コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年09月06日

第38節 愛媛戦/VS Ehime F.C. (September 6th, 2009 at Atsubetsu Stadium)

sweet corn from Sapporo


 本日の観戦の友。札幌の実家から届いたトウモロコシ。お母さん、ありがとう。

 何ともピリッとしないミスばかりが目立った前半、先行されて迎えた後半も開始早々に失点と、半分呆れ顔で観ていましたが、交代で入ったベテラン二人、砂川と中山が前線でのボールとゲームを落ち着かせると、スピードが輝き出したエース・キリノがスライディングシュートで反撃の狼煙を上げ、もう一人交代で入ったハファエルがキリノの早いグラウンダーのクロスに走りこみ同点、最後は相手のクリアを強烈に叩き返したダニルソンの、23歳の誕生日を自ら祝うミドルシュートで逆転、終わってみれば3-2の勝利。

 前々節と同様、チームとしての弱点である守備の不安定さ、隙の多さ(最初の失点は本職のディフェンダーではない上里のポジションを突かれたものだとしても)を、得点で覆った形ですが、このサッカーが通用する相手は限られるような気もします。今日の愛媛はどっちに転んでもおかしくなかった。最後まで人もボールも縦に動くウチが苦手とするサッカーを粘り強く続けていたし、集中力も切れなかった。ただ、同点にされてから少し受身になっていたのと、やはり決定的な場面で決め切れない点が響いたかと(ウチはそれで救われた)。

 昨夜のオランダ代表と日本代表の親善試合を観た後では、当然のことながら、やはりどちらもお粗末、と言うか試合自体のレベルが違います。オランダは速い、強い、上手いで凄かったけれど、3-0でのされた日本代表だって充分凄かった。まず、ミスと意味のないプレーがほとんどない。J2の試合なんて、半分以上がミスプレーだし、得点も相手のミスに付け込むことが前提ですから。

 次節甲府との試合はシーズンの残りをどう戦うかを決めるうえでも重要な一戦。丁寧で正確なプレーを増やして、是非勝利してもらいたいものです。頑張れ、コンサドーレ札幌!

On Sunday’s game at Atsubetsu Stadium, seventh placed Consadole Sapporo met 14th placed Ehime F.C. and beat it by a score of 3-2 turning over 2 goals behind.

Consadole players had made too much mistakes mostly from their poor careless play in the first half but got second wind with its fresh substitutes such as Sunakawa, Nakayama and Rafael, and finally turned it over by the three Brazilians’ scoring: Quirino’s 56th minute sliding goal, Rafael’s 70th minute grounder middle shoot and Danilson’s fine middle shot to reflection from an Ehime’s defender blocked Rafael’s shoot in the 73rd minute to celebrate his own birthday.

Ehime’s eleven worked really hard and kept trying to counter attack from the first to end but they got passive slightly especially after Rafael’s equalizer. Sapporo can not be without its problem like poor defence, however, succeeded in extending its loose less streaks to seven. And next game against Ventforet Kofu must be very important for Sapporo to decide how it plays the rest of this season. Go, Consadole Sapporo!


posted by MasaMaru |18:04 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(2) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Re:第38節 愛媛戦/VS Ehime F.C. (September 6th, 2009 at Atsubetsu Stadium)

>J2の試合なんて、半分以上がミスプレーだし、
>得点も相手のミスに付け込むことが前提ですから。

だからこその三浦戦術であったり岡田さんのサッカーなのでしょうね。
勝つための手段というか、法則というか。
今季の甲府や仙台がそれに当てはまりますね。
湘南とC大阪はどちらかというとリスク背負ってというサッカーのように思います。

明日はどうなることやら・・・。

posted by tommy5310 | 2009-09-12 16:59

Re:第38節 愛媛戦/VS Ehime F.C. (September 6th, 2009 at Atsubetsu Stadium)

最後は力負け、いや、最初に自滅していた?

確かに惜敗でしたが、微妙な不満も残る内容でした。

これからどうするのでしょう?

posted by MasaMaru| 2009-09-13 20:04

コメントする