コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年04月30日

2009 J2第11節 札幌 3-2 愛媛FC

勝ちました~。私が一番見応えのあると考える3-2の勝利ですが、理想は先制して同点にされ、最後に突き放す試合ですから、ちょっと違いますね。まあ、勝って良かったですけど!

さて、今回も路線バスを利用しないで、南郷18丁目からシャトルバスに乗車し札幌ドームに向かいました。ドームに到着したのは14:50頃かなあ。験担ぎに今後もシャトルバスを利用します。

今節は、ボランチの上里とDFの西嶋が休暇なので、先発は、GK荒谷、DFラインは、西、吉弘、趙、芳賀です。ボランチがダニルソンと宮澤、左サイド岡本、トップ下がクライトン、右サイド藤田、1トップがキリノ。報道のとおりFWの宮澤をボランチに使いました。苦し紛れか、冷静な判断か。まあ、苦し紛れでしょう(苦笑)

前半から、鋭いチェックでボールを奪い(愛媛のパスミスもありましたが)、ゴール前へボールを運ぶ札幌。宮澤もボランチを無難にこなしていましたが、なかなかゴールを割れません。均衡が破れたのは、前半27分、クライトンの右CKを宮澤がヘッドで合わせゴール!宮澤の今季初ゴール。次はFWとしてゴールしてねぇ。

後半の序盤は、愛媛に攻められた印象ですが、10分、クライトンからパスを受けたキリノが岡本へ絶妙のパスを配球、岡本が落ち着いて決める!GK山本の股間に決める!いえ~い!続いて、23分、クライトンが左のスペースにパス、走り込んだダニルソンが角度のないところからシュート。角度がなかったので、入ると思いませんでした。喜ぶのがワンテンポ遅れてしまった。やはりダニルソンは凄いかもしれない。

しかし、30分、岡本が上原に交代した直後、DF柴小屋に見事に決められました。

その後35分に愛媛のDF三上が退場したので、あとは左団扇のつもりでしたが、42分ジョジマールに決められました。肝を冷やしましたわ!


終わってみれば、3-2の辛勝じゃないの。心臓に悪いわ!!

今節の勝利のポーズは4回。(ゴール3回+終了時1回)


最後に一言です。岡本は疲れていました。交代はやむを得ないでしょう。でもなぜに上原ですか・・。

posted by kanchi |08:42 | 現地観戦 |

2009年04月28日

レッドクリフPartⅡ未来への最終決戦 RED CLIFF 決戰天下

4月18日(土)9:00~ユナイテッドシネマ札幌でレッドクリフPartⅡを観てきました。もともと5時間を超える超大作を2回に分けた作品ですから、1作目のクオリティの高さは維持しているはずですが・・。

最終決戦のサブタイトルが付いているので、戦闘シーンばかりかと思いましたが、どちらかというと孔明の権謀術策が印象に残ります。孔明役の金城武は観るほどにハマリ役だと思いました。なかなか素敵な男です。あとは、リン・チーリンの魅力に目を奪われてしまいました。あれでスッピンですか・・。まあ、戦闘シーンの迫力がない訳じゃありませんよ。

さて、兵力で絶対的な優位に立つ曹操軍でしたが、慣れない地で疫病が蔓延します。曹操軍に兵士として紛れ込んだ孫権の妹「尚香」から疫病蔓延の知らせが届き、連合軍は活気づきますが、曹操の冷徹な作戦で連合軍にも疫病が伝染し始めます。たまりかねた劉備は、断腸の思いで撤退を決断します。儀を重んじ一人残る劉備の軍師「孔明」。かっこいいぞ~!彼は、ある作戦を胸に秘めていました。(内緒です)

劉備軍が去り、曹操軍の圧倒的な戦力に対抗するため10万本の矢を用意しなければならなくなった周癒ですが、孔明の奇想天外な作戦で、ことなきを得ます。これが面白いですねえ。さらには、この奇策で、水軍の指揮に優れた曹操軍の2人の将軍を葬り去ることにも成功します。

次第に戦いの体制が整う周癒軍。しかし、陣地が風下のため、勝利の切り札である火攻めができず、逆に曹操軍の火攻めの危機に晒されます。数日の内に風向きが変わると予測した孔明ですが、刻々と時が迫ります。

風向きが変わるまでの時間稼ぎをするため、敵陣に向かう小喬。彼女の決断には、敵地に一人潜り込み重要な情報を持ち帰った尚香の働きがきっかけになっています。


さてさて、いかにして、2,000隻の戦艦と80万の兵士に打ち勝ったのか。

あとは観てのお楽しみですが、圧倒的な戦闘シーンの凄まじさなのに、なぜかPartⅠよりスケール感がないのが残念です。 

posted by kanchi |18:52 | 映画・TV |

2009年04月27日

3連勝なのね!

昨日のJ2札幌vs横浜FC戦は、1-0で札幌が勝ちました。

スカパー観戦でしたが、主審が家本なのでビックリ!
何か嫌な予感・・

前半19分、西嶋が2枚目のイエローで退場。
予感は的中した。

19分間で2枚。それはないだろう。唖然→呆然→激怒

引き分けでいいから耐えてくれ~!って願っていました(汗)


そして、後半4分、クライトンが左サイドからドリブルで持ち込む・・
DF2人に挟まれながら、シュート!

ボールは、GKの左手をかすめGOAL!!


クライトンは凄い。まさに重戦車。

そのまま逃げ切り3連勝です。嬉しいですねえ!


次節も勝っちゃいましょう!!!!

posted by kanchi |20:33 | 試合 |

2009年04月26日

山下達郎“Performance 2008-2009”in 札幌

4月25日(金)山下達郎のコンサートに行ってきました。会場は北海道厚生年金会館。到着したのが18:00過ぎ、すでに開場していたので、直ぐに入場。まずは、グッズ売り場に直行です。パンフレットと携帯ストラップを購入。Tシャツ、エコバック、タツローくん卓上カレンダーは断念しました。懐が・・。

私の席は10列28番(真中が33と34番)。かなり良い席でした。ステージまで10メートルぐらいかなあ。ステージは、左右をビルに挟まれたルーフトップをイメージしているようです。達郎の左横に四角錐の天窓もありました。奥には、摩天楼のセットがあり、ステージの右側に大きなビルボードが・・。反転すると、「TATSURO YAMASHITA 08-09」が電飾で輝きます。

さて、18:35頃、メンバーがステージ奥のドア(見た目はドアではありませんが)から登場しました。もちろん、万雷の拍手。6年ぶりのコンサートは、“Sparkle”で幕を開けました。最初の2曲は、音割れが気になりましたが、その後、修正したようです。

ステージ向かって左から、柴田俊文(Keyboard)、土岐英史(Saxophone)、佐橋佳幸(Guitars)、小笠原拓海(Drums)、山下達郎(Vocal&Guitar)、伊藤広規(Bass)、難波弘之(Acoustic Piano&Rhodes)、難波さんの後方にBackground Vocalの国分友里恵、佐々木久美、三谷泰弘が並びます。

まず、演奏のクオリティの高さとアンサンブルの素晴らしさに感動。56歳の年齢であの声を出せる達郎に感激。月並ですが、全員上手過ぎです。来て良かったと実感しました。実は、今回のコンサートは一人参加です。チケットぴあの先行抽選予約をするとき、面倒なので1人で申し込みました(笑う)

今回のコンサートのセットリストは完全に鉄板です。達郎は、初日の公演からブログなどに掲載する場合は、これから観る方のために配慮してと言っていましたが、初日の翌日にはセットリストが掲載されていました。私は、それを観てから出かけたので、だいたいの流れは分かっていましたが、いざステージが始まると興奮と感動で、吹っ飛んでしまいました。

個人的に聴きたい曲もありましたが、贅沢はいえません。大変満足です。アンコールで“Circus Town”もやってくれたし。生で聴く一人ア・カペラは素晴らしすぎて・・。

佐橋さんのギターはキレキレでした。小笠原君のドラムには驚嘆です(ドラムソロの時、佐橋さんを始めほかのメンバーが感心していました)。第2キーボードの柴田さんのハモンドオルガンの音色とアドリブに感激でした。あと、職人技の達郎のカッテングやほかのメンバーにも感動です。

Your Eyesを歌い終え、深々と頭を下げる達郎に拍手は鳴り止みませんでした。

終了が21:55。3時間20分の充実のステージでした。感謝です。


[Set List]
01 Sparkle
02 Jungle Swing
03 Blow
04 Donut Song
05 夏への扉(The Door Into Summer)
06 ついておいで(Follow Me Along)
07 Paper Doll
08 さよなら夏の日
09 Forever Mine
10 バラ色の人生(La Vie en Rose) (ア・カペラ)
11 Chapel Of Dreams(ア・カペラ)
12 Have Yourself A Little Merry Christmas(ア・カペラ)
13 We Wish You A Merry Christmas~クリスマス・イブ
14 蒼氓
15 Get Back In Love
16 Bomber
17 Let's Dance Baby
18 高気圧ガール
19 Ride On Time
-Encore-
20 ずっと一緒さ
21 アトムの子
22 Down Town
23 Circus Town
24 Your Eyes(ア・カペラ) 

posted by kanchi |19:38 | 音楽・コンサート |

2009年04月26日

山下達郎“Performance 2008-2009”in 札幌 MC編

達郎のMCです。間違いがあるかも…。

■セットリスト
「早いもので、今年で芸能生活34年を迎えました。この長い芸能生活でも、ニューアルバムのプロモーションではないツアーは2回目です。“ソノリテ”が発売されてからすでに4年も経っています。そのため、セットリストにはかなり悩みましたが、良いとこ取りの選曲にしたので、初めての方にも何度も来て頂いている方にも最高のステージをお届けしたいと思いますので、楽しんでください。」

■なかなかツアーができなかった理由
「Ride On Timeでブレイクするまでに4年かかりました。以後、毎年コンサートをやってきて、多い年には70本。当時、地獄のツアーと言っていました。録音がアナログからデジタル化され、思うような音作りができず、何とか上手く行くようになったと思ったら、今度は、録音がハードディスクになり、これがまた厄介なのもで、なかなかツアーに出られませんでした。」

■ツアーメンバー
「コンサートのメンバーは10人と決めています。しかし、6年のうちにほかのミュージシャンに3人取られてしまいました。返してくれなどと言うと血の雨が降ってしまいます。でも、新たに2人の素晴らしいメンバーにめぐり合えました。ドラムスの小笠原拓海君は、山下洋輔さんと一緒にやっていた天才ドラマーです。若干24歳。ウチの娘と同じ年なので、新しい息子ができたみたいです。ちなみに札幌出身です。第2キーボードに柴田俊文さん。色々なミュージシャン(名前をあげていましたが忘れました)のツアーにも参加しています。今回のバンドは非常に気に入っています。幸い声も出るので毎年コンサートをやりたいと考えています。札幌は主要都市なので必ず来ます。」

■年齢
「最初は不安もあったツアーも残り5本。声は出るので安心しましたが、やはり記憶力の衰えはどうしようもありません。今は、プロンプターという便利なものがあります。モニターの画面に歌詞が流れるようになっているもので、下を見ながら歌っている方は、プロンプターを使っています。これが一度使ったら後戻りできません。私は絶対に使いません(笑)」

■ツアーのきっかけ
「今回のツアーのきっかけですが、大阪フェスティバルホールの解体が発表されて以来、ずっと反対していました。一介のミュージシャンがいくら騒いでもお役人の力には及ばず、結局、解体が決まりましたが、12月に4日だけ達郎のためにホールを開けてくれるということになり、どうせならツアーをやろうということになりました。当初は、33都市47公演。明日(26日)の札幌が千秋楽でしたが、沖縄が2回追加になりました。49回は縁起が悪いので、中野サンプラザを追加して50回にしました。」

■Forever Mineを歌う前に
「北海道厚生年金会館も取り壊しの危機に瀕していました。私にとって、このぐらいのサイズのホールが壊されるとやるところがなくなるので、絶対になくさないでください。今は札幌市が管理しているのかな。大阪フェスティバルホールの神様に感謝を込めて捧げた歌を北海道厚生年金会館の神様にもささげます。」

■ア・カペラ
「多重ア・カペラについて、よくピッタリ合いますねと言われますが、リズムボックスを聴きながら何十回と音取りしています。けっして機械で調整するなどのズルはしていません(笑)」

■クリスマス・イブを歌う前に
「クリスマスの時期になると、同じマンションの住民から山下さん忙しいでしょうと言われますが、忙しいのは歌(クリスマス・イブ)で私は忙しいわけじゃありません(笑)」

posted by kanchi |18:30 | 音楽・コンサート |

2009年04月25日

Symphony Hall in Boston

部屋の照明を落とし、Chris Bottiのライブアルバム”In Boston”を聴いています。4月15日にAmazonから届いていたのですが、なかなかジックリ聴けなくて・・ただ今、Symphony Hall in Boston!!


01. Ave Maria 
シューベルトの”アヴェ・マリア”ですね。Boston Pops Orchestraの前奏に続き観客の拍手と歓声。Chris BottiのTrumpetとBilly ChildsのPiano演奏で幕を開けます。控えめなオケの演奏が絡み、まさに極上のステージを予感させる選曲です。

02. When I Fall In Love 
一転、ジャズ・カルテットが前面に出た演奏です。Chris Botti(Trumpet)、Billy Childs(Piano)、Mark Whitfield(Guitar)、Robert Hurst(Drums)。彼の大ヒットアルバム”When I Fall In Love”のタイトルチューンです。Victer Youngが作曲したスタンダード。

03. Seven Days
Stingの1999年のアルバム”Brand New Day”の1曲。StingとChris Bottiの掛け合いが前面に出たダイナミックな仕上がりです。2人とも、実に伸び伸びと歌っています。

04. Emmanuel
フランスの作曲家Michel Colombierの曲です。Lucia Micarelliのバイオリンの美しい音色が響き、Chris Bottiがテーマを演奏します。ここでも、オケは至って控えめに、主役をサポートしています。Lucia Micarelliは若干24歳ながら、Josh GrobanやJethro Tullとのコラボで有名です。

05. I've Got You Under My Skin
Cole Porterの曲。Frank Sinatraのレパートリーとして有名なスタンダードナンバー。歌手で女優のKatharine Mcpheeが明るく伸びやかに、そしてチョッとセクシーに歌います。間奏のTrumpetとGuitarの音色も心地よい。

06. Cinema Paradiso
イタリア映画「ニュー・シネマ・パラダイス」のテーマ曲。巨匠Ennio Morriconeの曲です。Pianoの前奏に続くCelloの調べ。演奏は、偉大なチェリストYo-Yo Maです。テーマをChris BottiとYo-Yo Maが交互に演奏します。美しい演奏です!

07. Broken Vow
この曲に関しては全く知識がありません。ただ、Josh Grobanの声は、噂どおりオペラ歌手みたいですね。
朗々と歌い上げます。

08. Flamenco Sketches 
Miles Davisの1959年のアルバム”Kind of Blue”の1曲。とても有名な曲です。That's Jazzという演奏です!

09. Glad To Be Unhappy
Richard Rodgersの曲。John Mayerが甘渋い声で歌います。彼はジャズを歌っても決まりますね。

10. Hallelujah 
カナダの詩人、小説家、シンガーソングライターLeonard Cohenの曲。Chris BottiのTrumpetとMark WhitfieldのGuitarのデュオ仕立ての演奏です。オケがさりげなく寄り添います。

11. Smile
Charles Chaplinの映画「モダンタイムス」の曲ですね。美しい曲です。時代を問わず多くのミュージシャンが取上げる名曲中の名曲。AerosmithのSteven Tylerがあの声で歌います。個人的には、チョッとダメです。

12. If I Ever Lose My Faith In You 
再びStingの曲。1993年の”Ten Summoner's Tales”の1曲。Stingの曲をStingが歌うと、Chris Bottiが、いくらがんばってもStingの曲にしかなりますねえ。Stingのバックバンドでギターを演奏しているDominic Millerも参加しています。

13. Time To Say Goodbye
イタリアのテノール歌手Andrea Bocelliの曲(原題はCon Te Partiro)ですが、サラ・ブライトマンの曲として有名かな。Chris Bottiは、オケをバックにソロを演奏します。ホンマに美しい曲ですね!

Recorded at Symphony Hall in Boston,MA
on September 18th and 19th,2008


20091121-44.jpg


posted by kanchi |20:05 | 音楽・コンサート |

2009年04月24日

タツローくん

先ほど、山下達郎のコンサートから帰宅しました。


気分ですか・・

最高に幸せですねえ♪♪♪


書きたいことはいっぱいありますが・・ウズウズしていますが・・

達郎さんが、ブログに取上げる場合は、これから観る方に配慮してと言っていたので・・

少し考えてから書こうかと思います。


しばらくお待ちください。


とにかく行ってよかった!!

posted by kanchi |23:11 | 音楽・コンサート |

2009年04月24日

山下達郎

20091121-43.jpg


山下達郎 Performance 2008-2009
18:30 START
北海道厚生年金会館

行ってきます!!!


posted by kanchi |06:54 | 音楽・コンサート |

2009年04月23日

大切な順ですか・・

恋愛、仕事、自分の時間、大切な順ですが…


仕事で疲れているので、「自分の時間」「恋愛」「仕事」かな・・

というか「自分の時間」以外はいらないなあ。マジで!

自分の時間がほしい、ほしい、ほしい!!


こんな答えじゃダメかな。

でも、正直な気持ちです!



ちなみに欲しいものは「安眠」「昼寝」「休暇」・・

posted by kanchi |21:41 | life |

2009年04月19日

2009 J2第9節 札幌 4-1 C大阪

勝ちました。見事な勝利でした。私が生で札幌の勝利を見たのは2007年12月1日以来、実に505日ぶりです。長かった。

さて、今日は寝坊しました。起きたのが11時過ぎ。いつも利用する路線バスは1時間に1本しかないので、地下鉄東西線大谷地駅から南郷18丁目まで移動し、シャトルバスに乗車し札幌ドームに向かいました。ドームに到着したのが12:10頃でした。ドールズのダンスも見られてメデタシ。

今節は「ニトリサンクスマッチ」。ニトリオリジナル4種(黒・赤・青・シャープ)ボールペンとマッチデイプログラム[アカクロ]をいただき、次に、ファンクラブブースを覗き、缶バッジが当たっていたので石井選手のバッチをもらいました。席につき、キオスクで買ったおにぎりをいただく。ちょっと侘しい。


先発は、GK荒谷、最終ラインは西、チョウ、吉弘、西嶋。中盤は右サイド藤田、左サイドが岡本、ボランチが上里とダニルソン。トップ下がクライトンで、1トップがキリノ。

最初から攻める札幌。6分、岡本が左サイドでロングパスを受け、そのままドリブルで中に切れ込み、3人くらいかわし左隅にシュート。岡本の持ち味が出ました。これからもよろしく!!!追加点、追加点と思っていたら、19分、逆に香川に決められ同点にされました。まだJ2にいたのね・・以下自粛。

その後も、右サイドの藤田、左サイドの岡本を基点に両サイドから攻める札幌。41分、キリノが相手DFからボールを奪い、DF2人に挟まれながらゴールに突進。右足で華麗に決め2-1。キリノのスピードは凄い。ダビを超える存在になりそうな予感。ダビのように熱くならないのも良いですね。

後半に入り、反撃を試みるC大阪。右サイドの乾は早くて上手いと思いました。しかし、後半4分、上里の右CKに西嶋が右足で合わせゴール。3-1と突き放しました。

しかし、まだまだ安心できません。何と言っても、無敗のC大阪ですから・・。ところが、28分、キリノのパスを受けたクライトンがシュート、GKに阻まれますが、こぼれたところを自らゴールし4-1。息の根を止めましたね。これで、やっと安心しました。(ホンとは時間ばかり気にしていましたが。)


シュート数を見ても、札幌21本に対しC大阪11本と2倍。C大阪のスピードのある攻撃は怖いと思いましたが、無敗の首位C大阪にゴールラッシュを見せた札幌を褒めるべきでしょう。約1年ぶりのホーム勝利で、今季初の連勝です。


素直に喜びます!!

勝利のポーズを5回もできましたから。(ゴール4回+終了時1回)


今日の主審は、岡田正義氏でした。安心できる主審ですが、今日は札幌に厳しかったような気がします。カードは2枚づつですが・・FKの数は圧倒的にC大阪が多いですねえ。


20091121-40.jpg


アカクロの表紙は、GK荒谷。上に乗っているのが缶バッジです。


posted by kanchi |18:32 | 現地観戦 |

2009年04月19日

in sapporo dome

20091121-39.jpg


札幌ドームにいます!

札幌vsC大阪戦です。


posted by kanchi |13:05 | 試合 |

2009年04月18日

勝利の瞬間

勝利の瞬間に喜びを爆発させる対象ですが・・
生でサッカーの試合を観ているときに、ご贔屓のチームが勝ったときですね。

立ち上がって、両手を突き上げます。
やや前方にグーで突き上げます。

ちなみに、GOALの瞬間も同じポーズですね。
ただ、「ヨッシャー!」の叫び声つきですけど!

友人と一緒の時は、ハイタッチは当たり前です!!


明日の札幌vsC大阪戦は、勝利の瞬間に立ち会うつもりです。

もちろん、札幌の勝利の瞬間にです

posted by kanchi |22:58 | コンサ・コンサ |

2009年04月18日

赤壁で激突

    レッドクリフⅡ


9:00から、レッドクリフPartⅡを観てきました。

とても面白かったですよ!とても×10ぐらい・・

もともと1本の作品を、長いので2分割したものです。
なので、完全な続きです。
最初に前作の簡単な説明がありますが・・


これから、ショッピングに出かけるので、感想は後ほど・・


posted by kanchi |12:23 | 映画・TV |

2009年04月17日

ジャワティストレート

20091121-37.jpg
今朝のサンプリング。 ジャワティストレート200ml。 手摘み茶葉100%だとか・・


posted by kanchi |08:33 | life |

2009年04月16日

勝った~!

昨日はスカパーで草津vs札幌を観た!

今日は感想を書こうと思ったが、会議の後で飲み会になって、さっき帰りました。


PKで先制を許したけど・・

何故かPKをキリノが決めて同点だぁ!


そして、後半キリノが何だか知らないけど、最後にかっこよく決めてくれた。

嬉しい!


正直嬉しい!!



でも、19日のホームで目の前で勝ちを見たい・・


分かっているね赤黒の勇者達。

posted by kanchi |23:36 | 試合 |