コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2012年04月14日

試合観られてません!(感想を読もうとして来てくれた方へ)/I didn't watch today's game!

 高い金を払ってスカパー!に加入しているのに悪天候で受信できず。

 午前中に見ていたWOWOWの映画も、途中から受信不能になったため、続きが観たくて近所のレンタルショップに走りました。金も時間も無駄に使わせやがって(怒)!ちなみに標準画質のチャンネルは受信できていました。雨風に弱いハイビジョン放送め…。

 仕方なくオフィシャルサイトの実況中継を追っていました。まあ、ぼろ負けのようですので、悔しさは半減ですが…。最後に良く1点返した。偉いぞ古田。ということで、火曜日、残業せずに帰って来れたら再放送を見ます。

I could not watch today’s game between Consadole Sapporo and Nagoya Grampus because of TV reception problem from bad weather.

Consadole lost it by a score of 3-1 for Grampus so I rather not to watch the game actually; I could check how it went with the official web site report, still, I’ll try to watch rebroadcast on Tuesday and write report.

posted by MasaMaru (横浜在住) |20:42 | Others | コメント(3) |

2011年12月30日

今年を振り返って/Review this year

 皆さん、今年はどんな年でしたか?

 誰もが思うのは3月に東北を襲った未曾有の震災と津波被害のことでしょう。日本にとって本当に大変な年でした。放射能汚染への対処、原子力発電の見直しと今後のエネルギー問題、農業や漁業を中心とした地元の産業と経済復興、未だ大変な思いをされている被災者の方たちの生活支援や補償…。正直、どうするのだろう、どうしているのだろうと思うだけなのですが…。一方で国内外から寄せられた支援により、助け合い思いやる人の心や、困難に立ち向かう、立ち上がる強さも伝えられ、人間の無力さと、それでも確実に悲劇を後方に押しやる営みの力、双方を感じた年でした。

 そんな中、個人的には大きな事故も病気もなく、年の終わりを迎えられそうです。N嬢も同様。4月には密かに今年の目標としていたスペイン語検定の6級と5級を受験し、どちらも合格。コンサドーレ札幌はJ1昇格、職場は円高の影響を受ける業種なので収入は大幅に減ったようでしたが、パート契約はとりあえず3月まで更新されました。前厄だった割には良い年だったと思います。

 明日から二人で福島の穴原温泉へ、2泊3日の年越し旅行に行って来ます。彼の地のために出来ることと言えばこれくらいだろうと、比較的早い段階から決めていました。お金を落として来ようと思います。

 では皆さん、良いお年をお迎え下さい。

When we look back this year, we never can miss the terrible huge earthquake and tsunami hit the Tohoku region in this March. The dead has come to more than 15,800 and the missing is over 6,000; the worst damage Japan got from natural disaster in its history still has remained on to suffer this country and people. We have too many problems on too many fields to resolve such as severe radiation leaks from damaged nuclear power plants and anxiety about people health, choice on alternate energies, rebuilding local industries and local food production, recovering domestic economic, and how we support and care the people living in effected area or out from their home town; nothing has been cleared yet. Still, everything is surely moving forward and getting over with many rescues and supports from inside and outside of the country totally amazingly. It really has shown how we and our modern electrify life weak against great nature but also we found the strength and wonder of the people who can help each other every time everywhere.

Personally, it seems that I can close this year in health without any big trouble, and Ms. N likewise. I passed a certificate examination of Spanish that I had taken on April; both sixth and fifth grade as this year’s my target, even though these were the easiest and the second easiest class. My favourite Consadole Sapporo finished the season in third place to promote to J1 league. High-yen recession also hit my workplace but they keep hiring me at least till next March…. I am happy enough. I thank every my friend, my family, and of course, Ms. N with every good experiences I got this year.

Tomorrow, we go on a year crossing trip to Fukushima as almost only one thing we can do for the Tohoku to help the area. We enjoy using money there; it must be good!

I wish you a happy new year!

posted by MasaMaru |19:56 | Others | コメント(2) |

2011年01月23日

40歳に思うこと/Think at the age of 40

 この1月で40歳になりました。何だか信じられない話です。感慨だとか抵抗だとかではなく、どちらかと言うと“こんな40歳で本当に良いのか?”という戸惑いや困惑で。

 吾れ十有五にして学に志す。三十にして立つ。四十にして惑わず。「論語」の一節ですね。三つ子の魂というやつでしょうか、年を取るたびに思い出します。孔子の一生と自分のそれを比べても仕方がないとは思うのですが、それにしても、10年遅らせてもまだ足りない。不惑どころか“戸惑い”に“困惑”と、惑いに惑ってるし…。

 25年遅れで、学べるものなら今から学びたいものは色々あるのですが。こんな40歳パート契約社員、少なくとも社会通念上は、まともとは言えないかもしれません。一般的に期待される年相応の社会的責任や役割を果たしているとは、正直自分でも思えない。

 もちろん悪いことをしているわけではないのですが、そうした漠然とではあっても多数の価値観を押し返すだけの強い理由があっての現状でもないだけに、時々内省や弱気の訪れを受けるのでしょう。

 最低限の義務を果たし、必要以上の責任は負わない。性格的にも、世間と折り合って行くにはそのラインを越えないことが良策と判断しての人生の指針ですし、そこを通すために持てなかったり知り得なかったり、切り捨ててきたものも少なくないだろう点にも、納得がいっているのですが。

 それでも、何をなそうとするわけでも何処へ行こうとするわけでもなく、自らの平穏と快適さのためだけに人生を小さく収めようとするのは、ある種のエゴではないかという後ろめたさがなくもない。分をわきまえているようでいて、実は人生に対して不遜なのではないかという。

 まあ、だからどうだと言えば、どうもしないのですけれど。そもそもこんな焦りや悩みは、日々の雑事の前で持続しない。Jリーグが開幕しようものなら、気を取られることは更に増えるし(笑)。

 実際、危機感が薄いのも向上心に欠けるのも、どうにもならないという諦観で落ち着いてしまっている以上に、今それなりに幸せであることが原因だと判ってもいるので。

 両親にきちんと愛され、まっとうに育てられ、名前だけの長男よりずっと色々なことが出来る次男のおかげもあり、この年になってまだ後顧の憂えなく好き勝手やっていられるし、衣食住に困窮することなく、互いを認め合い受け容れ合えるパートナーがいて、趣味や価値観を共有できる友人知人は少数精鋭、愛するクラブチームもあって、試合も観られる…。むしろいつまでもこの状況に落ち着いていたいくらいです。

 一方、日々暮らしていて感じる気力体力の衰えは顕著ですし、それは自分が大切に思う人達にとっても同様でしょう。今の仕事を続けられなくなれば、次を探すのは相当難しいはず。今後は今あるものを大事にしつつ、失われていくものに備える、注意と覚悟を持ってやって行きたいと思います。

 個人的な挑戦としては、厄年を抜けるまでは突飛な行動は控えた方が良いそうなので、怪我や金銭的損失の危険がなさそうなものをひとつ考えています(いずれこちらで報告できればと思います)。ではまた。

Chinese legend wise man Confucius said that he decided what he would learn in his life and started to study it when he was 15 years old. At the age of 30, he had made his living teaching it. And then, he was quite sure about his life, his way, when he got 40 without any hesitation, confusion or bad temptation.

I know there is no point in comparing my life with the great master’s one, still, now the first year in my 40’s makes me think about it; how nothing has been done and how nothing is sure.

I like this my way; working as a part time worker only for make living, paying tax, and just doing what I can do. Ms. N and I; I think we have been good partner for 12 years and we get along with really well. My parents who brought me up with great love and carefulness are fine in Sapporo. I’ve lived away from them since I graduated high school but my brother keeps close to them, so I can stay here in Yokohama (Visiting them is even exciting event for us). I don’t have so many friends but they all good and faithful like I want them to. Consadole Sapporo is also what spices up my days (It often can down me though…). 

The thing is I am happy. I have had enough in my life and I totally enjoy it. That is why I am like this. I thank my family, friends and my lover. However, sometimes I get nervous or vague anxiety especially when I think if I have not played my part enough in the society or community I belong in, far from duty or responsibility that a man at my age is supposed to take. 

It cannot enough to change my life; actually I will not, still, I would better to start thinking about the moment I have to give it up and prepare for it too. First of all, no one can stop to get old. People who I love are getting old too. My body has gotten weak and the work I can do is getting less and less every year. I do not have any special plan to build up my health but I will take care about it enough. Live in safe and quietness is more important for me now. For special try, I’m planning having an examination for a small qualification. Thinking about study at 40 years old, it is 25 years behind from Confucius though...

posted by MasaMaru (横浜在住) |15:52 | Others | コメント(0) |

2010年01月24日

ショコラ ブルワリー SAPPORO X ROYCE'/Chocolat Brewery SAPPORO X ROYCE'

chocolat brewery


Chocolat Brewery」、北海道ゆかりの2社、サッポロビールロイズの共同開発製品です(今の時期に新発売なのは、やはりバレンタインデーを意識してのもの?)。

 グラスに注いで、口を近づけると、確かにチョコレート(と言うかカカオ)の香りがします。味については、一口目は麦を焦がしているカラメルっぽい甘さ、香ばしさとそれほど変わりがないようにも思うのですが、最後の一口を飲み終えた後、紛れもなくチョコレートの甘さが口に広がります。面白いですね!

 何を合わせるか困りそうとも思っていましたが、鴨肉やビーフシチューなどは良く合いそうですよ。

 グアムでキャンプ入りしたコンサドーレ。シーズンを戦い抜くため体を苛めて鍛えることも大事ですが、同時に怪我人を出さないことにも気を配って欲しいです。今季は試合数が少なくなりましたから、最初で躓くと例年以上に怖い。サテライトリーグの廃止により、今季からJ2もベンチスタートの選手が7人になっています。これを最大限に活用するためにも、不用意に手駒を減らすようなことだけは避けていただきたい。

 もっとも個人的には、この変化は札幌にとって戦略以上に集客方面で活きてくるように思えます。中山雅史がサブに入る率が上がりそうだからです。正直、“ゴン効果で入場者数増が期待できる”と言っても、5人のサブに彼を入れている余裕があるのか疑問でした。しかし7人なら、一巡目はファンサービスで彼をベンチに置くのも手でしょう。

 もうひとつ来季で楽しみなのは、ユニフォーム。背中のスポンサーがサッポロビールに戻りました。あちこちで何度も言っているのですが、★SAPPOROは、チーム名にも読み替え可能です。どこのチームもあんなところにチーム名を入れるような贅沢はできません。考えようによっては自分達の名前で広告費を稼いでいるようなものです。まあ、個人的にあのロゴタイプが好きだというのもあるのですが…。

 アウェイ用は特に、今までにないパターンで気になります。レプリカを購入したいですが…。決して安くはないですから、やはりtotoを当てるよう、今季も頑張らなければ。

For the most chocolate selling season here in Japan, Saint Valentine’s Day, Sapporo Breweries and Royce’ have tied up to sent this totally new taste low-malt beer, Chocolat Brewery from Hokkaido. It starts from smoky sweet cacao aroma and reaches the rich flavor and keeps you happy until the honey chocolate last one drop finally comes. It seems to go well with meats such as wild duck and beef stew. Let’s try this!

On the topic of Consadole Sapporo, now it is in Guam for training camp. Hard practice and careful physical check for the players are hoped to prepare the team for upcoming season. It has been announced that the number of substitute increases to seven from five this season and it seems that Consadole benefit from this change not only in strategy but also collecting people because of Nakayama, one of most popular and famous player in Japan, who came to Sapporo as a newcomer.

Personally, I like its new shirt that is Kappa made with ★SAPPORO logotype on its back. The sound of ★SAPPORO that has double meaning: Sapporo Breweries and Consadole Sappro, is always welcome and especially white one for away games is looked nice. I want to buy one but it is a little expensive for me. Maybe I need to won toto, the soccer lottery.


posted by MasaMaru |19:14 | Others | コメント(0) |

2010年01月01日

A Happy New Year!

A Happy New Year

A Happy New Year!


posted by MasaMaru |10:28 | Others | コメント(0) |

2009年11月03日

ひと月振りです。/It's for a while

 お久し振りです。
	
 9月末に7年間愛用したラップトップが壊れ、以降インターネットからも離れておりました。2代目の購入自体は2週間前に済んでいたのですが、ただでさえこの手のガジェットが得意ではないのに最初の画面ひとつ取っても勝手が違いますから、すっかり及び腰ですよ。設定やらなんやらをのろのろと終わらせて、やっとブログの更新に至りました。

 この間、新型インフルエンザにかかって1週間自宅で隔離されたり、コンサドーレのJ1昇格失敗と天皇杯3回戦敗退が決まったりしましたが、他はまあ、良くも悪くも変わらず。気付けばもう11月です。

 パソコンが壊れて何が痛かったかって、膨大な量の写真が失われたことです。お店でハードディスクを取り出してもらい、データを救出できるかどうか試してもらったのですが、結局駄目でした。今回はできるだけ早い時期に外付けのハードディスクを買って、バックアップ体制を整えたいと思います。

My first laptop broke the end of this September after I used it 7 years long. And I had been out of the internet since that, until I got new one.

During that, I got swine flu and locked in the house for a week, Consadole Sapporo failed in this season’s promotion and also left Emperor Cup tournament loosing the third round game against Shimizu S-pulse by 2-0.

Now I am struggling with getting used to my second computer because everything is too much deference from former one. I am not good at using this kind of gadget first of all. And what I was dissapointed the most is I lost too much pictures with the hard disc...

posted by masamaru |19:07 | Others | コメント(5) |

2009年05月31日

職にありついたものの…/Work for a living is right?

 前回の試合の感想を読んで、“お、仕事見つかったのか!”と思ってくださった方、あなたは相当な当ブログの通です(笑)。

 実は3週間前から既に職に就いています。と言ってもやはりパートですけれど。しかも別に新しい仕事を見つけたわけではなく、以前の職場に呼び戻されていたりします。人を切って、組織も改変して、結果、業務が回らなくなったようです。

 営業所の統廃合により人と机の数が倍以上に増えたオフィスには、事実、少なからぬ混沌と疲労が漂っていて、ほんの3ヶ月前は、残業するなするなと言われていたのが、今や社員は10時11時まで残っているのは当たり前とのこと。とにかくすぐ使える労働力、何かを教えるにしても少しでも手間が省ける選択肢として私が浮上したのでしょう、7日にオファーの電話があって8日に形だけの面接、10日に八戸でハーフマラソンを走って、11日は足を引きずっての出社となったのでした。自分の机もパソコンもタイムカードすらない状態で引き継ぐ顧客だけは用意されているという、冗談のような待遇で社会復帰を果たしました(ロッカーだけはありました。ただしそれは準備されたものではなく、かつて私が使っていたそのまま、何故か埋まってなかっただけ)。

 正直、少々複雑でした。と言っても、切ったり呼び戻したり何と勝手なといったような会社に対する心情的なものではなく(いや、それも少しはありますが)、あの段階で職を失ったことは、自分が残りの人生で何がやりたいのか、できるのか、どうやって食べていくべきなのか、そろそろ真面目に考えたり探したりする時期に来ているのではないかと感じていただけに、実際、何かやりたい仕事や心惹かれる仕事が見つかっていたわけではなく、収入が確保されない不安はより現実的なものであったとは言え、ここでまた目の前の安易な道を選ぶことが本当に正しいのかどうかという迷いがあったためです。

 まったく新しい仕事を覚えるよりは楽で、助かっている部分もあります。それでも私のような、組織であろうが客であろうが他者の都合やペースで何かをすることが極めて苦手な人間にとって、ああいうところで働くという行為は日々自分の“できないところ”を再確認することに他ならず、それはそれで失業とは違った意味でまた惨めなものです。ほぼ2ヶ月、そうしたストレスと無縁であった後だけになおさら。

 そういうわけで、今、日々へろへろです。好きなだけできていた勉強や読書もできず、映画も観られない。まあいずれも、金が入って来なければ遅かれ早かれできなくなっていたことですが…。それでも、目に見えない力に流されたような敗北感や空虚さも拭い去れず、自分がこの選択によって得たものと失ったものとどちらが大きいのか、思い悩まずにはいられません。

I have been back to work for this month. It is not new one. The company I had used to work for asked me to come back before I found next job.

To survive this depression, they closed some offices and reorganized them, cut not few temporary staff and part timers (like me), and then got difficulty handling everything for their clients. They called me Wednesday, on 7th, and next day I visited the office to talk them. I ran the half marathon in Hachinohe the weekend as it had been planed, came home late at Sunday night, and next morning started working there with sore leg from the race. It did not take so long time for me to take in the situation from more than doubled workers (They had gathered them from the closed offices. Actually, I still do not remember everyone’s name…) and its upset busy tense atmosphere. They needed someone who can sit at desk for them immediately (my desk was not prepared though). It was also not bad for me that I did not need to learn everything from zero.

However, I think about my decision, for example, when I am in jam packed train to home getting tired and feeling reluctant to even open my text books. While I was out of job, I was thinking it could be an opportunity for me to find what I should do or what I really want to do for the rest of my life, but it ended in I just took the fastest way for a living without finding anything. My nature, never good at relating to people like just coworkers also drives me to already miss the two months when I could study and read books as much as I wanted to. 

The thing is it seems as if I am drowning the river away.

posted by masamaru |16:38 | Others | コメント(2) |

2009年01月01日

A Happy New Year!

A Happy New Year!


A Happy New Year!

 今年も頑張りましょう。


posted by MasaMaru |12:05 | Others | コメント(0) |

2008年01月01日

A happy new year!

A Happy New Year!

A happy new year!


posted by MasaMaru |11:55 | Others | コメント(5) |

2007年01月01日

A happy new year!

A Happy New Year!

A happy new year! And it is the first anniversary of my blog today!

 新年明けましておめでとうございます。なお、当ブログは本日で一周年です。ありがとうございます。今年もよろしくお願いします。


posted by MasaMaru |11:11 | Others | コメント(5) |

2006年11月04日

ブログについて考える/A thought on blog

 鏡に映った自分の姿を自分だと認識するには非常に高い知能が必要で、現在これができると証明されているのは人間とイルカ、チンパンジーなど類人猿の一部、最近判ったところで象くらいだそうです。そしてこの能力は、自分が向き合っている相手を自分に置き換えることができる能力に関係し、その種に、より高いコミュニケーションの力を与えているのだとか。間をはしょりますと“自分がどう言ったら(どうしたら)相手がどう思うか(感じるか、あるいはするか)”を想像できることが、高度なコミュニケーションには欠かせないということです。

 相手を目の前にしていてすら、そうした特殊な能力がなければ難しいとされることを、いつからか、いかに相手との間にある物質的な距離(空間)を無視して行うかという方向で追求し、実現させてきた人間は、そう考えるとやはり凄い、と言うか、相当異質な種なのかもしれません(個人的には、おそらく考えることもなく音や声でそれをやってのけているクジラやイルカの類はもっと驚きですが。象が映る鏡はどれだけ大きいのだろうと思いますが、クジラがまるごと映る鏡があれば、きっと彼らも同じことができるはず)。

 ただ、技術的には物凄いそれらを、作りはできても理想的な形で使いこなせているかどうかとなると、いささか疑問です。いや、このことにかかわらず、人間というのはえてして自分達の身に余るものを発明しては、それをこねくり回してろくでもないことをしてしまう傾向にあるとは思うのですけれど。例えば今こうして私が利用しているブログというものも、要はそうしたコミュニケーションのツールのひとつなわけですが、これらネット上でのコミュニケーション(あるいは情報の共有)における、時間や距離(空間)を従来の概念から切り離す技術や、その最大の特徴とも言える匿名性がもたらす恩恵(意見や論説それ自体の平等化)にも、一方でわざわざネガティヴな活用法を見出し、そこに走らずにはいられないという。いや、それはコミュニケーションとか技術がどうこうではなく、もっと根本的な人間という種の性(さが)なのかもしれませんが…。

 何でこんなことを書いているかというと、そもそもはこちらでequipさんが書いていることに感ずるところがあったからで。いや、ここで自分のブログを書いたり他の人のブログを読んだりしていれば、誰でも漠然と感じていることだとは思いますが、なかなかここまでまとめたりはしないのではないかと。まず面白いと思ったのは、このオフィシャルブログの利用者(の印象)が、文中で大学生から小・中学生に格下げされている点です。つまりは幼いと。これが上に書いた私の“人間とその文明の間のアンバランス”という発想(と言うか、これも誰もが漠然とは感じていることだとは思いますが)とリンクしたわけです。

 そして、もうひとつはタイトルそのもの、オフィシャルブログを(小・中学校の)教室に例えた件。ただし、こちらに対しては私は少々異なる見解で、ブログというのは、(ネット上で言うならいわゆる掲示板のような)個人が出かけて行って集まる、そうした公共の場所とは違うと思っているのです。ブログはあくまでもそのブロガーのためのスペースであって、アクセスして書かれていることを読む人は、要は他人の家を訪ねる客のようなものだと。まあ、確かに“千客万来”の看板を掲げて門を大きく開き、少しでも多くの人を招き入れようとしていれば(それ自体の良し悪しは別にして)、“人の家の流儀が気に入らなければ黙って立ち去れば良い”というくらい簡単なことに気付かない困った訪問者もたまにはあるでしょう。また、頻繁に訪ねられ訪ねて行くという個人の間での親密な交流があって、その先にequipさんも言っている“仲間”や“グループ”ができていったとして、そこで(あるいはそうしたグループ同士の間で)生ずるトラブルもあるかもしれません。しかし、そこで起こっていることを整理したり調停したりする人をあてにできないのは、“悲観すべきこと”ではなく“認識すべきこと”だと思います。そこでは、基本的には、どのような問題も、自分のブログに持ち帰る(あるいは持ち込ませる)形でしか発展し得ないと思うからです(ブログを“家”に例えた以上、その上位のオフィシャルという括りから、このコミュニティは“団地”とか“マンション”に成り得、そうなると“先生”はいなくても“町内会長”とか“管理人”がいて然るべきではないのかという線でも一応考えてみたのですが、どちらも住人相互のトラブルに対して、そこまでの職業上の義務は持たないでしょうし…)。

 もちろん、(これもequipさんが言っている通り)そうした仮想現実世界の出来事がきっちり現実の人間関係の形成に影響している以上(現象としては面白いのですが)、むやみに軽視できるものではないのかもしれませんが。ただ、そうなっても最終的にはブログ自体をやめてしまえば良いわけで。無論その場合、明らかに間違っている相手に屈した形になってしまう悔しさは、どう考え方を変えても拭えるものではないですけれど。

 でも、ブログをやる意味って、何でしょうね?時にプライベートまで晒して。これを書くに当たって途中でそこに行き当たって、そこにきっちりとした理由も目的も持たないまま何となく始めて続けてきた自分としては、まるで人一人すっぽり収まる大きさの、しかし深い深い穴に落ちたような感じになってしまいましたよ。過去に自分の書いたものを読んでも、誰に向けて発信しているのか、誰に対しての呼びかけ口調なのか…。オフィシャルブログということで、ある程度読んでくれる人が確保されていると踏んで始めたのも確かですが、自分がそんなに他者による認識や評価を必要としているのかと考えると、ちょっと嫌な気持ちにすらなります。

 とは言え、いただいたコメントを読むと嬉しいのは隠しようもない事実で、特にウチはアクセス数が少ないうえ、それも半分以上は“覗いてみたけどつまらなさそうだから読まずに出て行った”場合や“Sapporo on my mindと見間違えた”というような純粋な誤操作によるものだと考えているので、少なくとも内容に目を通してのコメントは大変重い物として受け取っています(笑。いや、笑うところじゃないか)。しかし、何か明確な指針を持って書こうと心がける…。これは良いかもしれません。来季の目標にしたいと思います。

 最後になってしまいましたが、equipさん、自分のところのネタにしたうえ、読みに来て下さいと言っておいて待たせてしまったこと、ゴメンナサイ。ちなみに、「equip様、ごめんなさい」の回は、あの数センテンスと、equipさんのコメントだけで、アクセス数は当社通常比6倍強でした(爆笑)。私はテニスのことは良く解らなかったり、人間関係の話は読むだけでビビッてしまったりしてコメントをしないことも多いですが、また覗きに行きますね。

Human beings have invented many useful things so far. It is no doubt that we are more intelligent than other species and exceed them in some fields especially in changing or meddling with the environments and the lows of nature. However, we also always have had to struggle with many problems come from those inventions. Actually, people are neither mature nor careful enough to use their invention or technology sometimes. When humans found out new value or power available for other things, we usually think about only how they are useful or effective. So, negative meanings on that normally come to us later as problems.
	
When it comes on the internet or blog, we can write and read whatever we want and whenever we want. So it works really well for good communication but can not be without its problem too. We usually do not need to reveal who we are when we make comments on the internet or blog and it certainly works as kind of security and also it makes those opinions even. However, on the other hand, those guilty free nameless sentences sometimes can hart other writers or readers easily. People do that even though we are face to face. So we need to be more carefully when we can not see each other, but actually, we tend to be rather careless. The worse is there are people who fan it. They slander or attack others by mean way without giving their names. Any fair communications and debates can not be there with these people.

Everything has good face and bad face and unfortunately, human beings are capable for finding negative one as our history has shown. It can be our nature. However, we do not need so strict rule to make this kind of communication. We only have to think about what will be happened by own words before send it for other users. A little imagination is necessary for that. And actually it also protects us at the same time.

posted by MasaMaru |15:21 | Others | コメント(10) |

2006年11月02日

equip様、ごめんなさい。/Dear, Mr.equip

 equipさんへ。

 朝になりましたけど駄目でした。迷走してぐちゃぐちゃになっています。週末へ持ち越しそうです。ごめんなさい。

Dear, Mr.equip

Sorry, but I'm still writing my answer to your report that I said I was stimulated. It seems it will take a bit longer. I think I can finish it until this weekend though.

Masamaru

posted by MasaMaru |08:53 | Others | コメント(1) |

2006年05月17日

ゴレオ不人気?/Goleo has not sold well.

 ドイツW杯の公式マスコット、ゴレオ関連グッズの売れ行きが悪く、製造会社が破産しそうなのだそうです。ちょっと意外でした。ウチのドーレくん同様イケメン系で良いと思うのですが。正確にはゴレオ6世とボールのピレです。少なくとも前回の宇宙人みたいなマスコットより断然イイですけどね、個人的には…。


 やっぱりドイツで売るならライオンより熊だったのでしょうか。それとも魅力的に商品化できなかったことが敗因か。いずれにしろゴレオ自身に罪はないので、何かかわいそうにも感じます。応援する意味からも、安くなるならひとつくらい欲しいところですが、この手のものって(パチモンはともかく正規の商品は)値下げしないでしょうね。


I heard that goods on Goleo Ⅵ, the official mascot of this World Cup has not sold well and it may break the company that produce those goods. I wondered to hear that. I think he is cool. I prefer Goleo and Pille as mascots of the World Cup to previous one that looked like three ariens at least....

It should have been bear instead of lion for good sales in Germany, I guess. Anyway, there is a chance that I buy one if the price goes down.


posted by MasaMaru |09:42 | Others | コメント(0) |

2006年03月08日

春に思うこと/What I think of Springs

 みかんちゃんさん、さひーとさん、前回は読んでいただいてありがとうございました。ちまちまと写真貼り付けたかいがありました(笑)。お二人のコメントの下にお礼を書き込むつもりでしたが、書き始めて思うところがあったのでこちらで。

 札幌にいた頃は道がぐちゃぐちゃになるこの季節が好きではありませんでした。当時はまだ車粉問題(雪が溶けて露出したアスファルトがスパイクタイヤに削られて有害な粉塵が発生、舞うわ流れるわで大変なことに)も残っていて、いたる所が汚れているように感じられましたし。

 色々なものが否応なしに入れ替わり新しくなる、せわしなさと不安の入り混じった春特有の雰囲気も、明確に嫌いでした。そこに希望や可能性を見出すことはあまりなかった。昔から、基本的にネガティヴなんですね。

 それでも雪間から覗く小さな花だとか、ふきのとうや土筆を見ると嬉しかったものです。あと、ネコヤナギも。冬の間、寡黙に寒さ暗さに耐え抜いた命が暖かな光を受ける姿を目にし、あるいは直接触れ、子供ながらに何か興奮し、感動していたんだと思います。そんな経験ができたのも、雪国に生まれ育ったからこそ。親に感謝です。素晴しい環境でまっとうに育ててくれたのに、こんな大人になってしまって…(なんだか泣けてきました)。今では春の花や虫を見ると、彼らの生命力よりも自分がまだ生きていることを不思議に思いさえするありさま。

 でも、本当に不思議で、そしてそれ以上にありがたいのは、それでも生きて春を迎えれば色々楽しいことはあるという事実です。少なくともJリーグは開幕するし(笑)。今年は春の映画も面白そうだし。そういった場所に一緒に出かけていく彼女がいるのは更なる幸せ。

 そういうことを喜べるうちは喜びたい、と思います。また春を迎えたなら感謝したい、春だけじゃなく冬にも感謝したい。次の春を待てるうちは待ちたい、待つことで冬に意味を与えたい。そうすれば夏も秋も素敵なものになるはずです。理論的には…(ああっ、ネガティヴ・ゾーンが押して来る…)。

 というわけで、みかんちゃんさん、コンサも少しずつ春に近付いていけばいいと私は思います。春が来たなと思ったらドカ雪、よくあることだべさ(真の問題はそのとき皆で雪かきできるかどうか、なのです)。さひーとさんは、また武蔵小杉で飲みましょう。N嬢がいい感じのアイリッシュパブを知ってるそうですので、リベンジということで。では、お二人とも、またの御来訪、お待ちしております!

I did not use to like spring when I was child in Sapporo. In these seasons, slush cover everywhere and besides that, many things change whether I hope or not. Now I know it could be a good opportunity to start some new things and get some possibilities. But I did not think so at that time. I have already been not so challenging parson since then.

Still, I liked and was pleased that I saw flowers coming up from gaps in the snow and buds sprouting on trees. I guess it made me find out lives that had survived during winter and touched me with the secrets of nature.

Nowadays, I rather feel a wonder that I am still alive like this and getting new season again in spring. Of course, I can enjoy it with the opening J league or many movies that come out this time.

Actually, I will enjoy spring unless I can do that. And I think that waiting for spring to make it also could make winter more worth living!


posted by MasaMaru |09:09 | Others | コメント(3) |

2006年02月24日

荒川選手、金メダルおめでとう!/Congratulation on your gold medal, Sizuka Arakawa!

 観てました、フィギュアスケート。興奮しました、朝っぱらから!荒川静香選手、金メダル獲得!素晴しい!期待はしてましたが、本当に応えてくれるとは…。本人を含め、どれだけの日本人が喜び、また救われたことか。別に日本人を救う義務が彼女にあったとは思いませんが、今日、あの時、あれだけのプレッシャーを受けながらベストの演技を見せられたことが、とにかく凄い。コーエンもスルツカヤも、やや自分に負けた感があるだけになおさら。それも実力上のベストではなく、結果を残すためのベストを、という点が。ひとつひとつの判断が即致命的ミスに繋がり得る状況で、見事に生き残った。それを可能にした実力と努力、あるいは悔しさや悲しさと喜びや感動、迷いと自信がどれだけ交互に積み重ねられているか知れない過去を思うと、ただただ感服します。

 もっとも、それはきっと、村主だってコーエンだってスルツカヤだって同じかそれ以上なのですが。結局、競技である限り誰かが勝てば誰かが負けるわけで…。今日敗れた選手は、それを過去の苦味にして甘い未来を重ねるべく、また日々の繰り返しに帰っていくのでしょう。

 だから安藤の演技にも考えさせられることは多い。4回転ジャンプへの挑戦と失敗。あれだって阿呆なマスコミから“大逆転狙いの一発勝負”といったニュアンスで言われることが少なくなかったけれど、そんなわけないでしょう。跳ぶのか跳ばないのかは、演技に入る前も入ってからも、秒単位までの過去の積み重ねから弾き出される“計算された答え”であるはず。その計算自体が間違っていたということはあるにしても。しかも、そこで失敗したからといって終わりではない。実際は“あちゃ~、終わった~”と思ったとしても、(身体が何ともないなら)滑るのを止めてしまうわけにはいかないのです。転倒すら瞬間で“過去”にして、どう巻き返すのかを考えながら残りを滑る。明日からまた切り替えて、次に向けて練習するのと同じように。もう、人生と競技が一緒くたですね。演技に人生が凝縮され、人生に演技が反映される。競技者じゃなくなった時に彼女達の人生が終わるわけではないし、その後の人生でも選手として得たことは必ず助けになるでしょう。スケートに限らず、何かひとつに打ち込むとはそういうことなのかもしれませんが…。

 とにかく、そんな凄い人たちばかりが集まった中であれだけの結果を残したわけです。荒川選手、おめでとうございます。村主選手も世界の4位、立派。安藤選手も、今日を糧に次で実を取ればいいんです。楽しみが残りましたよ。みんな、ありがとう!

Sizuka Arakawa won a gold medal on figure skating in Torino this morning. It was the first one for Japan in this Olympic and that alone tells how tough pressure she'd been under was.

But she survived. She kept remining cool and acting confidently while she was skating. It worked really well and, actually, it was really excellent!

I guess she turned her all experiences she'd had in her life into this winning. It must be kind of huge sandwich made from successes and losses or a piece of rope woven with smiles and tears. Of course, she wasn't the only one. Suguri, Cohen, and Sultskaya each have had great career and hard time as an athlete. But when think about it, what she topped them made her achievement yet more remarkable. I have to give in!

Another player who I'd been interested in was Miki Ando. She tried quadruple aerial spin (I don't know how it's called correctly). This try had been said it was too challenging and she missed it actually.

I suppose it was certainly challenging, however, I also believe it was definitely not wrong. She must be sure to manage to succeed in the jump and turns with her experiences as if the other players did. And even when she slipped down on the ice, the next moment, it'd become new experience. She got something at least. That's why I'd rather not say just she failed.

She had to keep skating until finished her turn even after missing the challenge. Likewise, her life still goes on more even after she retired. What she's got from this Torino must help her sometime on her way to go.
  


posted by MasaMaru |09:21 | Others | コメント(3) |