スポンサーリンク

2019年05月20日

松本遠征記・その8 信州グルメ前編

試合前日の松本でのランチは信州名物が食べられる、田楽木曽屋というお店にしました。
1558311929-IMG_8412.JPG
1558311988-IMG_8413.JPG
馬刺し。とろける食感で凄く美味しかったです。お手頃なハーフサイズがあるのは嬉しいです。
1558312001-IMG_8414.JPG
鯉の洗い。こちらもハーフサイズ。もちろん美味しかったです。
1558312058-IMG_8416.JPG
鯉のうま煮定食。うま煮は山形などにもあり、ほぼ同じ味付けですね。超美味でした。
1558312098-IMG_8417.JPG
これを食べただけでも信州に来た甲斐があるというほど、大好きです。 ただ、最も鯉料理の本場と言われる佐久地方に行かないと、鯉のから揚げあんかけを食べれる店があまりないのが残念です。 松本近隣で鯉のから揚げあんかけがある店は見つからなかったです。 岩魚の塩焼き。これも美味しいです。
1558312172-IMG_8419.JPG
そばも美味しかったけど、ただ、浅草の超老舗の並木藪蕎麦並みに濃いそばつゆでした。信州は濃くないつゆにどっぷり漬けて食べるのが普通だったと思うのですが、この店は違っていました、
1558312218-IMG_8420.JPG
そば湯はめちゃくちゃ濃いです。わざわざたくさん、そば粉を入れて作ってくれたのです。これを残してはもったいないし、失礼なので全部飲みました。
1558312237-IMG_8421.JPG
昼からこんな御馳走を食べて良いのかというほどの御馳走でした。本当に上手に美味しく調理されていて、期待以上のお店でしたから、来年また来たいです。 それに、レプリカ着て行ったらお店の人は喜んだし、娘さんが札幌に行くとも行っていました。 ところで、信州は虫を良く食べることで有名で、木曽屋さんのメニューにイナゴがありましたが、今回はスルーしておきました。 塩尻駅1階の、「ほっとして ざわ」という食堂にはいろんなメニューがありましたが、時間がないこともあって虫食はスルーしました。
1558313084-IMG_8507.JPG
やまめ塩焼きなら食べたいですね。 食べログでメニューを見たら、大スズメバチのから揚げなんてありました。それは食べたくないなぁ。 鹿から揚げとか、猪から揚げなんかもあったし、馬刺しや鮎塩焼き、岩魚塩焼きなど、美味しそうなメニューもあったので、来年はここで食事できたらと思います。 試合後の晩ご飯は塩尻駅で買った山菜釜めしと鶏釜めし。
1558313140-IMG_8514.JPG
1558313196-IMG_8515.JPG
1558313212-IMG_8516.JPG
どちらも意外と美味しかったですが、容器が樹脂製なのが残念でした。 岩見沢や横川なら陶器製なんですけどね。


posted by かもめ |09:23 | グルメ | コメント(0) |

2019年05月16日

松本遠征記・その6 東京グルメ

東京で娘と合流し、まずは前夜祭。いや、前々夜祭。

東十条に美味しそうな店をネットで見つけたので予約して行きました。
あいそというお店です。屋号からは連想できなかったのですが、ちょっとおしゃれなお店です。
1557960717-IMG_8388.JPG
1557960769-IMG_8390.JPG
1557960784-IMG_8391.JPG
500円のお通し。
1557960817-IMG_8392.JPG
2000円のおまかせにしました。チーズ豆腐。とても美味しいです。本当に素晴らしい作品です。絶賛します。
1557961058-IMG_8393.JPG
茹でたコゴミのピーナッツバターソース添え。
1557961540-IMG_8394.JPG
とても美味しいのですが、コゴミは2日前に山に行って採って食べたばっかりなんですよね。でも、ピーナッツバターソースに感心しました。 カツオのたたき。お店で炙ったばかりのものです。ただ、基本、塩とレモンだけの味付けで、少し魚臭さがありました。
1557961690-IMG_8395.JPG
きっと、活け締めがされてない(あるいは不十分)なカツオだったのでしょう。 それであれば醤油かポン酢が必要です。塩とレモンだけでの粋な食べ方をさせるのは無理があります。 シェフは品質を確認しない(味見しない)で出してしまったのでしょう。味見は大事なのにね。 よっぽど醤油をもらおうかと思ったのですが、レモンを絞りに絞ってたくさんかけて、なんとか美味しく食べました。 アスパラなどのてんぷら。アスパラはうちの畑で採れているので、これも2日前にてんぷらで食べたばっかりなんですけどね。
1557962634-IMG_8397.JPG
美味しかったけど、正直言っててんぷらは天つゆに漬けて食べたいです。 美味しいてんぷらは塩で食べても美味しいという考えはわかるけど、それが粋だと思う風潮は、なんだかなぁと思います。塩てんぷらを全否定はしないけど、客に出すなら、「塩で良いですか? 天つゆ用意しますか?」くらいの配慮はすべきと思うのです。 同様に、そばは最初の一口は何も漬けずに食べろというのも好きになれないですね。 東京農大名誉教授の小泉武夫氏も、てんぷらは塩で食うものではないと言っています。 そんなわけで、不満もあったものの、全体としてはとても満足できる良いお店でした。 ところで、東十条に北洋という居酒屋があるのですが、電話番号(局番)は、惜しくも5310ではありませんね。
1557964124-IMG_8387.JPG
市外局番が5310は荻窪など、杉並区に多いようです。 03-5310-5310とか、 06-5310-5310なんて番号はあるだろうか。


posted by かもめ |07:45 | グルメ | コメント(0) |

2019年05月14日

松本遠征記・その4 スタジアムグルメ

アルウィンのスタジアムグルメは充実しているのは事前に調べてわかっていましたが、大行列だったらという不安もありました。
確かに正午ごろはどこも結構並んでいたし、場所によっては長蛇の列。
でも、キックオフ30分前(12時半)にはどこも空くようになり、楽に買うことができました。

スタジアム外(のちに再入場)のこのお店(安曇野小町)は12時ころでも比較的並びが少ないし、美味しそうだったので、ここにしました。
1557790882-IMG_8482.JPG
スイーツも充実した店のせいか、並んでいるのはほとんどが女性。
1557790974-IMG_8484.JPG
アンガスビーフ丼はニンニクがきつくて辛かったけど、美味しかったです。
1557791058-IMG_8487.JPG
山賊焼きバーガー。山賊焼きは松本名物(塩尻が発祥とか)のフライドチキンです。
1557791136-IMG_8489.JPG
写真撮り忘れましたが、このお店のプリンとシフォンケーキは甘さ控えめで、凄く美味しかったです。来年また食べたいものです。 プリンは和三盆プリンという名前だったと思います。 プリンもシフォンも300円ですが、両方買うと500円です。お土産に持ち帰りたいほど美味しいです。 またも山雅ビール。
1557791037-IMG_8485.JPG
コップに着色料の液を入れてから普通のビールを注いでいたので、青いものを醸造したわけではなく、たぶん人工着色料で色を付けた代物なんでしょう。 ところで、松本駅で見つけました。ここにも〇〇の恋人はあるんですね。
1557792701-IMG_8443.JPG


posted by かもめ |07:38 | グルメ | コメント(0) |

2019年05月12日

松本遠征記・その2 山雅を飲む

松本へやってきました。松本駅です。(写っている人物は無関係です)
1557613177-IMG_8407.JPG
1557613238-IMG_8408.JPG
コンササポいました。
1557613289-IMG_8409.JPG
1557613337-IMG_8423.JPG
松本城を攻略します。姫路城、犬山城とともに戦国時代から残っている貴重な城です。
1557613399-IMG_8441.JPG
20分待ち。
1557613511-IMG_8430.JPG
1557613548-IMG_8439.JPG
本丸最上階まで征服しました。
1557613587-IMG_8436.JPG
ランチを食べた店では山雅を飲みました。これで今日の試合は大丈夫です。
1557613701-IMG_8415.JPG


posted by かもめ |06:52 | グルメ | コメント(0) |

2019年05月05日

ドーム土産

ドームへ行った娘からのお土産。
1557052832-IMG_8343.JPG
1557052854-IMG_8344.JPG
原材料を見ると、アンリの定番、フィナンシェの添加物はベーキングパウダーだけ。
1557052870-IMG_8346.JPG
こちらは、なまら添加物。
1557052925-IMG_8345.JPG
ISHIYA対ASHIYAはASHIYAの勝ち。


posted by かもめ |19:04 | グルメ | コメント(0) |

2019年05月02日

浜頓別通いでドームは欠席します

浜頓別に行くと言っても、行楽ではありません。
空き家になっていた浜頓別の建物を来週から貸すので、修繕や掃除、機械整備などで大忙しです。
先週土曜に日帰りで行ったのち、再び、一昨日から泊りがけで行って来ました。
それでもなおかつ、まだまだ機械整備やペンキ塗りなどがあるので、また明日から行かねばなりません。残念ながら明後日ドームには行けません。

一昨日は士別の淳真さんでソバを食べてから向かいました。
1556747326-IMG_8327.JPG
きのこそば。
1556747335-IMG_8329.JPG
もり。
1556747344-IMG_8331.JPG
浜頓別に道の駅がオープンしました。
1556747934-IMG_8334.JPG
記念品の紅白餅をもらう行列は、450人だったそうです。先着300名とのことですが、皆さんもらえたのかな。 それにしても、オホーツク海の南端に位置し、オホーツク市の1600km南にあるのに「北オホーツク」はやめてほしいです。 スイスの北にあるわけでないのに「北アスプス」もおかしいですけどね。 芸人が来たようです。
1556748039-IMG_8338.JPG
帰りは少し遠回りになりますが、オホーツク海沿いに雄武まで行って、下川経由にしました。
1556748075-IMG_8340.JPG
下川では2か所で鹿をみかけました。
1556748223-IMG_8341.JPG
2回ともカメラを向けたら逃げていって、ズームする暇なかったです。白いお尻が小さく見えるだけの写真です。
1556748235-IMG_8342.JPG


posted by かもめ |06:48 | グルメ | コメント(0) |

2019年04月12日

東京経由でドームへ その8・グルメ編後編

アウェイ松本戦は1か月後になりました。新宿からのJRのキップは、えきねっとで半額のを確保しました。
先日もお知らせしましたが、こちらで買うと、特急あずさが半額なので、中央線で松本へ行かれる方は、是非、ご利用下さい。

さて、赤羽で神戸の知人と食べた晩御飯は、駅ビルにある寿司常というお店。
道外で寿司を食べると、たいがいは、やっぱり寿司は北海道で食べるものだと後悔するのですが、ここは大丈夫です。
東京や神奈川など、30店舗くらいあります。
1555024375-IMG_8231.JPG
あんこうの唐揚げ。
1555031608-IMG_8233.JPG
きびなごのフライ。
1555031623-IMG_8234.JPG
カキフライ。
1555031644-IMG_8232.JPG
新宿で中央線に乗る前に宮崎県のアンテナショップに行きました。バスタとサザンテラスの間にあります。
1555024355-IMG_8131.JPG
2階は宮崎料理のレストランになっていて、宮崎名物の冷汁もあるので、いつか機会を作って食事に行くつもりです。 冷汁や、それに類するものは全国にいろいろありますが、やはり宮崎の冷汁が一番美味しいですから。 はものかまぼこと、ちりめん山椒を買いました。はもはワサビ醤油で食べたら今一つでしたが、おでんが良いのかも。今度やってみます。
1555024737-IMG_8323.JPG
1555024755-IMG_8324.JPG
南九州名物のあくまきがあったのですが、重いので今回はスルー。絶対いつか買って食べるつもり。
1555024887-IMG_8132.JPG
北海道に戻り、ドームへ行ったあと、旭川までの列車内で食べたのは、ドンクのサンドイッチと、
1555025200-IMG_8321.JPG
なだ万のお弁当。
1555025224-IMG_8322.JPG
本来は1350円するのですが、19時過ぎで500円引きになっているのを見て、即決でした。


posted by かもめ |08:11 | グルメ | コメント(0) |

2019年04月05日

東京経由でドームへ その2・グルメ編前編

京王線仙川駅へ行きました。
1554473968-IMG_8136.JPG
FC東京おひざ元の調布市になります。
1554474414-IMG_8137.JPG
娘との晩御飯をぶぶやというお店で食べました。
1554474075-IMG_8138.JPG
ウニとイクラの茶わん蒸し。
1554474086-IMG_8139.JPG
カキフライ。
1554474129-IMG_8142.JPG
山芋のサラダ。
1554474187-IMG_8144.JPG
合鴨のロースト。
1554474230-IMG_8145.JPG
漬けホタテの押し寿司。
1554474264-IMG_8147.JPG
赤羽の某横インに泊まりましたが、某横の朝ごはんにしては品数多くてよかったです。これ以外にソーセージなどもありました。
1554474773-IMG_8150.JPG
山梨の富士吉田市へ行ったのですが、新倉屋という富士吉田名物の吉田うどん。太いのが特徴。
1554474794-IMG_8179.JPG
大盛りの肉天うどんが550円は安いです。 お客は外国人ばかりで、タイ語・フランス語・中国語など、外国語しか聞こえてこなかったです。 味は悪くなかったですが、自分で打ったほうがもっと美味しいです (笑


posted by かもめ |23:17 | グルメ | コメント(0) |

2019年03月19日

変わり果てたインド料理店

15年ぶりくらいに中央区の高級住宅地にあるインド料理店(店名は伏せます)へ行ったのですが、あまりにひどくてショックでした。

食べたものは問題はなかったんですが、先に食べたのを紹介します。
1552960285-IMG_8071.JPG
こちらはベジタリアンセットのブッダガヤターリ。中央はサモサ。
1552960310-IMG_8075.JPG
1552960349-IMG_8077.JPG
何がひどいって、店が汚いのです。壁も汚れています。移転してから20年近くたっていると思いますが、そんなにたったらクロスを張り替えるかペンキを塗るとかすべきだし、少なくてもセロテープを貼った跡くらいはなんとかしないと。 壁はまだしも、椅子のクッションの汚れがひどいのです。 10年以上、一度も洗ったことがないとしか思えれないな汚れよう。洗濯以前に新調すべきですが。 店内はいろいろなもの(本やパンフ、インド・ネパールの資料等)が雑然と置かれ、陳列しきれないものは段ボールに入れ、段ボールが店内にいくつも無造作に置かれているありさま。 あるテーブルにはお店の経理のものや電卓などが置かれてるのです。いくら客が少ないとはいえ、そんな状態では恥ずかしいと思わないのだろうか。 安い大衆食堂などなら、こういう店はありえるし、廉価なインド料理屋ということであれば、ありだと思いますが、しかし、値段だけは超一流で、ブッダガヤターリは3564円もするんですよ。この半額くらいでないと釣り合いません。 これでは客がくるわけありません。実際、私がいた1時間ほどの間、男性一人が来ただけで、しかも、明らかに初めて来た客でした。間違って入ってしまったのでしょう。 あと、テイクアウトの人も一人来ましたが、こちらも初めてかも。 さらに、店内にTVがあって、相撲中継が流れていて、これだけでびっくりなんですが、しかも、相撲中継が終わったらニュースになり、私がそれを見ていたにも関わらず、お店のおばちゃんが勝手にチャンネルを変えたんです。 古くから禁煙なので、15~20年くらい前に何度か行ったのですが、しばらく行かないうちにこんなに変貌していたとはびっくりです。昔はちゃんとした店だったはずなのに。 デートで彼女をこの店に連れて来ようものなら、その次のデートがないこと請け合いです。 Rettyの札幌のインド料理20選には、この店は入ってないし、リクルートがやっている某旅行雑誌では、26件中26位。 社長にお手紙をしてみようかと思います。お店が蘇ると良いんですが。


posted by かもめ |08:57 | グルメ | コメント(0) |

2019年03月14日

東京出張記・その6 グルメ編

アキバの日本酒原価酒蔵で食事しました。東京・川崎・横浜に16店舗あるのですが、全店禁煙です。最近、禁煙の居酒屋が増えてきました。
1552518570-IMG_8033.JPG
うにクリームコロッケと鴨のロースト。
1552518587-IMG_8034.JPG
鯛のひつまぶし。ブレ写真ですが。
1552518618-IMG_8035.JPG
お造り。
1552518636-IMG_8036.JPG
飯田橋のナチュラルローソンは、徳島のアンテナショップでもあり、いろいろな名産品が売られています。 じゃこてんをうどんに乗せましたが、焼いたのをわさび醤油で食べるのが好きです。
1552518891-IMG_8054.JPG
じゃこてんと言えば、愛媛が有名ですが(愛媛では「てんぷら」と呼びます)、徳島のもなかなか美味しいです。 徳島名物フィッシュカツ。名前からすると、魚のカツレツかと思うでしょうけど、(魚には違いないのですが)、すり身のカツレツです。
1552519119-IMG_8059.JPG
わさび醤油でも、ポン酢でも、マヨネーズでも、お好きな味で食べます。静岡の黒はんぺんのフライにそっくりですが、こちらの方が少し厚みが薄いし、カレー味が付いているのも多いです。 左はわらび餅。中央はすだち果汁。右はちりめんみまからという、ちりめん山椒のようなもの。全て(じゃこてんやフィッシュカツも)無添加です。(ナチュラルローソンですから)
1552519877-IMG_8067.JPG
本当は有楽町の交通会館に行って土産を買いたかったのですが、時間がなく(交通会館は10時からなので)、24時間営業のナチュラルローソンへ行った次第です。生の柑橘がなかったのが残念ですが、徳島の美味しい物が豊富にあって重宝します。 東京出張記はグルメ編まで来たし、次は道中の猫かと思うかも知れませんが、今回は下町や代々木公園などに行かず、猫には出会えなかったので、今回で完結です。


posted by かもめ |07:55 | グルメ | コメント(0) |

2019年02月21日

簡単・自家製ベーコン

よそ様のところで自家製ベーコンのことを書いたついでに、作り方を紹介します。

クックパッドで自家製ベーコンで検索して、そちらも参照していただきたいですが、とにかく簡単にベーコン作れます。

材料も、肉の他は塩とスモークチップだけでできるんです。(お好みで香辛料とか砂糖も使ったりしますが)

まず、肉に塩を擦り込み寝かせます。普通は肉の重さの2%の塩の量で数日置くのですが、ソフトな食感にしたいので1.5%の塩で2日間置いて、2時間ほど水につけて塩抜きします。

燻製にするんだから、燻製器が必要でしょう?って思うかも知れませんが、普通のフライパンでOKです。

フライパンにアルミ箔を敷いてスモークチップを乗せます。
1550707429-IMG_7915.JPG
肉汁を受けるため、その上にもアルミ箔を敷きますが、肉汁が下に落ちないよう、端は土手のようにしておき、その上に網を乗せます。
1550707652-IMG_7916.JPG
肉を乗せます。普通はもう少し大きな(長方形の)バラ肉を使いますが、角煮用のが安かったのでこの形です。
1550707667-IMG_7917.JPG
蓋をします。なるべくぴったり合う蓋の方が良いのでタジンを使いましたが、普通のフライパンでもスキレットでも土鍋でも良いです。土鍋の場合は蓋の穴を塞ぐと良いでしょう。温度計があるなら、その穴に突っ込むと良いです。
1550707718-IMG_7918.JPG
最初は弱火で、煙が出てきたらとろ火で1~2時間いぶします。極とろ火なので今回は2時間やりました。 ソフトベーコンの出来上がり。
1550707733-IMG_7919.JPG
肉汁がここにたまっていて、スモークチップを濡らさないようになってます。
1550707763-IMG_7920.JPG
チップのところに少し肉汁が落ちてますが、これくらいはOK。汁があまりでない材料なら、汁受けは不要です。
1550707746-IMG_7921.JPG
1.5%塩なので、ベーコンと言うより焼き豚のような食感で、厚めに切って焼いて、出た脂で千切りキャベツ炒めと目玉焼きを作りました。(写真ありません) 自家製だと好みの味(食感)にできるし、添加物もなくて安心だし、安くできます。 市販のベーコンは脂が多くて敬遠しがちなら、肩ロースなど、違う部位の肉で作ることもできます。 市販のショルダーベーコンもありますが、なかなか美味しいのは売ってませんし、自家製に限ります。 スモークチップはハンズやホームセンターでも売っていますが、ヨドバシのサイトで安いのは200円前後でも買えます。


posted by かもめ |08:40 | グルメ | コメント(2) |

2019年02月14日

猫チョコレート

1550110784-IMG_7912.JPG
1550110795-IMG_7913.JPG
1550110824-IMG_7914.JPG
もったいなくて食べれません


posted by かもめ |11:18 | グルメ | コメント(2) |

2019年02月12日

鹿児島出張記・その11 お土産編

鹿児島にもあります。もちろん買いませんでしたよ。
1549950592-IMG_7749.JPG
海軍カレーは横須賀とか呉が有名ですけど、鹿屋もあるんですね。
1549950645-IMG_7750.JPG
鹿屋には軍港はなく、鹿屋にあった海軍は、特攻などの航空隊で、軍艦はなかったので飛行機のイラストです。 たんかん。屋久島のです。甘みが強くて美味しいんですよ。北海道ではほとんど見かけないですよね。
1549951874-IMG_7910.JPG
鹿屋の茹で落花生。炒ってなく、塩ゆでしただけなので、芋のような柔らかい触感です。千葉でも手に入りますが、珍しいので良い鹿児島土産です。
1549951889-IMG_7911.JPG


posted by かもめ |14:49 | グルメ | コメント(0) |

2019年02月11日

鹿児島遠征記・その9 グルメ編(後編)

鹿児島での懇親会は蘇麻というお店。黒豚のサラダ。
1549852410-IMG_7864.JPG
タコは北海道のマダコですが、こんなに柔らかくて食べやすいのは初めてでびっくり。調理のコツがあるのかな。
1549852719-IMG_7866.JPG
鹿児島ではこれがなければ始まりません。いままで食べた中で一番美味しかったです。
1549852744-IMG_7868.JPG
美味しかった理由は素材の良さというより、タレがよかったんですけどね。 タレは酢味噌なんですが、かつおだしが良く効いていたんです。かつおぶしの粉末を混ぜているような酢味噌でした。 里芋の唐揚げ。唐揚げは珍しいと思ってリクエストしたら大正解でした。
1549852929-IMG_7870.JPG
そら豆のてんぷら。鹿児島らしいものです。
1549852985-IMG_7872.JPG
こちらも鹿児島名産のスナップえんどう。
1549853026-IMG_7874.JPG
とり天。大分名物のですが、さくさくふわふわの食感で、びっくりするほど、とても上手に料理されていました。
1549853065-IMG_7876.JPG
このお店の向かいには、薩摩料理で最も有名な「熊襲亭」というお店があり、16年前に某学会の懇親会で利用しました。
1549852309-IMG_7862.JPG
今回、ここで薩摩名物の酒寿司を食べたいところでしたが、お店が不完全分煙なので、次回の楽しみにします。 泊まったホテルのランチはこれ(鶏飯風のラーメン)にしたかったのですが、機会がありませんでした。これも次回の楽しみです。
1549853162-IMG_7878.JPG


posted by かもめ |11:29 | グルメ | コメント(0) |

2019年02月05日

鹿児島出張記・その4 グルメ編(前編)

旭川空港で蕎麦を食べてから鹿児島へ向かいました。たぬきそば750円。
1549344910-IMG_7683.JPG
旭川空港の飲食店は4店舗しかなく、しかもいずれも値段が高いので、旭川市内で腹ごしらえしてから空港へ行くことが多いのですが、駐車場が混雑しそうだと思って早めに空港へ行き、空港で食べた次第です。 でも、秋には旭川空港にフードコートができるので、安く美味しいものを食べることができるようになると期待しています。 問題の、肉料理しか出なかった霧島の温泉宿の夕飯で、鹿児島地鶏の刺身。
1549345145-IMG_7721.JPG
肉と野菜の陶板焼き。
1549345311-IMG_7722.JPG
1549345324-IMG_7724.JPG
実は十二指腸潰瘍の悪化のせいか、出発2日前に吐き気や倦怠感がひどく、半日仕事を休んだくらいで、この日は9割がた回復したものの、食事はあっさりしたものを食べたかったのに肉料理ばかりを目にしたときは、超落ち込みましたね。 でも、頑張って完食してご飯は2杯食べましたよ。ブタ汁(九州も「トン汁」とは言わすに「ブタ汁」です)のお代わりはしませんでしたが。 食堂のおばちゃんはしきりに「お肉お代わりしてください」と言ったけど、それは無理。 宿の朝ご飯は比較的地味でしたが、某横インとは比べ物になりません。
1549345917-IMG_7726.JPG
九州だけに味噌汁の味噌は豆味噌でした。私は好きですけど、慣れない人だと好き嫌いがでるのかな。 5年前に鹿屋で見つけたときから行きたいと思っていた、鹿屋体育大学のアスリート食堂に初めて行きました。
1549346040-IMG_7780.JPG
1549346245-IMG_7781.JPG
メインはダチョウ肉とジャガイモのコロッケ。めちゃくちゃ美味しかったです。
1549346257-IMG_7783.JPG
東京にも3店舗ありますが、ダチョウコロッケはここにしかないみたいです。 鹿屋体育大学と言えば、かつてコンサに中国人の徐暁飛がいましたよね。 コンサが鹿児島で合宿したときだったか、鹿屋体育大学と練習試合したこともありましたね。 鹿児島市内の宿は、源泉かけ流しの温泉がある、シルクインというホテル。ホテルの夕食は刺身定食にしました。
1549346368-IMG_7797.JPG
美味しかったけど、鹿児島なのにキビナゴがないのは寂しいです。(翌日食べたけど) 朝食は豪華でした。夕食よりも良かったです。イギリスじゃないけど、昼も晩もこれだと良いのにと思いました (笑
1549346385-IMG_7814.JPG
奄美名物の鶏飯もあるんですよ。感激です。鶏飯があるなら、本当に1日3食、ここの朝食で良いです。
1549346423-IMG_7816.JPG


posted by かもめ |14:33 | グルメ | コメント(0) |