コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2007年06月27日

第23節東京V戦に思うこと/The 23rd game of this season

Ajinomoto Stadium 雨の味の素スタジアム、東京V戦を観てきました。フォーメーションを変えていたのですね。帰宅後録画を観て初めて違和感があった理由が解りました。常に同じ顔ぶれ同じ陣形での戦いが難しくなって来たことを考えても、DFにベストの4人が揃ったこのタイミングで(中盤で)新しいことを試すのは正解だったと思います。


Ajinomoto Stadium しかし結果は上々だったとは言い難い。特に前半、パスの出し所を増やそうと西谷やカウエが両サイドに開くと4バックの前が薄くなり、奪われて相手のボールになった時に真っ直ぐ速く攻め込まれるため最終ラインが下がり、落ち着けない状態が続いたように思います。前半は両チームともスリッピーなピッチにミスを誘われることが多かったですが、ピンチの数と攻撃での決め手の少なさの分、札幌が救われたと感じないこともありません。


Ajinomoto Stadium ただ、その少ない決め手、得意とする形をきっちり活かして、後半の早い時間帯にセットプレーから先制したのは立派。西谷のフリーキック、曽田の高さと読み、いずれも見事でした。その後も更に攻めの意識を強めたヴェルディの早いパス回しと個人のドリブル突破に対応しきれず押し込まれ続けますが、再三の危機を高木の好セーブで凌ぎ、ダヴィのスピードと運動量を活かしたカウンターで散発的に脅威を与えつつ、選手交代で次第に守備を厚くすることで逃げ切りました。この日の高木はシュートに対して手を出さずに見送るのか、セーブするのかの判断がいつもに増して素晴らしかった。M.O.Mです。


 一方、ゾーンディフェンスだからと言われても解らないのは、何故ああいった危険なエリアで点を取りに来ている相手選手にああも自由にプレーさせるのか。前を向いたままジリジリと最終ラインを下げ、横に人数を並べても一箇所を突破されればジ・エンドな状態では、結局抜かれて後方から止めてファウルを取られてしまったり、それを防ぐために身体を投げ出してのクリアになったり。そうしたギリギリのところでの気持ちの入ったプレーには、それはそれで熱くなりますが、警告で退場者を出したりすれば余計に苦しくなりますし、身体を張った守備もその一発でプレーが切れなかったら、あるいは前々節の愛媛のように後先考えずに(失礼)後続が前線に走りこんで来るチームが相手だったらと考えると今後少々不安な傾向であるような気もします。

 特にフッキに対しては、充分に警戒していると見えたのは曽田くらいで、昨季から札幌にいる選手ならその怖さは良く知っているはずなのに、対応が甘かった。2~3人突いたくらいでは駄目でしょ、囲まないと(まあ、結果的に抑えたじゃないかと言われればそれまでですが…)。あのパワー、スピード、スタミナ、撃つ撃たないの判断基準、全てにおける非常識さは健在でしたね。今節は相方のディエゴが今ひとつで孤軍奮闘の感がありましたが、やはり凄い選手だと思います。


Ajinomoto Stadium スタミナと言えば、この日は先輩で友人でもあるI氏を連れ出したのですが、札幌のゴール裏には「最初からあんなに飛ばして大丈夫なんですか?」と驚いていました。もちますものね、凄いです、こちらも。ちなみにI氏、フッキのことは“一人だけラグビーの選手みたいですね”と言っていました。


Slippery wet pitch of rainy Sunday's Ajinomoto Stadium, unstable new formation as a trial, and even a dangerous rival, Tokyo Verdy, could not push back the league leader Consadole Sapporo. It was a totally close game but once Sapporo went ahead in the 51st minute with Soda's header to Nishitani's free kick, Sapporo's players were totally capable of keeping the lead in this kind of situation. It seems that surviving the rest and seeing 1-0 victory is now familiar for them.

Sapporo's coach Miura had arranged Nishitani between three midfielders and two forwards for this game but it did not work well and his players had a little difficulty with it. However, they played really hard and patiently for the team. When they had a serious crisis, the four defenders or goalkeeper Takagi always saved it at the last moment. Brazilian striker Davi also did well. His fast long running was enough reliable for the teammates to leave their few good chances to attack. 

Tokyo Verdy's Brazilian striker Hulk who played for Consadole last season was definitely not bad. His limitless energetic powerful dribble and strong cannon shot threatened Sapporo's goal net many times. Sapporo's players did not care him enough so actually there was great chance that he scored to warn the ex-teammates, still, his partner, another Brazilian in green, Diego was not so good and it resulted in Hulk's isolation. It was totally fortunate for Sapporo and its fan there sharing almost half of over 12,000 spectators.


posted by MasaMaru |23:33 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(5) |

2007年06月21日

チリあわび/Chile Abalone

 昨夜、武蔵小杉の某居酒屋で我が師、Master Sahoと飲んだ時のこと。

「チリあわび」なるものをオーダーし、出てきた何の変哲もない鮑の刺身に暫しキョトンとする二人。数秒後、先に私が気付いた。

「ああ、“チリ産のアワビ”だ。」

 どちらが何を言ったわけでもありませんが、二人とも海老チリの鮑版チリビーンズの鮑版を想像していたわけです。普通に考えればメニューの刺身の列に載っていてそれはないだろうし、実際そんなものが出てきて果たして旨かったのかどうか…。

 いや、まずかったらまずかったで“こりゃ駄目だよ~”と突っ込みながら楽しんだとは思うのですが。

 “似た者師弟、ちょっとがっかりする”の巻でした。

Last night, my master Saho and I were in an izakaya restaurant in Musashikosugi. We ordered chile awabi (awabi is abalone in Japanese) and got a little confused when it came.

Both we had been expected awabi with chile sauce or a meal like chili con carne. It really interested us.

So we got a little dissapointed. It was totally ordinary sashimi of awabi. Actually it was Chilean awabi, awabi from Chile. We found it out at the sight of it.

We felt stupid then laughed at ourselves. 

posted by MasaMaru |22:50 | A piece of my life | コメント(5) |

2007年06月16日

第22節徳島戦に思うこと/The 22nd game of this season

 過酷な日程による疲労からかここまでのツキが切れたのか、予想以上に痛い形で連勝を途切れさせてしまった前節愛媛戦に続き、今節も現在11位の徳島相手に(最悪の事態こそ逃れたものの)ピリッとしない結果に終わってしまった札幌。愛媛戦では西澤の不幸な退場と、こちらは押し込まれていた展開上それほど驚きではなかったものの曽田まで二枚目のイエローカードで失ったことで、これまで“堅守”と讃えられてきたものの正体が、結局自陣ゴール前にかける人数であったことを露呈しての敗戦。ただ、長いシーズン、ああいうことやこういう状況の一度や二度はあるもので、この徳島戦はむしろそうした難局をどう乗り切るか、具体的には曽田・西澤・中山の主力3人を欠き、いつもの面子によるオートメーション化されたプレーができない状態でどれくらいやれるのかを計る絶好の機会であり、また控え組の選手にとっては先発組に取って代わるチャンスだったのですが、どちらにおいても芳しくない結論しか出なかったと言えるでしょう。

 前節こそ“虚を突く上手さ”という自分らしさを出した相川のプレーが敗戦にも一瞬の輝きと希望を添えたものの、今回はそれも不発。それどころか今日、(昨年の天皇杯新潟戦での佐藤優也を髣髴させる)徳島GK鈴木の不用意なプレーを突いてチームを救ったのは、その同点弾で自らの復帰を飾ったダヴィなわけで、FWのバックアップに不安があることが際立ってしまいました。いや、今日はFWだけではなくDFもまずかった。右から西澤・曽田・ブルーノクアドロス・西嶋の4バックの時は、展開や局面によりラインが崩れることがあっても基本的には綺麗にフラットに並ぶことで自陣での数的有利を保持しています。これが池内やカウエがサイドに入ると、どうしても高い位置に張りたがるので(それゆえに攻撃に厚みが出るという一面もあることにはあるのですが)その辺が不安定になり、今節は実際そのスペースを攻められて失点している。数でスペースを潰せないと、寄せと囲みが遅いことで後ろから止めるか身体を張るしかなくなるウチの守備ではファウルを取られることが増え、相手にセットプレーや数的有利を献上する確率も高くなるわけです。まあ、今日はそれ以前にいつもと違うポジション、いつもと違うメンバーに戸惑うかのような連携ミスも多かったわけで、いずれにしろ、こうなるとベストの布陣が組めないことも増えていく今後に影が差します。少なくともまた暫くは藤田抜きで戦わなくてはならないわけですし(しかし同じ不在でも故障離脱よりは代表に行ってくれていた方が良い。怪我が軽いことを祈ります)。

 かようにメンバーを固定してきたツケが回ってきた感はありますが、そんな中、今日の試合で光っていたのは、思うように行かない時、できない時はそれなりのやり方があることを知っているベテランでした。大塚、砂川、そして金子の3人です。大塚と金子は“奪って保持する”という基本に腐心していましたし、砂川は流れを変えることを意識し続けていました。彼らが踏ん張っていられるうちに周りが調子を取り戻してくれれば、またはサテライトから力を付けた新戦力が出てくれば、これからの苦しい時期をやり過ごして行けるのではないかとも思います。

Last Wednesday, league leader Consadole Sapporo failed in extending its winning streak to eight with a lost game by the score of 1-2 against 12 placed Ehime FC. Sapporo's players could be tired because of the hard schedule and it was unfortunate for them that Nishiszawa had been shown obviously false accused yellow card as his second one to leave the pitch in the 37th minute and Soda followed him. However, complaining about referees or judge could be a bad excuse. They had lacked accuracy in the game and had kept missing clear chances anyway. Substitute Aikawa's sneaky scoring in the 86th minute, they had been nine by the time, was only a good thing.

Then, today Consadole came back its home, Atsubetsu stadium, to relieve its fan's anxious in the game against Tokushima Vortis but it seemed that they could not sweep it away. Without its most important three players in suspension, Nakayama, Soda and Nishizawa, its formation did not work as well as usual. On defence, Ikeuchi and Kaue who had had responsibilities on the both side tended to state rather forward and it caused their rival to attack the crack of its defence line or use the space behind them. Tokushima actually went ahead from that in the 55th minute.

And when it comes to the front line, they could not work as first pressure against the opponent without Nakayama. Ishii could not show any strong points that Nakayama would not have, whereas Davi's sneaky goal was enough clever and surprising. He reached the ball through the legs of Suzuki, unwary Tokushima's goalkeeper, from his back and pushed it into the goal in the 59th minute to cerebrate his own coming back after two game suspensions and to equalize the game. But he could do more if they had played more organized. It seemed they were rather confused by what some of them had to take deferent parts from usual.

This game showed that they needed to play with same member in same position all the time to give their best shot. And it can be kind of problem in near future because it is impossible when they play in the long season. At least Consadole has to survive without Fujita until late July when he comes back from U-20 World Cup Canada. But Sapporo still has good experienced players like Otsuka, Sunakawa and Kaneko who saved the team today with hard working and challenging. It means there is a chance that some fresh players grow while they are holding the team.

posted by MasaMaru |21:59 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(7) |

2007年06月10日

第20節鳥栖戦に思うこと/The 20th game of this season

 第2クールに入ってから負けなしの好調チーム同士の対戦、ブラウン管を通して見てもピッチから立ち上る熱気が伝わって来るようなアウェイ・鳥栖スタジアムでの試合は、鳥栖の速く力強いプレスと衰えない運動量に終始苦しめられながらも少ないチャンスを上手く活かした札幌が何とか逃げ切る形で勝利。決めたのはフランス帰りの藤田征也。後半開始してすぐ、あそこでサイドチェンジを選んだ石井も周りを良く見ていたなと言うプレーでしたが、前半は今ひとつ活かしきれていなかった自身の持ち味を最大限に発揮した上がりと、角度のないところから思い切って打ったシュートが良かった。コンサドーレ札幌としてのJ昇格後通算500ゴール目にふさわしい鮮やかな得点でした。

 ハーフタイムに三浦監督から適切な指示があったのでしょう。そして、得点の前後の短い時間はそれができていたということだと思います。それ以降は再び長い相手の時間帯が続いたことを考えると、鳥栖にしてみれば悔しい失点だったに違いありません。札幌のDFは常に最終的に何とかしたものの、(あの高さを誇りながら)今日は頭上を通されることも多かったし、走ってはスピードで競り負けファウルで止めるしかない場面も多く見られました。横一列に並んだ4人それぞれの間に相手選手が綺麗に収まってしまうことも少なくなくヒヤヒヤしましたが、幸いだったのは鳥栖がドリブルで切り込むのではなくショートパスでの速い繋ぎを意識して攻めていたことと、シュートの精度が低かったこと。これにより札幌は、抜かれたりかわされたりした選手が再度後方に回り込む時間をもらい、自陣ゴール前に人数をかけることで何とか凌げた感があります。

 こんなサッカーで何故勝ってしまうのか。ツキ、運、勝ち続けているが故の落ち着き、自信、色々考えられるとは思いますが、やはり三浦監督の手腕が大きいと思います。中盤から押し込まれ、高い位置で攻守の切り替えが望めないと見るや、相手パスを受け手の足下でカットできる大塚を投入、勝負どころの時間帯では西谷の個人技を諦めて運動量(とフリーキック)で期待できる砂川と交代、そして極め付けは、残り10分を切ったところで石井(FW)を下げて池内(DF)を送り出したこと。実際に守備の枚数を増やすということ以上に、これはもうピッチへの強烈なメッセージです。残り、何が何でも守って逃げ切れという。これが中山から相川へのFW同士の交代でも、チームはリフレッシュしたはずですし鳥栖にしてみればむしろ嫌だったと思うのですが、今季の札幌を象徴するような選手、中山を残した点がポイント。それにより選手は、ここまで結果を残してきている自分達のやり方を貫けば良いのだと理解し、受け止めると思うのです。昨季までの柳下さんだって、そういう一貫した指揮をしていなかったかと言うと決してそんなことはない。ただ、三浦監督は最初にまず結果を出すことを重視し、これで勝てるんだという説得力をもって選手との信頼関係を築いているように感じます。同じ頑固でも柳下さんの“いつかは学んでくれるはず、解ってくれるはず(=それが出来ないヤツは要らん)”という姿勢とは差がある。

 ファンの側から見た好き嫌いはあるにしろ(個人的には柳下さんの方が好きです)、それはもうプロのコーチとしての上手さでしょう。気付けば札幌は7連勝、首位に腰を据えています。もちろん、いつまでもこのままで行けるはずはありませんし、その時は三浦札幌の弱点も今以上に浮き上がってくるはず。しかし、そこで今度は選手やファンが監督を支え、救って行けるようなら、その先も見えてくるような気がします。

Sunday, Tosu stadium had a big game for the 20th game of this season's J2 league. Home team, eight placed Sagan Tosu, had been in its 5 consecutive wins with 1 draw, whereas visitor, the league leader Consadole Sapporo, had extended its winning streak to six after last game. Both teams were getting fair wind each and trying to hang on it. It could be a hot game on a hot day.

Which played better was Tosu. The players worked really hard and energetically to keep attacking aggressively. They were so quick and strong that Sapporo's players always had to be under the pressure. Tosu's attackers were also good at using the spaces between Sapporo's four defenders that was making a row flat and wide. It seemed that the tide was never turned.

However, Sapporo went ahead in the 46th minute with Fujita's 4th goal of this season. He was rushing up the right side of the pitch when Ishii connected the pass from Haga to him in the middle front of Tosu's penalty area, and flapped it with his right foot and shot the net to cerebrate his back from Toulon and the 500th goal of Consadole Sapporo in J league.

Tosu soon got its second wind and kept playing well to the end but Sapporo's coach Miura carefully changed his players to defensive to push it away. Sapporo finally played with five defenders and two defensive midfielders. Actually, it worked after all. Sapporo managed to keep lead and they ended up seeing its 7 consecutive victories. It seems the more it win the more it get stable and steady by trusting each other and being confident. And it is obviously one of Miura's strategy.

posted by MasaMaru |22:00 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

2007年06月09日

行水梅/Plums in the water

Japanese apricot N嬢が梅を水に浸けています。今年はレモンやシナモンと一緒に蜂蜜に漬けてシロップを作るそうです。使い切らない分は梅酒にするか、梅味噌なるものにチャレンジするか思案中とのこと。

 彼女と一緒にいると、こういう季節季節の行事と言うか仕事のようなものが幾つも、極めて自然に巡って行きます。ガラスのボウルに泳ぐ梅を見ると“ああ、夏だなぁ”と思うほどに。

 仕事と書きましたが、たいていの場合それは彼女自身の楽しみに繋がります。今回の梅なら私が手伝うのはこの後のヘタ取りくらいですが、もちろん出来上がったものはこちらの口にも入るわけで。ラッキーです。


Ms.N is soaking Plums (Japanese apricots) in a bowl of water. We pick away all stems later, then she makes syrup from them preserving in honey with some pieces of lemon and cinnamon.

She also uses them for making liquor. It is kind of her annual work for this season so I feel the summer has come again at sight of that.


posted by MasaMaru |12:25 | A piece of my life | コメント(4) |

2007年06月04日

第19節京都戦に思うこと/The 19th game of this season

 試合開始時点の勝ち点では2位につけていた京都を突き放す貴重な勝利。敵地で迎えた開幕戦での苦い借りを、聖地厚別で、スコアもそっくりそのまま2-0でお返しできたというのはなかなか溜飲が下がるものでしたが、それ以上に価値があったのは、前回対戦時、直接的な敗戦の原因であったフラットなラインによるゾーン・ディフェンスを、今回はきっちり武器として使えたことだと思います。

 あの時も今も札幌がやろうとしていることに変わりはないような気はしますが、1クールを回る間にチームの戦術として確立され、より浸透したことが一度目の対戦と比べると明確でした。それにはリーグ序盤で自分達の足下を見直し、早い段階から毎試合課題と修正点を意識することで地味ながら好成績を維持してきたここまでの戦い方から得た自信、監督やチームメイトとの信頼関係が大きく働いていると思うのですが、そのきっかけとなったのが他ならぬ初戦の京都戦で、その同じ相手をやり方は変えずに破ったわけですから、そうした良い空気はますます強まり、戦術理解と実践へのモチベーションはいっそうのものとなるはず。組織としての結束や方向性が固まるのは、まだ先が長いことを考えても望ましくないはずがありません。

 そろそろ怪我や累積警告で出場できない選手も増えてくる中、今節はDFの4人がベストメンバーだったのも幸いでした。ここ数試合、顔ぶれを変えることで(それはそれで面白い)違った効果も産んできた守備陣ですが、やはり監督が理想とする(つまりそれを念頭において戦術練習をしている)プレーができるのはこの4人なのでしょう。キーパーとの、あるいは2列目との間の空間を使われやすい、巧いドリブラーには4対1でも抜かれるといった具合に弱点も固定されている気はしますが、それでも放り込まれるボールは弾き返し、サイドから切り込まれても、なんとなく中央のブルーノや曽田のところまで運んで食い止めるようになっている、この4人の時が一番安定しています。ラインも綺麗ですし。

 GKの佐藤が、ポジショニングやキャッチとパンチングの選択など、高木と比べると断然不安定で不用意だっただけになおさら。三浦札幌では“スターティングメンバーがスターティングメンバーである理由”が明らかです。ここまで見るに控え組の戦術理解と意識も高いと言えますが、監督の望むレベルと性質のプレーができるかどうかという点において、先発組との差は小さくない。川崎はある意味ファンの期待を裏切らなかったと言えるかもしれませんが、例えば自分で持って行くにしても、西谷ならば大抵フィニッシュまで行くかファウルをもらって最悪プレーを切るところを、奪われて反撃を食らってしまう。砂川も攻守に渡って活躍してはいますが、守備と攻めを同じバランスとスピードでできているのはやはり藤田の方である気がします。今節、特に攻守の切り替えの場面で中盤の両サイドが空いてしまい、そこを使われていたのはそのせいもあるでしょう。この試合、個人的にMOMにあげたいのは、1アシスト1ゴールのブルーノより、そうした危機の数々をいち早く察知し、広い範囲で丁寧に潰し続けた大塚。時には身体を張り、時にはチャンスに転じさえしていました(12分のループシュートは得点には至らなかったものの見事でした)。

 個人的には川崎のプレーは好きですが、今季はそういった攻めの姿勢から点を取ろうというチームではない以上、自然と出場機会は限られてくるでしょう。先のことより目の前の結果、一にも二にも昇格あるのみの三浦札幌では仕方がないことかもしれません。ただ、実質メンバーを固定して戦うことの弊害は(現在既に見え始めているように)長いリーグにおいて無視できないものです。今季は、ベンチに入らなかった選手も試合前のミーティングには参加させ、リーグの試合があった翌日にはほぼ必ず控え要員で練習試合が行われるなど、先発要員とサブの間の差を少なくする工夫が見られますが、例えば少々コンディションが良くなくても結局は“まずはいつもの面子”が、精神面や気勢で充実するサブに優先されるようでは寂しい気がします。ダヴィが出場停止になる次節は、その辺りにも注目したいです。

Consadole Sapporo beat Kyoto Sanga F.C. by the score of 2-0 at Atsubetsu Ground, the place called its sacred place, on Saturday. It was totally fortunate for Sapporo that its four best defenders had come back to the pitch instead of absent two key players, Fujita and Nishitani; former was in Toulon, France as an U-20 Japan national team player and latter was injured.

Especially, Bruno Quadros did really well. He assisted Nakayama's third goal of this season scooping up his free kick quickly in the 37th minute, and also score with his cohesive play to push the rebound into Kyoto's goal, in the 62nd minute, as his first goal in Sapporo.

It seemed that Kawasaki and Sunakawa who had taken over the positions of Nishitani and Fujita played a little more aggressive than coach Miura's preference. It allowed Kyoto's players to use the space behind them; however, the others helped it very well. Above all, Otsuka kept working hard whole ninety minutes and saved the team again and again.

Only one worrying thing for Sapporo is what playing with same members almost always could be a problem when they can not make it, as same as its flat defence line that is strong against high cross but weak against fast skillful dribble. It seems that Miura has handled it capably so far, still, the longer they played same style to make it stable, the more it is exposed.

posted by MasaMaru |23:07 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(5) |