スポンサーリンク

2006年04月01日

スタジアムへ行こう! 生観戦をしてみよう!

サッカーはTVでの観戦がメイン、行ったことはあるけれど数回だけ。
そんな方のための、サッカー観戦ガイド初級編です。

まずは、スタジアムに足を運んで、生で観戦してみましょう!



(1) サッカー観戦で忘れちゃいけないのは?

  • サッカーは雨天決行のスポーツです。スタジアムに合わせて必要な準備を。
  • サッカーは屋外スポーツです。季節とキックオフ時刻に合わせて必要な準備を。

準備をする時は、天気のことは必ず頭に入れておきましょう!

「Yahoo! 天気情報」の「サッカー場の天気」が天気予報のチェックには便利です。

>> Yahoo! 天気情報 サッカー場の天気


(2) 必要な持ち物:基本編

 □ ハンカチ・ティッシュ:スタジアムのトイレには紙の用意がないところもあります。
 □ チケット:前売りチケットがお得です。ただし、J2でチケットが売り切れることはまれです。当日券の購入もだいたい可能。
 □ 応援グッズ:レプリカユニフォーム、応援Tシャツ、タオルマフラーなどの応援グッズ。

座席の選び方と、チケットの購入方法は、次回紹介します。


(3) 必要な持ち物:雨天対策

 □ 傘:行き帰り、ハーフタイムに。
 □ カッパ・ポンチョ:試合中は基本的に傘は禁止です。
 □ ゴミ袋 45Lサイズ2枚:荷物を雨から守ります。使った後は後片付けに使えます。

中には、屋根のあるスタジアムもありますが、J2の場合屋根つきはまれです。
また、屋根つきのスタジアムでも、座席によって屋根の有無が違うので、事前に確認しましょう。

○ カッパ・ポンチョの選び方 ○
特に座っての観戦の場合、膝から下がカッパから出て濡れてしまうことがあります。
足元まで隠れる長いポンチョか、ズボンのついたカッパ、または、膝にかける防水性のシートを用意しましょう。

○ ゴミ袋の使い方 ○

  1. ゴミ袋の中に荷物を入れて、口を縛ります。
  2. 上からもう一枚ゴミ袋をふたのようにかぶせるます。

こうすると、縛った口から水滴が入ることもなく、荷物が雨に濡れません。

予報が晴れだったり、会場が屋根つきのスタジアムの場合でも、ゴミ袋だけは持って行くことをお勧めします。
芝生席(!)の敷物になったり、荷物を座席下に置くときにはゴミ袋の中に入れるようにすれば、後方から流れてくるビールの川から荷物を守ってくれます。
(夏場には、よく川ができるものなんです。)


(4) 必要な持ち物:晴天対策

 □ 日焼け止め:強めのものを。
 □ 帽子:分け目や頭頂部が焼けます。バンダナなどでも代用可能。

座席によっては、試合前から終了時まで直射日光を浴び続けることになります。
夏でなくても、男性でも、日差しに弱い方は要注意。
鼻の頭だけが焼けてしまうようなことのないよう、準備をしましょう。
顔だけでなく、手や首の後ろも要注意です。


(5) 必要な持ち物:寒さ対策

 □ +2着の服装:声を出して応援する場合は、+1着程度で大丈夫です。
 □ 暖かい飲み物:ポットを持ち込めない場合もあるので要注意です。
 □ ひざ掛け:フリースなど、軽くて温かいものが役に立ちます。

寒い季節に外でじっと試合を見ていると、普通の外出よりずっと冷えます。
グラウンドコートやダッフルコートなど、防寒を重視した上着が役に立ちます。
おしゃれ重視で行きたいときは、ポケットカイロなどを活用しましょう。

それでも寒いときは、立ち上がって声を出して応援してみましょう。
座っているよりずっと温まりますよ!


(6) 服装

  • 汚れてもいい格好で。

  風邪が通り抜けるので、スタジアムはほこりっぽく、椅子が汚れていることもあります。
  雨が降ったときのことも考えて、大切な服は避けてください。

  • 歩きやすい靴で。

  スタジアムは駅から離れていることがあります。
  バスやタクシーを使った場合でも、スタジアム自体が広い公園の中にあって、公園の中を長距離歩く場合もあります。
  また、スタジアム内部も広く、階段もたくさんあります。

  • 応援チームのチームカラーで。

  レプリカユニフォームや応援Tシャツを持っていなくても、赤と黒を意識した服装をしていきましょう。
  間違っても、相手チームのチームカラーで行ってはいけません!

得点時にフットワーク軽く大喜びするためにも、動きやすい服装が何よりです。


(7) 持ち込めないもの

Jリーグでは、発炎筒や花火など危険物などの他、ビン・缶などを統一して持ち込めないものに指定しています。
大体の場合、飲み物は入り口で紙コップに中身を移し変えることになります。
ペットボトルはふたを取ることで持ち込める場合もあります。

また、一部のスタジアム(札幌ドーム含め)では、市販のお弁当の持込を禁止している場合もあります。

スタジアムで食べるものは、スタジアムで調達する、と考えておくとトラブルは少ないのですが、食べ物の販売が少ない場合もあるのが辛いところ。
少々面倒ですが、各主催チームの公式サイトなどで確認しておくことをお勧めします。


(8) 目標到着時刻

試合前のタイムテーブルは大体このような感じです。

  • 試合開始3~1.5時間前:開門

  開門時間はチケットを確認してください。
  チケットに記載がない場合は、主催チームの公式サイトを確認しましょう。

  • 開門~試合開始1時間前:各種イベント

  前座試合(少年サッカーチームの試合など)や選手のサイン会など各種のイベントがある場合は、この時間帯におこなわれます。
  イベントは、主催チームの公式サイトなどで告知されます。

  • 試合開始40~20分前:試合前練習

  選手の試合前練習がおこなわれます。練習前には、応援席の前に選手が挨拶に来ます。
  練習はまず、ゴールキーパー練習が始まって、その後フィールドプレイヤーが全員で出てきます。

  • 試合開始20~15分前付近(主催チームによって前後します):スタメン紹介

  その日のスターティングメンバーが紹介されます。
  アウェイチームの紹介はあっさりしたものですが、ホームチームの紹介は、ビジョンに映像を流したり、スタジアムDJのあおりがあったり、派手です。
  最近のJ2の流行は前口上。
  ビジョンのついていないスタジアムでもできるので、やりやすいのでしょう。
  「ディフェンスラインの核弾頭。制空権は俺のもの。背番号X、ディフェンダー、○○○○!!」
  のような笑っちゃう紹介が多く、名物のひとつです。

  • 試合開始5分前:ボールボーイ紹介

  地元の中高校生や大学生、チームの下部組織のメンバーなどが担当します。

  • 試合開始3分前:選手入場

  いよいよです。

観戦がメインであれば、試合開始1時間前くらいに到着するのがオススメです。

席を決めて、食べ物・飲み物を買いに行って45分前。
地方のスタジアムは、いろいろと食べ物が充実していて見て歩くだけで面白いものです。
買ったものをつまんでいるうちに試合前練習が始まる、そんな感じです。 

posted by cs-kanto |20:39 | 観戦案内 |

スポンサーリンク

スポンサーリンク