コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2006年06月11日

第21節徳島戦に思うこと/The 21st game of this season

 感想と言えば、正直なところ“徳島は気の毒だった”の一言に尽きます。まあ、ウチもこれまでジャッジに泣かされたことは数知れず、昨日はホームでしたし“これもサッカーだよ”と言えないこともないですが…。次に“何はともあれ勝てて良かった”。これで“堪え性もないけれど考えはもっとない”御仁達が、少しは静かになるだろうと。

 ウチの最初の2点に関しては、ツキも実力の内と言いますし、それを引き出すプレーをウチがしていたことも確かですが、それは今までの負け試合でもできていたことで、そこから得点まで繋げられたのは、やはり(徳島には申し訳ありませんが)相手の力量不足によるもの。対して2失点は明らかにここ数試合毎回やられている形なので、相手は関係ないと考えられます。よって、個人的には昨日は引き分けの評価。

 それにしても、ウチのDFはどうなっているんでしょう。選手の話ではなくチームの戦術としてのですが。5人くらい一列に並んでいるところに相手選手が侵入してきても、身体を寄せるでもなし、囲むでもなし。並走がせいぜい。速さで負ければ単に追走。相手のキーとなる選手を誘い込んで分離するためとでも言うならともかく、誘う場所がこちらのゴール前なのだから、さすがに心臓に悪い(加賀がいないことで、いつも彼のスピードと長い脚にどれだけ助けられているか良く解りました)。引いて守る相手を釣り出すための戦略だとしても、昨日の徳島のように強気のチームにその必要はない。となると、解説の野々村さんも少し触れていたように、敢えて守備で手を抜いて攻撃のための力を温存しているのか。

 攻撃的なサッカーが柳下コンサの旗印ですから、それならそれでもいいです。と言うか、どのみち今季のここまでの闘いっぷりでは、守備はある程度諦めるしかないし。ただ、だとしたらもっと全員で攻撃しなければ。休みが少なくて疲れているにしても、文句なしに走れていたのは砂川とフッキだけ。疲れていないはずの金子はもっと動いて欲しかったです。西谷も、アイデア、センスともにウチでは抜けた存在ですが、動き続けることはしない(まあ、個人の持ち味というものもありますし、3点目を見る限りでは、砂川との役割分担ということで良いのかもしれませんが…)。あと、石井。4点目は、二度続けて同じ形で利き足を塞がれたフッキが頭を使ったとも取れますが、実はその前の二度も、あそこに石井が走りこんでいればアシスト2だったわけです。

 とりあえず、勝てたことで自分達のスタイルが相手によっては通用することが解ったと思います。自信を取り戻すに充分だったかどうかは判りませんが…。問題は、それで通用しない相手にどう対応するか。理想と現実の匙加減ということになるのでしょうね。ただ次節の相手、仙台は理想と現実、両方を追って勝てるチームではありません。その辺は覚悟して観ないと…。

 私も(ウチの試合の観戦と感想書きを含めて)いつもの日常とW杯というイベントを楽しむこと、どちらかを完全に捨ててしまえるほど出来た人間ではないので、匙加減をですね、考えねば…。眠くて倒れます。

Consadole Sapporo beat Tokushima Vortis by the score of 4-2 for the first win in this 11 games at Sapporo Dome last Saturday! It could relieve pressure for the team and release us from that stressful situation. I wish if they get back their confidences by this win.

However, they (I mean WE) might have been lucky this time. Even us, Consadole supporter felt something unfair or inappropriate on the judge sometimes, and it helped Sapporo after all. Besides that, they were also helped by poor defence of the opponent.

But actually, when it comes on defence, Sapporo's players were worse than their rival. It was stretched and loose all the time and they did not eather move nor run so hard, except for Sunakawa and Hulk. It seemed as if they saved their gasses for their offence and it could be true if they had been fast and aggressive enough on the offence. In fact, it was also poor! Although they got four goals in the game finally, only last two goals deserved to be praised. Especially, our young striker Ishii lost great oppotunity for scoring and wasted Hulk's work twice from his lack of running!

Next much between Sendai still must be tough for Sapporo....  

posted by MasaMaru |23:55 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するトラックバック一覧
リンクについて 【無印良品の家 <pot-episode 3>】

HNを使い分けていたので、知らない人が大多数だと思いますが、 このブログは二つのブログを合体させたものです。 片方のブログではMUJI名義で家作りの初期を書いていたのですが、 当時からコメントをくれていたMasaMaruさんのページをリンクさせていただきました。 不都合だったら、お知らせくださいね。 やっぱ、日本代表よりコンサドーレの応援をしないと。 J1に向かって。...

コメントする