スポンサーリンク

2019年02月06日

チャナティップに会いたくて@雪まつり

虹と雪のバラード。


今、札幌市営地下鉄の一部のホームでは、この「虹と雪のバラード」が到着メロディーとして流れております。
両端にホームがある駅のみスピーカーから流れるようですが(真駒内駅は例外)
月曜の朝のホームに鳴り響くメロディーは何事か?と驚いたものの
なんか東京っぽくて、ちょっぴりワクワクしちゃった~♪
お上りさん丸出しですけど(*ノ∀`*)


ほら。札幌人は到着メロディーに慣れてないからね。
無言で到着して無言で発車するのが札幌の地下鉄だから(ノ∀`)



機会がありましたら是非、虹と雪のバラードを聴いてみてくださいね。


さて、そんな地下鉄に乗ってやってきたのは雪まつり会場。
お目当てはCVSの有志の皆さんが製作したチャナティップの雪像です。

雪まつりは積極的に行く方ではないので昨年は場所が分からず迷いに迷ってたどり着けなかったこともあり
(地元民は雪まつりに行かないあるある)
今年は出掛ける前に、しっかりとリサーチしてから向かいました。


目指すは西12丁目の市民雪像広場。

まずはテレビ塔と反対側の大通公園の端にある札幌資料館を目指します。
1549386168-IMG_20190205_161104.jpg






歩くのが大変な方は地下鉄西11丁目出口を利用されると便利です。
歩道もツルツルですので、くれぐれもお気を付けて。



ちなみに雪まつり会場は一方通行となっておりますので
資料館に向かって右側(北)の道を歩きます。
1549386187-IMG_20190205_161124.jpg




チコちゃんなどの市民雪像を眺めながら進むと…
ちょうど資料館側の一番奥にチャナティップの雪像があります。

わーい。ようやく会えた~。
チャナティップ!上手!素晴らしい!( ゚∀゚*)
1549386223-IMG_20190205_161149.jpg


顔、輪郭、拳に少し微笑んだ目もとも本当に良く出来ていますね~。
思わず私も笑顔になってしまいました。





この口元から「なまら、サイコー」と聞こえてきそうですね(*´ω`*)
1549386247-DSC_0135.JPG


昨年は暖気で後半は溶けたりしましたが今年は寒波なので
最後まで元気なチャナが見られそうですね。

CVSの皆さん。本当にお疲れ様でした。


(ちなみに今日(2/6)は大雪なので雪像に雪が積もってるかもしれません)
(昔、市民雪像を作った時の記憶を辿ると「雪払い」タイムがあったような…)
(ほうきでササッと雪をはらって雪像をキレイにする時間)
(今もあるのかなぁ)







通路を挟んで向かい側には昨年コンサとコラボしたアニメ「ゴールデンカムイ」のアシ(リ)パさんの雪像もありましたよ。
1549386276-IMG_20190205_161227.jpg


今年もコラボあるかな~(*^^*)






西12丁目をグルッと回って西11丁目に来ると雪ミクさんの小雪像がありました。
1549386299-DSC_0132.JPG







ここでは国際雪像コンクールが行われておりタイの方も参加しておりました。
1549386364-IMG_20190205_161316.jpg






すごい!素晴らしい。芸術的です。
1549386395-IMG_20190205_161335.jpg



チャナのお陰で私たちはタイという国に親しみを持つようになり
タイの方達も日本や北海道、札幌に興味を持ちたくさん訪れてくれます。

チームは今年はタイで一次キャンプも行いました。
こうして、コンサドーレを通じ北海道の素晴らしさをたくさん知ってもらえたら良いですね♪



あと2週間でJ1リーグも開幕します。
が、その前に、銀髪ではない白髪のチャナティップに会いに出掛けてみませんか(*^^*)






posted by mimicchi |02:01 | コンサ外伝 | コメント(0) |

2018年06月12日

コンサフリーク@宮の沢

いよいよロシアW杯が始まります、、


と言っても、なかなか実感が沸きません。
中継が始まったら盛り上がるかな~。

各局ではW杯に向けた特別番組を競って放送しておりますが
前日放送されたジャンクスポーツに小野伸二選手と稲本潤一選手が揃って出演。
しかも「北海道コンサドーレ札幌」所属と紹介(*´∀`*)

ひな壇前列のセンターに座る伸二さんとイナさん。
そこにコンサの選手が二人もいる誇らしさよ(*´ω`*)
本当に凄い選手がいるのだなぁと改めて実感する瞬間です(しみじみ)

そのレジェンド達もさることながら若き代表のエース・我らが三好選手が
NHKのW杯中継の解説者として出演決定!( ゚∀゚*)

別の意味でW杯中継が楽しみになってきました~♪
みよっしーは どんな解説をするのかなぁ~。
…って、やっぱり代表よりウチの子体質なんですよね(ノ∀`)



さて、前置きが長くなりましたが、

日曜日は宮の沢 白い恋人サッカー場へ行ってきました!
と言ってもサッカー見学ではありません。
YOSAKOIソーラン見学です。

残念ながら用事が終わらずコンサドールズファミリーの出演には間に合いませんでしたが
「コンサフリーク~北海道武蔵女子短期大学~」さんの演舞は観ることができました。



いつもは選手が練習するピッチも今日はヨサコイ仕様。
1528748090-IMG_20180612_051216.jpg


養生された芝を痛めないよう白い板が敷かれており、
踊り子さん達は芝を踏むことなくステージを出入りできます。




コンサフリークさんの今年のテーマは「孔雀」
1528748106-IMG_20180612_051152.jpg


衣装の袖を広げると色が変わりとっても素敵でした。
本当に孔雀の羽のよう。

演舞前に「ブロック2位でセミファイナル進出が決定しましたー!」と発表されると
結果を知らされていなかった踊り子さん達からキャー(*≧∀≦*)と歓声があがり、みんなで抱き合い、涙を流している様子を見て
私も貰い泣きしてしまいました(ノ∀`)




孔雀の衣装からコンサドーレへと早変り!
1528748122-IMG_20180612_051254.jpg


ここがまた一気にテンションが上がるシーン(*´∀`*)

途中に「コンサドーレ * * *(手拍子)」「コンサドーレ * * *(手拍子)」
と聞きなれたフレーズが出てくるのも感動です。

ここでもウルウル。おばちゃんは涙もろいお年頃なのです(笑)



赤と黒の踊り子さんによる一糸乱れぬ演舞。素晴らしい!
1528748140-IMG_20180612_051318.jpg


最後はポンポンを持ってチアダンス風の元気で迫力のある演舞で観客を魅了。
演舞後に大きな拍手が送られておりました。

踊り子の皆さん。素晴らしい演舞をありがとうございました(*^^*)

挨拶の中で「ようやくホームに戻って来れて嬉しいです」と言っておりましたが
やっぱり、ここはホームなのですね~(*´ω`*)


せっかくなので他のチームの演舞も観ていきましたが
皆さん「このような広くて、お客さんも多くて、素晴らしいステージで踊る事が出来て最高でした」と口々に言っておりました。
他会場の様子は分かりませんが踊り子さん達にとって
ここ宮の沢会場は素晴らしい環境のようです。

例年、ヨサコイの時期は宮の沢の芝の養生期間となっておりますが
こうして活気のある宮の沢を別の角度から見るのも楽しかったです。


来週にはここで「サポーターズデーin宮の沢」が開催され
また賑やかで活気のある宮の沢となる事でしょう。

サポーターズデーも、今日のような青空になるよう祈っております。







posted by mimicchi |04:50 | コンサ外伝 | コメント(2) |

2017年12月28日

そうだ、純貴に会いに行こう@青森編②

例年になく寒い年末を迎えておりますが皆さんいかがお過ごしですか。

私は昨日で仕事を納め今日から年末年始をゆっくり…
過ごせません。主婦の年末はチョー多忙です。まずは栗きんとんを作ります(笑)

そんな多忙な中、チマチマ書いてきたブログの下書きがいっぱいなので
在庫一掃セールならぬ下書き一掃していきたいと思います(ノ∀`)

「旬」なネタではありませんが忙しい時期に紛れてサクッと乗せちゃうからサクッと読んでね (・ω<)


「純貴に会いにいこう」シリーズは今回で第4弾となります。
第1弾と第2弾はともに福島へ、第3弾は7月に青森へ行きました。

第3弾「そうだ純貴に会いにいこう③ラインメール青森vsヴィアティン三重」は → こちらです。


青森の旅がとても楽しかったので、また行きたいな~と思っておりましたら、
11月のJ1中断期間にラインメールの最終戦が青森で開催されるとの事で
またまた行ってきました。



今回も前回と同じく日帰り。青森は近いので日帰りでも十分楽しめます(*^^*)
そして、こちらも前回同様、往復JAL樣での空の旅です。



さあ、楽しい遠征の旅へ出掛けよう。


しかしながら、あいにく北海道・東北地方の天気予報は雨。
ここは「晴れ女パワー」フル稼働で雨雲も追い払わなければ(`・ω・´)


札幌駅からエアポートで千歳空港へ。
関東への遠征と違い朝一の飛行機じゃなくても十分間に合います。
お土産を何個か買い足して保安検査場へ並ぶと…


「JAL青森便をご利用の…ただいま…です」

ん?今、青森って言った?
お隣の話し声が大きくて全然聞こえなかったんだけど…
なんか青森と言ってたような…

まっ、いいか。と気にせずに並んでいたら、隣の列に並んでいたお仲間さんが
保安検査場へ入れず逆戻りしているではありませんかΣ(゚Д゚;)

聞けば、私たちが乗る予定の青森便が機材繰りのため搭乗手続きを中止しているとの事。


ええーーっΣ(Д゚;/)/


だ、大丈夫なの~出発できるのか~(ドキドキ)

とりあえずカウンターへ行っとくれ。との事でJALカウンターへ行くと
「青森行きのお客さま~」との声が…「はいはい!ここにいます!」


「大変申し訳ありませんが花巻空港から来る予定の便が到着せず
折り返し便が運航できない状況になっておりますので30分後に再度アナウンスするまでお待ちください」

「と、飛ぶんでしょうか?」
「それは、まだ何とも言えませんので時間までお待ちください」

Σ(´Д` )オーマイガー


ただいま9時10分。出発便の予定時刻は10時10分。

さてアナウンスまで30分あるけど、どうする?買い物する?お土産みる?
まあ、30分くらいなら問題ないよね。


― 30分後 ―



「JAL青森便は現在搭乗手続きを中止しております。次のアナウンスは10時30分となります」


なにーーっ?!更に1時間も遅くなるの~? Σ(´□`;)


搭乗手続きが中止なので中にも入れない。
しかたがないのでコーヒーを飲みながら作戦タイム。


「もし、飛んだとしてもギリギリだよね」
「時間に余裕みてたけど試合には間に合わないかも…」
「ここまで来て 飛びません だけは避けたいよね~」
「なんとか遅れても良いから飛んで欲しい~」
「最悪、試合に間に合わなくてもいいから飛んでくれー」


と、そこへJAL様から遅延のお知らせメールが…



10時10分発青森行きは1時間10分遅れの11時20分に変更


変更?変更という事は出発はするという事よね?
とりあえず飛行機には乗れるのよね?( ゚∀゚)


青森までのフライトは55分。
なんとかギリギリ間に合うかもしれない!
というか飛んでくれて良かった~。行けて良かった~( ;∀;) ←まだ行ってませんが


そして2度目の保安検査場。今回は後戻りすることなく無事に通過できました。

中へ入り搭乗ゲート前で待っていると
「青森便をご利用のお客様へ遅延のお詫びにお食事券をお渡ししてます」
というアナウンスが聞こえてきます。

早速、カウンターへ行って1,000円のお食事券をいただくと…
「当日限り有効」「当空港でのみ使用可」の表記が!Σ(゚Д゚)

搭乗開始まであと10分。Σ(゚Д゚)
帰りは21時を過ぎるから売店での使用はできない。
今、使うしかない~。急げ~。

JAL様のお気持ちですので、ここはJAL系列の「BLUE SKY」で使用させていただきました。
ありがとうございます。


そして、ようやく搭乗手続き開始~。
ここでも搭乗に時間が掛かり結局1時間半遅れて出発となりましたが、
乗ってしまえば、こっちのもの(・∀・)



青森便はドリンクサービスがないので飴ちゃんを頂きました。
1513979937-DSC07450.JPG








おっ、下北半島が見えてきたー!青森も近いぞ。

青森空港に到着!…って雨降ってる~(´□`;)しかも大粒~
1513979919-DSC07448.JPG


いやいや。来られただけでも御の字ですぞ。
贅沢は言っていられません。






バタバタと、レンタカーに乗り込みスタジアムへ向かいます。
空港から青森陸上競技場までは車で20分の道のり。
弘前と違い空港から近くて助かりました。

あれ?雨が小降りになってきたかも( ゚∀゚)


青森空港に到着した時は結構な降りでしたが
競技場が近づくにつれ黒い雲は遠くへ去っていきました。
よしよし。いい感じだぞ。


そして、ようやく、ようやく…とうちゃこ━━━!!
1513979954-DSC07451.JPG


ここまで長かった…
予定より、だいぶ遅くなったけど来られて良かった(T_T)





中に入ると試合はすでに始まっておりました。
1513980037-DSC07452.JPG







風が少々ありますが、そんなに寒くありません。
1513980330-DSC07454.JPG





前回青森に来た時は弘前の競技場でしたので、ここは初来場。
1513980367-DSC07455.JPG


途中で買い物する暇もありませんでしたのでスタグルのテントで
食料を仕入れ、とりあえず腹ごしらえ。




あれ?純貴…スタメンじゃないΣ(゚Д゚)
前節までずっとスタメンだったのに…

そうか、私たちが到着するのを待ってたんでしょ?そうでしょう(*ノ∀`*) ←違います
1513980405-DSC07456.JPG





あっ!河端くん。河端くんがいるよ!


この日はゲームキャプテンとしてチームを引っ張っておりました。
1514066751-DSC07463.JPG


今日の試合でJFL通算100試合を達成した河端くん。
試合前にはそのセレモニーがあったはずなのですが…
間に合いませんでした(T_T)ザンネン

そして、試合後に知ったのですが、今季限りで引退を表明。
河端くん。最後の公式戦を見る事となったのです。


長い間お疲れ様でした。
コンサドーレでプロ生活を始め、わずか1年ではありましたが
こうして青森の地で再び応援することが出来て良かったです(*^^*)







なんて言ってるうちに青森先制!(*≧∀≦*)
1513980770-DSC07459.JPG


前半14分。中村選手のゴールで先制です。





スコアボードは手動。なんだか懐かしい感じ(*´ω`*)
1513980849-DSC07462.JPG


24分に失点し同点とされてしまいます。




おっ。予想より早めに 純貴キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1514066421-DSC07465.JPG


負傷した選手と交代ですので余り喜んではおられませんが…

やはり私たちを待っていてくれたのね( ´艸`) ←だから違います




ピッチに入る時も全力。いつでも、純貴100%
1514066456-DSC07467.JPG


そうさ 100パーセント~じゅんき~
もう頑張るしかないさ~♪

純貴が入った2分後の前半44分。
秋吉くんの勝ち越しゴール!決まった~!





早速、セットプレーの入る純貴。高さを生かすのだー!
1514066805-DSC07468.JPG






ハーフタイムにはグッズや特産品が当たるお楽しみ抽選会がありました。
1514066845-DSC07472.JPG


…が、当たる訳もなく(ノ∀`)

プレゼンターは「ミス青森米(ミス クリーンライス)」、
「ミスねぶた」と「ミス・ユニバース青森代表」のお三人。





さあ、後半開始。円陣も無事に見れて良かった~。
1514066885-DSC07473.JPG





さっきまでの雨がウソのような良いお天気になり青空まで出てきました。
岩木山も凛々しい姿を現しましたよ。
1514390204-DSC07475.JPG







相変わらず守備に攻撃に がむしゃらな純貴100%
1514390168-DSC07474.JPG







試合終了。ホームでの最終戦を見事勝利で終えることができました。
1514390238-DSC07476.JPG


残念ながら純貴ゴールは見られませんでしたが
有終の美を飾れて良かった。良かった。

ラインメール青森 2-1 ヴェルスパ大分


試合詳細はこちら



握手。握手。
1514390270-DSC07478.JPG






試合後はラインメール青森のサポーターさんへご挨拶する選手たち。
1514390304-DSC07480.JPG


2度目ともなると青森のチャントも覚え一緒に歌ったり手拍子したり
応援も楽しみました。


初めてコンサドーレの試合を観に行った時もこんな感じだったなぁ。
ゴール裏の応援に感動して、一緒に拍手して、歌詞が分からないから
聞き取ろうと頑張って…試合より集中してたかも(ノ∀`)


なんだか応援を始めた頃を思い出す街。それが青森。






最終節のセレモニー。
ラインメール青森は年間順位2位でシーズンを終えました。
1514390336-DSC07482.JPG


監督、キャプテンなどの挨拶のあと、なんと選手全員が出口で
ハイタッチをしてお見送りしてくれるとの事( ゚∀゚*)

荷物を片付けて出口に向かうと青森の選手がズラリと並んでおります。
知ってる選手はあまりおりませんが、こうして見送られると嬉しいものですね(*´ω`*)

「お疲れ様でした」「お疲れ様でした」と声をかけながら(`・ω・)人(・ω・´)


そういえば、コンサドーレも、いつぞやの最終戦でハイタッチした事がありましたね。
あの試みは、それっきりとなりましたが時間が掛かって選手には負担が大きかっただろうな。



青森とコンサでは人数に違いこそあれ応援してくれたサポーターさんへの感謝の気持ちは同じ。
選手の皆さん。お疲れ様でした。

お見送りの後は、その流れで選手と交流する様子も見られました。


そうだ!私も河端くんにお土産を渡さないと!

河端くんは大きな花束を抱えてご家族と写真を撮ったりしておりましたので
ササッと行って「100試合おめでとうございます」とプレゼントを渡し
ササッと帰ってきました。が

しまったー。写真を撮ってもらえば良かったー(ノД`)

今日で現役引退って後から知ったし~(´Д`)
ざんねん(´・ω・`)


河端くん。お疲れ様でした。
第二の人生も頑張ってくださいね。



来た時はバタバタしていて気がつきませんでしたが、なかなか年季の入った建物です。
1514390367-DSC07485.JPG


あとは純貴の出待ちだけ。
来る時は遅くなったけど帰りは20時の便なので余裕、余裕、



とは言え、なかなか出てきません。
最終戦の後なので、色々お話とかあったのかしら(・ω・)
と今になって思う。


北国の日没は早い。
だいぶ薄暗くなってきました。



お待たせしました。我らが横野純貴選手です。
1514390399-DSC_3232.JPG


逆光でボヤけてしまいましたが相変わらずイケメンです(*´∀`*)

え?風邪引いてたの?
1週間ほとんど練習できてなかった…って
よく、あれだけ走ってたね~(゚Д゚;)


そうそう。国体優勝おめでとうございます。
素晴らしい活躍だったね!
純貴ゴールで優勝なんて本当に素晴らしい!


ところで、これからご飯食べに行くのだけどどこかお勧めある?(笑)


こうして無事に出待ちを終え、お土産も渡し競技場を後にしました。
いや~。本当に来られて良かった~。







そうなのです。遠征に行くって本当は大変な事なんです。
コンサの選手もこういう大変な思いをして毎回旅をしているのですね~。
海を越えなければアウェイに行けませんから。





さて、この後は純貴さんに教えてもらったお店へGO!

郷土料理が食べられる居酒屋「壱之助」さんです。
1514390752-DSC_3235.JPG





青森名物「せんべい汁」美味しかった~。お腹いっぱい~。
1514390779-DSC_3237.JPG


ニンニクの丸焼きも美味しかったし大間のマグロも
イカのゴロ焼きも美味しかった♪





お店には大きな「ねぶた」も飾られておりました。
1514390808-DSC_3240.JPG


弘前では「ねぷた」青森では「ねぶた」とも言われておりますが
大きな違いはないようです。
どちらも素晴らしい郷土の文化に違いはありません。


帰りは青森空港でシードルやリンゴのお菓子を仕入れ、
定刻通り千歳へ向け出発しました。


また、来年。


と思っておりましたら…その1週間後、純貴のラインメール青森退団のお知らせが…Σ(゚Д゚)

契約満了ではないので自ら退団を決めたのか…

なんか落ち着かないから新しいチームが決まったら青森観戦記をアップしよう~。





と、思ってたけど、なかなか新チームのニュースが出ない…


純貴は今ごろJFL選抜でミャンマー遠征中。
帰国を待って発表があるのかな…

と待っててもリリースが来ない~(´Д`)



どうなってるんだろう…
大丈夫かな…と不安になりつつも、きっと大丈夫と待っていると…


その1カ月後…奈良クラブへ移籍キタ━━━(゚∀゚)━━━!!


良かった~。無事に新しいチームが決まって。

奈良クラブは岡山さんが加入してから注目していたチームなので馴染みがあり
クラブもチームもとっても元気な印象があります。

残念ながら岡山さんは今季限りでの退団となってしまいましたが、
純貴と一緒に奈良クラブを盛り上げるところを見たかったな~。

奈良クラブ新加入のお知らせ → こちら


奈良クラブをJ3へ昇格させるようがんばれー!純貴!

純貴のブログにも奈良クラブへの熱い思いが書かれております。


降格も昇格も優勝も最下位も経験した純貴だからこそ
分かること、伝えられること、生かせることが沢山あると思います。

純貴の次なる挑戦を心から応援します!
がんばれ。純貴。




という訳で次回の「会いに行こう」シリーズは…
「そうだ純貴に会いに行こう@奈良編」でお会いしましょう(笑)






posted by mimicchi |00:28 | コンサ外伝 | コメント(0) |

2017年12月22日

コンサ流行語大賞2017

今年も「北海道コンサドーレ札幌 Advent Calendar 2017」に参加させて頂くこととなりました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


「北海道コンサドーレ札幌アドベントカレンダー」はコンサドーレにまつわるエトセトラを
様々な視点から書いた記事を集めたものです。
どれも楽しく興味深いものばかりですので是非ご覧ください。

私がアドベントカレンダーに参加させて頂くのは今回で5回目となりますが、
ネタオンリーですので、他の方が書かれた素晴らしい記事の
「箸休め」として気楽にご覧いただければ幸いです。

拙文ではありますが、どうぞ最後までお付き合いください(*^^*)



<過去の流行語大賞>
2010年は → こちら
2011年は → こちら
2012年は → こちら
2013年は → こちら
2014年は → こちら
2016年は → こちら

※2015年(昨年)は諸事情によりお休みしております。 



「コンサ流行語大賞」も今年で6回目となりました。

本家「流行語大賞2017」の年間大賞は「インスタ映え」と「忖度(そんたく)」
久しぶりによく聞いた言葉が選ばれたな~という気がします。
(トリプルスリーなんて発表された時に初めて聞いたからね)

「インスタ映え」
私はインスタグラムはやっておりませんが選手のインスタには大変お世話になりました。
試合とは違うオフの顔を垣間見れるのも楽しいですよね(*^^*)

「忖度」…他人の気持ちをおしはかること。

それまで1度も使った事がないのに会話の端々で使いたくなる言葉。
それが流行語大賞(笑)


過去の流行語大賞をみると、その年々の出来事が懐かしく思い出されますが、
さて、コンサドーレ的今年の流行語大賞は何だろう…と振り返った時、


思い浮かばない…



全く思い浮かばない…




毎年、あんな事があった、こんな事があった、とスラスラ出てくるのに
今年は全く思い浮かばない(´Д`)


と言うか、思いつく言葉がひとつしかない。
まさに大賞。一人勝ち。

そんな訳で今年はいきなり大賞から発表という例年にはない形になりますがご了承ください。



それでは今年のコンサ流行語大賞。いってみよー!


「コンサ流行語大賞2017」

栄えある第1位に輝いたのは…



『 J1残留 』


いや、もう、これしかないでしょう。
これ以外の言葉が見つからなかったですもの、ほんと。

と言うか、ぶれずに、これ一択で来たからこその目標達成なんだと思います。


思えば、こんなにはっきりと「残留」だけを謳った年があったでしょうか。

「昇格」する時はチームにも勢いがあり勝ち点を積める試合展開が多いので
必然と楽しく、勢いがあり、盛り上がるシーズンとなりますが、
その勢いのまま、なんだかやれそうな気がする~と迎えた翌年のJ1シーズン。

J2とJ1の差をまざまざと見せつけられ爪痕をも残せず
(負の爪痕は残したけど)
すごすごとJ2に戻る悔しさ。虚しさ。切なさ…

まさに天国と地獄。
前年のあの笑顔の1年はどこへ行ったのか。


そんな思いを三度も繰り返すことはしたくない。
上がってすぐに落ちるのは、もう嫌だ。
あんな思いは二度とごめんだ!


地獄と言いましたが愛するチームを応援するのに本当の地獄はありません。
出来が悪くても、何度つらい思いをしても、
そこに楽しさを見つけられるのがコンササポーターの良いところです。

むしろ、その地獄ようなシーズンを経験したからこそ「残留」という
一見、低そうな目標に向かって がむしゃらに突き進めたのだと思います。

ジェイが加入した時にも言っておりましたが、他所のクラブからすれば
「残留」…というかギリギリ15位でOKという目標は設定的にかなり低いものだったかもしれませんが
でもそれが如何に難しく、如何にレベルの高いものであるかという事を私たちは誰よりも知っています。

ここを乗り越えれば弱い自分から生まれ変われるかもしれない。
ビリギャルから優等生に変われるかもしれない。

その為の「J1残留」(`・ω・´)キリッ




え?あれ?…えーっと、流行語大賞でしたね。
ついつい「J1残留」に対する熱い思いを語ってしまいました(ノ∀`)


そんな思いで過ごした今シーズン。
上手くいかなくても、勝てなくても、6連敗でも
「J1残留」だけの為に頑張れたこの1年。

とにかく「J1残留」だけに集中し「J1残留」だけを言い続けた今年の大賞は
間違いなく『 J1残留 』です。




と書いているうちに思いついたから第2位も行っちゃおうかな(ノ∀`)


コンサ流行語大賞2017。第2位は…

『 SURVIVE 』


「SURVIVE」= 生き残る


ゴール裏から掲げられた「どんな手を使ってでも生き残れ」ダンマク。

これは選手に向けられた、選手を鼓舞する言葉であると同時に
それくらいの覚悟で今シーズンを戦おう!という私たちへのメッセージでもあったと受け止めております。

どんな手を使っても…と言うと一見、汚い手口でコソコソやりそうな印象がありますが(悪代官のイメージ)
そうではなくて、自分ができるであろう、あらゆる手段を駆使して
必死で戦え。というメッセージなのでしょう。


クラブは多くのパートナー様にご協力をいただき、グッズを売り、
あらゆる、コラボを模索し資金を集め、

サポーターは「応援は力」「コールはやがてゴールに変わる」と
ホーム力をアップさせるよう知人を招き、スタジアムを熱くする。

それに応えるように躍動する選手。
勝てない時も下を向かず、ぶれず、ただひたすらに勝ち点を狙う。


そして、見事に生き残った北海道コンサドーレ札幌は
生き残っただけではなく歴代最高順位に並ぶ11位となり今シーズンを終えました。


「SURVIVE」 から 「 SURVIVED 」へ。


残留争いを抜け出た時は、まさか…と思ったけどね。

いやいや、最後の笛が鳴るまで油断出来ないよ、と、
確定したあとでも、にわか信じられなかったけどね(/∀\*)


でも、今なら言えるよ。声を大にして言える。

どうだーー!残ったぞーーーー!!


最下位予想した皆さんが来季はどんな予想をしてくれる楽しみです♪
出来れば来季も最下位予想して欲しいな。
その方が、なにくそー!と頑張れる気がするから(ノ∀`)





さて、続きまして、第3位は…


『 Wジェイ 』


はい。すみません。
ひとつしか思い浮かばないと言っておきながら3位まで来ました(ノ∀`)

書いていると思いつくものです。
そして、どんどん長くなるものです。

申し訳ありません。もう少しお付き合いくださいね。



二人の「J」

「タイのメッシ」こと「メッシJ」ことチャナティップ・ソングラシン選手と
ジェイ・ボスロイド選手の二人のジェイ。合わせて「JJ」

この二人の加入がJ1残留に大きく貢献したのは言うまでもありませんね。

チャナティップが来道した時に「(愛称の)Jと呼んでください」と言っていたのですが
すぐに「ジェイ」が加入してジェイとジェイでは紛らわしいので
ジェイはジェイが本名だからジェイ以外の呼び名は無いので
ジェイがジェイになり、ジェイと呼ばれていたチャナティップの呼び名はチャナになりました。

まさに、じぇ、じぇ、じぇー!な働きをしてくれた二人の選手に感謝。感謝。

それと合わせてピンポイントな夏の補強を行った三上GMをはじめ
強化部にも「あっぱれ」を送りたいです。

是非とも来季も一緒に戦いたいので…残って欲しいぞ~。
なんとか、なんとか。がんばれ社長! ←




さあ、いよいよ第4位の発表です。
何も思い浮かばないと言ってから4つも出てきました。

もう、こうなったら、どんどん書いてしまいましょう。


コンサ流行語大賞2017。第4位は…

『 ビジターエリア 』


J1の楽しみ方は色々ありますが、なんと言っても対戦相手。
これに尽きるでしょう。

以前、ガンバ大阪がサクッとJ2に落ちて翌年サクッとJ1に戻った事がありましたが
ガンバが在籍した年の他のJ2チームの対ガンバ戦の来場者数が軒並み素晴らしく、
ガンバのバブルで「ガンバブル」と呼ばれるくらいの集客があったそうです。


それがJ1になったらガンバどころか対戦する相手、対戦する相手、
日本代表から海外経験者までゾロゾロ出てくるじゃありませんか。
対戦相手が見たいと言う理由でコンサの試合に来て思いがけず
コンサドーレにハマったという方も多かったかもしれませんね( ´∀`)


そしてJ1と言えばサポーター。
サポーターさんの数も、とにかく多い!


J2時代は閑散としていたビジター席。
J1のリーグ戦になると1試合平均で5ブロックのビジターエリアが上から下までビッシリ!
しかも川崎と鹿島は7ブロック。
浦和にいたっては、なんとアウェイ側をほぼ陣取る圧巻の9ブロック( ゚д゚)

うちのGKがピッチ練習に出てきた途端その9ブロックのアウェイサポーターから大ブーイング!
その迫力に「これぞJ1」と武者震いしました(;゚∀゚)=3

そんなビッグクラブと肩を並べる。真剣勝負をする。勝利する!
なんと楽しいことか(*´∀`*)


しかも、なぜかアウェイサポーターさんは札幌に来たがるんですよね。
(もしかしたら来年いないと思ってた?今年行かないとまた暫く来れないとか?)(*ノ∀`*)

お陰さまで来季もJ1で戦えますので是非とも北海道へいらしてくださいね。
来季もアウェイサポーターさんのお越しをお待ちしております♪



さて、長々と書いてまいりましたが今年の「コンサ流行語大賞」はいかがでしたでしょうか。 


今年は1位から4位まで選出されましたが、まだまだ忘れている事があるかもしれません。

5年ぶりのJ1を楽しんだ2017年。

来年もまた「J1残留」「J1残留」と叫んでいるかもしれませんが、
宮澤キャプテンの言うように、来年もまた新しい目標ができ、それに向かって突き進んで行く事でしょう。

その時はどのような言葉が出てくるでしょうか。


また来年。コンサ流行語大賞でお会いしましょう( ・∀・)ノ



最後までご覧いただき、ありがとうございましたm(_ _)m



少し早いですが…素敵なクリスマスとなりますように☆


☆☆☆☆☆☆ メリークリスマス ☆☆☆☆☆☆




posted by mimicchi |00:50 | コンサ外伝 | コメント(0) |

2017年07月24日

ドームで走る。ドームで繋ぐ。

いざ、札幌ドームへ。


と言っても試合ではありません。

我が「CNNコンサ隊F」と姉妹OSCである「ち~むkozo」さんとの有志による合同チームが
札幌ドームリレーマラソンに参加する事となり、その応援でやってきたのであります。


なんだか久しぶりのドームさん。今日もキラキラ眩しいわ(*^^*)
1500825027-DSC_2579.JPG


会場への入口は北2ゲート。

ふむふむ。これはリーグ戦と同じね。
コンコースに人はいないみたいだけど…集まっているのかな~。



CMでは見た事があるものの実際にどんな感じなのか分からずにいた札幌ドームリレーマラソン。


正式名称は「北ガスグループ 6時間リレーマラソン in 札幌ドーム 2017」


何グループくらい参加してるのかな~。
応援に来てる人っているのかな~。
と何の予備知識もなく軽い気持ちで会場へ行って驚きました。

すごい人!人!人!
その数たるや…リーグ戦並み?いや、リーグ戦の時より多いかも(;゚д゚)

スタンドの至るところに会社やグループ、団体で作成した登り旗が立ち
お揃いの法被やTシャツをまとい皆さん気合い十分。やる気満々。

お正月の箱根駅伝などで見られるあの光景が
札幌ドームで繰り広げられているではありませんか!
1500825195-DSC06380.JPG


異様な熱気を帯びる札幌ドーム…
ピッチ中央には黙々と走るランナーさんと交代を待つ人達の群れ。
ピッチ脇のステージではエクササイズやら音楽ステージやらのイベントが開催され
更には協賛各社によるブースがずら~り。


こ、これがフェスなのね(;゚∀゚)=3 ←やや違う


( ゚д゚)ハッ!あそこに見えるはバリィさん!

参加賞の今治タオルを提供している今治のバリィさんも来場し
じゃんけん大会などで盛り上げておりました。
1500825379-IMG_20170724_005529.jpg


すごいよ。リレーマラソン。

とにかく、6時間走るだけですから飽きさせないように色々な工夫がされているのですが、
走るだけと言っても1周ずつ交代するチームもあれば
若者が走れるだけ走るチームや
アニメのキャラクターなどの仮装をするチームもあったり、
ガチで上位を狙うチームもあれば本当に楽しみながら走るチームもあったりと
それぞれが、それぞれのランを楽しんでおりました。



せっかくなのでスタンドだけではなく走っている側で
声を掛けながら応援しようと屋外の応援エリアへ移動。


ここはランナーとの距離が近いのでダイレクトに応援の声が届きます。
私たちのチームの他にもコンサユニを着て走っているチームを何組かお見かけしました。

蛍光色のランニングウェアが多い中で赤と黒の縦縞は意外に目立つんですよね。

応援している私もコンサユニ着用でしたので、そこは赤黒のお仲間同士。
熱烈に応援させていただきました(*´∀`*)


42.195キロの部に参加した我がチームは1周2キロのコースを
4時間を越えるタスキリレーで見事に完走を果たしました!

ゴールした時には、なぜか走ってもいないのに達成感でいっぱい(ノ∀`)
みんなで喜びを分かち合いました。

これぞ「一体感」



応援だけでしたが雰囲気を存分に味わったリレーマラソン♪
試合とは違う開放的なドームも良いものですね(*´ω`*)
1500824973-DSC06381.JPG


色んな使い方、イベントが出来るのもドームの良さ。
市民が集まる。楽しめる。これこそが地域に根付くスタジアムなのであります。


帰り道。後ろから「コンサドーレが…」という会話が聞こえてきました。
そうです。今週末にはここでコンサドーレの試合が行われるんですよ~。

日本代表選手がゴロゴロいる、あの浦和レッズが
この札幌ドームに来るのですーー!

これは見逃せない!(`・ω・´)


サッカーファンのみならず一度は見ておくべき相手。
大挙して押し寄せる浦和レッズのあの応援は必見です。
「文化」としてのサッカーがそこにあります!


しかも、リレーマラソンと違いサッカーの試合は2時間で終わります!
6時間もやりません!

しかもしかも、来場者全員に特製ユニフォーム型Tシャツが貰えます!
今だけです!全員にです!クラブ史上初です!




J1へとタスキを繋ぐ、この1戦をお見逃しなく!






posted by mimicchi |05:48 | コンサ外伝 | コメント(2) |

2017年07月13日

ラインメール青森vsヴィアティン三重@そうだ!純貴に会いに行こう

ひゃ、ひゃくにじゅうごねんぶり?


この時期に4日連続真夏日になるのは125年ぶりだそうで…
どーした。北海道?
暑すぎやろーーーー!!(;´д`)

とっくんが「北海道はクーラー要らないって言ったの誰やー」って
困惑してたぞ(笑)

そんな暑さの中ではありますが、選手はリーグ戦に向け日々、汗を流しております。
どうか、良いトレーニングができますように。




さて、先週のお話をひとつ。

時は2017年7月8日(土)

そう、この日はアウェイ大宮戦。
大宮参戦の為、多くのコンササポさんが羽田へ向かう中、私も千歳空港へ!
…って、あれ? 行き先が…(ノ∀`)
1499912607-DSC_2515_2.jpg








搭乗して離陸してシートベルト着用ランプが消えてから15分後には着陸体制に。
フライト時間は、わずか35分!青森と千歳は近いのだ!
1499912631-DSC_2517_2.jpg







ちょっと小さめのJALさん。快適な空の旅をあっという間に終え青森に着陸!
1499912645-DSC_2518_2.jpg








青森空港の到着ゲートには「那須与一」の ねぶたが飾られておりました。青森に来た感満載です(*^^*)
1499915137-DSC06275.JPG


そうです。今回の目的地は青森。
純貴が所属するラインメール青森の試合を観戦する為に
はーるばる来たぜ~あおもりー♪


大宮に行かず、すみません(>_<)
その代わり息子と息子の友達を数人、大宮へ送り込んでおきましたのでお許しを(ノ∀`)



ちなみに「純貴に会いにいこう」シリーズは今回で第3弾。第1弾と第2弾はともに福島へ行っております。

第1弾。純貴に会いにいこう①富山には日高さんもいるよ。  → 「福島vs富山」

第2弾。純貴に会いにいこう②福島ホーム最終戦。  →「福島vs琉球」



さあ、スタジアムへ出発~。

本日の試合会場は青森市内ではなく、お隣の弘前市にある競技場なので、さらに50分移動して…

着いたぞー!弘前運動公園陸上競技場!
1499950794-DSC06341.JPG






左側がクラブのテント。チケットやグッズなどを販売しております。
右側はグルメ屋台。この日は暑かったのでアイスが売れておりました。
1499914241-DSC06276.JPG


当日券(1000円)とタオルマフラーを購入して、いざ中へ。




入口では「弘前城ミス桜」と「ミスりんご あおもり」のお嬢さん達がお出迎え。
(*´∀`*)
ラインメール青森版の東奥日報とジュースをいただきました。
1499914253-DSC06278.JPG







チームカラーは青。エンブレムは「ねぶた」まさに青森
1499914266-DSC06342.JPG


ここでラインメール青森FCを簡単にご紹介。

ラインメールというと、あのLINEのメール?と思ってしまいますが
ドイツ語の"ライン(Rein)"=「清んだ」および"メール(Meer)"=「海」を組合わせたものだそうで
「清んだ海 そして 青い森」と意味づけされているそうです。

東北社会人リーグを経て昨年、悲願のJFLに昇格。
目指せJリーグを合言葉に今年はJFLでの2年目のシーズンを戦っております。
今季スローガンは「挑む」



到着した時には、ちょうどピッチ練習が始まる時でした。

こちらは本日の対戦相手、ヴィアティン三重の皆さんで、
1499914347-DSC06285.JPG







こちらはラインメール青森の皆さん。
1499914331-DSC06282.JPG








そしてメイン右側にヴィアティン三重のサポーターさん。遠くから、ようこそ~
1499914387-DSC06284.JPG







そしてホーム側メイン左にラインメール青森サポーターチームが陣取ります。
1499914370-DSC06289.JPG


ラインメール青森の応援を聞いていたら…あれ?鹿島?鹿島なの?
これって鹿島のチャントだよね~( ゚д゚)


…と思っていたら青森のサポーターチームのリーダーさんは元鹿島サポさん(要職)だったらしく
地元に戻ったのを機にサポーターチームを立ち上げたらしいです。


世界に広がれサポーターの輪(*^^*)





あー!わな~! 和波くん。全然、変わらないわ~(*´∀`*)
1499914410-DSC06294.JPG







今日も暑い…札幌も暑かったけど青森も暑い…。たまに吹く風が気持ちいい~(ただいま30度…)
1499921885-DSC06316.JPG







あら?あそこにいるのは…( ゚∀゚)
1499920924-DSC06295.JPG


弘前城のイメージキャラクター「たか丸くん」

たか丸くんの名前は弘前城の別名「鷹岡城」の鷹から
ネーミングしたそうです。





青森のサポーターさん手作りしたという全選手のダンマクが張られておりました。
1499920959-DSC06297.JPG






もちろん純貴のダンマクも(*´∀`*)
1499920974-DSC06298.JPG


三重の方にも沢山のダンマクが張られておりました。
ありがたいですね。選手もモチベーションがあがりますよね!



さあ、試合が始まるよ~。


フェアプレーフラッグに続選手入場です。
1499921011-DSC06302.JPG






おっ、いたいた!背番号25が純貴です。
1499921025-DSC06303.JPG







全員で記念撮影をするみたいです。
こういう和やかな雰囲気が地域リーグの良いところですよね~(*´ω`*)
1499921808-DSC06310.JPG







ラインメール青森のイレブンショット
1499921827-DSC06315.JPG







ラインメール青森のスターティングメンバーは、こちら。
1499921844-DSC06290.JPG







ヴィアティン三重。和波くんは7番です。
1499921859-DSC06314.JPG







円陣くんで、さあ、行くぞ!
1499922367-DSC06317.JPG







おっと、握手してるぞー。と慌てて撮ったらブレブレ~(´Д`)
1499922347-DSC06319.JPG







試合開始。
1499913297-DSC_2520_2.jpg







テントの下にパイプ椅子を並べたベンチです。
1499922389-DSC06321.JPG






純貴。がんばれ~。ゴールを決めろー!
1499922421-DSC06320.JPG



惜しいシーンはあるものの、なかなか決まらず
立ちあがりからお互い動きが堅いままスコアレスドローでハーフタイムへ。

スコアボードと時計も味わい深い。
1499922717-DSC06326.JPG






ハーフタイムには豪華景品が当たる抽選会がありました。
1499922737-DSC06325.JPG


本日の入場者数は405人。

今回はセンターライン付近に座りましたがサポーターチーム以外に
手拍子をしたり声を出して応援するお客さんは殆どおりません。
サッカーは応援するものではなく、まだまだ「見る」ものなのですね。

この先、J3に昇格、その先へ…とチームが強くなって行くのと同時に
サポーターさんも増えて行くのかな~。
何より応援している皆さんがとても楽しそうにしておりましたので
その楽しさが沢山の人に伝わるといいですね(*´ω`*)




守備に攻撃に、泥臭く、がむしゃらに頑張る純貴。
1499922958-DSC06330.JPG







和波くんのふくらはぎ。相変わらずの美ふくらはぎだわ~(*´∀`*)
1499922996-DSC06329.JPG







青森には元コンサドーレの河端くんも所属しているんですよー。
1499923019-DSC06328.JPG


札大時代に特別指定選手に登録され翌年、コンサに加入。
残念ながら1年で移籍となりましたが和波くんとは同時期にコンサに在籍していたんですよね!

試合開始前や終了時には会話している様子が見られました。
コンサの絆(*´艸`*)


後半は青森が押せ押せになりましたが30度という厳しい暑さの中
どちらもミスが多く決めきれずにスコアレスドローで試合終了。
1499923493-DSC06333.JPG







90分ワントップとして体を張ったプレーを見せてくれた純貴くんですが、
ノーゴールに終わり悔しそう~。
1499923461-DSC06335.JPG







引き上げる和波くん。声援に笑顔で応えてくれました。
1499923513-DSC06337.JPG



荷物を片付けてスタジアムの外に出たら、まだ屋台がやっておりましたので
地鶏のつくね串を買って塩分補給を。もぐもぐ。まいう~。

ペットボトルも2本飲み干してしまったし暑いし…
早く出てこないかな~と木陰で涼みながら出待ちしていたら…



和波くん。キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
1499923540-DSC_2522_3.jpg


本当に変わらない笑顔だわ~(*´∀`*)
え?37歳?37歳なの? もう、そんなになったのか~(;゚д゚)

和波くんは2001年~2007年コンサに所属しておりました。
コンサが唯一J1残留を果たした2001年と2002年を知る選手です。

「コンサドーレも頑張って残留して欲しいですね。応援してます」

ありがとう。和波くん。
あっ、これ、懐かしの「白い恋人」です(*ノ∀`*) ←お土産



純貴とは入れ違いですがアカデミーの時に一緒にトレーニングしていたので懐かしかったとの事。
バタ(河端くん)とも話しました~。と言っておりました。


「忘れずにいてくれて、ありがとうございます」と和波くん。
忘れる訳ないじゃーん。どこへ行ってもウチの子は忘れないよ (・ω<)



そして、お待ちかね。我らが横野純貴!キタ━━━(≧▽≦)━━━!!
1499923561-DSC_2521_2.jpg


こちらは相変わらず真っ黒に日焼けしております(*´艸`*)

久しぶりに純貴らしい「これぞ横野純貴」というプレーを観る事ができたよ~。
やっぱり純貴はピッチを走り回ってるのが一番似合う!


純貴に和波くん。まさか青森の地で会えるなんてね~(しみじみ)
サッカーを続けていてくれるからこそ、こうして応援する事ができるんですよね。
また、いつか、どこかで出会えるといいなぁ(*´ω`*)


まだまだ、がむしゃらなプレーを見せてね。
まだまだ、これからも君たちの事を応援させてね(*^^*)



あっ!河端くんのお土産!( ゚д゚)ハッ!

どうやら和波くんと話している時に帰ってしまったようで
純貴くんに託しました。←こちらも、やっぱり白い恋人(ノ∀`)




はぁ~なんか満足したら お腹空いちゃった~。
…で、甘いものを補給。

弘前で人気のデザートハウスで「クレープリン」をいただきます。
クレープとプリンとアイスが三位一体となって、めちゃ美味しい(*≧∀≦*)
1499923586-DSC_2523_2.jpg


本日は日帰りの旅。

そうなんです。青森は近いから日帰りが出来ちゃうんですよね~。
弘前から青森空港まで車で1時間弱かかりますので
のんびり観光を楽しむ時間はありませんでした。

青森空港でも余り時間がありませんでしたが到着が遅くなるので腹ごしらえを。
青森といえばリンゴでしょ~と「りんご冷麺」を♪
1499923608-DSC_2526_2.jpg


ひと口たべて…うん。リンゴだ!(笑)

青森空港で小牧空港便を待つ三重の選手と一緒になり
またまた和波くんと再会。
思ったより早く会えたね(笑)



さて、そろそろ大宮戦が始まるぞ。
あ~、もう、搭乗時間。今のところはスコアレスだけど
千歳に着いて電源を入れた時にはリードしていますように(‐人‐)



~~~~フライト中~~~~


千歳に到着。「ただいまより全ての電子機器をご利用いたたけます…」
スマホON…ドキドキ。どうなの?どうなの?


( ̄□ ̄;)!!


2―0…


しかも後半、立ち上り5分で2失点…
ん?と言う事はバタバタして連続失点しちゃったって事よね。

それなら大丈夫だ!まだ時間はある!
ここから追い付いたら大したもんだぞ!

飛行機を降りてJRへ向かう。
ここで自家用車組と空港バス組とさよなら…



え? 福ちゃんが決めた?(゜ロ゜)


えええーーーーっ!1点返したーーー!≡゚Д゚)ムハァ―!!

これは、あるよ。あと1点!もう1点!
頑張れ!頑張れ!



あっ、エアポート来た~。どっこいしょ。バックを置いて
速報。速報…

ロスタイム4分(;゚д゚) まだある!まだある!


ああ…48分



49分…がんばれー



50…分? まだやる?FK?ラスト?

(゚Д゚)



(゚Д゚)



(;゚∀゚)え? ええ?



福ちゃんFK!キタ━━━(≧▽≦)━━━!!


きゃぁぁあぁぁあヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ同点!!



あっ、すみません…取り乱してしまいました。←エアポート発車前。ジロジロ見られる



そんな青森の旅の終わり。忘れられない旅となりました。


青森、楽しかったな~(*´∀`*)また行けたらいいな♪



「そうだ。純貴に会いにいこう」青森編 観戦記は以上です。
最後までご覧くださり、ありがとうございました。







posted by mimicchi |10:43 | コンサ外伝 | コメント(5) |

2016年12月23日

コンサ流行語大賞2016

今年も「北海道コンサドーレ札幌 Advent Calendar 2016」に参加させて頂くこととなりました。
どうぞ、よろしくお願いいたします。


「北海道コンサドーレ札幌アドベントカレンダー」はコンサドーレにまつわるエトセトラを
様々な視点から書いた記事を集めたものです。
どれも楽しく興味深い記事ばかりですので、お時間のある時にでもご覧になってみてはいかがでしょうか。

私がアドベントカレンダーに参加させて頂くのは今回で4回目となりますが
ネタオンリーですので、他の方が書かれた素晴らしい記事の
「箸休め」として気楽にご覧いただけると幸いです(*^^*)

拙文ではありますが、どうぞ最後までお付き合い下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


私が選ぶ『コンサ流行語大賞2016』


…って、いきなりコレですから(笑)(ノ∀`)


私が独断と偏見で選ぶ2016年コンサ的『流行語大賞』です。
流行語と言うより今シーズンの中で特に印象に残った言葉を集めた感じになっておりますので
「それ、流行ってないやん!」という突っ込みは無しの方向でお願いします(笑)


<過去の流行語大賞>
2010年は → こちら
2011年は → こちら
2012年は → こちら
2013年は → こちら
2014年は → こちら

※2015年(昨年)は諸事情によりお休みしております。 ←サボりか(ノ∀`)



「コンサ流行語大賞」も今年で5回目となりました。

過去の流行語大賞をみると、その年々の出来事が懐かしく思い出されます。
今回も、あんな事があった、こんな事もあった、と
流行語と共に激動のシーズンを振り返ってみたいと思います(*^^*)

それでは今季の流行語大賞。始まり始まり~(^O^)/ 



今年は1位~5位までの発表です。



まずは第5位 『「ブラジルトリオ」with ブルーノさん』

Jリーグでは外国人選手の存在は大きな戦力となっておりますが
「助っ人」として即戦力を期待されての加入でもチームや環境に馴染めなかったり
戦術に上手くはまらなかったり…チームにフィットするのは、なかなか容易ではありません。

それがどうでしょう。
今年コンサに加入したの3人のブラジル人選手の予想を上回る活躍っぷりは!

3人同時に加入だったのも初めての土地で助け合い、励まし合い
サッカーに打ち込む事が出来て良かったのかもしれませんが
それより何より3選手の人柄の素晴らしさよ!
プレーもさることながらファンサービスも丁寧で紳士的!
何よりも明るい!

この3選手を見ていると、シーズン始めのトークショーで三上GMが
最終的に選ぶ決め手となるのは「気持ち」だと言っていたのがよく分かります。
何事にも真面目に取り組み、チームに貢献したいという気持ちが強い3選手だからこそ
日本で活躍できたのではないかと思います。

このブラジルトリオの活躍がなければ昇格と優勝を手にする事は厳しかったかもしれません。
40歳までコンサドーレでプレーしたいと言ってくれるブラジルトリオの
来季の、さらなる活躍に期待です。


今でこそ明るく楽しそうなブラジルトリオですが、加入当初はケガであったり、
コンディションが上がらなかったり…
助っ人としての期待に応える事ができず悩んでいた時期もあったようですが、
そんなブラジル人選手たちの悩みを受け止め、監督の求めている事を丁寧に伝えて
支えてきたブルーノコーチの存在もまた大きかったと思います。

通訳のウリセスさん、セウソさんと共にチームを支えてくれた
とにかく明るいブラジルの皆さんとサポーターの心を鷲掴みにして離さない
マセードジュニアくんやご家族の皆さんに感謝して5位入賞とさせていただきます。





続きまして、第4位は… 「20周年」

今年、コンサドーレは創設20周年を迎えました。
20周年にあたり名称を「北海道コンサドーレ札幌」に変更、
同時に社名も「株式会社コンサドーレ」へ変更しました。

20周年という記念の年を記憶にも記録にも残る年にしたいという思いで迎えた今シーズンでしたが
見事、「J2優勝」と「J1昇格」という最高の形で終えることができました。

4月のセレッソ戦の前には『白い恋人prezentsクラブ創設20周年記念OBマッチ』が開催され
バルデスやペレイラといった往年のレジェンドが札幌ドームへ集合し
変わらぬプレーでサポーターを魅了。20周年に華を添え、

5年ぶりに函館で開催されたリーグ戦では
フィールドプレーヤーは今年開業した北海道新幹線カラーのユニフォームを、
GKはクラブ初の赤黒の縦縞ユニフォームを着用し
特別感満載の記憶に残る試合となりました。


他にも記念ユニや記念グッズの販売、「20周年記念DVD」や「北海道コンサドーレ札幌20年史」の発行など
20年の歴史と重みを感じた、この1年。

これまでも、これからも、ずっと変わらずにコンサドーレと共に歩んでいける人生でありますように
との願いを込めて第4位とさせて頂きます。







さあ、どんどん行きますよ~。




続きまして、第3位 「ウノゼロ」ウノゼロの美学」という言葉があることを今回初めて知りました。
イタリアで数字の1を「ウノ」、0を「ゼロ」と呼ぶことから1-0で勝つことを
「ウノゼロ」と呼び、ディフェンスを重視するイタリアでは点をとるよりも
1点をとって守り切るサッカーが美学とさせれいるのだとか。


1点で勝つことに美学があるのは結構なのですが、これを毎回された日にゃ~
もう、心臓に悪くて悪くて…
とにかく試合が終わるまで変なところに力が入っていたのか、
翌日は体のあちこちが筋肉痛になっておりました(^_^;)

先制して、その虎の子の1点を守りきるサッカーは観ている方もドキドキでしたが、
やっている方もドキドキだったことでしょう…(推測)
だって、1点取られたら同点に追い付かれ勝ち点2を失いますし
下手すれば逆転される可能性もあるのですから1点差の試合ほど怖いものはありません。

だからこそ最後の最後まで…試合終了の笛が吹かれるまで、
一瞬たりとも気が抜けない必死の応援となる訳です。

選手もサポーターも試合が終わった時には、ぐったりでしたが、
そんな風にして掴んだ勝利だからこそ喜びも ひとしお なのであります。


2016シーズン全42試合中ウノゼロで勝利した試合は11試合。
まさに4分の1が「ウノゼロ」での勝利!

ちなみに第9節セレッソ戦(H)から第14節讃岐戦(A)まで5試合連続ウノゼロ勝利となり
(第12節熊本戦もウノゼロですが8月に行われております)

ウノゼロ11試合のうち7試合が前半に先制しての逃げ切り勝利です(ノ∀`)
この時の、粘り強い戦いで得た勝ち点の積み重ねが昇格に繋がったのですね。


来季は今年よりもっともっと厳しい戦いが続くでしょう。
まさしく1点とって逃げ切りが多くなるかもしれませんが、
逃げきれたら御の字。
逃げるは恥だが役に立つ! いや、恥じゃないぞ!策だぞ!
ウノゼロ上等。ウノゼロ万歳 \(^o^)/

来季もヘロヘロになって応援しましょう~!





さあ、発表も残すは、あと二つ。


続きまして、第2位は… 「首位」

これですよね、これ。これこそが、流行語ですよ。
今年、何回この言葉を聞いたことか…
何度聞いても最後まで慣れることはありませんでしたが(ノ∀`)

今季初めて首位になったのが第11節の金沢戦。
この時は熊本地震の影響で、まだ暫定でしたが聞きなれない「首位」という言葉に
辺りは騒然としたものです(笑)

でも、そこは昇格マスターのコンササポ。(自虐?自慢?)
よっしゃー!と喜びはしたものの誰もが、このまま、ずっと首位でいる訳がない。
今のうちの首位を喜んでおこう~と思っていたことでしょう。

…が、予想に反して、なかなか首位から落ちません(*ノ∀`*)

一時は3位になったもの、すぐに首位に返り咲き。
でも、ここでもまだまだ疑心暗鬼のコンササポ(笑)


待って、待って、まだ6月ですよ。
6月ったら、これから夏場のアウェイとか暑さとかで…ねぇ( ´_ゝ`)

…と、この頃は「おおっ!またまた首位キープだぜ!」と、いちいち喜んでおりましたが、
ここからが徐々に増えていく「首位」の文字。

J2タイ記録となるホーム23戦無敗を記録!
首位を独走!! このままJ1昇格か!


…と思われたものの、8月からアウェイで7戦勝利なし(暗雲)
徐々に貯金も減ってきたものそれでも首位キープで迎えた第40節。
徳島に敗戦し、ついに2位の松本に勝ち点81で並ばれてしまいましたが
得失点差でなんとか首位をキープ!キープ! ←大切なので2回言いました

ひーっ。心臓に悪い~。心臓に悪いから~。(;´д`)

そして迎えた運命の第41節。フクアリでの劇的勝利!(*≧∀≦*)


結果、最終節の金沢戦を引き分けで終え一度も首位の座を譲ることなく
J2優勝。J1昇格となったのであります。


もうね、これだけ「首位」「首位」言ってたら流行語間違いなしでしょ。
たぶん、「神ってる」よりも「PPAP」よりも言ってたはずよ(*ノ∀`*)



と、本家 流行語大賞を被せてきたところで
さあ、いよいよ大賞の発表です。



栄えある第1位に輝いたのは…





じゃーーん。  『 一 体 感 』


今季を表すのにこれ以外の言葉があるでしょうか。
四方田監督や宮澤キャプテンがインタビューで何度も口にした「一体感」

チームとしての一体感。選手同士の一体感。選手とサポーターの一体感。
みんなが同じ方向を向き、同じ意識で同じ目標に向かっていた今シーズン。
良い時も悪い時も、雨の日も風の日も、
ウノゼロの日々も、勝てない日々も、いつも思いは一緒でした。

ケガをして長期離脱を余儀なくされたイナさんや哲さんのユニフォームを
毎試合、ベンチに掲げていた選手たち。

「最高の雰囲気で最高の後押しを」とスタジアムが一体となった応援をしたサポーター。

選手も、監督も、コーチ陣も、スタッフさんも。
社長も、ドーレくんも、コンサドールズの皆さんも。
パートナー様も、スタジアム関係者の皆さんも。
そしてサポーターも…
コンサドーレを愛する全ての人の思いがひとつになって作り上げた「一体感」

今年の北海道コンサドーレ札幌を象徴する、この「一体感」という言葉こそ
今季コンサ流行語大賞にふさわしい言葉だと思い第1位とさせていただきました。


ひとりひとりの力は小さくても、たくさん集まると大きな大きな「力」となる。

来季はまた新しい力が加わって更に大きな力となることでしょう。



以上、第5位から第1位までの発表でした。
さて、ここからは「流行語」の枠を越えたMIK(最も印象に残った言葉)番外編の発表です。





<番外編>

「TVh試合中継」

今年は10試合以上生中継すると発表したTVhさま。
第5節の京都戦から最終節の金沢戦まで録画(町田戦)を含む10試合を放送。


初の試みという実況・解説を置かない形での中継は、
サッカー初心者の千葉アナに吉原宏太さんが優しく丁寧に教えながら
ゲスト選手とのトークで進行するという斬新なもの。

最初は「やりました!」「ボールを奪いました」と観たままを伝えるだけだった千葉アナも
回を重ねるにつれプレーや選手についての知識がどんどん増え
サッカーを余り観ない視聴者の方達と共に楽しめる放送となっていきました。

しかもTVhさまの中継は10試合で8勝2分0敗という不敗神話を樹立。
千葉アナは一躍「勝利の女神」へ君臨することとなりました(*≧∀≦*)

しかしながらホームの日はスタジアムへ行っておりますので生中継を観ることはできないという
ジレンマに陥りましたが帰宅して録画を観ながらクラシックを飲むのが
毎試合の楽しみとなっておりました。


来季は待ちに待ったJ1の舞台。来季もたくさんの中継が観られるのかな~(期待)
残念ながら千葉アナは今年度をもって退社とされるそうですが
きっと、どこかで応援していて下さることでしょう。


千葉アナとTVhさまに感謝を込めて。
たくさんの「ありがとう」を贈ります。





そして、もうひとつのMIKが…  「E保険賞」

ホームでは負けなし!連勝記録更新!
喜びながらも、なぜか、どんどん心配になってきたのがホーム戦の勝利で
選手に贈呈される「E保険賞」

賞金10万円という大金が毎試合、毎試合…支出されていく不安。
だって勝っちゃうんだもん。
こんなに勝つとは予想してなかったんじゃないだろうか…
今でいくら?どれだけ出してる?
予想外だよねー。想定外だよねー( ゚д゚)

と勝手に心配をしていた私たちでありますが(お金に敏感な体質)
プレゼンターである株式会社T.F.K様の皆さんがとても嬉しそうにしておられたのが印象的でした。


サンクスマッチなどで選ばれるMVP賞は一人。
でも、この「E保険賞」があるのでMVPの他に、もう一人
チャンスが生まれます。
この「E保険賞」は選手にとってもモチベーションのひとつになっていたのではないでしょうか(*^^*)

サポーターも「MVPはとっくんかな~。でもE保険賞はソンユンだよね?」
などと予想したり、「おー!その選手が選ばれたかー」( ゚∀゚)
と思いがけない選手の受賞に喜んだり。
目立たないながらも活躍した選手が選ばれた時は本当に
この「E保険賞」があって良かったな~と嬉しくなりました。

まさに「裏MVP」(≧∇≦)

「E保険賞」贈呈に感謝を込めて。
株式会社T.F.K様へも、たくさんの「ありがとう」を贈りたいと思います。




さて、長々と書いてきました今年の「コンサ流行語大賞」
いかがでしたでしょうか。


ご覧いただいた皆さんそれぞれに、それぞれの「流行語」があると思いますが、
2017シーズンも前向きで、明るい言葉がたくさん聞ける年となりますよう
願いを込めて終わりとさせていただきます(*^^*)


今回はアドベントカレンダーとコラボという事で、いつもより
若干、力が入り、ついつい長くなってしまいましたが
最後までご覧いただき、ありがとうございました。m(_ _)m


楽しいクリスマスウィークエンドとなりますように☆

☆☆☆メリークリスマス☆☆☆




過去の掲載記事も貼っておきますので、よろしければご覧ください。

<北海道コンサドーレ札幌アドベントカレンダー過去の参加記事>

「北海道コンサドーレ札幌アドベントカレンダー2014」
「北海道コンサドーレ札幌開幕カウントダウン2015」
「北海道コンサドーレ札幌アドベントカレンダー2015

posted by mimicchi |01:35 | コンサ外伝 | コメント(2) |

2016年05月14日

アイス日和だー@SPOONさんオープン

やあやあ、みなさま。今年もこの季節がやって参りました!


「やあやあ」と言えば
ただいま再放送中の「水曜どうでしょう」は対決列島シリーズ。

「やあやあ、鈴井貴之ーっ!」でお馴染の今をときめく安田顕さんを
一躍有名にしたあの名シーン(牛乳リバース)は何度観ても笑えますよね~(笑)

またまた夜中に大笑いしちゃったww


…って、話が逸れましたが


夏だー!アイスだー!SPOONさんオープンだー!

という訳で、昨日、早速行ってまいりました。
まだ夏というには若干早いかもしれませんが20度を越えたら
道産子には「夏」よね「夏」ww


『SPOON(スプーン)』さんは永坂勇人選手のお母さまのアイス屋さんです。
1463210748-DSC_0456_2.jpg


永坂くんのインタビューなどでも度々登場しておりますのでご存知の方も多いと思いますが、
冬期休業を終え、一昨日の12日に今季営業を開始しました。

待ちに待った「SPOON 2016シーズン」の始まりです(≧▽≦)


南仏を思わせる爽やかな外観もさることながら
店内の装飾も可愛らしい小物たちと緑がたくさんあしらわれており、
とっても素敵です(´艸`*)

ディスプレイされている写真にはコンサの選手もたくさん写っておりますので
是非とも足を運んで美味しいアイスと共に雰囲気も楽しんでみてはいかがでしょうか。



アイスLOVEの私が待ちに待って今年最初に頼んだのが…コレ。

「フルーツジュレパフェ」
1463210769-DSC_0458_2.jpg
 ご覧の通り高く巻き上げられた
 ソフトクリームと
 容器からこぼれんばかりの
 フルーツとジュレ。
 (ジュレとは柔らかいゼリー状のものです)
 
 私は、この巻き巻きソフトを
 「コンサ トルネード」と
 呼んで密かに楽しんでおりますww


まさしく「巻き返せ!コンサドーレ2016」(某ラジオ番組)
ならぬ「巻き上げろ!コンサドーレ2016」(´艸`*)

高く、高く。

どんどん高く!

アイスもコンサの順位も、どんどん高みを目指すのじゃー! ←どんだけ食べるのじゃー



『小さなアイス屋さん SPOON』

住所:札幌市西区24軒4条5丁目9ー30 
地下鉄琴似駅5番出口を出て右折して大通りへ。
ローソンさんの方へ向かってすぐに水色のお店が見えてきます。


営業時間は
(平日)13時~18時 (土日祝)13時から20時

5月のお休みは
17日(火)、23日(月)、30日(月)31日(火)

※予定は変更する場合もあります。




以上、勝手にPR隊でしたww


さあ、次はいつ行こうかな~(*´▽`*)








posted by mimicchi |08:08 | コンサ外伝 | コメント(0) |

2016年01月21日

笑顔抱きしめて

また、雪が降ってきた

また積もるのかな~。(
まだ1月だもんね。雪は、ここから が本番だもんね。(´Д`)




「やっぱりね。ジュニアの時から光るものがあったんだよね」
「そうそう。キラリと輝くものがあったよね~(*´ω`*)」
「お兄さん達に交じって走ってた、あの子がね~」
「いよいよデビューかと思ったら…もう、感無量だよね(T_T)」
「ここからが、また新たなスタートなんだけどね♪」
「これから、もっともっと活躍してもらわないと!」
「また下からどんどん新しいキラキラさんが入ってくるしね~」
「楽しみはずっと続くね~」(*ノ∀`*)


いつぞやの私と友人の会話ですが…
かたや、コンサのアカデミー好きで、かたや、ジャニーズJr.好きという二人。

数年前にも書いたネタではありますが、最近また、ふとこの時の会話を思い出し
あの時から、ずいぶん経ったけれど今も全然変わらないな~と懐かしく思ったのであります。



さて、18日から始まった沖縄キャンプ。
その様子が公式Twitterさんやら有料サイトやら選手のツイートなどから伺えますが
毎日の二部練習は本当にキツそうですね~(>_<)

でも、これも今シーズンを笑顔で終えるための たいせつな時間。
今がんばらないで、いつ頑張るのか?


未来の笑顔のために。今を がんばりましょう!!

わたしもダイエットがんばるぜっっ!! ←そこ?



だってね~。笑顔が見たいんだもん。笑顔が~。


勝てなかった試合の後、ゴール裏に挨拶にくる選手たちは、すまなそうで、苦しそうで…
辛そうなその表情を見ていると、こちらまで辛くなってしまう。

真っ直ぐロッカーに帰ってもいいのに。
辛かったら無理して挨拶しなくてもいいのに。

その気持ちは痛いほど分かるから。


私が見たいのはこんな姿じゃない。
仲間たちと一緒に、嬉しそうに、楽しそうに、見ている方もついつい笑顔になってしまうような
そんな飛びっきりの笑顔が見たいのです。


今年はそんな笑顔がたくさん見られるといいな~。
その笑顔は、わたしに元気と勇気を与えてくれる最高の贈り物だから。




今シーズンは どんないいこと が待っているだろうか。


今年もチームがある事に感謝して、力いっぱい応援するぞー!!








posted by mimicchi |14:07 | コンサ外伝 | コメント(0) |

2016年01月02日

今年のコンサを漢字で例えると

北海道コンサドーレ札幌を愛する皆さま。
あけましておめでとうございます!

2016年が始まりましたね~。
今年はコンサドーレも20周年という節目の年。
2週間後にはキックオフイベントが開催され2016年が始動します。

今年こそ笑顔でシーズンを終えられますように。
今年こそ、今年こそ、行くぞJ1!コンサドーレ!!


夢に向かって力一杯、応援していきたいと思いますので
どうぞ、よろしくお願いいたします(*^^*)


さて、年を越してしまいましたが、下書きのままにしてる記事が結構ありますので ←あるんかい!
オフシーズンの間にボチボチ仕上げていこうと思います。

話題が、やや古くなっておりますが
昨年書いた体でご覧いただけると非常に助かります~(ノ∀`)


やっつけ企画の1発目はこの後すぐ!


今年もやってまいりました今季を振り返ろうシリーズ第1弾。

私が選ぶコンサ的『今年の漢字2015』のコーナーがはーじーまーるーよー!



日本漢字能力検定協会が発表した2015今年の漢字は「安」でしたねー。
清水寺で書かれた文字は達筆すぎて「安」とは読めませんでしたが(ノ∀`)


さてさて、コンサ的にはどんな漢字になるでしょうか。


ちなみに過去に私が選んだ「今年の漢字」は以下の通りです。
2011年 「絆」
2014年 「代」 → 2014今年のコンサを漢字で例えると 


2014年の漢字はすぐに思い付いたのですが今年は…う~ん。
やっぱり、これかな。




      『競』




小野伸二と稲本潤一の演!

このビッグな二人の競演は今年のチームの目玉であり注目でしたね~。
元日本代表の二人が一緒にピッチに立つのはいつか。
その時に多くの注目が集まりました。

お互いのケガ等で、一緒に出場する機会がなかなか巡って来ませんでしたが
小野選手にしても稲本選手にしても、それぞれのプレーが本当に素晴らしく
応援するのを忘れて、ついつい見入ってしまったり(ノ∀`) ←おいおい


この二人の競演が、やはり今年の象徴ではないでしょうか。



競演と言えば前貴之選手と前寛之選手の兄と弟の兄弟演も忘れてはなりませんw

コンサドーレ史上初となる兄弟での出場。まさしく
前だ!×前だ! 

尊敬するというお兄ちゃんの背中をずっと見てきた寛之くん。
同じピッチに立てて嬉しかっただろうなぁ。
兄弟でありチームメイトでありライバルでもある二人のこれこらの活躍に期待です。


「競」という字は「兄」の上に「立」と書きますね。

兄ちゃんを越える事が自分の成長に繋がっていくのです。

兄貴を越えるといえば、チームのアニキ達の存在。
シーズンオフのインタビューでイナが語った言葉が印象的でした。


来季の課題として
「伸二だから竜二さんだから負けて当たり前でスタートしている選手が多かった。
そういうのをなくす作業が必要。しっかりとした争のスタートラインに立ってほしい」
と厳しい口調で指摘した。との事。


確かに大きな存在ではあるけれど、越えていかなければならないし
そこを越えた時こそチームとしても個人としても成長し強くなる時だと思います。

アニキ達も簡単には譲ってくれないだろうし、その為の努力も怠らないでしょう。
でも、若手が自分の存在を脅かしポジションを奪ってくるのを待っているのではないのかな~。



2016年は更にチーム内争が激しくなると思われますが、
是非とも兄さん達をベンチに追いやって欲しいものですぞ(`・ω・´)


走れ!若者たちよ!



そうそう、走るといえば「馬」

8月13日(水)、門別競馬場にてホッカイドウ競馬『コンサドーレ札幌DAY』が開催されましたね!

ドーレくんとちびっ子のPK対決や、野々村社長のトークショー、
『ホームアイランド北海道賞』『赤黒の勇者賞』などレース名のほか、実況や厩務員、スタッフの方がレプリカユニフォームを着用するなど、競馬場がコンサドーレ一色になりました。


ノーザンホースパークのチッチ選手の残留も決定しましたし
今年も馬のごとくピッチを駆け回って欲しいですね!



選手が走り回る姿が間近で観られる新しいサッカー技場に想いを馳せながら(*´∀`*)




以上、私が選ぶ今年の漢字でしたー。

今年も、こんな感じにまったり、ゆったり更新していきたいと思いますので
どうぞ よろしくお願いいたします(*^^*)






posted by mimicchi |19:57 | コンサ外伝 | コメント(4) |