コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年08月22日

Still not enough to break though…

 気温や湿度といった予想される条件の厳しさに加えて、正直、苦手な印象がある西京極の試合で心配しましたが、結果は0-0の引き分け。勝てればそれに越したことはなかったですが、これも正直なところ、引き分けでほっとした部分も。幸い松本山雅も山口と引き分けたため、すぐ後ろとの差は縮まらなかったことですし(一方、C大阪と清水がまたしぶとく上がって来ました。まだまだ気は抜けません)。


 と言っても、内容が“引き分けで御の字”だったわけではありません。むしろ、プレスやチェイス、攻撃の仕掛けについては「暑いだろうに大丈夫か?バテないか?」と心配になるほど、ここ数試合では最も良かった。特に前半は堀米が、縦に運ぶ意識とトライする気持ちが感じられて素晴らしかったです。7分、堀米のプレスから相手ディフェンダーのミスを誘い、深井のシュートがコーナーキックになった場面、あそこで先制出来ていたらと思わずにはいられないプレーでしたし、他にも、特に内村が同じ左サイドに流れて来た時に可能性を感じさせるプレーが見られました。

 ただ惜しむらくは、それでもプレスは京都の方が上だったこと。悪い時のようにズルズル下がるとまでは行かないものの、やや斜め後ろを向く形で相手に押し込まれる場面は次第に増えました。京都は今節、札幌に合わせてフォーメーションを3バックに変えて来たとのことでしたが、結果、双方がサイドから攻撃を仕掛け、互いに良く防ぐという展開に。やがて、こちらの左が機能していると見た京都が反対側、つまり、こちらの右サイドから押し上げることを選択して、カウンターの打ち合いとなりますが、試合は動かず前半は終了。

 四方田監督は後半開始早々、堀米に変えてマセードを投入(ポジションは彼自身の右WBに。右にいた荒野が左にスライド)。先に書いたとおり、堀米は悪くなかったですが、マセードは更に良かった。53分にはカウンターからマセードが長いドリブルの後に中央に切り込み福森へパス、福森のクロスに逆サイドの都倉が飛び込んだ場面は実に惜しかったですし、直後にもマセードのクロスにジュリーニョがヘディングシュート、これに左の荒野が詰めていた攻撃も惜しかった。それまで右で守備に追われていた荒野が自由になって存在感を増したこともあり、流れがこっちに来たかと思ったのですが、ここを凌がれたのが痛かった。78分には内村を諦め小野を送り出し、また新たな波を起こし、84分には膝を痛めた(?)深井を上里に替えリフレッシュを図り、最後は宮澤を後ろに下げて増川を上げるなど点を取るための手を尽くし、実際、小野とジュリーニョにそれぞれ惜しいシュートもありましたが、ゴールには至らず。それでも、運動量もそれほど落とすことなく、最後まで積極的に攻める姿勢が見られた良いゲームだったと思います。

 木曜日にはドームで熊本戦です。タイトスケジュール再びですが、上位を争う他チームと試合数が並ぶここは、本当に重要になる。今日、ターンオーバーが見られなかった以上、次もベストの戦力を注ぎ込み、週末の天皇杯を控え組で戦うことになるでしょう。主力にはもう1試合、働いてもらうことになりそうです。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!


It was never bad game and result. Sunday, Hokkaido Consadole Sapporo drew with Kyoto Sanga F.C. on the away pitch of Nishi-kyogoku Stadium by really hard score of 0-0. It had been thought to be very difficult for the northernmost J league team because of the deference of the temperature and humidity between Kyoto and Sapporo, and also the players’ exhaustion was worried even though it was night game, but they fought and held on the tough situation after all, whole 90 minutes. It seemed that even they took back the hard working and pressing and vertical dribbles all getting quiet lately, although it was still not enough to break Kyoto’s defence line and shook the goal net finally.

Both teams kept watching and using the space of the sides of the pitch for offence and pushed back well each other. It moved to exchange of counterattacks but it was stuck too. Kyoto had changed its formation to 3 defenders just to match Sapporo; and it would work totally.

For Consadole, Horigome Yuto was good with his try full of fighting spirit in the first half, but substitute for him; Maced, was more. He created many chances with his dribbles and crosses.

(Accurately, Horigome’s left side wing back was taken over by Arano who had been played the other side that Macedo was sent for. This kind of a little complicated position change or reaction have often seemed in the team and actually, have worked well.)  

Yomoda also sent aggressive players Ono Shinji and Uesato and they answered his demand with their skill; especially, Ono’s shot in the additional time was so close.

This day, the second placed Matsumoto Yamaga FC drew with Renofa Yamaguchi too, so the 6 point lead of Sapporo to Matsumoto Yamaga whole remained. Next game will be on Thursday night; tight schedule again, but it is on the home pitch of Sapporo Dome fortunately, and many players can rest weekend that the first round of the Emperor’s Cup will be held; Yomoda play that with substitutes. So work hard again and show the fans how the team strong on the pitch of the dome with the cheer and support from fans of home town, go, Hokkaido Consadole Sapporo!

posted by masamaru |00:24 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:Still not enough to break though…

前半攻撃の起点となっていたゴメスを代えてまで試合を動かしたかった四方田監督には勝負師としての姿を感じました。
前半無得点だったので何かを変えないといけないなと思っていましたが後半頭からマセードを入れるとは思いませんでした。これはゴメスが悪いというわけではなく、右サイドを活性化させたいというは戦術的な意図からですね。
四方田監督はこのところ交代策は先手先手を打ってくるので凄いと思っています。今日も勝ち点1ではなく勝ち点3をとるんだという意志が見えました。
でも京都の守備を崩したかったですね。チャンスはありましたが決定的なシーンが少なかったように思います。
この引き分けは一歩前進ですが、次の熊本戦に勝たないと意味は薄れます。次は必ず勝ってほしいと思います。

posted by 孔明| 2016-08-22 01:24

Re:Still not enough to break though…

孔明さん、コメントいただいていたのに、失礼しました。

四方田采配は今日(群馬戦)も冴えていたと思います。今日みたいに選手にパッとしない部分が目立つ試合でも拾えているのは、監督によるところが大きいのかも。熊本戦は観ていませんが、少なくとも、今日は能動的な勝利と言えるのでは。このまま、駆け抜けて欲しいものです。

posted by MasaMaru| 2016-09-11 18:10

コメントする