スポンサーリンク

2006年05月25日

スタジアムガイド 日立柏サッカー場

柏レイソルの親会社、日立製作所が所有するサッカー専用スタジアムです。

柏レイソルが、日本サッカーリーグ(当時は前身の日立製作所本社サッカー部)時代からホームスタジアムとして、使用しています。
現在は、柏の葉公園総合競技場との併用となっています。

臨場感とプレハブのスタンドが特徴で、「日立台」という愛称で呼ばれることも多いスタジアムです。


■施設

サッカー専用競技場です。
スタンド(ゴール裏)は低く、最前列では、ピッチとほぼ同じ視点になります。
また、スタンドとピッチが非常に近く、Jリーグ開催スタジアムの中でも屈指の臨場感を誇ります。

ピッチが非常に近いため、試合前練習(シュート練習)で、ボールがスタンドに跳んでくることも多々あります。
怪我をしないようにご注意ください。

屋根はメインスタンド中央部後方にのみ設置されています。
(SS席の一部が該当します。)
その他の座席では、通常通りの雨対策が必要になります。
雨が降る可能性がある場合には、カッパやポンチョ、荷物を守るビニール袋が必要です。

また、日差しの強い季節は、晴天対策もお忘れなく。
特にメインスタンドが太陽に向かった座席になります。

気温が低い場合には、日陰になるバックスタンド側は特に注意しましょう。

持ち物については、こちらを参考にしてください。
>> Step1.スタジアムへ行こう! その1:生観戦をしてみよう!


メインスタンド以外のスタンドは、プレハブのスタンドとなっています。
老朽化もあり、ゴール後など、サポーターが一斉に飛び跳ねるとスタンド全体が揺れます。

2005年シーズンより、大型ビジョンが設置されました。
ただし、設置場所がアウェイ側のため、アウェイ側からはあまり見えません。


■座席

アウェイの応援席は、席種「アウェイ側ゴール裏(自由席)」、場所はアウェイ側ゴール裏になります。

ゴール裏席の前列はベンチ型の座席で、後列は立ち見席になります。

日立柏サッカー場は収容人数が少なく、特にアウェイ側ゴール裏の座席数が少ないことから、当日券が販売されない可能性もあります。
前売り券を確保することをおすすめします。


■売店

売店は充実しています。
特に食料の心配は必要ありません。


■アクセス

JR東武野田線 柏駅から徒歩または、バスとなります。

詳細は、柏レイソル公式サイトをご確認ください。

>> 柏レイソルオフィシャルサイト 日立柏サッカー場アクセス


■関連リンク

主催者:
>> 柏レイソル

天気:
Yahoo!天気情報 > サッカー場 > 千葉県 > 日立柏サッカー場



なお、柏のサポーターは熱いことでも知られています。
アウェイのスタジアム、アウェイの町であることを忘れずに、節度を持った行動をお願いします。

posted by cs-kanto |19:50 | 観戦案内 |

スポンサーリンク

スポンサーリンク