コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年10月30日

Sapporo face tense situation

 アウェイで熊本に0-2で敗戦、今季初の連敗。これで2位の松本山雅との勝点差は3、3位の清水とも6まで縮みました。リーグとしては盛り上がって来ましたが、追い上げられている当事者としては苦々しさも否定できません。

 それにしても、今日の熊本は素晴らしかった。積極性、運動量、持久力、特にプレスとセカンドボールへの反応は最初から最後まで札幌を圧倒。復興支援活動の一環として被災地から200人をスタジアムに招待しての試合だったと聞きました。地元を元気付けよう、勇気付けようという気持ちも有ったかもしれません。テレビで観ていても、熱が伝わって来るような戦いぶりでした。天晴れ。

 札幌は上原、前貴之、永坂というフレッシュな顔ぶれをスターティングラインナップに揃えて臨みましたが、このうち前と永坂は完全に裏目に出ました。前半立ち上がり、ほぼ一方的に押し込まれる展開の中、11分、熊本の斎藤にスピード負けした永坂がペナルティエリア内で手を使って引き倒してしまいPK献上、清武に先制ゴールを許し、その後もどうしても流れを引き寄せられないまま後半に入ると、65分、今度は前が自陣深いところで左サイドを支え切れず、片山にクロスから平繁のヘディングでリードを拡げられてしまいました。

 その後、札幌は神田(←前寛之)、ジュリーニョ(←永坂)、菅(←内村)と攻撃的な選手を投入、反撃を試みましたが、疲れ知らず、かつ、集中力が切れない熊本の守備陣を崩すことが出来ず。ジュリーニョはともかく、他の交替が効果的なものだったかどうかは疑問。そもそも、ハーフタイムの指示が「サイドを使って行こう」で、実際それが最も有効と思える状況だったことを考えれば、最初の二枚替えで、冴えのない都倉を残し、上原ではなく内村をサイドハーフに下げた意図は、トップに当てて横から追い越させるくらいしか思いつかないにもかかわらず、主体的にそういうプレーをする場面はほとんど見られなかったのがひとつ。更には、次の交替で(前節同様)最も得点の匂いがする選手である内村を菅と替えている。いや、菅は菅で予想以上に良くはありましたが、なら、最初から使うか、もっと時間をあげれば良かったような。いずれにしろ、ちぐはぐ。

(何故石井を使わないのか。最初の交替を都倉→石井として前に内村と上原を残すか、最後の交替が堀米→石井でも良かったように思うのですが…。ベンチに入ってはいても、コンディションが良くないのでしょうか。いずれにしろ、やはりもっと余裕がある時期や、日程がタイトなところでもっと若い選手や二番手どころを多く使っておくべきだった。固定された顔触れでここまで戦い続けて来てしまったことは、彼らの経験値を上げられなかった点と、一線級を疲弊させ過ぎた点で、今季の四方田札幌の数少ない失策でしょう。)

 まあ何を言っても、ここに来て出来ることはそう多くないはず。特にファンは、焦れる気持ちや不安をグッと堪えて、むしろこの状況を楽しむくらいの構え方で良いかもしれません。選手には今季の自分たちが強みとして来た点、堅実な守備と中盤で奪ってからの素早いサイドへの展開、自らやりやすい状況を作って、しぶとく守り切るサッカーを思い出してもらいたい。まだ、何も終わってはいません。ここからが勝負、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo met Roasso Kumamoto on the away pitch of Umakana Yokana stadium and lost it by a perfect score for the home team; 2-0. It is the first time for Sapporo to lose two games straight in this season; and with this result, the difference of the point between the league leader Sapporo and second placed Matsumoto Yamaga finally got closer to three.

It was the game that Kumamoto kept overwhelming and pushing Sapporo from the first to the end with the aggressive play based on the strong presses and hard work and also the fighting spirit especially to cheer up the people invited for the game; now still suffering from the earth quake damage.

Some fresh players were in the starting lineup of Sapporo for this game but young Nagasaka and Mae Takayuki totally backfired; Nagasaka directly caused the penalty kick in the 11th minute Roasso went ahead, and Mae also could be a trigger of the next goal in the 65th point allowing Katayama to break his right side and to send cross to Hirashige.

Yomoda, the head coach of Consadole, sent more offensive substitutes such as Kanda, Julinho, and another young talent, Suga; but it was a little late or would not work. It was unfortunate for Consadole too that Roasso defence was tight, keen, limitless-energetic, and incredibly concentrated. It also help the team mates’ counter attacks very well.

(I cannot believe Yomoda gave up Uchimura who seemed to be the closest to goal, and stuck Tokura to the end; maybe he was expected as a target in the front line but first of all, they had not done soccer like it would work.)

Anyway, Consadole is getting a little tense situation with the rest 4 games in the final stage of the season. However, also there is not so many things they or we can do now; why they or we do not have fun? For players, to remember and review their play style of this season; hard defence and quick side attacks. Still nothing end. Go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |19:57 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:Sapporo face tense situation

最初のPKは永坂の責任ではないですよ。
福森がかわされてえスペースに齋藤が走り込んでカバーのために永坂が絞ってきてやむを得す齋藤を倒してしまったというシーンでした。ただ。永坂はその失点で明たかにテンションが下がりました。気持ちをあげることができなかったのが、若いというか悪かったですね。
途中で4バックにしてサイドを内村にやらせたのは確かによくわからなかったです。都倉がまったく機能していなかったので、都倉に代えて謙伍を入れる手もあったと思います。
いずれにしても疲労感が出ている選手は次は先発で使わないでほしいと思います。
福森もさっぱりでした。次の讃岐戦はメンバーを一新させる手もあるかと思います。

posted by 孔明| 2016-10-30 22:32

Re:Sapporo face tense situation

本当に最低最悪の試合を観せられた気分で腹立たしい試合でした。このままだと全敗してPOに回る事もあり得る様な、そんな試合でした。特に、永坂、前貴、上原あたりは、何故スタメンで起用されたか考えて欲しいです。
孔明さんも言われる様に疲労感ありありの選手は次節使わないで欲しいと思います。
個人的には次節、DF陣は進藤・河合・福森の組み合わせで。こういう時こそ河合の喝でチームを変えて欲しいと思います。(欲を言えば福森も下げたいですが代わりがいないもので…)後ボランチで菊地を試して欲しいと思います。少なくとも宮澤と前寛の組み合わせよりいいと思います。次節は宮澤と菊地のボランチで。
どちらにせよ大幅にメンバーを変えないと本当にまずいです。少なくとも次節も同じスタメンなら呆れ返ってしまいます。

posted by れいほう| 2016-10-30 22:46

Re:Sapporo face tense situation

孔明さん、れいほうさん、コメントありがとうございます。

孔明さん、

>最初のPKは永坂の責任ではないですよ。

プレーは全部繋がってますから、もちろん永坂一人の責任とは思いませんが、追い付いてはいましたし、結局手を使って倒してしまった(と少なくともジャッジされている)わけですから、やっぱり永坂かと。まあ、じゃああそこで倒さず抜かれていたら結局失点だろうという見方も有りですけれど。あのファウルを抜きにしても決して良くはなかったですし。

>いずれにしても疲労感が出ている選手は次は先発で使わないでほしいと思います。
>福森もさっぱりでした。

メンバーを固定して戦い続けた影響がここに来て出てますね。都倉もですが、福森も、ここまで決定的な仕事を多くして来ました。監督も、印象として外しづらい(外したくない)部分があるかもしれませんが、思い切った決断も必要かと思います。

れいほうさん、

すみません、私はそこまでは怒ってないんですが(笑)、

>特に、永坂、前貴、上原あたりは、何故スタメンで起用されたか考えて欲しいです。

同感です。ここで活躍せず、いつ自分の存在を主張するのか。とは言え、今までほとんど試合に出ていないのに、ここにきて急に活躍しろと言っても難しいか…というのもまた事実(以下、メンバー固定についての、上の孔明さんへのお返事にリンク)。

>ボランチで菊地を試して欲しいと思います。

いや、私は菊池はちょっと信用し切れないので反対です。上里が使えるなら上里が良いのですが、ベンチにも入っていなかったところをみると怪我でしょうか。菊池を一枚上げて使うなら、小野を一枚落として使う方が、まだ見てみたいです(でも、90分は無理か。結局誰かが必要になる…。ジュリーニョを転用出来ないかな?)。

posted by MasaMaru| 2016-10-31 00:19

コメントする