コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2011年07月02日

第19節 栃木戦/VS Tochig SC (Jul 2nd, 2011 at Tochigi Green Stadium)

 2位栃木にアウェイで引き分け。しかも、失点もしましたが得点もしたうえで。上等ではないでしょうか。

 栃木の先制点、ほとんど角度がないところからの那須川の得点には、これが上位を行くチームの勢いかと思わされました。前半の早い時間帯に、双方がアクシデントにより鍵となる選手を失うというやや荒れた展開の中、ウチの守備はそこまでこれと言って悪くなかった。いや、アンカーの宮澤のところでは思うように抑えられていなかったのですが(しかしあれはとにかくボールへの寄せと押し上げが早い栃木を褒めるべきであって、宮澤の落ち度ではないでしょう。ブルーノと砂川のところでファーストディフェンスする間がなく、二人とも引きずられて下がっていたくらいなので)、それでも河合と山下が良く踏ん張っていました。打たれた時だって古田がきっちり付いていた。にもかかわらず失点した段階で、正直嫌な感じはしました。

 後半も攻勢に出たのは栃木の方でした。しかも現在唯一計算できる得点源である近藤を欠いた札幌は組織性を失い、何をやりたいのかを見失っているようにさえ見えた。しかしここで石崎監督が動きます。

 実は今日一番攻撃的だったのはウチの監督ではないかと思うのですが、内村、上原と、次々にフォワードを送り出し、選手たちに何をすべきかを伝えました。そして75分、その上原が取ったコーナーキックを砂川が蹴り、跳ね返りを今日は本来の前目のポジションに入っていた高木が再び逆サイドへクロス、残っていた河合の巻き気味のシュートを横野が頭でコースを変えて同点。ゲームを振り出しに戻しました。

 ただ、残念ながら後が続かなかった。栃木の疲れも手伝い、残り時間は完全に札幌のものだったのですが、結局は得点力不足が響いて同点止まり。全体的にもう少し早くシュートを打っても良かったと思いましたが、まあ、負けなかったのは成果です。近藤の負傷が心配ですが、内村の調子が良いみたいですし、ホーム3連戦を前に下を向く必要は少しもないでしょう。

 胸を張って帰って来て下さい。そしてこの機会を今度こそ上昇のきっかけとして欲しい。頑張れ、コンサドーレ札幌!

Saturday’s J2 league game between second placed Tochigi SC and 11th placed Consadole Sapporo at Tochigi Green Stadium finally ended in drew by 1-1 as a too close one.

The home team that had been pushed by over 5,000 fans moved the game first; the 41st minute’s Nasukawa’s difficult shot almost horizontally reached to Lee Ho Seung’s goal made Tochigi go ahead. Tochigi players’ aggressive hard work kept showing how they had been in good mood with its fair wind.

Whereas Sapporo, in the second half, they got second wind. Both teams had lost their key player in the first 45 minutes; Tochigi’s defender Usami and Sapporo’s midfielder Kondo left the pitch by accidental injured, and it had seemed to work better for the Tochigi, still, Sapporo stood the hard time really well. Kawai and Yamashita positioned in center back were especially excellent.

Who the most aggressive today could be Consadole’s coach Ishizaki. He kept sending his offensive players such as Furuta, Uchimura and Uehara, and their teammates understood the massage too; they never gave up to score and finally it worked in the 75th minute. Sunakawa’s corner kick that Uehara drew was once blocked but Takaki in their right side changed the side to Kawai and Kawai’s shot scratched Yokono’s head to equalize the game.

After that it was the time for Sapporo but it was not enough to turn over it. Just they should have finished their attack with shot more.

However, it was not so bad that drew against Tochigi with scoring. This result can work well for the three straight home games starting from this Wednesday. How Kondo was damaged is worried but Uchimura seemed to be in good condition as a good factor. There is no need to feel down, Go, Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |22:03 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする