スポンサーリンク

2018年05月07日

ボランチが機能すれば、確実に勝ち点を積み上げられる!

昨日のスポーツ報知【宏太’Sチェック】です。

見出しは、「深井と宮沢ボランチ2人が機能」です。

1525658006-DSC_1545.JPG
J1リーグ第13節 2―0G大阪戦(5日・札幌厚別陸上競技場) ボランチの深井と宮沢の出来の良さが、快勝につながった。 2人のバランスが取れ、ともに戦う姿勢を発揮し、走行距離も長かった。 9戦不敗ではあったが、ボランチのどちらかが物足りなく、そろって機能した試合はなかった。 ペトロヴィッチ監督の教えの、中核を成すボランチが安定すれば、強い相手も圧倒できると証明してくれた。 先制点の場面の深井は、自分でボールを奪い、そこからドリブルした。 相手がパスを警戒してコースを消しに行く中、自ら持ち込んだことで大きなチャンスになった。 周囲の選手もパスを出せるコースを作って相手を引き寄せ、福森の左クロスにはチャナティップがニアサイドでつぶれ役になった。 深井のすごさと同時に、チームで奪った素晴らしい得点だった。
1525658081-DSC_1548.JPG
宮沢も前への意識が強く、効果的なパスを多く出していた。
1525658399-DSC_1547.JPG
今まで横へ出す場面も目立っていたが、あれだけ前でプレーすれば押し込むことができる。 後半、G大阪は長いボールを使って打開を図ったが、札幌の守備が堅く、途中からつながざるを得なくなった。 そこで徐々に相手を下げさせ、反撃の糸口を作らせなかった巧みな試合運びもできる。 今の強さは本物と言っていい。
遂に吉原宏太さんから、「今の強さは本物」と言う言葉が出ました。 ペトロビッチ監督の戦術の肝であるボランチが機能することは、相手にとって脅威である。 また、昨年までの堅守が加わって、ミシャサッカーを進化させられるようになっているのだと思う。 そして、忘れてはいけないのがGKソンユンの好セーブで、相手をがっかりさせるには充分だったに違いない!
1525658045-DSC_1549.JPG
ここまで、右サイドの駒井と三好の働きから点を取っていたが、G大阪戦のようにボランチや左サイドからの攻撃が上手くいくようになれば、そう簡単には負けないのではないだろうか? 連続不敗記録を、もっともっと続けられるよう期待したい! 不敗記録を続けていければ、勝ち点は確実に積み上げられる!
1525656086-DSCPDC_0003_BURST20180505132821132_COVER.JPG


posted by consa.kazu |11:12 | コメント(0) |