コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2008年10月13日

ワールドフェスタ・ヨコハマ 2008/Warld Festa Yokohama 2008

world festa yokohama 2008


 日曜日、ワールドフェスタ・横浜2008へ行ってきました。一年に一回、山下公園に世界の食と文化が集結するこのお祭り(昨年の様子はこちらをどうぞ)、今年のキャッチコピーは「ワール丼(どん)まつり」、世界の料理を丼で楽しもうということのようです。個人的にはその国の料理はその国の形で食するのが好ましいと思いつつ、彼女と二人で6ヶ国分6杯の目標を掲げ、会場入り。

Sunday, we went to Yamashita Park to enjoy World Festa Yokohama 2008, a famous and popular Yokohama’s big annual festival featuring world foods and cultures. This time it had been named Don Matsuri (rice bowl festival) so we were ready to try many kinds of foods coming from all over the world on the rice.


world festa yokohama 2008 最初に目が行ってしまったのは、吊り下げられたナンもおいしそうなインドのブース。またナンを焼いているお兄さんが愛想が良くて、カメラを向けると、傍らに並べた丸めた生地を両手の間を行き来させて素早く成形し、釜に入れて焼き上げるまでの過程を全部見せてくれました。


world festa yokohama 2008First we stopped at India booth because of this man who had been baking nan bread. He showed us how he make and bake it. It was really interesting and he was nice. So we chose Keema curry with nan bread and India wine for our first dish.


world festa yokohama 2008 …結果、この日の一品目は「キーマカレーナン(500円)、インドワイン(400円)」に決定(写真、少し見づらいかもしれませんがナンの上にカレーのボウルが乗っています)。丼を食べに来たはずなのに、やっちゃったよ…。


world festa yokohama 2008 次に目が行ったのは、再びナン(笑)。ただしこちらはバングラデシュのブース。先ほどの寡黙なお兄さんと対称的に陽気なこのオジサンは、「ワタシガ焼イテイルノハ何デスカ~?ソウデ~ス、“ナン”デ~ス!」という駄洒落をリフレイン(誰だよ、教えたのは…)。お祭りならではの、来場者の寛容な笑いを誘っていました。


world festa yokohama 2008 しかしここで食べたのはナンではなく、写真の「シンガラ」(1個100円×2個)、カレーの包み上げのようなものです。具はジャガイモ中心に野菜たっぷりの印象を受けましたが、それ以上に少し時間差で来る香りと辛さが強烈で旨い。まるで“スパイスの爆弾”。


world festa yokohama 2008 ブースの中、国旗柄のTシャツを着たスタッフは大忙し。写真手前のオジサン、例の「何デスカ~?“ナン”デ~ス!」に笑う私達に苦笑しながら一言、「のんきな奴だ、まったく…」。

 って、また丼食べてないじゃん!

At Bangladesh booth, this jolly man was also baking nan bread and his Japanese pun made people laugh. However we tried Singara, fried curry pie, instead. It was crisp and so spicy and tasted nice.


world festa yokohama 2008 実はここに至る間に、興味を引かれつつも(N嬢が乗り気でなかったこともあり)何となく保留、後で再び見に行った時には既に売り切れていた丼がありました。それが写真の「ドイツ丼」。ドイツ国際コンテスト金賞のソーセージが乗っていたのですが…。少々心残り。

I was really interested in this German sausage bowl but Ms. N was not so much. And it had been sold out when we stopped by later, so I missed it!


world festa yokohama 2008 今年もお土産はここで決まり。MTRのレトルトカレー、組み合わせ自由の4パックで1000円。インドの物販ブースにて。

For home, we bought retort pouches of MTR curry at India sales booth as we did last year. We could choose four pouches as we like with 1000 yen.


world festa yokohama 2008 ステージ上、「東京バグパイプ」によるバグパイプの演奏を聴きつつ、

A concert of bagpipe that was played by Tokyo Bagpipe


world festa yokohama 2008 ステージ脇のチェコ物販ブースでチェコワインを物色、店主お薦めの「ズノヴィン・ズノイモ ルーランドスケー・モドレー」2006年の赤(チェコ国内のコンクールで金賞受賞)を購入。

We also bought a bottle of Czech red wine for home at Czech booth, Znovin Znojmo Rulandske Modre, the manager recommended. He said it would be a little light for full-bodied but still nice, so we had high expectation for this.


world festa yokohama 2008 絵柄と色彩が美しいオカリナ。エクアドルの物販テントにて。

Ecuadorian colorful ocarinas


world festa yokohama 2008 こちらはペルーの瓢箪製マラカス。

Peruvian maracas made from gourd


world festa yokohama 2008 パピルス。もっと小さい「しおり」も束で売っていました。言うまでもなくエジプトの物販テントにて。

Egyptian papyrus having Egyptian art on it


world festa yokohama 2008 スペイン「トゥナ・バンド」の演奏を聴きながら、

Spanish Tuna Band playing on the stage


world festa yokohama 2008


 遂に食べたいと思える丼にめぐり合いました(笑)。ブラジルの「フェジョアーダ丼」500円。ブラジルのビール(400円)と一緒に。

「フェジョアーダ」は豚肉(ソーセージ、ベーコン、軟骨もたくさん入っていました)と黒豆を煮込んだもので、これが実においしい!柔らかくて優しい味なのですが、コクも凄い。食べると力が沸いてくる感じがします。振り掛けられた(おそらく)トウモロコシの粉との相性も抜群で、文句なしにこの日のナンバー・ワンでした。また食べたいです。


world festa yokohama 2008Brazilian stew feijoada was great. It had pork sausage and bacon, and other parts of pork with black soy beans. It tasted mild and round but also has rich well blended taste of pork and black soy beans. We really loved it. It was obviously this day’s best one.


world festa yokohama 2008 マトリョーシカ形のボトルも可愛いロシアのブースにて、本日2杯目の丼「ビーフストロガノフ丼」500円を購入。ここは大人気で、ブースの中はちょっと大変そうでした。

 残り少なになっていたのか、ビーフストロガノフの量がやや寂しい印象。とろとろのタマネギとジャガイモがおいしかったのですが。

 ちなみにオランダのブースなど、2時頃には「完売しました」と書きなぐられた紙を残して綺麗に撤収されていました。何が売られていたのかさえ判らずじまい。


world festa yokohama 2008This day’s our second rice bowl was beef stroganoff from Russian booth. The onions and potatoes were cooked well and tasted nice but we thought it should have been more. Russian foods were really popular this day so it might be going.


world festa yokohama 2008


 私達がビーフストロガノフ丼を食べ終えた頃、ステージで始まったのが、マトリョミンの演奏。マトリョミンとは、要はマトリョーシカの中に入ったテルミンなのですが(詳しくはこちらをどうぞ)、これが音といい、演奏している姿といい、組み合わせの妙と言いますか、非常に楽しい(でも言葉じゃ伝わらないだろうなぁ)!

 演奏しているのは「ニチェボー!」というグループで(「ニチェボー」は、ロシア語で「気にしない、きにしない」といった意味の言葉だそうです。こちらこちら参照)、この日は主にロシア民謡を演奏していましたが、一曲だけ披露された振り付け有りの愛らしいオリジナル曲「恋するマトリョミン」も、私は好きです。


world festa yokohama 2008Matryomin is a new musical instrument that Russian electronic instrument Theremin is in also Russian traditional folk craft Matryoshka doll. It was really interesting and enjoyable to see and listen to. This concert played by Nichevo!.


world festa yokohama 2008 横浜開港150周年記念イベント公式マスコット「たねまる」。この行政レベルで計画されているイベント、開催されるのは来年ですが、何か凄いことになりそうで、今から大変楽しみにしています(イベント慣れしている横浜市、外しはしないと思われます)。

150th anniversary for Yokohama port opening is coming to next year. This is Tanemaru, the official mascot for the event.


world festa yokohama 2008 この日の最後の一品はスペイン(マドリード)のブースにて、「パエリャ(500円)とサングリア(400円)」。本当はまだまだたくさんの国のブースがあって、色々な食べ物を紹介したかったのですが、6ヵ国6杯などほど遠く、許容量の少ない私達の胃袋なのでした…。


world festa yokohama 2008We finished this festival with Spanish paella and sangria. We could try more countries’ many kinds of foods if we had not had stuffed so easily….


world festa yokohama 2008 帰りに明治屋でチーズ2種、「ミモレット」(フランス産、22ヶ月熟成、写真手前)と「グリエールレセルベ」(スイス産、写真中)を購入、家でチェコワイン「ルーランドスケー・モドレー」を開けて、本当の締め(ちなみにもう一種類のチーズは「雪印カマンベールチーズ」)。ワインは、(チェコの気候と併せて説明を受けたとおり)フルボディの割りには軽いかなとも思ったのですが、葡萄の味はしっかりしていて、爽やかでおいしかったです。ともあれ楽しい一日でした。

The night, we enjoyed the Czech wine with some cheeses. It tasted really nice as we had been explained. We had a really great day.


posted by MasaMaru(横浜在住) |23:59 | Entertainment | コメント(1) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するコメント一覧
Sharla Bonner

191ha0w9vxeeqoy1

ワールドフェスタ・ヨコハマ

posted by Rudy Barr| 2008-11-13 11:57

コメントする