コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年10月27日

Kyoto blocked out Sapporo from play off

 地力の差が出た感じです。ここに来て6連勝、今日買って7連勝という京都の成績は、ただの勢いではない。今日、札幌が2-0で完敗したのは、上に行くべきチームと、実際そこまでの位置にいないチームの試合としては妥当な結果と言えるのではないでしょうか。

 とは言え、札幌も入りは悪くなかったと思います。スターティングラインナップはワントップに前田、2列目に砂川、内村、荒野、ボランチに河合と堀米、最終ライン以降は固定の顔ぶれと、現状で考え得る最良のメンバー。15分には砂川のFKがDFの隙間を突き、そこへ内村が抜け出すなど、あるいはと思わせる惜しいシーンも。

 しかし、直後の18分に、奈良のクリアミスを山瀬にかっさらわれて失点。流れとしてはありがちですが、一瞬の気の緩み、いや、緩んでいないまでも呼吸ひとつの休止でやられるタイトな勝負に泣く展開を象徴するかのような場面でした。そのすぐ後、20分には再びこちらのチャンス、右サイドから日高のクロス、前田が跳んで潰れて砂川が逆サイドからシュート、CKを得たものの同点には出来ず。26分にも内村の粘りと、対面する相手DFの股を抜く縦パスという前田のアイデアに荒野がきっちり反応、素晴らしいプレーを見せながら、得点には至らず。その後も早めのチェックとブロック形成で、縦へのスピードで勝る京都の攻撃を良く防ぎつつ、何度かCKを獲得するも、そこまで。むしろ、少しずつ多く走らされている分や、個々の局面で負けた時にファウルで止めている分が、後に響く不利としてじわじわと蓄積している印象はありました。

 京都にあって札幌になかったものは、勇気とスピード溢れるドリブラーの存在。自分達の良い形を造るために、“間”が大事な札幌に対し、京都はどんどん突っかけて、そこからリズムを作っているように見えました。以前はそこに美しさも求めていた感がありましたが、今は流麗さも後から付いて来るようでさえあります。この“攻性”に、常に少しだけ後手に回らされたのが痛かった。

 そんな状況を打開するために監督が取った、後半から砂川に替えてフェホを投入という手段は、なかなかドラスティックだったと言えるでしょう。点が入る形を拡げるための交代なのは明確ですが、フェホは砂川と違って攻撃の中継点にはなれず、ポストとして当てにならないことも判明しています。期待できるとすれば、あの長いストライドで抜け出された場合を警戒して京都の守備ラインが低くなる効果ですが、それにはいつでもフェホに縦のボールが出ると匂わせるため、それまで以上にボール支配率を高める必要があり、これが砂川アウトとは連動しないからです。前田を1列落としてボールの収まりどころとラストパスの供給役にするとしても、そこまでも、砂川、内村、前田、荒野は流動的にポジションを変えていて(それがチャンスを作っていた)、むしろ一枚減らして決定的なクロスやスルーパスが増えるとは思えませんでした。最も安易なフェホの身長を頼るという道でも、砂川が抜けたことで、彼にピンポイントで当てる選手がいなくなってしまっていたわけで。

 ドラスティックと書いたのは、ドリブルで押し込まれる分、クリアーをシンプルに大きくすることで、負けている部分を無意味化する、つまりは勝てない中盤をすっ飛ばして、蹴った走ったで出たとこ勝負という、指向するサッカーを変えてでも結果にこだわる選択をした可能性もあるため。ただ、効果を見極める前に、50分、左サイドから綺麗に入った相手クロスを受けた選手をペナルティエリア内で奈良が倒してしまい、PKから更に失点、点差が広がったことで、京都が守備ラインを下げたり、雑な撃ち合いに乗って来て隙を見せる率も低下。ツキもなかったです(ただまあ、次の交代が前田から榊だったことを考えても、戦術云々より選手個々の動きに賭けていた可能性は高いかも)。

 後はひたすら走りながら、出来ることを模索するだけ(だったのではないでしょうか)。65分にはCKから最後はソンジンのシュートがポストを叩く惜しいシーンがあり、76分には遂に札幌も本格ドリブラー、岡本を送り込みますが、既に前線と中盤のシナジーは失われており、ファンとしてはやや気の毒でした。しかも下がったのが内村なので、最後の計算出来る得点源を手放した感が勝っていたような。

 次節は千葉、次は神戸と、PO進出圏内にいるチームとの対戦が続きます。厳しいですが、こちらの頑張り次第では好ゲームとなること必至。いっそファンを楽しませることに専念して、良かった時のサッカーを貫けば、案外結果も伴うような気もします。個人的には勝ち負けへのこだわりは、リーグ戦での勝率5割未満で昇格を狙うことより、賞金が手に届く距離にある天皇杯で見せて欲しい気もしますし…。

 いずれにしても残り全部、やり切るつもりで戦って欲しいです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Sunday, Consadole Sapporo aiming at the play off from the 7th place met 3rd placed Kyoto Sanga F.C. on the away pitch of Nishikyogoku Sports Park Stadium and got blocked out by a score of 2-0. Kyoto expanded its winning streaks to 7 with this result to approach the play off, whereas Sapporo got behind and rather far from the tournament for the promotion to J1.

It could be even and close game at least first 15 minutes but once Kyoto went ahead with ex-Sapporo player (though it was long long time ago) Yamase’s goal that picked up Nara’s failure in clearance, the deference of quality and strength between two teams gradually appeared. Especially Kyoto players’ aggressive quick dribbles were overwhelming the visitors. Consadole still had kept managing that organized and patiently, it also made them get wasted.

From the second half, Zaizen sent the high tower Brazilian striker Ferro to replace an experienced midfielder Sunakawa with; of course to boost up the offence and to increase the opportunity for the score, however, it would not work that much. It seemed to even blow up the balance and relationship in the front line and ended in next scoring for the home team from the penalty kick in the 50th minute. What the next substitute Sakaki was the shortest player in Consadole is a little interesting but his speed and agility but finally he changed anything. Including Okamoto, the only real dribbler of Consadole, those substitutes just showed how the starting lineup had been good. Even though, they were not able to much Kyoto.

It is questionable that Consadole Sapporo deserves J1. Maybe entering to the play off is too much wishful thinking. But one thing unquestionable is they have to try best to excite fans for the rest of the season, for the last 4 games, and the Emperor’s Cup tournament games (personally, I think we can expect more from the Cup race). That can be the hope for the future and grow the team and club. Keep working on, Consadole Sapporo!

posted by masamaru |18:15 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする