コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2016年06月19日

Face guard captain lead team to win

 内村と都倉の好調2トップの間にヘイスを置いた変則3トップのような布陣の札幌。ヘイスは前線からの守備にまだ難があるものの、徐々にチームにフィットしつつ自分の持ち味を出せるようになって来た印象。ここは使って馴染ませて行こうという監督の判断でしょうか。ボランチは最も安定している宮澤と深井の組み合わせですし、足りないところは後ろでカバー出来るという計算もあったと思います。いざとなればベンチにジュリーニョがいますし。

 序盤から守備ラインを低めに設定、自陣における味方の密度を高くすることで裏のスペースを潰し、こちらの攻め手を消して来た北九州に、予想以上に苦戦。攻守の切り換え時に必要とされる運動量(自陣から相手ゴール前までの距離)を考えると、後々どうなの?と思わないこともなかったのですが、これが最後まで結構カウンターを喰らっていて、やはり守備の見直しが要るのではと思いました(DFの顔触れに変更がない以上、チームとしての守備時の連携)。20分、深井のパスミスから決定的な危機を迎えるも増川とソンユンが踏ん張って難を逃れた場面など、あそこで先制されていたらゲームが別なものになっていた可能性もありました。

 攻め込まれている時は前線の選手も戻って来ていますし、突っ立っている選手がいるわけでもないのに、ポカッとスペースを突かれてシュートを打たれてしまう。いわゆるマークの受け渡しが甘いのでしょうか。個人的には中盤でのプレスとインターセプトが、連勝していた頃より減っている気はしますが、そこは人を置けば良いというものでもないでしょうし、今はもう少し前に人を残して、自陣からの長めのボールを相手ゴールに近いところで素早く展開させたい様子も窺えるので、後はこちらも運動量とクウォリティを上げて行くしかないのかもしれません。

 ただ、実際、試合を動かしたのは札幌。前半アディショナルタイム、ボールをキープしながら中央へ切り込んだ内村が、左で空いていた石井へパス。石井のクロスは相手DFに弾かれるも、詰めていた宮澤がこれをゴール正面から蹴り込んで先制に成功。宮澤は今季初ゴール。やはり時間が残っている限り、最後の瞬間まで点を取ろうとする姿勢は大切。鼻骨骨折を押し、フェイスガードを着けてまで出場するキャプテンの強い気持ちと気合が表れたような得点でした(もちろん、引いた相手を崩すトライを見せた内村も立派)。

 これで気持ちに余裕が出たか、後半になると相手陣内でパスを繋ぐ場面も増え、得点には至らないものの自分たちのペースで時間を進め、68分には、おそらくボールの支配率をより高める意図からでしょう、ヘイスと内村を同時に下げ、ジュリーニョと前寛之を投入(ジュリーニョ→トップ、前寛之→ボランチ、宮澤→トップ下)。この辺りの切り換えは、四方田采配、思い切りが良いですし解り易くて好感が持てます。北九州も小松塁に本山と、雰囲気のある選手を送り込んで来ましたが、時折持って行かれそうになる流れを死守、最後はマセード→上原の交替で、久々の1-0勝利を飾りました(上原には元FWの意地と技術を見せて欲しい場面がありましたが…。次に期待)。

 今日は宮澤がM.O.Mだと思いますが、惜しいヘディングシュートが2回有った石井も良かった。嗅覚が効いていたような。左ウィングバックは次節も石井で良いのではないでしょうか。守備では身体を張るタイミングと場所が絶妙な増川も素晴らしかったです。ただ、先にも書いたようにチームとしての守備はちょっと不安な部分もありますから、しっかり練習して、ここからまた無失点試合を続けて行って欲しいです。ドーム不敗記録は15試合に伸びましたが、ここからしばらくドームでの試合はありません。ただ、函館でもきっちり勝って、北海道全域がホームであるとメッセージを送りたいところです。頑張れ、北海道コンサドーレ札幌!

Sunday, Hokkaido Consadole met Giravanz Kitakyushu on the home pitch of “undefeated” Sapporo Dome and beat it by 1-0, some people say the most beautiful score in the football world. Consadole had had difficulty with Giravanz’ even drastic defensive formation and counter attacks from that but very last moment of the first half finally cracked the hard nut by captain Miyazawa’s goal and they stayed the lead to the end. They also stayed the top of the league with this result and Consadole’s lose-less streak in Sapporo Dome counted magical 15.

It started from Ace Uchimura’s good try; he cut into the penalty area of Giravanz holding ball and made the offence wide by sending pass to Ishii in the left side. Tokura sent cross back it to the center and it was once blocked by a defender but Miyazawa had rushed in there and shot the reflection in to the goal strong and beautiful. This day Miyazawa had played wearing black face guard because of a fracture in his nose. For the last half, all Consadole players kept pushing back rival’s counter attacks (their defence could be steadier and thicker at least as it used to be, although the center defender Masukawa always good), but also never increased the lead. Miyazawa’s guts and fighting spirits decided the game and lead the team to the victory.

Next home game of Consadole Sapporo will be in Hakodate, another big city in Hokkaido, two weeks later. Of course, they have to prepare for the next game in Gunma before that but the funs in Hakodate must want to feel and be proud of their home town team Consadole. Keep working out and delighting us, go, Hokkaido Consadole Sapporo! 

posted by masamaru |22:07 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする