コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年12月01日

サッカーは冒険だった。

勝つイメージだけをもってドームへ行ったので、
引き分けという結果はしばし受け入れがたかった。
選手たちは気合いが空まわるということもなく、一生懸命プレーしていた。
2得点したあとになんだかふわっと「いけるんじゃね」みたいな雰囲気になり、応援もゆるくなった。
失点したあとにトーンダウンし、試合の良くない流れとともに応援のテンポもいまひとつに。
磐田戦のときに、試合が良い雰囲気のときは応援のテンポも良いもんなんだと感じた。
そして、応援のテンポが良いと、試合の雰囲気も良い時間が続く。
自意識過剰かもしれないけれど、試合と応援の関係ってやっぱり無関係ではないはず。

シーズン前半戦にたんまりたくわえた貯金で、
6連敗してもまだ2位だった広島。そのチカラは伊達ではなかった。
「2点差は危険」と言っている人が近くにいたけど、そういう試合ではなかったかなと思う。
どうでもいいけど「2点差は危険」っていうのはネタ以外では使わないでほしいもんだ。
普通に考えて2点取っているほうが有利だし、危険なスコアでもなんでもない。

チャナのゴールはすばらしかったし、ジェイのゴールもすごかった。
ジェイのゴールは無人のゴールにボールを入れたという単純なものではなく(それでもすごい)、
一度ちらっとゴールを見て距離感・スピード・高さなんかをすべて計算したシュートだと思う。
相手DFが戻っていても届かない高さ。思い切り蹴り上げるのではなく、すくい上げるような
まさしく「ゴールにパスをするような」シュートだった。ジェイだからできる技術の高さだったわ。

ジェイは今年守備もがんばってやるようになって、フォアザチームな考え方が強くなり
若い選手へのアドバイスも積極的にしているようだった。
ミシャの影響が大きいかもしれないけれど、選手を偏見で見たらいけないなと改めて思う。
磐田では守備をさぼりがちで構想外に、なんて言われていたけれど
きっと磐田でもジェイへの伝え方ひとつで変わっていたのではないだろうか。
(それとも単に名波監督との相性が悪かt...)
ミシャが来てくれたことで大きく変わったのはサッカーだけではなく
そういったマインドとかコミュニケーションの部分なんだろうなと思う。

「選手をリスペクトすることで信頼関係を築く」とミシャは言っていた。
言っていることはわかるものの、それを日々積み重ねて行動にすることは
誰にでもできることではない。自分の仕事に置き換えるとよくわかるけど、
一緒に働く人たちへ常にリスペクトの気持ちを伝えるなんて、普通に考えてできない。笑
でもミシャはそうやって選手に自信をつけさせてくれた。手ごたえを与えてくれた。
経験のないサッカーに自信を持てるなんてほんとうにすごいこと。
駒井がミシャのことを「カリスマ性」という言葉で表現していたけれど、
そういう"戦術"とひとことでは言い切れないものをミシャは持っていると思う。
そんな監督に出会えただけでも、選手の考え方がまるっと変わるんだろうなあ。

最終順位は4位。
4位を悔しいと思えること、それ自体が今年の収穫だ。
弱くて当たり前だったコンサドーレを、シーズン終盤には『強いコンサドーレ』と言えるようになって
J1を4位で終えるなんてほんとうにすごい。
J1なんていつも自虐ネタしかなかったのに。これからはもっと自信をもっていいんだな。

そうは言っても道の途中。
広島サポや浦和サポに、「ミシャじゃタイトルは取れない」というようなことをよく言われる。
でもコンサドーレがいまやっているのはそういうことではなく、
ミシャとそこを目指すことができるチームづくりをしているところ。
『広島でもない浦和でもない札幌のサッカー』だと三上さんは言っていた。
それは昨年四方さんが構築してくれたサッカーを含めて。
クラブもサポーターもみんなが理解してずっとブレずにいれば、
外から何を言われようと、たとえ降格することがあろうと関係ないのだ。
いや、降格は嫌だから、やっぱり来年もまた「まずは残留」なんだけど。
今年の結果はすばらしかったものの、きっと想像している以上に時間がかかることをしている。
けれどそれでコンサドーレの未来が明るいのなら、いくらでも時間をかけようじゃない。

15勝10分9敗、得点48、失点48、得失点差0。すばらしいねぇ。かっこいいねぇ。
最終戦の結果だけを見ればタラレバを言いたくなるけれど、
最終順位というのは一年を通してのものだから、この試合だけがどうこうではない。
まけを引き分けにできた試合があったかも。
引き分けを勝ちにできた試合があったかも。そういうものの積み重ね。
また来年、新しい冒険へ出発しよう。今年も一年お疲れさまでした。

あっ、それから進藤くんシーズンフル出場おめでとう!すごい記録だ!
深井さんも一年間出たぞー!それだけでもう涙が出るほどのよろこび!
あとは他力本願だけど...これもまた一年の結果だからね...ワンチャンに期待する...。

posted by ひとみ |21:28 | 試合観戦 | コメント(6) | トラックバック(0)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

トラックバックURL
このエントリーのトラックバックURL:
http://www.consadole.net/hanabi/tb_ping/2961
この記事に対するコメント一覧
Re:サッカーは冒険だった。

こんばんは!
うん、曽田ねー!申し上げることはございません。全く同感です。以上です!

posted by 荒谷弘樹命| 2018-12-03 20:04

Re:サッカーは冒険だった。

1年間お疲れ様でした。

>>引き分けという結果はしばし受け入れがたかった。
>>最終順位は4位。4位を悔しいと思えること、それ自体が今年の収穫だ。

もやもやを美しい文書にしてくれて、ありがとうございます。
悔しかった。開幕戦も負けたし、最後も引き分け。
引き分け=負け気分
来年は、川崎、鹿島、広島、浦和に勝たないとクラブ世界一には、なれませんね。なかなか。
そうそう、2位と4位で6.4億円も違い、もらい損ねたので、ここ一番宮の沢に久々説教に行って参りました。
進藤の顔の小ささ、宮澤のスラーとした体形とオーラに感動し、心の中で説教して来ました。
宮の沢に行った証拠写真は、集合写真の河合選手の右上を見てみて下さい(笑)

ごめんなさい、業務連絡、荒谷弘樹命さーん、いつもの情報
ACLのホーム開幕、2月19日火曜日、関東のスタジアム
開幕戦は、やはり九州か関西が濃厚との事。

posted by 団長Ⅱ| 2018-12-04 00:14

Re:サッカーは冒険だった。

一年間、お疲れ様でした!
トックンがいう通り、コンサドーレ にパラダイムシフトがおきましたね。今年は勝点41取っても残留争いに巻き込まれるなんて、ミシャが来ていなかったらどんなシーズンになっていたか、こわいです。
まだ見たことのない世界を探しに、来季も冒険ですね。

posted by パパコロ| 2018-12-04 06:02

Re:サッカーは冒険だった。

監督を引き受けた際、そんなに補強要らない(B会仕入れ)と言ったそうです。ツボを押さえた補強で2チーム編成して臨んだ柏の悲劇と対照的
限られた手駒の可能性を引き出す姿勢に美学を感じました。
まあ、土台がしっかりしてたのもあるわいな。幸せな化学反応でした。

posted by owls| 2018-12-04 12:46

Re:サッカーは冒険だった。

「冒険冒険また冒険♪」とピンクレディーが歌い踊る年代ですこんばんわ。

広い世界に飛び出して熊や鹿や狼と戦い海豚にぶっちぎられてたどり着いた扉は今年は開かなかった。
ここから先は丸腰では心もとないので皆で呪文を唱えながら行きましょう。「行くぞACL!詰めろ自由席!」
戦いながら金貨を手に入れ仲間を増やし時には別れて涙しながらビール片手にあちこちをキャンプ地として冒険をする人々がいるとかいないとか。

posted by さくら| 2018-12-06 22:57

コメントありがとうございます。

>>荒谷弘樹命さんへ

こんにちはー!
わっ!「まったく同感」いただきありがとうございますー!笑

>>団長Ⅱさんへ

一年間お疲れさまでしたー!
美しい文章だなんてとんでもないです。ありがとうございます。

そうなんですよね。上位クラブには勝てていないので、
ここを超えないとこれ以上の順位になるのは難しいのだなあと納得の4位です。
納得でも4位なのはほんとうにすごいことなのですが。ですががが。
8億をもらいそこねたと思うと、悔しさがやはりあるものですね。

集合写真で発見しましたよー♪宮の沢行けてよかったです。
団長Ⅱさんの説教ひさびさ。と思いきや、やっぱり説教できてなかったー。笑
またこの景色を見に来よう、とACLを具体的に思えたことは大きな収穫でしたね。

>>パパコロさんへ

一年間お疲れさまでしたー!
日程が出たときには「最終戦で勝ったほうが残留とかだったらどうする!?」なんて
話していたのですが、まさかACLを争う一戦になるなんて。
『冒険コンサドーレ』というコピーも、今年を象徴するぴったりの言葉になりましたね。

>>owlsさんへ

中断期間にも補強はいらないと言ったそうですね。ほんとうにいらなかった...!
四方さんでJ1を戦えて残留できて、大きな変化を望まなかったサポーターが多いなか
さらに上に行くためのシフトチェンジをしたクラブの判断は素晴らしかったですね。
やはり所詮われらは素人...挑戦なき者に新しい景色もないということなのだなあ。

>>さくらさんへ

ピンクレディーで歌詞検索をしました。すみません...。
熊や鹿や狼や海豚と戦うわれらを思うと、まんまゴールデンカムイのアイヌのようでした。
高い目標を立てなければそこに行くことはできないと、わかっていたつもりでしたが
目の前のことを必死にやり続けることで見える景色もあるのだと知りました。

『冒険コンサドーレ』はすごくいいかんじのRPGができそうです。
サッカーゲームではなくRPGというのがミソです(サッカーしないとは言っていない)。

posted by ひとみ| 2018-12-10 11:56

コメントする