スポンサーリンク

2018年10月07日

2季連続J1残留に王手

2018シーズンも残り5節(+未消化1試合あり)となって、

5位という順位に位置していますから、

昨シーズン、

あれほどこだわって手にした、

「16年ぶりのJ1残留」

クラブ史上達成したことのない、

「2シーズン連続J1残留」

なんてみんな忘れてしまっていると思います。

僕も忘れてしまっていました。


昨シーズンの「残留確定」は第32節で達成したが、

今年は大混戦のリーグ戦ですが、いつ確定となるのでしょう。


今日(10/7)時点の下位6チームについて整理してみました。

 札幌 44

 湘南 35➝50
 柏  33➝48
 磐田 33➝51 (未消化1試合)


 名古屋31➝52 (未消化2試合)


 鳥栖 30➝45
 長崎 28➝43


順位は柏の方が上ですが、磐田は1試合、名古屋は2試合、未消化試合がありますので、
最大勝点の下から3番目は「柏の48」となりました。

次節、
札幌は湘南戦に勝てば勝点「47」となります。

柏は名古屋戦で、
 ・負けると最大勝点は「45」
 ・引き分けると最大勝点は「46」
 ・勝つと最大勝点は「48」のまま

つまり、次節の湘南戦に勝って、柏が引き分け以下で、
クラブ史上初の「2シーズン連続J1残留」達成となるようです。
(*間違っていたらご指摘ください)


さあ、まずはJ1残留からのJ1定着。

そして、

その先の未来へ。

posted by kabao |22:02 | Consadole sapporo | コメント(2) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/ken1973/tb_ping/4876
この記事に対するコメント一覧
補足

札幌が湘南に、柏が名古屋に勝った場合でも
札幌の残留が決まるケースがあると考えます。

それは21日の長崎対磐田で長崎が勝つか引き分け。
この場合は、

1・湘南が札幌戦以外の残り5戦全勝
=名古屋が最大5勝しかできず勝ち点46以下

2・湘南が札幌戦以外の残り5戦で名古屋戦引き分け
=湘南の最大勝ち点48・名古屋の最大勝ち点47
ただし、湘南が磐田に勝つ想定なので、
磐田の最大勝ち点が46にとどまる

3・湘南が札幌にも名古屋にも負ける
=湘南の最大勝ち点47・名古屋の最大勝ち点49
この場合も、湘南が磐田に勝つ想定なので、
磐田の最大勝ち点が46にとどまる

湘南が磐田戦・名古屋戦を残しているのがミソですね。

posted by 1号 | 2018-10-08 10:25

Re:2季連続J1残留に王手

>1号さん

ご丁寧に、ご親切にありがとうございました。

磐田-湘南、名古屋-湘南
この直接対決2試合があることで、
次節、
札幌が湘南に勝って
柏が名古屋に勝った場合で、
磐田が長崎に引き分け以下のとき、
「湘南」「磐田」「名古屋」
この3チームが同時に勝点47に到達するという条件が無いんですね。

良くわかりました。
どちらにしても、まずは札幌が勝ったうえでですね。

posted by kabao| 2018-10-08 22:49

コメントする