コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2010年03月07日

開幕戦 鳥栖戦/VS Sagan Tosu (March 7th, 2010 at Best Amenity Stadium)

 センターバックに加えてエースストライカーまで怪我で欠く状態で開幕戦を迎えた札幌。アウェイの鳥栖戦はロングボールの応酬が目立つ落ち着かない雰囲気で始まりましたが、雨で濡れて難しいピッチ状態を考えると、あれはあれで良かったのかもしれません。実際、先制したのはこっちでしたし。21分、石川の長いフィードに走り込んだ藤田が技有りのボレー、一度はポストに嫌われるもしっかり詰めて自ら押し込みました。今日の藤田は攻守にわたってキレキレ、逆サイドの古田とともに何度もチャンスを作り、守備でも良く戻って味方を助けていました。積極的に中に切れ込んでゴールを狙う動きも見られ、最初の得点が遠かった昨季と比べて、随分調子が良さそうです。

 しかしその後の札幌は今ひとつ。そもそも最初からセカンドボールの競り合いでは負けていたのですが、意図したものかどうか中盤を省略してゴール前に人数をかけることで、次第に威力を増す鳥栖の攻撃に耐えていたものの、84分、波状攻撃を凌ぎ切れず、近藤との競り合いとジャッジへの不満にフラストレーションを募らせていた飯尾にゴールを割られてしまいました。

 ただ、高原は今日も安定感があって、決して悪くはなかった。問題は最終ライン。しかも本職ではない芳賀はむしろ合格点以上、何度も何度も危機の芽を摘んでいましたから、やはりディフェンダーをなんとかしなければ、厳しいシーズンになることは必至です。もっとも、担架で運ばれた近藤の状態次第では、フォワードも足りなくなる可能性があるのですが…。

 とは言え、どう転んでも不思議ではなかった大接戦、なかなか楽しめました。特にアディショナルタイム5分間の激しい攻防は見ごたえがあったと思います(中山の惜しいヘディングシュートもありましたし)。アウェイで引き分けなら、まあ良しとしましょう。次節はいよいよホーム開幕、初戦で優勝候補の甲府を3-0で破った福岡を札幌ドームに迎えます。ここはひとつ、勝って気炎を吐きたい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

PS. FIFAのルール改正にのっとりJリーグでも今季は手の使い方、特に相手のシャツを掴む行為は厳しく制限されます(今日、鳥栖の選手が必要以上にイライラしていたのは、そこへの理解が足りないせいもあるのではないかと思ったのですが)。セットプレーの時などボールがないところでの競り合いでは、プレーの公正さが増し、(充分に浸透すれば)不必要に試合が止まった時間が減ることが望めそうですが、一方でドリブルをしている選手が競りかける相手に対してボールを保持するために腕や手をどう使うかは、サッカーという競技における見どころのひとつとも言えるので、こちらまで見られなくなると…個人的にはつまらないと思うのですが、皆さん、どうでしょうか。

Sunday in the weekend J league 2010 starting, Consadole Sapporo met Sagan Tosu at Vest Amenity Stadium in Saga for its first game of this season and drew it by a score of 1-1.

Simple quick playing with long pass and long run had been seen lot on both teams and it seemed to be not so bad plan with the slippery cold wet pitch even if it could be a little messy. It also could help the visitor team without its ace striker and two key defenders because of their injures; in that rocking situation, the 21st minute Fujita’s volley rushing to long feed from Ishikawa was once hit the goal post but he kicked the reflection into Muro’s net to go ahead. Fujita was one of the best players for this day’s Sapporo; he created many chances with the other side’s young speed star Furuta and played really hard and tight when he made defence too.

Conasadole turned to be a little more defensive to keep one goal lead, but Sagan overcame it. The home team players never stopped working hard and aggressively and it finally paid off in the 84th minute, Iio broke the Takahara’s goal to equalize it (Still, Takahara could not be bad this day. Haga also worked very well on the right side back as a defender).

It was totally close game, especially the last five minutes as additional time were really hot and exciting good enough to warm up almost 9,000 fans there under the rain, but for Consadole fan waiting for next game against Avispa Fukuoka at Sapporo Dome, it could be not enough to wash out their anxiety from the poor finish and poor defence of the team.

Lastly, this season, J league has strictly discouraged players from using their hands especially to grab shirt. It might make the games more fare and interesting when they compete for the position without ball, still, preventing dribbler to try that could work conversely. 

posted by MasaMaru |20:30 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |