コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2017年03月05日

Harsh season starting

 開幕戦に敗れ、それでもグッと顔を上げたいところでしたが、さすがJ1、現実は厳しいです。第2節、三ツ沢での横浜F・マリノス戦は3-0の完敗かつ大敗。正直、心の準備は出来ていましたが、目の前で見るには少々辛い内容と結果でした。

 マリノスが明らかに様子を見て力をセーブしていた前半、こちらの右サイドから再三攻め込まれながら、石井と進藤で斎藤学を(危なっかしいながらも)抑え込めていたように思えたことも、悔しさを増しているかもしれません。後半、向こうがスピードを上げて来たらああは行かないことは判っていたのですが…。

 いい勝負をしているように見えたあの前半で、向こうは狙い所を絞っていたのでしょう、後半からいきなりギアを上げて来た相手に、あっさりおいて行かれた形の失点。斎藤学のクロスに斜めに走り込んだダビド バブンスキーの速さは前半とは別物でした。強烈なシュートであっさりと失点。

 実は同じやりかたは札幌にも出来たと思います。後半の頭から(足技がキレていたにもかかわらずJ2の頃のようには行かず)苛々していたジュリーニョを諦めるか、スピードと縦への突破が物足りない左サイドの田中を下げてジュリーニョを移すかして、内村を使っていれば、こちらも攻撃力を上積み出来、結果的に相手の攻勢を減じられたのではないでしょうか。まあ、結果論ですが。いずれにせよ、あれで完全にホーム優位の流れが出来上がってしまった。直後、全体的に腰が引けたところを再び斎藤学に凄いドリブルで切り込まれ、シュートまで打たれると、ソンユンが一度は弾いたものの、しっかり詰めていた富樫にこぼれ球を押し込まれて追加点を許し、実質勝負がつきました。後はほぼ防戦、それでもフィニッシュの手前まで行く反撃の回数は少なくなかったと思いますが、得点には至らず。28分、交替で出て来たばかりのウーゴ ヴィエイラのトリッキーにも見えた技術の高いボレーでソンユンが股を抜かれて、チーム力の差も思い知らされました。

 やはり、最終ラインが弱い。絶対的なDFリーダーの不在が響いているのは明らかです。スピードで劣る、スタミナに不安があるとは言え、河合に頼った方が良いのでは。また、攻撃では縦に持ち込む意識が低いように感じました。サイドからドリブルで攻め込めている時のクロスを入れるタイミングが早過ぎる。さほどプレッシャーがかかっていないのに…何故?という場面が少なくなく、もったいなかった。後はシュートの精度。結構、打ててはいただけに、せめて枠を捕えていれば…と思わずにはいられません。そして全体的にはプレスが緩い。寄せて抜かれたらお終いというリスクを取っているのか、J1のスタイル(?)に合わせているのかは判りませんが、主導権を取れないならば、せめて相手のやり易さを封じるくらいはしないと。

 一方で、全く希望が感じられないと言うわけでもなかったことも書いておきます。深井はところどころ輝きを放っていましたし(相方が宮澤であれば…)、兵藤は技術が高かった。福森のプレースキックは相変わらず良いところに行きますし、やりようによってはどうにかなるんじゃないかという可能性のようなものはありました。ビジター席を埋め尽くしたファンからも、そういう手応えを感じていることは伝わってきました。問題はその「やりよう」をどうするか。先制され、突き放されてからのこちらの交替は、進藤→金園(58分)、ジュリーニョ→内村(65分)、福森→河合(83分)。今後、どういう戦い方を目指すのか、あるいは方向変換を図るのか、四方田監督の采配にも注目です。

 ホーム開幕前の2試合、ひとつ負けた後に勝てないまでも引き分けられれば、「やはり駄目か…」と「まだやれる!」の間で印象の差も随分違ったのですが、これで次節のホーム開幕戦、札幌ドームでの昇格組直接対決、セレッソ大阪戦の持つ重要性は跳ね上がってしまいました。何とか勝ちたいところ、昨季のドームマジックが、まだ続いていることを祈るばかり(ちなみに当方の生観戦連敗は継続中…)。ホームのファンの皆様、後押しをよろしくお願いします。長いシーズン、まだ始まったばかりです。厳しくても頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo starting this season as one of newcomers to J1 league seems to have faced the difficulty for playing in higher class; Saturday, they lost the night game against Yokohama F Marinos in NHK Spring Mitsuzawa Football Stadium by 3-0 perfect score for the home team following previous game in Sendai and already got in tight corner.

In the first 45 minutes while Yokohama was still playing a little carefully and saving gas, it seemed as if they matched or it could be even a close game; in Sapporo’s right tide, Ishii and Shindo stopped the whirring dribble of Saito Manabu, and they also created some good chances to go ahead.

Maybe the first and only one chance for Consadole is the beginning of the second half. Uchimra’s speedy and sleek running to F Marinos goal could hesitate the home team and remain quiet for a while but Yomoda did not move, and it ended in the result they felt behind easily and quickly when the opponent just changed the gear to second. David Babunski’s super diagonal shot to Saito Manabu’s scooping up cross in the 4th minute was almost lightning for Consadole players (and for the fans in the stand filling the visitors area). And 8th minute’s Togashi’s score that he sent back the reflection from Gu Sun Yun blocking Saito Manabu’s shot from super dribble (again!) almost decided the game. Actually, Consadole held on and tried counter attack well; at least it was more than expected, still, far from enough yet. Two center midfielders, Hyodo (playing for F Marinos till last season) and Fukai worked well. Julinho who played as a forward next to Tokura was also good but got frustrated struggling against J1 quality defenders. Newcomer left side midfielder Tanaka ran up-down well but always was impatient to send crosses. The lack of accuracy in finish was problem too. They missed a few great opportunities because of poor finishes. Whereas Hugo Vieira, a Yokohama’s substitute made another super and tricky volley shot score going through under Gu Sun Yun’s legs to set the game, Sapporo’s substitutes Kanayama, Uchimura, and Kawai were nothing to remark. About Uchimra alone, it depended on how to use him though. And Kawai could work more as a center defender in the game from the start; absence of the strict defence leader is a weakness for the team obviously.

Anyway, now the surrounding of Consadole is very difficult before the season first home game on next Saturday, they meet Cerezo Osaka, last season’s rival for the promotion, in the Sapporo Dome. How Yomoda modify or boost up the team to hold on and hang on in the J1 league is waited to see. 

posted by masamaru(現地観戦) |16:42 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:Harsh season starting

右サイドは狙われていましたね。進藤選手にはこれから成長してもらうための良薬となってほしいです。次のホームで勝ち点が取れるのかどうか、これで今シーズンが決まるのではないでしょうか。

posted by tommy5310| 2017-03-05 20:59

Re:Harsh season starting

tommyさん

早々のコメントありがとうございます。

>次のホームで勝ち点が取れるのかどうか、これで今シーズンが決まるのではないでしょうか。

言えてますね。悲観的なわけでも弱気なわけでもなく、何シーズンも見て来たうえでの感覚として。だからこそ頑張って欲しいですけどねー。

posted by MasaMaru| 2017-03-05 22:09

コメントする