コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2018年05月25日

W世界戦 (拳四朗・井上尚弥)

内山高志、山中慎介といった名王者が王座を失い
井岡一翔が引退し
先週末にはWBAとIBFの統一王座に就いた田口良一が防衛に失敗するなど
日本ボクシング界が雪崩現象に遭っている状況の中
今夜のW世界戦挙行は大成功に終わった。

WBC世界ライトフライ級タイトルマッチ
 王者拳四朗 vs 挑戦者ガニガン ロペス (メキシコ)

1Rは互いに様子見に終始。
2R、この試合、最初に拳四朗が放った強打がロペスのみぞおちに炸裂すると
挑戦者はそのまま立ち上がれず10カウント。
呆気ない幕切れとなった。拳四朗は2連続KO防衛を果たした。

1527256637-IMG_6031.JPG
この右ストレート1発で試合は終わった。

1527256651-IMG_6032.JPG
プロボクサーには珍しい童顔の拳四朗はVサインで屈託のない笑顔を見せた。


WBA世界バンタム級タイトルマッチ
 王者:ジェイミー マクドネル (英) vs 挑戦者:井上 尚弥

ここ10年間無敗を誇る長身の王者相手に序盤から強打で圧倒。
なんと1Rでレフェリーが試合をストップ。井上は3階級制覇を成し遂げた。

1527256778-IMG_6045.JPG
今年の秋に開催されるWBSS (ワールドボクシングスーパーシリーズ) への
参戦が決まっており、非常に楽しみである。


posted by hiroki |22:56 | プロボクシング | コメント(0) |