スポンサーリンク

2006年07月05日

遠征へ行こう! 基礎知識編

ホームに住んでいると基本的に2週に1回は試合が見られることになります。
でも、アウェイに住んでいると、気を抜くと1ヶ月、地域によっては年2回、そもそもJクラブがない!なんてことも。

もっと試合を生で見たい。
もっと現地でエキサイトしたい。
何より、もっと応援したい!チームの力になりたい!

そう思ったら、思い切って遠征に行ってしまいましょう!


遠征案内では、東京を中心として、アウェイ各地へお得に、安上がりに行く方法をご紹介いたします。

今回は、遠征の基礎知識編。
遠征に使える交通機関の概要をご紹介します。

一部交通機関については、次回以降詳細を掲載していきます。


以下の情報は、2006/7 現在の情報です。
料金等、情報は変更される可能性がありますので、ご利用時にはご自身で最新の情報をご確認いただくようお願いいたします。



■JR利用 青春18きっぷ

青春18きっぷは、

  • 春休み(3/1-4/10)
  • 夏休み(7/20-9/10)
  • 冬休み(12/10-1/20)

の期間限定で販売される、JRの普通列車と快速列車が1日乗り放題の切符です。
(発売期間は、年によって変わる場合があります。)

名称に18と付いてますが、年齢制限はありません。

1枚で5回分使用可能で、11,500円ですので、1回あたり2,300円となります。
1人で5日利用することも、5人で1日利用することも可能です。

1日乗り放題ですので、0時から24時までが1回分の有効時間です。
ただし電車特定区間では終電まで有効となります。
東京の電車特定区間の範囲は概ね、北は大宮、南は大船、東は千葉、西は高尾よりも内側の部分と考えて下さい。

利用する際は、一日の最初の乗車の際、有人改札口の駅員に日付入りスタンプを押してもらって下さい。
以後、駅外に出る(入る)場合は有人改札でハッキリ見せながら入出場しましょう。
(複数人で利用する場合は、いっしょに改札を通る必要があります。)

駅のみどりの窓口やJTB等の旅行会社で購入できます。
裏技として、回数が余ったら金券屋に売る、または必要な回数分だけ金券屋で買うということも可能なようです。

利用条件の詳細は、JRのサイトでご確認ください。

JR東日本 青春18きっぷ



■JR利用 ホリデーパス

ホリデーパスは、首都圏エリアのJR・りんかい線・東京モノレールが乗り放題の休日限定切符です。

発売期間は、

  • 土・休日
  • 4月29日~5月5日(ゴールデンウィーク)
  • 7月20日~8月31日(夏休み)
  • 12月29日~1月3日(年末年始)

となっています。

フリーエリアは、およそ、西は平塚、東は土浦、北は熊谷です。

価格は1日2,300円です。
購入はホリデーパスの区間内の駅のみどりの窓口でのみ可能です。

単純に、片道1,150円以上の距離でなければ安くなりません。
購入の前に、ご自宅から目標スタジアムまでの運賃を確認しましょう。
横浜-水戸、横浜-前橋、八王子-水戸、千葉-前橋、千葉-平塚は割安になるようです。

特にお得になる可能性があるスタジアムは、

  • 県立カシマサッカースタジアム
  • 群馬県立敷島公園県営陸上競技場
  • 笠松運動公園陸上競技場
  • 熊谷スポーツ文化公園陸上競技場
  • 平塚競技場

などです。

敷島、笠松はホリデーパスの区間外なので、別に料金を払わなければなりません。
行きは、区間の境界駅の熊谷、土浦で降りる必要はなく、前橋駅、水戸駅(東海駅)の有人改札で超過料金を払います。
帰りは、前橋駅、水戸駅(東海駅)の券売機で熊谷、土浦までの切符を購入し、下車駅では普通乗車券を駅員に渡し、ホリデーパスを掲示しつつ出場してください。

ご自宅の最寄り駅から割安になるかどうかは、乗り換え案内や、以下のJR運賃料金案内などでご確認ください。

JR運賃料金案内


利用条件の詳細は、JRのサイトでご確認ください。

JR東日本 ホリデーパス



■JR利用(新幹線) 土・日きっぷ

関東から東北方面への新幹線自由席・特急自由席を含んだ乗り放題切符です。
あらかじめ座席の指定を受ければ4回まで、新幹線普通車指定席が利用できます。
週末2日間(土・日)が乗り放題になって、18,000円。

仙台・山形への新幹線遠征がお得になり、昼の試合なら、日帰りも楽々です。
試合日以外にもJR利用の予定があれば、さらにお得になります。

駅のみどりの窓口やJTB等の旅行会社で購入できます。
ただし、前日までの購入が必要ですので、注意しましょう。

利用条件の詳細は、JRのサイトでご確認ください。

JR東日本 土・日きっぷ


また、新幹線が利用できるお得なきっぷ・ツアーには

などがあります。



■高速バス

北関東(往復4,000円程度)、東北(12,000円程度)、関西(8,000~15,000円程度)、四国(20,000円程度)、九州(22,000円程度)へ向かう際に利用できます。
渋滞による大幅な遅れの恐れがあるため、GWやお盆は昼行便は避けた方が無難です。

高速バスの路線検索には、以下のサイトが便利です。

バスどこなび(どこなびドットコム)

また、最近では仙台、名古屋、関西へは旅行会社主催のツアーが存在するようです。
「格安バス」「格安高速バス」等で検索すると沢山出てきますが、狭い、トイレがない、発着地がよく分からない、乗車確認に時間がかかる等の不利益があるので、利用する際は注意が必要です。
時間的余裕や距離など、十分に考慮したうえで選びましょう。



■航空機利用 割引運賃

主に、九州、四国へ行く際に利用します。

割引運賃には、

  • 特便割引(特定の便に設定)
  • 前売り(特定日前に購入)
  • バーゲンフェア(特定期間に設定)

などがあります。

割引運賃には、変更不可、取消料が通常より高額などデメリットもありますが、賢く使うとお得に利用できます。

また、

  • バースデー割引
  • おともdeマイル割引

など、同行者も割引になる運賃もあります。
交流会などを活用して、サポ仲間が増えたら、誘い合っての遠征も楽しいものです。

割引運賃の条件・価格など詳細は、各航空会社のサイトをご覧ください。

参考:JAL運賃一覧



■航空機利用 格安ツアー

主に、九州、四国へ行く際に利用します。
概ね3万円以内で往復と宿泊が出来ます。
但し、便が選べない、便を選ぶと高くなる場合があります。
また、GWと夏休みは格安どころか激高になります。
九州、四国へは航空機のほかに新幹線利用のタイプもあるようです。
格安ツアーで検索を掛けると、様々な旅行会社のサイトが出てきます。
また、各旅行会社のツアー比較が可能なサイトなどもあります。

参考までにYahooトラベルの関東発九州ツアーのページを紹介します。

御覧になる場合は、最少催行人数欄に注意しましょう。2名と記載されている場合は、1名では申し込めません。1名より2名、2名より3名で利用する方が安くなる傾向にあります。



試合場所、試合曜日、試合開始時刻、GWお盆か否か、仕事の都合等の条件により、最安、最適な方法は変わります。
様々な条件を勘案し、1回の遠征代をより安く済ませて、たくさん応援に行ってしまいましょう!

posted by cs-kanto |03:30 | 遠征案内 |

スポンサーリンク

スポンサーリンク