コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年10月11日

チームやクラブに対して、今したいこと、望むこと/What is good for Consadole Sapporo?

 前回、“あれで勝てなければ仕方がないという試合が続いている”と書きましたが、前節、5-0で完敗した磐田戦は、“あれで勝てたらおかしい”という内容でした。同じ残留争いに身を置くチームであっても、尻に火が付いた状態ではあれほどの差が出るわけです。数字遊びはまだできますが、実質、今期の降格が決まった一戦でした。

 しかしこれで残留に失敗したとしても、考えてみれば、昨季2部から昇格したチームが1シーズンで再び降格というのは、それほど驚くことでもない。もちろん、そこに失望や悲しみがないと言えば嘘ですが、それでチームがなくなるわけではないのです。やるせない気持ちを怒りに転じてただただ監督や選手を責めることが、今一番やらなければいけないことだとは思えませんし、チームを支えるために最も有効な方法だとも思えません。はっきり言って、どれだけ騒いだところでファンのレベルで監督や選手の人選や、クラブの運営に影響を及ぼすことは不可能。もちろん、声を上げることに意味がないとは言いません。ただ、感情に任せて監督や選手を罵倒しても何も得られない、それはむしろ真にチームを作る力を持つクラブに対する糾弾や要望として成されるべきだと思うのです。サポーターと言いますが、サポートという点においては、勝ち負けにかかわらずチームを愛し、スタジアムに足を運び、金を落とす(この箇所、関東専門アウェイサポーターが言っても説得力ないですが)ことこそ、我々にできる最たることであり、一人一人のそういう気持ちや行動で“コンサドーレを応援すること”それ自体に、魅力や喜びを付加していくことを考える方が遥かに現実的なのではないかと思います。

 HFCは糾弾されるべきと書きましたが、児玉前社長が力を入れていた数々の社会活動は、そういう“成績に関係ないコンサドーレ札幌の存在意義(あるいはイメージ)”を創出し定着させるのに非常に有効だと思います。しかしながら、それは相当長い時間をかけて行われて、初めて可能になること。ここまでの歴史を見るに、長期的な視野で物事を成し遂げるのがどうも得意ではない(あるいは経済的事情を押してまでは頑張れない)HFCが、それを形にできるまで継続できるかは、残念ながら甚だ疑わしい。そして堪え性のないファンの存在は、その確率を更に下げます。

 とうに破綻している5段階計画を、未だに口にするHFCには呆れる限りです(あれは事実上HFCの敗北であり、スローガンとしては自身の限界を露呈するに終わったと思います)。それでも計画がスタートした2004年、J2で年間5勝しかできないチームを目の当たりにしながらも希望さえ感じられたのは、“札幌のサッカーを確立する”ということにどれだけ魅力があったかの証明だと思うのです。やはり、それこそが望まれます。そしてそのためには、来季の三浦体制継続は選択肢の一つだと思います(この辺についてはwhiteowl氏のブログで非常に興味深い考察がなされています。お薦めです。Whiteowlさん、もし今これを読んでいらしたら、某掲示板での論争にタイムリーに参加できなくてゴメンナサイ。一週間、プライベートでネットを訪れる余裕がなかったもので…)。ひとつのサッカーを続けてきたこの2年間を無駄にする手はない。来季は新たな監督を迎える予定との報道もありますが、個人的には、柳下さん、そして三浦監督と、これだけ頑固で我慢強い指揮官が続いた間に何も残せないのでは、非常にもったいないような気がします。

Last Sunday’s 5-0 lost against Jubiro Iwata might have decided this season’s Consadole Sapporo’s demotion. They may not play in J1 next season. It is certainly hard on us, Consadole supporters, but on second thought, it actually not so surprising too. A last year’s J2 team is going back after playing in the upper class one season. It always happens. Now the most important thing is to think how we stand by the team whether they are well or worse, whether they are in J1 or J2, and how we create more attractive atmosphere for the future fan to join us and see the games from our side.

The thing is what is good in the long run. Only blaming the coach or players when they are in a long harsh tunnel might not work all the time for it. It still seems we should complain to HFC about their have never been efficient in managing the club with specific consistent principle to grow the team though….

Deciding and fixing clear Consadole Sapporo’s style has been waiting. So that we can go with them take them in even when it is hard to see.

posted by MasaMaru(横浜在住) |21:20 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |