コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年07月17日

第21節 水戸戦/VS Mito Holly Hock (Jul 16th, 2011 at Atsubetsu Sports Stadium)

 雨の厚別、ひやっとさせられる場面も決して少なくありませんでしたが、終わってみれば2対1の勝利、ホーム3連戦は2勝1分けの負けなし、勝点7ですから、結果的に上等ではないでしょうか。

“良し!”というプレーも少なくなかったです。32分、山下の長いドリブルから生まれたCKを砂川が蹴り、宮澤がヘディングシュート、少し届かなかったところを内村が伸ばした脚を“添えて”押し込んだ先制点も美しかったですが、34分と41分にも前の方でボールを回す、“らしい”攻撃が見られました。特に41分の砂川→内村→古田と繋いで宮澤のヘッドが空を切ったシーンは惜しかった。

 前半のベストプレイヤーは間違いなく砂川でした。視野、運動量、技術ともに素晴らしく、プレーひとつひとつの丁寧さも、ちょっと軽率なミスが目立った周囲に比べて浮いていたほど。攻守にわたり常に鍵となっていて、失礼ながら後半のスタミナが心配になるほどでした。次に良かったのは宮澤。その砂川の後ろで、持ち前の判断の良さを発揮、要所要所で危機を潰し、砦となっていました。今季は本当に当り負けしなくなったなあと頼もしく感じることが多いです。

 水戸も時々鋭く強烈な一撃を入れて来たのですが、今季のウチのDFは、あの手の組織的な攻撃サッカーに対しては、何かこう、ぐだぐだになりながらも不思議と持ちこたえる傾向にあります。後半早々の失点は、結果論で言えば、久々出場の“ぎーさん”こと高木のミスのような。もちろんその前の古田の不用意なバックパスが一番悪いのですが、あそこは両足を地面に付けてじっくり構えていれば、相手が勝手に外したところだと思います。

 ただ、ここで再び突き放せたのが、今の札幌が好調と思える点でしょうか。後半の、そして一試合通してのMOM、内村がチームを救います。前半から、最前線でボールをキープ、チャンスを作り続けていましたが、80分、“やっと来た”途中出場岡本の決勝点を演出した場面では、なんと最終的に6人の相手選手を背負っていました。ドフリーで受けたあの折り返しに対し、スリッピーな芝を考えた強いグラウンダーを叩き込んだヤスも立派でしたが、やはり内村のボールを引き出す動きとスピード、持って運ぶ技術は光っています。前節も感じましたが、特に砂川との相性が良いようです。今後もこのホットラインに期待します。

 水戸について言えば、ウチ同様、組織的で攻撃的なサッカーを指向しているようでしたが、ウチ以上にミスが多かった。前の選手がサイドに流れた時がチャンスなのに、サイドチェンジが上手く行っていなくて助かった印象がありました。また、鈴木隆行はさすがの迫力でした。最後の5分間、ユニフォーム着て出て来ただけで怖かった。ラインの外で交代を待っている時、これが映画なら重低音でおどろおどろしい、悪の親玉登場といったテーマ音楽が流れるのではないかと思ったほど。日高には申し訳ないですが、彼がちょっと痛んだだけで済んで良かった…。

 次節、千葉戦はヤマ場です。千葉としても、優勝争いの混戦を有利にするため、絶対に落としたくない試合のはず。昨季も札幌に負けて昇格争いから脱落した経緯がありますし、なりふり構わず勝ちにくるでしょう。反対にここでウチが勝てば、今まで以上に苦手意識を刷り込めるはず…。難しいとは思いますが、何とか勝って欲しい。鍵は先制点。頑張れ、コンサドーレ札幌!

A Saturday’s J2 league game between Consadole Sapporo and Mito Holly Hock at Atsubetsu Park Stadium under the cold and hard rain ended in the home team’s 2-1 winning as a totally even and close game. With this result, Consadole finished its three straight home games in 2 weeks by 2 victories and 1 draw as an ideal ending. Now it seems that the team has gotten really better.

Active and organized attacking soccer was what both teams wanted. Just Sapporo went ahead because of some good decision with sharp eyes and quick action following them; in the 32nd minute, Miyazawa’s header to Sunakawa’s corner kick that had been drawn by Yamashita’s long running was not enough but Uchimura’s left leg reached out touched and pushed it to Honma’s goal.

Sunakawa, the most reliable experienced skilful midfielder of Sapporo was excellent in this game too; he appeared everywhere on the pitch to have the ball and to built the game. With another key player Miyazawa, the most talented young technician who also got physical strength this season, Sunakawa leaded his teammates to more aggressive playing in the front of the home pitch and boosted it up. They could overwhelm the visitors more; this day’s Mito players were a little careless. Shimada’s equalizer in the 56th minute was Consadole’s fault; Furuta’s negative pass was totally thoughtless and goal keeper Takagi who had played first this season because of Lee Ho Seung’s illness should have waited and see more before sliding to the shot.

However, Uchmura, this day’s real hero saved the team. He kept working excellently until Uehara took his place in the 86th minute; sometimes to hold the ball in the front line and sometimes to slip suddenly and deeply to Mito’s dangerous area. And then, it finally drew the 80th minute’s Okamoto’s first scoring of this season that decided the game. Substitute Okamoto’s decision to made strong grounder middle shot to Uchimura’s final pass considering wet slippery grass was also good but actually Uchimra had undertaken very 6 Mito’s players to create the space for finisher! This playing was remarkable.

This victory did not only please almost 4,600 fans there getting soaked in the stand but push up them for the next important and difficult match against current league leader Jef United Ichihara Chiba. Now it is the time to catch the wind. Be with the hope, go, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |13:20 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする