スポンサーリンク

2012年03月18日

ミスを解消して、次に繋げて【J特】

開幕戦を勝利して首位の神戸と、引き分けに終わった札幌の戦いは、終盤に神戸にうっちゃられた。

前半、札幌が神戸相手に前線から厳しく守備をして、奪ったボールを素早く神戸ゴールに迫っていた。

その攻撃の中から山本の先制点が生まれた。

しかし、小さなミスから失点し同点に追いつかれた。

だが、前半はその後も神戸ゴールを激しく襲った。

前半は、神戸を圧倒しながら1-1の引き分けに終わった。

後半も激しく行っていたが、守備のミスから失点してしまい、逆転負けを帰した。

前半から相手に対して激しく行っていた事により、失点後は疲れが出て厳しく行けなくなったことで、セカンドボールが取れなくなった。

最初の失点は、DFがシュートする選手にかぶったために、ホスンが止められずに失点してしまった。

前半1-0で終わることができれば、勝利を手に出来たかもしれない。

負けはしたが、神戸を相手にやりたいサッカーは出来ていたし、相手を自由にさせなかった。

シュート数でも、神戸と同じ数だったことが、札幌の善戦を物語っている。

今のサッカーを続けて行き、ミスを無くせば勝利が手に入ると思うし、J1で戦っていける。

また、僅かなチャンスを決め切れなかった岡本のシュートも残念だった。

今季開幕戦から調子が良いだけに、決めて欲しいチャンスだった。

札幌は今のサッカーを続けて行き、改善していくことが重要になる。

J1では、ちょっとミスが失点に繋がるということを、浦和対柏戦で見せ付けられた。

DFが本来セーフティー行くべきところを、交わそうとして失点してしまったところに見た。

結果柏は、そのミスで失った点によって負けてしまった。

90分間ミスをしないことは難しいが、それが出来るようになった時、勝利の女神は微笑むのだろうう!

posted by consa.kazu |08:30 | コメント(0) |