スポンサーリンク

2017年05月17日

既に気持ちは切り替わっているはずだ!

北海道新聞の「燃えろ!コンサドーレ」平川弘の通信簿の日です。

見出しは、「次の新潟戦へ切り替えを」です。

ACLでG大阪は韓国の済州に敗れ、Jリーグ勢唯一、予選敗退となった。
札幌に中4日で2-0でキッチリ勝つのだから、J1トップの力はだてではない。
札幌にとって惜しまれるのは、前半を無失点でハーフタイムを迎えられなかったこと。

1失点目、GK具が頭上をループで抜かれる屈辱的なものだった。
高身長の具の頭上を抜くのは、かなり難しいことだが、藤本淳吾は前に出すぎていた具のポジショニングを見逃さなかった。
ドリブルせずにダイレクトにループシュートを放ったのは、具に修正の時間を与えないため。
藤本の技を褒めるべきだろうが、具が頭上を抜かれることは許されない。
攻撃面では都倉と金園の大型2トップの連携もよく、サイドからクロスボールが入れば何か起こりそうな雰囲気はあり、G大阪DFもてこずっていた。

菅が放ったシュートは、ファビオの手に当たってPKとなおってもおかしくなかった場面であった。

1494979649-1494810217062.jpg

金園が綺麗にターンして抜け出したのに、その前の反則を取り、アドバンテージをみなかったレフリーには、2万人を超す札幌サポーターからは大ブーイング。

1494979688-1494810278711.jpg

札幌には納得できないジャッジが多かった。
G大阪戦の負けは割り切って、次節の新潟戦位切り替えること。
最下位に沈む新潟からの勝ち点3は必須腕、前半の大一番と言ってもいいだろう。

評価は「良い」のBが、菅「最後はアデ止める」の1人で、「悪い」のDは、具「屈辱のループ」、金「我慢できず滑る」、ジュリーニョ「ボール奪われ失点」の3人。
「普通」のCは、横山「赤崎つぶしに行ったが」、福森「高速アーリー連発」、早坂「的確アーリークロス」、マセード「積極クロス」、荒野「打ったがブロック」、小野「クロスの意識」、宮澤「悪くないよ」、兵藤「ターンして展開」、金園「流せや!」、都倉「オフサイドか・・・」です。

ガンバ戦は、明らかに力負けした形だと思うし、具のミスを逃さなかった藤本の技術の高さを感じた試合だった。
しかし、札幌の攻撃は単調で、最後の部分では決め切れなった。
それでも、シュートやCKの数では互角でFKでは札幌の方が多く、相手DFを苦しめていたことも確かだ。
ただ、終盤は札幌の選手は体力を消耗し、相手選手へのチャージが甘くなりピンチを招いていて、ジュリーニョが奪われてからカウンターで失点してしまった。
それでも、菅が2本惜しいシュートを放つたし、失点したシーンは共にミスからの失点だった。
J1の上位チーム相手では、ミスは命取りになるということを、改めて思い知らされた試合だった。

まだまだ、課題が多いチームではあるが、その課題をしっかり修正して次の新潟戦に臨んで欲しい!
ただ、G大阪相手に2失点に抑えられたことは、収穫と言ってもいい部分だと思う。
選手たちは、既に切り替えはできていると思うので、新潟戦では必ず勝ち点3を取って、下位からの挑戦を跳ね除けて欲しい!


posted by consa.kazu |09:12 | コメント(0) |

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コメントする