スポンサーリンク

2015年08月05日

次の長崎戦も暑いと思うので

今日は「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿が道新に載っています。

見出しは、「細部の詰め足りず」です。

尋常な暑さでなはかった西京極の京都戦、札幌の選手たちにとってかなり厳しいコンディションだったと思う。
その割りによく頑張っていて、動きも悪くなかった前半。

足が止まりだした後半には、GK金山がビッグセーブで決定機を何度か阻止した。
悔やまれるのは後半17分の2失点目、積極的にゴールマウスを空けて前目にポジションを取っていた金山を京都のFW有田は見逃さなかった。

金山の頭上を超えてボールはゴールネットを揺らした。
決めたFW有田を褒めるべきだと思う。

残念だったのは、河合が相手FWと競り合ってこぼれたボールに対し、櫛引の予測がなかったこと。
こぼれてくるかもしれないという予測があれば、もう少し速いカバーができてシュートコースを限定できたはずだ。
そういう目に見えない細かいところを詰めていかないと競ったゲームをものにはできない。

評価は「悪い」のDが、金山「2点目は相手が上だが・・・」、櫛引「2点目も、こぼれ予測を」、都倉「決定機なし」の3人です。
後は「普通」のCで、河合「かぶっちゃった?」、前貴「1点目は絞れない?」、前寛「吹っ飛ばされる」、前田「太ったが決定機演出」、稲本「ミスパス多し」、石井「大黒についてって」、上里「ぶれ球フリーキック」、堀米「アーリークロスは○」、古田「前への速い仕掛け」、荒野「悪くはなかったが」、内村「ぶつけちゃった」です。

評価を見てみると、稲本の「ミスパス多し」とあるが、「まだ本調子ではない」のかそれとも「暑さ」の影響なのだろうか?
惜しかったプレーは、上里のフリーキックや内村のポストに当ててしまったシュートのどちらかでも決まっていれば、結果は違っていたのではないだろうか?

次の長崎戦は、宮澤が出場停止明け、パウロンと福森が復帰や、櫛引と金山の頑張りも期待したい。
そして、FW内村と都倉のゴールが重要になる。

今日の札幌の最高気温は、予報では34度となっている。
次の長崎も暑いと思うので、今日の暑さで少しでも暑さに慣れるきっかけになれば良いのだが。

posted by consa.kazu |07:12 | コメント(0) |