コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2007年05月14日

週末八戸紀行その1/Weekend in Hachinohe #1

hachinohe 先週末は青森県八戸市まで一泊旅行に行っていました。八戸にはN嬢の実家があり、彼女にとってはちょっとした里帰りでもあるのですが、主たる目的は日曜日に開催された「うみねこマラソン」への参加です。種目はハーフ。N嬢は一昨年に続いて2回目、私は初のエントリーになります(というわけでC大阪戦は観ていません。録画は今週中に観る予定です)。
 
 八戸までは東北新幹線「はやて」で東京から約3時間。駅弁を食べ、ビールを飲み、お菓子を食べながら本でも読んで、その後ウトウトしていればすぐです(写真は東京駅で買った、銀座たまやの「黒豆きなこ草もち」)。

 前回訪れた時は駅前でイカや魚を焼いていて、大変美味しかったので今回も楽しみにしていたのですが、それらしきものは何も見当たらず。迎えに来てくれたN嬢のお母さん(R子さん)から聞いたところでは、最近はそうした屋台はすっかりさびれてしまったとのこと。観光客の勝手な意見ですが寂しい限りです。


hachinoheLast weekend, Ms.N and I went to Hachinohe, Aomori to run Hachinohe Umineko Marathon that was held on Sunday. She run the race two years ago too, but for me, it was the first time. It took about 3 hours from Tokyo to Hachinohe by bullet express Hayate (Hayate means extremely fast arrow in Japanese).

Hachinohe is Ms.N's hometown. Last time I visited there, there were some grilled-fish booths around the station and I was looking forward to them, this time too, we did not see anyone. When her mother picked us up, she said it had been going out recently.


hachinohe ホテルまで車で送ってもらい、その後、翌日のコースを下見することに。写真は街中で見かけた消火栓の蓋(と思われるもの)。市の鳥ウミネコ(写真上)と郷土玩具の八幡駒(同下)が、それぞれデザインされています。絵柄のセンスも良く、なかなかお洒落。


hachinoheHachinohe's city bird umineko and folk toy Yahata-goma (Yahata horse) are nicely drawn on the lids of hydrants in downtown. Yahata-goma is also popular for souvenir.


hachinohe ウミネコの繁殖地として国の天然記念物にも指定されている蕪島。当日はコース上から見えるだけですがウミネコを見るため立ち寄りました。鳥居は蕪島神社のもので、神殿は島の頂上にあります。

 島が黄色く染まるほどに咲いているのは、島の名前の由来でもある蕪の花。と言っても野菜の蕪ではなく、ナタネ(ノラナタネ)を古くは“カブ”と呼んでいたことによるそうです。現在はそのナタネの種類すら当初とは違うものになっているとか。諸行無常ですね。


hachinoheKabu-shima Island is designated as a natural monument as a breeding place for the black-tailed seagull. From March to August, tens of thousands of the birds can be seen here.

A kind of rapeseed flowers is painting the island bright yellow. The name of Kabu-shima came from the flower that had been called Kabu formerly (It does not mean turnip that is also called Kabu in Japan). Kabu-shima Island also has a shrine. Fishermen have wished their safety and good fish there and have cared the seagull that can guide them to fish, as a symbol of the shrine.


hachinohe 繁殖期(5~8月)にこの島に飛来するウミネコの数は、八戸市の観光案内によると約4万羽、実際、その量には圧倒されます。気を付けていないとうっかり踏み付けかねないほど。

 この御面相ではありますが、観光客に対しては非常にフレンドリー。と言うか気にもかけていないようで、相当近くで観察できます。ただ、餌をあげる時だけは少し注意した方が良いかもしれません。気が付くと周囲を囲まれて身動きが取れなくなっている恐れがあります。また、彼らの食事のスタイルは基本的にせっかちで乱暴ですから、手渡しで餌付けをするのは指ごと持っていかれる恐れがあり、少々危険です。

 ちなみに「かっぱえびせん」はウミネコに大変喜ばれます。


hachinoheShe is sitting on her egg. Last time I visited there in Summer, there were plenty of chicks that look like brown feather balls.

Black-tailed seagull never afraid people there so vistors can see them really close, but please be careful not to be harmed by starving seagull, when you feed them.

 彼女は卵を抱いています。前回訪れた時は夏で、まだモコモコした茶色い羽毛の塊であるヒナがたくさんいました。正直、可愛いと言うよりは、形状が鳥らしくないうえ食欲は親以上で、いっそう肉食動物っぽかった印象さえありますが…。とは言ってもかけがえのない命、過って踏み付けられることなく、無事孵って欲しいものです。

 蕪島を後にし、残りのコースを見ているうちに雨が降り出しました。

(続く


posted by MasaMaru |23:23 | Traveling | コメント(2) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

この記事に対するトラックバック一覧
八戸 市研究 【八戸 市のサイト集情報】

八戸 市のリンク集形式のサイト情報です。の情報収集にお役立てください。

この記事に対するコメント一覧
Re:週末八戸紀行その1/Weekend in Hachinohe #1

へー!素敵な写真とともに解説を読んでると、なんだかちょっとだけ自分も旅行気分を味わえます!!
おいしそうなお饅頭。でももしかしてビールの後にあのお饅頭??!
続きも楽しみにしてまーす。

posted by さひーと| 2007-05-16 01:16

Re:週末八戸紀行その1/Weekend in Hachinohe #1

コメントありがとうございます。

はい、草もちは食後のデザートとしてお茶と一緒にいただきました。甘過ぎず美味しかったですよ!続きも読んでやって下さい。

posted by MasaMaru| 2007-05-17 01:41

コメントする