コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年10月19日

08シーズン第29節 柏戦/VS Kashiwa Reysol (October. 19th, 2008 at Atsubetsu Stadium)

 意地を見せる、それだけのためにも、それなりの力が必要だったということでしょうか。

 今日のサッカーも決して悪くはなかった。と言うか、気持ちだけは充分に感じられました。三浦札幌とは思えないほどの、“点を欲しがるサッカー”でした。もっと攻撃的に、もっと勇気をもってトライしろと言うのは簡単ですが、あれ以上攻撃に重点を置いていたら、間違いなく失点も増えていたでしょう(個人的に、藤田にだけは、もう少し自信を持って走り出して欲しい場面が幾つかありましたけれど…)。また2点とも非常に惜しい、諦めも付きづらいものでしたが、(テレビ観戦でこそ判ることですが)1点目は確実に入っていますし、(相当疑わしい)あの2点目がなかったとしても、他にも様々なツキのなさに足を引っ張られ、結果的にこちらは無得点ですから、大勢に影響はなかったように思います。

 結論としては、やはり札幌はあらゆる面で、今季J1でプレーするに充分な態勢ではなかったということになるでしょう。クライトンやダヴィのような個の力に秀でた選手がもう数人いれば、あるいは三浦監督の戦術を相当良く理解し、チームメイトをも回していけるような選手がいれば、事態は違っていたかもしれません。昨季はそういう絶対的な個の力の差や戦力の層の薄さというものを、徹底した守備的な戦術と組織的なプレーで補い、結果としてJ2優勝と昇格を手にしましたが、J1ではそれも機能しませんでした。主力に故障が相次ぎ、万全の状態でシーズンをスタートできず、波に乗れないままズルズル来てしまった不運もあったと思います(この準備不足と、それ以上にクラブ経営・運営上の見積もりの甘さに関して、HFCはその失態を責められて然るべき)。

 リーグ戦5試合を残して、J1昇格後僅か1年での降格が決まった札幌。残念ですがこれが現実です。しかし過酷なことに、その残り5試合、そして天皇杯とまだシーズンは続きます。一試合一試合が、ファンには応援するチームの試合を観戦する機会であり、チームにとってはその期待に応えるチャンスだということを、皆で思い出して、最後まで楽しんで行けたら良いと思います(実は来週の等々力も、再来週の三ツ沢も既にチケット購入済です)。
最後まで勝利を目指せ、コンサドーレ札幌!

Consadole Sapporo failed in remaining J1 with today’s 0-2 lost game against Kashiwa Reysol at Atsubetsu stadium. Although Consadole still has five rest games for this season’s league and more for the Emperor’s Cup, they are moving down to J2 to play next season after staying only one year in the top league of Japanese soccer.

All Consadole players worked hard and well as usual and it seemed that they had been much aggressively and creativity than usual, however, sometimes it also required them to be risky especially while they had been switching their play from offence to defence. So it is easy to say that they could try more, daringly, it might have resulted in their losing with worse score.

Both two scores for Kashiwa was really closed and it seems any luck was with them today but we need to acknowledge that Sapporo’s demotion was just a matter of time. They had not been ready to play in J1 over all. At least they needed some more skillful physical strong players such as Claiton and Davi, or other players who is efficient in understanding Miura’s tactics and carry it out. Last season they played strictly defensibly and organized to help this weakness and it lifted them up to J1, however, this season it has not worked well yet (And actually, HFC should have been blamed for this poor preparation).

Anyway, now there is no need to be afraid or worry about (except for some fans under the terrible anger or depressing). Consadole will meet Kawasaki Frontale next Sunday and the fourth round of the Emperor’s Cup between Yokohama F. Marinos is also up coming to November 1st. It might be good opportunity for them to satisfy the fans. So, go! Consadole Sapporo!

posted by MasaMaru |19:19 | Foot ball/Consadole Sapporo | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする