コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年07月31日

Tactician leads team to win again

 前半こそ前回対決から10試合でここまでチーム力に差が付くかと言いたくなるような圧倒振りで、リーグでも勢いのある山口から2点をリードしましたが、後半は、勝っていると(悪い意味で)引き気味になる癖と暑さのダブルパンチか、やや精彩を欠き1点差まで詰め寄られた札幌。しかし何だかんだでしっかり逃げ切って首位をキープ。お見事です。

 21分、先制は福森のフリーキックに都倉のヘディングという、もはやデジャヴのような形から美しく。キックの精度とフィニッシャーの強さが揃った、やられた方にしても、あれはどうしようもないという得点。追加点は38分、ジュリーニョの個人技から。ボールを持った状態からきっちり前を見てドリブル、そのまま狙い通りに打って決めたミドルシュートは、前節岐阜戦でのハットトリックの勢いとリズムをそのまま維持していると思わせ、大いに頼もしかったです。また、個人的にはどちらの得点場面でも、最後にゴール前へ詰めていた荒野のサボらないプレーも賞賛したい。

 しかし前述出どおり、後半は一転、山口のペースに。押し込まれる時間帯が増えます。しかし、ここで流れを取り戻すための交替が、攻撃のテコ入れ(堀米→内村。トップ下の荒野をボランチに)だった辺りに四方田サッカーの方向性が見受けられますが(welcome)、それも残念ながら思ったようには機能せず。嫌な場所で突破された状況に加え、脚が止まりかける時間帯的に仕方がなかったような気もしますが、68分、荒野のファウルで与えたフリーキックから失点。ただ、ここですかさず動きの落ちたジュリーニョを下げて小野を投入、まずチームと試合を落ち着かせ、彼のフリーキックから増川のヘディングがポストを叩くなど惜しいシーンも生まれながらそれでも相手の勢いをとめられないと見るや、福森に替えて櫛引を投入、小野を前線に残した5-4-1の布陣で安全に逃げ切ったのは、間違いなく指揮官の手腕でしょう。素晴らしい。

 ピッチ上での今節のM.O.Mはマセード。90分(以上)運動量を落とすことなく攻守に大車輪の活躍。最後まで一番走れていたのではないでしょうか。いつもあれぐらいやっていただければ、今以上に頼もしい存在になってくれると思うのですが。次点は荒野と福森、そして毎度の増川。

 次節は今季降格組の清水エスパルス。ダントツで昇格を狙っていたはずが、思うような結果を残せていないというのが現状だと思われますが、力があるクラブとチームであることに変わりはありません。ただ、無配が続くドームでの試合ですので、きっちり返り討ちにして首位での昇格にまた一歩近付きたいところ。期待してますよ、頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Hokkaido Consadole Sapporo showed its strength to Renofa Yamaguchi in Sunday J2 league game at Ishin 100th Year Memorial Stadium with 2-1 victory. 

Tokura’s going ahead heading goal to Fukumori’s accurate corner kick in the 21st minute and next scoring from Julinho’s skillful dribble and grounder middle shot in the 38th minute both represented current Consadole and seemed to almost decide the game, however, tiredness from the hard work in the first half and the deference of the temperature between Sapporo and Yamaguchi made Consadole players slow down. Yomoda sent the ace forward Uchimura for center midfielder Horigome to spice up the team more aggressively but it did not work; finally Arano’s foul drew the home team’s free kick and allowed the equalizer in the 68th minute.

But Yomoda’s next decision, ex-national team player Ono Shinji replacing Julinho who clearly had been running out of gas totally rebuilt the team. Besides that, once he found already there was no way to booth up his players, he changed Fukumori to Kushibiki to refresh the defence and succeeded in staying the lead in the end; it was excellent.

About the field players, Macedo deserves M.O.M. He worked hardest among all players on the pitch in this game and actually threatened their opponent and saved his teammate the most. Arano, Fukumori and Masukawa were good too.

Next game they will meet Shimizu S-Pulse must be hard again, still, it is on holly home pitch of Sapporo Dome. They must expand lose-less streaks in there to 18 and fix the standing as league leader. We believe in and stand by your side. Go! Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |23:26 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:Tactician leads team to win again

前半と後半はまったく別のチームでしたね。
後半はいつもの引き癖がでてセカンドボールがまったく拾えない展開になりました。そして暑さからの疲労感がありありでまったく動けていませんでした。
よく勝ちましたね。J1相手なら完全に逆転負けした試合でした。
中盤でボールが収まらずに、相手の素早いパスワークになかなかついていけませんでした。
前半のリードがあってよかったです。
次は難敵清水。
しかし、ホームでやれふのでアドバンテージはあるはずです。必ず勝って清水をけ落としたいですね。

posted by 孔明| 2016-07-31 23:55

Re:Tactician leads team to win again

孔明さん

一週間もお返事せずに申し訳ございませんでした。

やりましたよ、ホームのアドバンテージをきっちり活かして勝ちました(予想した形とは違いましたが)。とりあえず今から今節分をupして、後程あちこち回ります。まずはおめでとうございました。

posted by MasaMaru| 2016-08-07 20:16

コメントする