コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年07月23日

第22節 千葉戦/VS Jef United Ichihara Chiba (Jul 22nd, 2011 at Fukuda Denshi Arena)

 オーロイの驚異的な高さ、マークミリガンの強力なロングスロー(とそれを助ける特別なタオル)、深井のスピード、それら強みを最大限に活かすべく徹底されたジェフの決め打ち戦術と、それを可能とするべく鍛えられたプレーの前に完敗。プレミアリーグから来た審判の適切で公正なジャッジが両者の力量の差を際立たせたのも、ウチにとっては不幸だった。フクアリでの初敗北。

 実際、先取点があちらに入った段階で勝負がついたと言って良いと思います。前半終了間際というのがまた、タイミングとして悪かった。もし前半、ほぼサンドバック状態でありながら0-0で終えられていたなら、“決められる時に決めなければ流れは移る”というサッカーの大原則(?)が札幌に味方してくれていた可能性もありました。しかし、あの村井の1点で、相手はベンチも選手も自信と余裕を確実なものにしてしまった。

 最初の45分であれだけ消耗させられては、後は時間が経てば経つほどこちらに不利になるのは明らか。それでも良く守っていたと思います。むしろそれゆえに他のことが出来ず、結果、僅かなチャンスも疲労から来るミスでふいにせざるを得なかった。交代で入った選手すら、何もできませんでしたから…。

 それでも、最善は尽くしたと思います。2-0の敗戦は納得がいくものです。浴びたシュート数、実に26本。もっと悪い結果になっていた可能性もあります。

 もちろん、それを覚悟で攻めに行くという選択肢もあったでしょう。例えばトーナメントなら。しかし、リーグ戦で、シーズンを通して考えた時、今のウチの強みである守備をあえて大崩れさせる必要はなかったと考えます。

 あれだけ一方的に攻め込まれつづけていながら、前後半それぞれ最少失点で済ませたのは、技ありと言っても良いくらい。ゲームとして圧倒され、能動的にできることがほとんどなかった中でも、河合や宮澤、内村や砂川はところどころ光るプレーを見せていた。自陣に釘付けになりながらも、最後までボール回しを諦めなかった点も評価できる。札幌のサッカー自体を悲観する内容ではなかったと思います。

 一気に浮上できなかったのは残念ですが、次に不安を残したとも思えません。まずはゆっくり休息を取って、次節に備えて欲しいと思います。リーグはまだ続きます。前を見て頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday’s J2 league game between Jef United Chiba Ichihara and Consadole Sapporo at Fukuda Denshi Arena went to 2-0 perfect victory for the home team to please about 10,000 fans painted the stand bright yellow.

Maybe nothing could help Sapporo to change this result; the super height of Aaroy, powerful long throw in of Mark Milligan with the special towel to dry and clean the ball that the club produced specially for him, Fukai’s limitless speed running, every Jef’s playing overwhelmed the visitor taking advantage of those strong point. Even the referee from England worked for the Jef; fair judge usually help better play fairly.

Murai’s latest goal of the first half for Chiba actually had decided their win early; for Sapporo those 45 minutes just they stood against one-sided harsh attack from Jef just like sand bag was too much long and enough for Sapporo to get wasted. The longer they play, the more they ran out of gas; substitutes who might have been fresh never worked finally because they also were too busy to defend. Time was always on Jef’s side.

However, it can be said that Sapporo did well; losing one goal for each half was not so bad especially when it comes on 26 shots from Jef finally, the final score of 2-0 could be worse. Although their defence did not block out opponent this day, they never gave it up at least, also to keep their confidence for the rest of the season. 

The most important thing for Consadole players is just taking good rest to prepare next game and restarting the league. Face up, Sapporo!

posted by MasaMaru |23:34 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |