コンサドーレ札幌サポーターズブログ

スポンサーリンク

2009年08月24日

しまふく寮に新型インフル

とうとう来てしまいましたか……。

万全の措置を講じているということで、これ以上は広がらないと信じます。

練習などで疲労し、少し抵抗力が落ちているタイミングでもらうと

潜伏期間を経て罹っちゃうんでしょうね。



過去に1度もインフルエンザに罹ったことのない私ですが

充分に気をつけて生活しないと 30日の同期会 (ある研修の) に影響するし (幹事だし)

睡眠や栄養をしっかりとって、あまり疲れまくることをしないように……

と言いつつ、土曜日なんかはかなり無謀な行動で汗びっしょりだったからな~。



関係ないけど はしか もやっていないし (しかも家族全員) ……。

posted by hiroki |22:08 | コンサドーレ | コメント(2) |

2009年08月24日

最高の終わりかた (甲子園)

20090824-02.png

最終回の守備で中京大中京は、6回からリリーフにマウンドを譲ったエースの堂林クンに
最後の締めくくりを任せようと再びマウンドに戻しました。


6点ビハインドの日本文理 (新潟県初の決勝進出) は
最後の攻撃も三振とショートゴロで簡単に2アウトを取られてしまい
中京大中京はあとアウト1つで通算7度目の優勝です。


ところが2アウト走者ナシから、日本文理が怒涛の猛反撃! 

4安打に3四死球をからめ、とうとう1点差まで詰め寄ったのです!
更に2アウト1・3塁と、同点あるいは逆転のチャンス。


そしてバッターの若林クンが2球目をジャストミート!
これで同点だ~っ! と思ったら中京大中京サードの河合クンがキャッチ。

その瞬間、2009夏の甲子園が終わりました。


無欲で勝ち上がってきた日本文理の選手達は 「いや~っ!惜しかった~!」 と笑顔。
優勝を決めた中京大中京の選手達は嬉しいけど疲労困憊。追い込まれましたからね~。


あのまま猛反撃がなく普通に試合が終わっていれば
まずは負けた悔しさが先にきたのかも知れないけど
あれだけの猛反撃で甲子園を大いに沸かせた日本文理の選手達にとって
最高の終わりかただったのかな~ と思って見ていました。
下馬評では中京大中京が圧倒的に有利でしたから。

最後は、あの当たりが抜けていれば最低でも同点でしたもの。


最後に強烈なライナーをキャッチした中京大中京の河合クン。
普通なら捕った瞬間飛び上がって感激を全身で表すところだったと思いますが
まるで普通に3アウトチェンジ!って感じでした。
少し間を置いてからマウンド上で歓喜の輪ができました。


優勝チームには優勝の喜びがあるけど
決勝戦まできて敗れたチームは毎年かなり悔しい気持ちになるケースが多い中
今日の日本文理は負ける瞬間の迎え方としてはとても良かったのではないでしょうか。


それにしても高校野球史に残る名勝負となりました (^o^)


posted by hiroki |15:42 | 高校野球 | コメント(0) |

2009年08月24日

鳥栖戦の日のAM

22日 (土) は鳥栖戦の前に近代美術館と札幌競馬場を巡りました。
なので少々忙しい1日でしたヨ (^_^;)


JRで新さっぽろ下車 ⇒ 地下鉄東西線で西18丁目駅へ ⇒ 徒歩5分で道立近代美術館


昨日で終了しましたが、聖地チベットポタラ宮と天空の至宝 を満喫!
9:30 の開館 10分前に行ったら、もう入場口に列が出来ていましたヨ (^o^)

20090824-00.JPG

撮影禁止なので展示物の写真はありませんが
ポタラ宮の写真とか、ホント圧巻でした!
お釈迦様を主体に仏像が多数展示されていましたが
特徴としてお怒りの表情をしているのが多いそうです。

ポタラ宮の外観は こんな感じ です。


10:50に美術館を出まして徒歩20分かけ札幌競馬場へ。


13時に札幌ドーム北ゲートで一緒に観戦する知人と待ち合わせなので
昼食の時間しかとれませんでしたが
相変わらずサラブレッドの走りには迫力を感じました。

20090824-01.JPG


12:00に競馬場正門発の無料シャトルバスに乗車 ⇒ 地下鉄東西線の二十四軒駅
⇒ 大通で東豊線に乗り換えて福住駅下車


13時の待ち合わせに5分遅刻したけど、知人よりは先に着きました (^_^;)


招待券効果だと思うけど、いつもならガラガラに空いている電光掲示板の下あたりも
かなり人が多かったですね。
公式発表の入場者数は 1万7千人台でしたが、実際は2万を超えていたと思います。
いつもこれぐらい入ってくれるといいんだけど
お試し観戦の方々に、あの試合がどのように映ったのでしょうね。

「今度こそ勝つ瞬間を見よう!」 って気持ちで、また足を運んでくれたら嬉しいナ!
1998年に初観戦した我々夫婦は、まさにそんな感じでハマっていきました (笑)


posted by hiroki |13:13 | コンサドーレ | コメント(0) |