コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2017年06月27日

Bet on Levain Cup

 いよいよ追い詰められて来たなという感があります。

 天皇杯は初戦でアマチュアに敗退。これはさすがにアウェイで鹿島に3-0でやられるのとは訳が違う(特に現地観戦のファンにとっては。しかも雨の中、延長後半まで応援した末とあっては…。お疲れ様でした)。とは言え、初めての屈辱というわけでもないし、番狂わせや上位喰いは天皇杯では珍しいことではない。むしろ大会はそれを欲しているわけだし。仮に次のリーグ戦で意地を見せることが出来たならば、丁度良い奮起の材料になった、むしろ今季のウチにとっては、自然とリーグ戦に集中出来る態勢になってありがたかったではないかと負け惜しみさえ言えたであろうに、その大事だった柏戦も、踏み込みなのか踏ん張りなのかがもうひとつ足りず惜敗(せめて引き分けようよ)。

 特定のクラブチームやリーグを長く見ているとは言っても所詮は素人。素人に「難しいなー」「ここからでは届かないだろうなー」と感じさせている段階で、実際に状況は深刻なはず。また(見る側の)経験則からすると、一旦そこにハマると、何をやっても、大抵は裏目に出て迷走する。大型補強や監督交代が功を奏することもありますが、(輝かしいドラマによる驚愕や興奮がもたらす印象ほどには)その数は多くない。いわゆる「自分たちのサッカー」を貫いて来た結果が厳しい現状であり、クラブとしても(特に出資者や株主に対して)「何かをした」という姿勢と事実を示さなければならない以上、その最も簡単で判りやすい方法として理解は出来るんですけれどね。個人的には、あくまで現体制と現有戦力で戦局を変える方向で頑張って欲しい(主に、結局は失われるお金のことを思うと。まあ、それが上手く行く率は、大型補強や監督交代が功を奏するより、更にまれなような気もするのですが…。今の時期ならまだV字回復の目もある)。

 そんな中、明日は札幌ドームにC大阪を迎えてのルヴァンカップ プレーオフ第1戦が開催されます。ルヴァンカップ自体も、実は勝ったら勝ったで、チームとして今後どういう姿勢で臨むのか、内外に向けて、ますます難しいことになって行くような気もしなくはないのですが、今のコンサドーレにとって唯一明るい話題の要素でもあるため、ここは大事にしたい。もちろん、勝って弾みがつけばそれに越したことはありません。

 テキストでしか試合を追えていないので、誰が良い悪いは判りませんが、まずは守備から、と言っても後ろを厚くするのではなく(そのつもりで人数かけてもどうせ抜かれたり押し込まれたりしますから)、中盤で(2列目で)ガッツリ守備をして、早め早めの前への展開とシュートで主導権を握って欲しい。あと、四方田監督には、できれば選手それぞれが最も得意なプレーで自分の色を活かせるような布陣をお願いしたい。もちろん、ラインナップは考え得るベストのもので(次のリーグ戦は中2日でまたホーム、相手は同じ昇格組の清水、意識せざるを得ないでしょうが、ここで戦力をケチって負けた場合、土曜日の観客数やファンのモチベーションに与える影響が大きそうですし…)。

 明日は残業しながら応援します。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Last Wednesday, Hokkaido Consadole Sapporo appeared to the second round of the Emperor's Cup and lost it against an amateur team Iwaki FC and left the tournament easy and early. The blunder on the holy home pitch of Atsubetsu was totally different from previous one, 3-0 perfect defeat in Kashima (especially for the fans in the roofless stadium soaked to the bone after the extra 30 minutes). However, it always happens in the Japan biggest tournament games and an upset or giant killing is even a kind of catch copy of the event; it was rather expected.

So at least if they won the next league game in Kashiwa, they could say it was rather great opportunity to focus their attention on the rest of the league; however, actually they failed in that; it ended in 2-1 for Raysol as another disappointment.

With this background, the first game of Levain Cup play off on this Wednesday that they will meet Cerezo Osaka in Sapporo Dome turned to be difficult and important. Yomoda might want save his key players as many as he can for Saturday's league game against Shimizu S-puls again at the Dome but acting too much carefully can be not good. Surviving Levain Cup is now almost only bright topic for both fans and team; of course, the most important thing for the club is to stay J1 so that the result in the league make them nurvouse. Still, missing the chance that fans can get excited or they are porud of the team, just for the next game never seemed to be good idea. Atmosphere always can be great concern. And the thing more worried about is when we cannot any point from Shimizu after we gave up the cup game from the first. It can beat us all down and bring big confusion mainly because of the dismay.

I want Yomoda to chose the best line up for Cerezo rather than prepare S-pulse even though the time the club think about the action to change the situation is aproacing and generally replacing head coach is their fist option. And I also want him to give his players the positions they can work with their own strengths and caractors. Although they might try tight defence, too much difensive would not work. Try to play closer to the center line as possible instead of their goal and attack quickly and finish it off; once they have the lead first, there is a good chance to stay that to the end.

Tomorrow night, I check how it goes with the internet while I work late. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |23:29 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする