2007年02月02日

さようなら、札幌市民会館

決起集会から札幌に戻ってきました。
ドームの側にある「福八」で腹ごしらえをしてからドームの駐車場に侵入。
入り口の警備員の人はFさんのクルマを見てニヤリ。w
顔見知りならぬ車見知りされているようです。スゲー



ファン感での監督の最後のあいさつを見ないでこちらに向かいました。w
最後までいないでスイマセン。







 
向かった先は札幌市民会館


耐震強度の不足などによる理由から取り壊しになるということで
大ホールの使用が1月いっぱいで停止という事で、お別れの行事が見白押しという事で
その一つである、
「虹雪コンサート」コーラス大会

無料という事で行ってきました。w

いつもは時計台のホールで「虹と雪のバラード」を歌うコンサート行事らしいですが
市民会館のお別れということで今回の開催に。
11のグループが参加しておりました。


momi♪さんの記事を見て見に行ったことは云うまでもありません。w


一階ロビー入り口


一階正面の受付


1階と2階の間


大ホール入り口です


中に入るとやっておりました。
その時の様子です。(紙芝居w)
演奏は札幌市役所声友会合唱団

司会者の方が言っておりました。
「普通の声で遠くの客席まで届く、良いホールです。」と。

懐かしい感じがするのは、こちらの方も書かれていて、わても同感です。

最後は、客席含めて「虹雪」の大合唱でフィナーレいたしました。


配られたパンフレットの中に

~ありがとう市民会館・素晴らしい音楽ホール~

 市民会館のある北一条・大通り1丁目の一角は、開拓史の迎賓館として明治13年に建てられた豊平館があった場所で、豊平館が宮内庁から札幌市へ賜下された後、昭和2年に、その北側(北1条側)に公会堂(2階席はバルコニースタイル)が豊平館と背中合わせに建設され、市民の集会・芸術発表の場として利用されるようになった。
 昭和24年、公会堂は市民会館と改称され音楽や演劇などに活発に利用されるにつれて、舞台の狭さ、音響・照明の不備などが目立ち始め、近代的な文化会館の建設が望まれるようになり、豊平館を中島公園に移設し、旧市民会館を解体して昭和33年7月、現在のホールが竣工・開館したのである。


 大ホールは、舞台・照明・音響の各施設に、当時のわが国最高の技術の枠を集め、特にNHK技術研究所が担当した音響設計は、残響可変装置を持つ最先端をゆくもので、どの建設雑誌にも紹介された。この中心人物が誰であろう、のちに独立して永田音響を立ち上げてサントリーホールほか多くの名コンサートホールを手がけ、札幌コンサートホールの大成功で今や、世界屈指の音響大家となった永田穂(みのる)氏である。教育文化会館大ホール、ちえりあホールも彼らの手によるもので、札幌の音楽愛好家にとって、いわば恩人と云ってもよい。
 われわれ合唱人にとって練習の成果を十分発揮出来る申し分ない「合唱コンサートホール」でもあり、札幌市民に計り知れない心豊かな経験をさせてくれた市民会館のお別れに際し、改めて感謝の気持ちを述べたい。
(西村公男記 さっぽろ市民会館だより 2006.11号の記事に補筆した)

<メモ>
構造 鉄筋鉄骨コンクリート 地下1階地上5階 建物の延べ面積 8,539㎡
大ホール 1592席、残響(最大)1.6秒~500Hz 会議室 4室(後に9室) ギャラリー 1
竣工 昭和33年6月30日 建設費 4億3千万円
と、ありました。(長いw)


側面①


側面②


HBCが取材に来ておりました。


座席


天井


名残押し惜しそうに何人かまだ残ってます。


ステージ


座席全体


ステージ向かってすぐ右


ステージ向かってすぐ左


観客はいなくなりました。



座席表と札幌市民憲章のレリーフ


市民会館の窓越しに見た東京タワーテレビ塔




市民会館1階ホールの隅っこにあった、外の花時計を動かしている親時計


閉館時間が来ました。


入り口の外には
昔、豊平館が直ぐ隣にあったという事をしめす表示がありました。


帰りは地下鉄で帰りました。
地下街のお店の中のシャッターに描かれていた
テレビ父さん



市民会館は3月21日で会議室部分も閉鎖し、3月末で閉館します。
4月に取り壊し、現市民会館跡地に代替施設の建設に着手し、暫定ホールを08年10月ごろ完成の見込みです。
つい先ほど、ある建造物に対し物議を醸しているw
命名権を暫定ホールに導入するそうです。年間2、3千万円の収入を見込んでいるそうです。

本格的な後継施設は、現在より北側の北1西1に建設するそうです。
07・08年度で基本計画や実施計画を策定して、09・10年度にかけて実施設計をし、
11年度に着工、13年度の完成を目指す段取りになっているそうです。
(参照:週刊札幌タイムス 2007年01月12日発行号)

ではでは。


posted by えんしゅうりん |23:59 | 出来事 | コメント(1) | トラックバック(1)

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/kyoumei9/tb_ping/311
この記事に対するトラックバック一覧
バーバリーネクタイ 【バーバリーネクタイ】

さようなら、札幌市民会館 - コンサドーレ 「梟名」への日記 ~ 12 EQUAL 11 PLUS 1 ~ | コンサドーレ札幌オフィシャルブログ

続きを読む
この記事に対するコメント一覧
Re:さようなら、札幌市民会館

わぉ~、これは貴重なエントリーですね!
今度舞台裏の様子を納めたDVDをプレゼントしますね~♪

posted by momi♪| 2007-02-04 17:58

コメントする