コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年10月06日

Atsubetsu magic won’t work

 今季厚別最終戦を勝利で飾れず。それどころか3失点で完敗。

 プレーオフ進出の可能性が集客を増やすと見越して、2試合を厚別開催から札幌ドームに変更したとのことですが、HFC、浮ついているようにしか思えません。そういうことはまずチームが大事な試合にしっかり勝ち切る力を付けてから考えた方が良いのでは。こんな体たらくでは、昇格はおろか、ドーム開催にしたところで、望むような観客数を集めることは出来ないでしょう。

 まあ、会場変更は選手がやっていることではありませんし、今日の敗戦については、更に選手を責めづらいのも事実(選手は良かったというわけでもありませんが…)。この絶対落としたくない試合に、何故、あんなメンバーと配置で臨んだのか。センターバックにパウロンを入れたかったとして、なぜ、ソンジンを残し、右サイドバックにスライドしたのか。日高を(あれだけ結果を残している)定位置から弾き出すほど、ソンジンにサイドバックの資質があるとは素人目にも思えず、また更に意図不明なのが、その日高を、ほとんど経験がないというボランチで起用した点。

 財前采配、ここに来てまた奥深さを増しています。

 ソンジンへの執着は(完全に理解不能なので)脇に置くとして、日高のボランチ起用に関しては、そこまで他に適材がいなかったでしょうか。攻撃の加速が狙いであれば、これまでに実績もある砂川と宮澤の組み合わせで良かったように思いますし、サブの面子だけ見ても、河合、堀米、櫛引の誰であっても、(いつもどおり日高が右サイドバックであったなら)今節のフォーメーションよりは機能したと思うのですが。まさか“パウロン使いたい、ソンジンも使いたい、日高も外せない”といったような発想から駒を左右前後に動かして決めたわけでもないでしょうし…。ちなみに前線は、フェホのワントップに、2列目は左から砂川、内村、レ コン ビン。フェホとレの組み合わせについては、第30節愛媛戦の3点目が頭にあったのかもしれませんが。

 それでも開始すぐ、自陣からのボールに飛び出した日高に任せておけばよいものを、フェホが触ってオフサイドになってしまった場面などは、正直“これが財前マジックか?”とも思いました。ただ、そこで決められていればの話。3分には案の定、ソンジンのサイドから崩され、パウロンが股を抜かれて、ゴール前でフリーになっていたエデルに決められて先に失点。これで全体的に後ろが気になり出し、消極的なプレーや余裕のないプレーが増えます。16分、フェホが右サイドで倒されて痛がったプレーは、相手のファウルになりましたが、シミュレーションを取られていてもおかしくなかったと思います。直後の日高からのクロスに、フェホ→レ→フェホと繋いで押し込めなかった場面などでは、高さと強さも感じましたが(今日は特にヘディングを頑張っていましたし)、彼のああいう不要なプレーには本当にがっかりします。

 結局前半は、その後も幾つか造ったチャンスで追い付けないまま終了。パウロンのプレーが不安定かつ組織的な守備を壊しているため(コントロール出来ていない奈良も悪い)、上原が攻撃参加できない状態になっているのが致命的でした。日高が、後ろに引っ張られつつ、前でも期待された仕事をしようとして、前半から運動量が多くなっているのも気になったところ。いっそ宮澤が前に出るか、いつものように後ろで危機を摘むかのいずれかで主張してくれれば落ち着いたようにも思うのですが、宮澤だって慣れない相手でやりづらかったことでしょう。

 レ コン ビンは、走り回っているようで、実はそれほどプレスには行ってくれません。最終ラインにまで顔を出して守備を助ける場面もありましたが、それも、そもそも彼の右サイドで前から守備を出来ていないことで押し込まれていた結果(あるいは、日高のポジションを動かしたことが、ここでも影響したとも言えます)。流れの中のプレーでも、パスを受けてから味方へ展開するまでに少々時間がかかっている印象があり、ストライカーではなく、あのポジションで使うなら、もう少しスローなサッカー向きかもしれません(あれなら横野の方が良かったかも)。フェホも、2列目以降が充実していれば、守備を意識させるより、ゴールに向かうボールを追わせて走らせた方が相手にとっても脅威になり得る気がしますが、チームが今日の状態では厳しい。

 後半のポジションチェンジに期待しましたが、そのフェホを前田に替え、内村をトップにスライドし、2列目を、左に前田、トップ下に砂川、右にレとしたものの、後ろはそのまま。根本的な問題の解決にはなっていないような気がしたのですが、47分、またしてもソンジンが保崎に寄せ切れず、打たれたシュートを曵地が取りこぼしたところをエデルに押し込まれて2失点目(曵地も、前2試合は悪くなかったのに。チャンスに弱いのだろうか?)。攻撃でも、前田が自分でボールを運べる分、ゴール前に迫る回数は増えたものの、結局崩せてはいないため、得点までには至らず。

 しかし、55分、ソンジンを下げて荒野を投入、荒野をボランチに据え、日高を右サイドに戻すと、次第にスペースを使えるようになり、66分、砂川→前田→日高と中央から右サイドへ展開したボールは、日高のクロスと荒野の豪快なボレーシュートによる得点へ結実。“ほれ、見たことか!”と多くのファンが思った瞬間でしたが、しかしこの追い上げムードもそれほど長くは続かず、73分、パウロンが治療なのか何なのかピッチ外にいる間に、セットプレーから交代で入ったばかりのダニエルに流し込まれて、大勢は決しました。直後のカウンターで内村から上原に渡ったシーンは惜しかったですが、その後の見せ場と言えば、パウロンに変わって入った河合が僅か5分でイエローカード2枚を集めて退場となったことと、気が付けば3バックの組み合わせが、左から宮澤、奈良、荒野という不思議なものになっていたことくらいだったでしょうか。

 奇策は所詮奇策だったというところでしょうか。まあ、目を覚ますのには良かったと思います。本当は、前節の敗戦で覚めていて欲しかったのですが、出来なかったものは仕方がない。リーグは残り6試合、シーズン中、良かった時のサッカーを思い出して、良い試合をすることだけを考えて頑張って欲しい。シャキッとしろ、コンサドーレ札幌!今日の分も来週の天皇杯で楽しませてもらうことを希望。

Atsubetsu magic would not work. Sunday, Consadole Sapporo met Thespa Kusatsu Gunma on the holy home pitch of Atsubetsu Sports Park Stadium and lost it by 3-1 for the visitors. It was the season last game at Atsubetsu; Hokkaido Football Club had changed the stadium for next 2 games from Atsubetsu to Sapporo Dome expecting the team to enter the play off, but with this result, Consadole’s no lose streaks in Atsubetsu stopped by 8, and they might have fallen behind rivals besides that. 

It was unfortunate for Consadole players that Zaizen chose an unusual or even strange line-up and formation for the important game; it could confuse them not a little. No one knows what kind of reason made the manager put Hidaka on the center midfield and replaced him with Cho Son Jing, but both were definitely not for the position. Even though center defender Paulao’s who had come back from the injury pushed off Son Jing; there was no point in moving Hidaka for that. Consadole has other players for center midfielder but about right side back, nobody plays well the way Hidaka does. Maybe many fans foresaw this new attempt’s failure. Son Jing and Paulao caused losing goals twice for each whether it was directly or indirectly and the unstable defence even slowed down the offence too; actually, the high tower Brazilian striker Ferro was not so good from the first though.

Still, after Maeda took after Ferro and Hidaka went back to his original field by Son Jing’s out, they got refreshed and in the 66th minute, Arano who was sent for Son Jing just 10 minute before finally scored with beautiful volley shot to Hidaka’s cross from his right side, and turned Thespa’s lead to one goal. If next goal were for Sapporo, it would be deferent story; but in fact, it was for the other side. The 73rd minute’s Daniel Lovinho’s goal decided the game. Thespa kept playing hard and tight to the end and it was difficult for Consadole to push back after wasting too much time in a kind of funny surprise attack.

Aiming at the play off or the promotion to J1 cannot be wrong; it rather should be done for the professional team. However, there is other thing to think and to be worried about before that. When the team was in good condition, always there is hard press from the front line, quick pass changes, and long up down running. It was nothing special but something special came from those plays and helped the teammates each other. Maybe this lost game reminded them about that and we can see how they recover their soccer from here.

posted by masamaru |20:53 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(3) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:Atsubetsu magic won’t work

おはようございます。
コンサドーレにとって危機的状況だと感じています。
masamaruさんのおっしゃるとおり、財前采配奥深さを増しています。というか奥がなく、穴がたくさん開いているだけのような気がします。
POに向けて負けられない1戦、普通に戦えば負けないくらいの力差のある相手だったはずだと思っています。奇策を使って自滅という試合だったと思います。

試合終了後、審判に対するブーイングもひどかったですが「財前!」と叫ぶ声が多く、普段冷静なSSあたりからも聞こえていました。
財政的に単年度黒字にするのができるのかどうかという時に、大口スポンサーの不祥事もあり来年度も不透明感が強くなっている中です。来年度、監督継続の方向で打診があった中、監督に対しての不信感が一気に爆発するような采配をしてしまったのです。多くのブロガーさんが、今日は選手にはブーイングができなかった。とか書かれていました。反面、試合終了を待たずに帰る人が多かったり、これでだれも責任を取らない何も変わらないでは、我慢強さに定評のあるコンササポにも限界のような気がします。フェホにこだわるあまり、前線からの守備が崩壊し、パウロンとソンジンの2人遣いにこだわり、春にあれだけうまくいかなかったそんじんのSBに手をだし、日高を不慣れなボランチに置きました。

HFCは即座に、来年度の監督続投について白紙に戻す発表ををするくらいでなければ、今年度の残りの観客数の激減のみならず、来年度のシーズン券の購入数などの減少が起きることは明白だと思います。実験的なスタメンをしてしまった代償はあまりにも大きいと思います。現場の責任者が何らかの責任を取る形でなければ、監督が変わるまで、離れるサポが出てきてしまうと思います。どう思われますか?

posted by まさひろ| 2013-10-07 07:03

Re:Atsubetsu magic won’t work

まさひろさん、熱いコメントをありがとうございます。どう思うかの問いにお答えする前にまず、

>というか奥がなく、穴がたくさん開いているだけ

笑ってしまいました。いや、私はそこまで言ってないですよ?(笑)

財前采配について、あえて“奥深い”という表現を使い続けているのは、それはそれで面白い面もあると思うからです。意外性というのはいつだって力になり得ると思いますから。ただ、状況が状況だけに(少なくとも公表している限りでは。この点、次の段落へ)、まさひろさんが仰るように、普通にやって勝っても良かったのではと思いました。

>HFCは即座に、来年度の監督続投について白紙に戻す発表ををするくらいでなければ、

ただ、これはないと思います。こちらで記事にして投稿しようと思いながら上手く書けずにいるのですが、HFCは、実際は既に来季もJ2を想定していて、財前監督の育成力(あるいは教え子のやりやすさ)と、こうした試行錯誤の中で開発されて行く選手やチームの可能性を重視していると思っています。内村、河合両選手の早々の囲い込み、石井謙吾の呼び戻し、(個人的には全員好きな選手ですが)J1対策とは思えないこれら全てがそれを裏付けていると思えてならないのです(もう一人、私の好きな砂川が今月中にでも契約更新すれば確信が増すのですが…)。

だから、今季昇格しないのはクラブとして既定路線で、誰かが責任を取るような事態にはならない(しない)でしょう。まさひろさんが心配されている、対ファンでどうこうの話なら、私はむしろ、そういう腹づもりでいながら、一方でプレーオフ進出や昇格狙いも標榜して、マスコミぐるみで煽っている姿勢の方が(前にも書きましたが、興業的には大事なことなのでしょうけれど)、何処か裏切りのような気がして残念なのですが…。どうでしょう?

posted by MasaMaru| 2013-10-07 23:49

Re:Atsubetsu magic won’t work

そうですか、既定路線なら仕方がないと思います。ブラフでもそうマスコミを利用する手もあると思っています。
来季J2が既定路線。J1はお金がかかりますしね。この時期PO争いの順位あたりで、ダチョウ倶楽部のような譲り合いがありますしね。今年の大分、その前の札幌、その前の湘南と、力が足りないとボロボロにされますものね。譲り合いにもなります。
まあ、それでも財前さんは、育成は上手でも、トップチームの監督に必要な選手や試合を見る目が足りない気がします。

posted by まさひろ| 2013-10-08 06:03

コメントする