が少ないのは、上背のあるセンターバック4人の前を守備的ボランチ二人が固め、FWですら先ずはディフェンスから入るという、徹底的な守備重視の戦い方によるものです。しかしシーズンも半分を過ぎると他チームからも研究され、特にフラットに並んだDF同士の間という弱点は明らかに狙われ出しました。直線的なドリブルでラインごと押し下げられ、開いたスペースから自由にシュートを打たれるといったような危ない場面や、実際そこから失点することも増えています(この日の1点目もそれに近い形)。

 そこに持ってきて、今、三浦監督がチームに与えようとしている変化が、今ひとつ上手く機能していない、馴染んでいないように思います。今後できるだけ勝ち点3を取っておきたいことから、おそらく監督は、チームの得点力を向上させようとしている。それも今季ここまでのセットプレーや一瞬の隙を突いたカウンターを大事に丁寧に決めるやり方以上に攻撃的なプレーからの必然性ある得点を増やそうとしていることが、布陣や交替選手の起用から窺えます。問題は最終ラインにだけ変化がないように見える点。数的有利が崩れれば網にかけるような守り方は難しくなるのは当然で、だから今までなら弾き返したり止めたりできていたものが、ここ何試合かはクリアにならない。結局全体的にチグハグなのはその辺に原因があるような気もします。まあ、結果が付いて来たやり方だけに、選手としても変えにくいところはあると思いますが(とは言っても危険な選手に自由にやらせ過ぎ。特に先制点を上げた宮沢はその後もほとんどフリーだった)。

 首位を行く札幌が何かを試すとしたら、2位との差が開いたこの時期しかなかったのは確かです。結果的に一気に差を縮められてしまいましたが…。三浦監督のことですから試して駄目だった場合のことは当然考えているはず。違う戦い方を模索する過程でこれまで試合に出ていなかった選手が活きて来る可能性もありますから、それ自体は悪いことではありません(岡本を出すのは早過ぎた気がしますが。何も今節じゃなくても…)。個人的には芳賀、大塚、カウエ、金子、上里に砂川もカウントした中盤の中二人の組み合わせで、例えば開始時と選手交代後で別の戦術を取れるような、コンパウンドサッカーの質を高めて行くか、前の二人の並びでアクションを付けるのが良いと思うのですが。

 試合自体は今節も高木様々でした。正直、山形が勝ちを逃がした試合と言えるでしょう。札幌は高木の好守と、ダヴィの常に得点を狙う姿勢に救われました。他のFWは相当頑張らないと、このままではダヴィの席は奪えないですね。

On Saturday, Consadole Sapporo drew the game against Montedio Yamagata by the score of 1-1 at its holy place, Atsubetsu Stadium. It seemed that Sapporo's players still had been in a difficulty of trial for something new such as playing style and positions. Sapporo has stayed on first place since May 13th with its hard defence but now the rivals' research and study start conquering it. Sapporo's coach Miura had already tried to deal it by turning his team more aggressive instead of rebuilding defence. He might have thought that it will get easier for his players to win the games in the rest of season when they score first and overwhelm the opponents.

It actually sounds not so bad; however, the problem is the flat defence line alone is remained. Saturday, it was a little difficult even for good four defenders, the Great Wall of Sapporo, to care the space getting larger, and it also caused confusion of midfielders sometimes. When Yamagata went ahead was it. In disorganized poor defence because of falling behind, Haga's careless playing allowed Miyazawa to score from long dribble in the 28th minute. Although Haga made up his miss by the beautiful long pass to Davi to assist his equalizer that was full of the sense of balance and physical strength in the 43rd minute, they finally could not push back the visitor team. There were many close shots for Yamagata and yet Goal keeper Takagi's amazing plays kept saving the team. Davi's energetic hard trying in the front also helped the team and maybe, the mysterious force of the holy place worked for the home team.

It can not be said that changing Consadole Sapporo is moving successfully but they still can return and keep playing same for a while. There is a good chance that Miura find other solution to make it better or totally different idea. He might already have some. The important thing is to know what they can do and what they should do. Giving some action on the team in the mid season was not wrong for it. They did not lose so many thing anyway.

posted by MasaMaru |13:13 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

2007年07月07日

七夕仕様チーズケーキ/Cheese cake for the Star Festival

cheese cake 当ブログで何度か紹介していますモロゾフのデンマーク・クリームチーズケーキ。今回は七夕仕様です。

 明るいと七夕の雰囲気も今ひとつですが。コーヒーの漆黒に夜空を見るということでそこは何とか。豆はブラジル。ニュークロップなので苦味も旨みも鮮烈です。

 ウチの織姫は、今晩は従妹と飲みに行くそうです。私はゆっくりブログ書きでしょうか。

 おっと、試合が始まる!


White powder sugar Milky Way and Vega and Altair who are taken apart by it on a cheese cake.

Chinese legend says that Vega, weaving princess, and Altair, poor cow herder, meat across the river once a year to date, on the seventh days of July.

The day is a seasonal festival for in Japan too. The Star festival called Tanabata


posted by MasaMaru |13:46 | A piece of my life | コメント(2) |

2007年07月01日

第24節草津戦に思うこと/The 24th game of this season

 草津戦の録画を(やっと)観ました。

 先制した後、いつもならきっちり守り切れそうなものを追い付かれ、一度は芳賀の豪快なJ初ゴールで再び突き放しながら、またしても追い付かれての引き分け。今季の逃げ切りを得意とする札幌が、二度追い付かれたのは初めて。特に選手に気の緩みが見えたわけではないだけに“何故?”と思わないでもありませんでしたが…。

 明らかに戦い方を変えている部分はありました。最終ラインはこれまで通りで保険をかけつつも、中盤より前はよりアグレッシヴに点を取りに行っている。控えの選手の顔ぶれを見ても、チームに少し変化を加えようとしているのかなと想像できます。前回も書きましたが、これは歓迎すべきことです。長いリーグも折り返し地点に差し掛かりつつあり、他チームによる研究も進んでいます。選手の故障や累積警告による出場停止、その他の不足の事態に備えて戦術の幅や選択肢を増やすためには、何処かでこういう時期を迎えなければならない。当初予定していた勝ち点をクリアし、首位にいて、2位以下との差も少しある今の時期は、それをするのに最適です。

 守備の意識はもう習慣になっているようで、多少攻撃に重きをおいても、全員がよりハードワークしている。これはここまでチームを勝たせ続けてきた監督の功績だと思います。ただ今回は、保険だったはずの4バックがまるまる穴になってしまった。つまり4人のDFそれぞれの間と、フラットな最終ラインの前後のスペースという、やはりここまで勝ち続けてきたがゆえにそのままになっている札幌の弱点です。草津はそこを最後までしつこく、きっちりと突いて来た。研究されるというのはこういうことなのでしょう。

 まあ、完全無欠な戦術やチームなどというのはあり得ないですから、ホームとは言え、(例えばテストとして得るものがあれば)引き分けで良しとするようなゲームもあると思います。最終的に結果重視で昇格しなければならないシーズンでも。いや、そうならなおさら。これで草津がウチのことを変に得意とするようだと、それはそれで後々災いとなる可能性もなきにしもあらずですが…(って、キリがないか)。

 試合そのものは見応えがあって面白かったです。多くの人が感じ、既に色々なところで言われている通り、ニコライ・フォルクアーツ主審のジャッジは素晴らしかったですし。フォルクアーツ氏は平日は会社員、わが国の多くの審判員と条件は同じことを考えると、やはりデンマークのサッカー文化やリーグとしてのレベルを感じます。今回のように大きな大会(キリンカップ)の前後だけでも、こういうヨーロッパのレベルの高い審判とその仕事を見たり学んだりする機会があると、日本サッカー界のためには凄く良いことだと思います(特に審判とファンにとっては。日本サッカー協会、good job!)。

At Sapporo dome, Wednesday night game, Consadole Sapporo drew the game against Thespa Kusatsu by the score of 2-2. Sapporo went ahead in the 19th minute with Nishitani's beautiful goal assisted by Nakayama but it was equalized in the 40th minute.
  
In the second half, Sapporo scored first by Haga's fine middle shoot as his first goal in J league and it seemed the home team pushed away the rival in the 59th minute, however, Kusatsu caught up with again in the 83rd minute again. It was the first time for Sapporo that it failed in keeping lead twice in a game.

Although Sapporo's players apparently worked hard and enough carefully as usual, the trial formation and tactics that coach Miura had been trying to put little more aggressive playing style on his team did not worked this time too. Still, now is actually fine for that because Consadole is in first place leading with enough points against second placed Sendai, and they have to do it sooner or later to pass the test of the other teams' research and studying. Wednesday Kusatsu had known Sapporo's weakness, cracks between four defenders, really well, and kept picking it on cohesively. Kusatsu could not be the only one.

So the game was very enjoyable to see though. Referee Nicolai Volquartz caused it obviously. His judge was always really fare and appropriate. He must be a good roll model for J league referees.

posted by MasaMaru |21:21 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |