スポンサーリンク

2018年07月11日

第2幕。

>J2の福岡がメンバー落とすって妙な話もあったもんだ…

 今年はいろんな意味で特別、いや特殊なシーズンと言える。第1の開幕戦が第1節、第2の開幕戦がホーム開幕戦、第3の開幕戦が厚別開幕ゲーム。これはコンサにとってはおなじみの光景。ただ、今年はW杯イヤーで1ヶ月もの長い中断期間がある。

 さしずめ、今日の天皇杯3回戦は“第2のプレシーズンマッチ”、次週のホーム川崎戦は“第4の開幕戦”と位置づけられ、ひいてはミシャコンサの第2幕、第2章の始まりを告げると考えることが出来る。ルヴァン杯はグループリーグで敗退してしまったため、天皇杯はチーム力の底上げのために必要な試合であり、クラブの実力やステイタスを上げていくためにも勝っていくことが求められている。

 …で。

 相手がメンバー落としてきて、こっちはガチで臨んでいるのだから当然といえば当然なのかも知れないが4-0でタコ殴り&クリーンシートというのは実に幸先がよい。まあ、川崎戦に出られないメンツまで総動員するのはどうかとも思うけど、全力で当たることをミシャは決めたのだろう。

 …うーむ、どうも調子が出ないな。仕事が忙しくなったとはいえ、そろそろテンション上げていかなあかんとは思うんだが。いっそ赤黒スズメの部屋にしてだらだら書くか?

 ミシャコンサの“伸びシロ”がどれだけあるのか?

 イニエスタやフェルナンド・トーレスといったビッグネームだけでなく他のクラブは補強に動いている。もっとも、コンサの場合は補強したくても出来ない(それだけの金がない)というのが実情だと思うので、補強に動かないことを殊更に不安視する気はない。

 菊地も戻ってきたし、今までメンツが固定されがちだったミシャコンサにどれだけ“厚み”をつけることが出来るか。厚みを増すのが先か、息切れするのが先かで第2幕の行方は大きく左右されるだろう。ともあれ、こっちも徐々にコンサモードにしていきましょうかね。

posted by フラッ太 |22:25 | コンサについて | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする