コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2013年01月02日

年越し旅行―伊東―

Ito


 A Happy New Year! 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

 今回の年越し旅行は伊東に行って来ました。伊東への旅行は二回目ですが、海も山も綺麗で良いところです。天候にも恵まれ、大変楽しめました。

 写真は「なぎさ公園」にて。ちなみに写真に向かってドーレくんの左側に小さく写っている平べったい島が初島。写っていませんが、右側には伊豆大島が望めます。


Ito ホテルは伊東駅から歩いて数分。海と街を一望できる部屋は、選んで正解でした。

 ホテルと駅の周辺を散歩する他は観光らしい観光もせず(それでも充分観るところはあり、楽しかったのですが)、ひたすらのんびり、美味しい食事と土地の酒と、温泉とテレビとお土産ショッピングを楽しみました。


Ito ホテルの食事では、二日目(元日)夜の、伊勢海老のお刺身と鮑のおどり焼が印象的。

 伊勢海老のプリプリした食感はやはり特別なもの。



Ito 鮑は、火をつける前に陶皿の蓋を開けた時に妙に端に寄っているなと思ったのですが、逃げようとするらしいです。本当かネタか判りませんが、いざ蓋を開けた時には中が空で、慌てて探したこともあるとか。

 バターを落としてレモン汁を絞って食べるのですが、ナイフを入れる時の柔らかさと、キュッキュッとした歯応えのコンビネーションが絶妙。

 食事は美味しく、量も多くて、毎食嬉しい悲鳴でした。

 残すのも申し訳なく、N嬢の必殺“天婦羅用の抹茶塩で食べ切れないおかずを具にお櫃のご飯をサッと握ってサッと袂へ投入”が炸裂、夜食とさせていただきました。


Ito 滞在二泊三日で飲んだ地元のお酒。

 個人的に一押ししたいのが、地ビール「伊豆のビール」(伊豆斎藤農園)。“伊豆の”と謳われていますが作られている場所は伊東市伊佐美です。「テムズ」(スタウト?)「ライン」(ドゥンケル?)「モルダ」(ピルスナー)「ドナウ」(ライトなピルスナー?)と、世界的な河の名を冠した4種類があり、中でも、キリリとした苦みと奥行きある味わいとコクの「テムズ」と、ベリーとかグレープとか果実のアロマが物凄い(麦芽とホップ以外は使われていません)「モルダ」は、お薦めです。


Ito スウィーツ部門では「おっぺけ屋」の胡麻饅頭を押したいと思います。

 饅頭の生地はツルツルのもっちり、香り高い胡麻餡はしっとりずっしり、しつこ過ぎず。季節限定の桜饅頭はお土産で買って来てまだ食べていませんが、こちらも期待できます。


Ito オリジナルのマスコット、おっぺけ君も可愛いです。記念撮影に大人気。

 人通りが途切れるとお店の前のベンチに座って待機(休憩?)するのですが、その所在なさげな姿がまた…(笑)。



Ito 酒のつまみ部門(?)ではやはり干物です。いたるところ店先で色々な地魚を干していますが、美味しそう間違いなさそうに見えても、魚の種類やサイズ、金額を比較しつつ、あえてぐるぐる広い範囲を回って見ることをお勧めします。

 私的には写真右の金目鯛と、大ぶりの鰺を購入した「鰺屋」が一押し。お店の規模、作業風景、買った魚を新聞紙にガサガサッと包んでサッと袋に入れてくれた手さばきなど、高感度大、金目鯛は先ほど早速焼いて食べたのですが、身は締まってふかふか、脂はしっかり乗っていて、大変美味しかったです。


 ちなみにお世話になったホテルはこちら、「ホテル伊東ガーデン http://www.ito-garden.com/ 」。ありがとうございました。伊東には是非また行きたいです

Ms. N and I went to Ito, Shizuoka to spend over the year. It was our second time to visit there and we totally enjoyed the local food (especially sea food), local sake, craft beer, hot spring and shopping again.

The ocean view over the down town of Ito from our hotel room terrace was really nice and beautiful. Ito’s mountains and sea are both good to see; very attractive. Although we only spent easy during our stay, we felt that enough with fine weather and mild climate.

We really like there!


posted by MasaMaru(横浜在住) |20:57 | A piece of my life | コメント(2) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:年越し旅行―伊東―

本年もよろしくお願いいたします。
温泉で去年の疲れをビシッと取って、
今年一年も元気に過ごしたいものですね。

posted by tommy5310| 2013-01-04 11:35

Re:年越し旅行―伊東―

tommyさん

コメント気付かず、ゴメンナサイ。

現在、20日。ひと月経たないうちに、もうへろへろになりつつあります…。

posted by MasaMaru| 2013-01-20 14:35

コメントする